« 2003年12月 | トップページ | 2004年2月 »

2004年1月

G210

いくつか乾メインサイト様を回っていると、すでに早売りのWJなどで読まれた方がいらっしゃるようですね。
WJ10号のG210。
いいなぁ、結月は住んでいる場所的にも、そういった物が手に入らないので、月曜日まで待たねばならないのがツライです(苦笑)。

それによれば、何やら次では待望の、蓮二と貞治の過去回想が入るようで。
二人は「博士」だの「教授」だの呼び合う仲だったとか(笑)。
どっちがどっちなのかはわかりませんが、何となく、蓮二が「教授」で貞治が「博士」っぽくないですか?(笑)
だって、蓮二の方が説教くさそうだし。
貞治はどちらかといえば、教授みたいな地位持ちというよりは、ストイックに研究一筋って方が似合ってそうだし。
果たして、真相はいかに?

何か次のG210はG209以上に萌えそうな予感がします。
起承転結の話の流れからいっても、とりあえず最初は乾が押せ押せムードで「こいつスゲーじゃん?」と周りに思わせておいて、一転してマスター柳の逆襲!って感じになりそうですし。
ああ、ファンとしては見てみたいなぁ。マスター柳のデータに泣かされる乾(笑)。
勝ってほしいと思うのは乾の方で(だって、今まで負け続けなんですもの; ;)、自分のデータを越えてほしいとも願っているのですけれど。
でもマスター柳の凄さ(というよりむしろ、貞治への愛の深さ?)も見たいんですよねぇ。
だって、相手が強ければ強いほど、それを倒したときの喜びもまたひとしおってモンですからね(ニヤリ)。

それにしても、本日私は家から一歩も外に出ておりません(苦笑)。
肉じゃがを大量に作って冷蔵庫にストックしていたり、お米もお味噌もあったり、食料も不足してない、ということで買い物に出る必要もなかったんですよねぇ、今日は。
まぁ、おかげさまで今日はゆっくり休めました。
…と言いつつ、PCサダハルに向かってSSを書く、という作業からは逃れられませんでしたけど(苦笑)。

で、家のテレビで「王様のブランチ」を見ていて思ったのですが…。
今日の「お部屋訪問」のコーナーは、某テニススクールのインストラクターのお部屋。
訪問するのは、あさりどの二人と佐藤まい子さん。
「あのぉ、ここに青春学園男子テニス部のレギュラーがいるんですけどぉ?」と思ったテニプリファンは、私一人ではなかったはず(笑)。
だって、ねぇ。
成君ですよ?
タカさんですよ?(笑)
バーニング波動球だとか、時速200キロ近いバーニング・サーブとか打ってる人ですよ?
まぁ、局も違うし、あさりどとしてのお仕事ということで、サーブを受けてみよう企画にも、成君ではなく相方の堀口さんがターゲットになってましたけど。
そういうネタをテニプリファンが見て、「タカさんがそこに!」と思うな、という方が酷というものでしょう(笑)。

| | トラックバック (0)
|

て、展開違う!?

今日は映画がレディース・デイだったので、映画を見に行ってきました。
朝イチの回で、一度観たいと思っていた「半落ち」を。
水曜日の朝だからか、さすがにスクリーンが満席(苦笑)。だったら、もう一回り大きいスクリーンで上映しろよ、と思いつつ中へ。
まぁ、詳しくは語りませんが、いい映画でした。
役者さんたちも上手くて存在感のある方々ばかりで、いろいろ考えさせられるお話で。最初の方は組織同士の裏取引で話が進んでいて、そのまま最後まで行くのかと思いきや、「ええ話やなぁ(号泣)」という終わり方で。
私のみならず、周囲のあちこちからすすり泣きの声が聞こえてきておりました。あれだけ泣くと、連日のパソコン仕事も重なって、さすがに目が痛かったです(苦笑)。
でも柴田恭兵さん……やっぱ年取ったなぁ。館ひろしさんとタンゴ踊ってた頃が懐かしいよ(苦笑)。

そして、夜はアニプリを。
…なんか、アニメと原作では、制作する時期がほぼ同時か、あるいは若干アニメが先行しているのか、展開が違いますねぇ(笑)。
桃・海ファンには失礼ながら「何で何でぇ? 何で1ゲーム目あっさり取ってんのぉ?(←樹ちゃん口調でシクヨロv)」とか思ってしまいました。それに、ブンちゃんの妙技も出てないのにジローちゃん全開で起きてるし(苦笑)。
しかし、ジャッブンの異様な行動ってのは、ジャッカルは髪を剃り、ブン太は糖分摂取のためにケーキを食う、ってことだったんですね(笑)。なんか、微妙に二人の過去話が挿入されてましたが…。これから先も、アニプリオリジナル話が出てくるんでしょうか?
…ということは、乾と柳もアニプリ独自の展開&過去捏造話が出てくる確率100%ってことか!?
というか、原作以上に萌える過去話をシクヨロ!って感じですね(笑)。

そして、自分の必殺技をそっくりそのまま返されるより、ある意味ショッキーング!かもしれない目にあった、不動峰の石田。必殺技をパクられた現実を目の当たりにしただけでなく、アレンジまで加えられてましたからねぇ(苦笑)。
かわいそうにのぉ(合掌)。
まぁ、次週予告を見たところでは、来週いよいよブンちゃんの妙技が炸裂し、薫ティンはブーメランをそっくりそのまま、いや自分より正確に返されてショッキィーンッ!になるようですが(笑)。
…ということは、蓮二の「海堂君のブーメラン・スネイクが入る確率92%」が出るのかしら?
来週はしっかりビデオ用意しておかなきゃ!(実は、今週後半の途中でテープが切れてしまった人;)

でもなぁ。
アニプリと原作で試合展開が違うということはですよ?
今原作でさんざん萌えているあの「蓮二…この勝負…」「『勝たせて貰うよ』とお前は言う」「勝たせて貰うよっ!」とか。
「久方ぶりだな、貞治」「4年と2ヶ月と15日ぶりだ」とか。
なくなるの?(泣)
展開が違うなら違うでいいけど、でも原作より萌える展開にならなかったら、マジで泣くよ?

| | トラックバック (0)
|

爆笑的?

ちょっと、本日のラジプリゲスト、丸井ブンブンブ~ン太君に倣ってみました(笑)。
っていうか、OPトークのラストで喜安さんが歌ったアレは、面白すぎますよぉ。
今度から、ブン太の顔見るたびに「ブンブンブ~ン♪」とか歌いそうですわ、私(苦笑)。

そう、今日のラジプリは無事に聞くことができました。
この寒い時期に、エアコン切って電波に支障が出ないようにしてまで(笑)。

で、かかりましたねぇ。
ウワサの、跡部様の「バレンタインキッス」。
…この曲、20代の方々はご存知でしょう。そして30に手が届く、とかもう過ぎてるよ、てな方は歌えるかもしれませんね(笑)。…言いつつ、私もタイトル聴いてすぐに歌が出てきた世代ですが(苦笑)。
バレンタインといえば、この曲!な定番曲を、跡部様with氷帝で歌う、というので「どんなん?」と思っていたのですが。
……面白すぎ、あれ(笑)。
冒頭の樺地でいきなり笑わされて、跡部様の色気たっぷりなんだけど歌詞はそのまま、っていう歌に爆笑。
曲がかかってる間中、ラジオの前で大笑いしている妙な女が約一名(笑)。

それにしても、3連戦で勝ったご褒美がコレ、というわけで。
…リリース前から跡部様の勝利は決まっていたようなものですが(手塚ファンの皆様、申し訳ない;)、もし手塚が勝っていたら…と思うとちょっと恐ろしくなりました。
だって、跡部様だからまだギャグで許されますけど。
手塚が「バレンタインデー・キィッス♪ リボンをかけぇてっv」とか、歌うんですよ?
…想像するだに恐ろしい(笑)。
そしてコーラスが乾や海堂やタカさんや大石や…になるんですよ?
あの超重低音で「シャラララ すぅてきにキィッス♪」とか歌うんですよ?
…やっぱり怖い(半泣き;)。
氷帝だからギャグで落とせるけど、青学なら落とせねぇっ!(笑)

ああ、2月13日の店着日が楽しみだv。

それにしても、今週のWJ。
乾のベストショットが満載で、鼻血出そうでした。
あんな大コマで腹チラ・へそチラショットが満載で、データ分析セリフもビシッと決まってて。
おまけに「お互いを知りつくしてる」なんて至極当然のように言ってくれるし!
乾ファンがこれで萌えずして、どこで萌えろと?
ああ、来週もどんな乾が拝めるのか、楽しみvvv。

| | トラックバック (0)
|

なぁんか明日が待ちきれな~い♪

…このタイトルをメロディ付きで歌えたアナタ、キャップと瓶、聞きましたね(笑)。
って、一昨日と同じ振りで始めてしまったのですが(苦笑)。
でも、今の心境を一言で表すなら、まさにこんな感じなんですよねぇ。
イベントに参加はしてませんが、準備はしてます。

そう。
明日からいよいよ、WJ本誌で乾vs柳公式戦シングルス対決、開始ですよぉ!
逸る気持ちを抑えているのは私だけではないようで、23日になる直前に変更した分室トップのアンケート項目。開始からわずか3日ですでに40近い回答が寄せられております♪
中でもやはり、二人の過去回想話や、乾の強さが発揮される場面への期待と合わせ、マスター柳による「貞治」呼びへの期待は高いようですね。
もしマスターの「貞治」呼びが実現すれば、テニプリ史上初の快挙ですからねぇ(笑)。
そして、祭開催を告知してからというもの、自分でもビックリするほど当サイトへのアクセス数が増えてます(笑)。
いえ、本当にありがたく、身に余る光栄なのです。
だって、アクセスカウンタをつけてから、1万HITを越えるまでにかかった時間が約8ヶ月。
でも1万HITを越えてから、今日で2ヶ月になるのですが、すでに15000HIT越えてますからねぇ♪
重複アクセスが不可能なカウンタでこの数字ですから、本当にありがたいです。
柳×乾なんて、マイナー極まりない(?)カップリングで、オンライン限定活動だというのに(感涙)。
ご贔屓下さいまして、本当にありがとうございます。
明日からの試合に萌えた柳×乾スキーさんのお越し、心からお待ちしております。
そして、共に萌えましょう!

ふふふ、祭の準備も着々と進んでますよぉv。
すでに全てのページの作成と、リンクの移動も完了し、後は日付が変わると同時に(あるいはその1時間ほど前に)作成したファイルを転送するだけです。
期間中、私が書くカップリング小説は全て柳×乾になるので、乾×塚目的で来られた皆様方には本当に申し訳ないのですが、手塚が帰ってきた暁には、「部長おかえりなさい記念 乾×手塚祭」が開催される確率90%ですので、しばしお見逃し下さいませ。
っていうか、手塚関係の祭は本当に数限りなく、あちこちのサイト様が開くと思うんですけどね(苦笑)。

| | トラックバック (0)
|

ナイン・ソウルズ

やっと観ることができました。「ナイン・ソウルズ」
本当は映画は映画館で観るべきなのですが、残念ながら私の地元ではレイトで1週間上映されただけだったので、観に行けなかったのです(泣)。
主演の松田龍平君はデビューからずっと好きで。他にも原田芳雄さんや、千原浩史さん、マメ山田さん、鬼丸さん、伊東美咲さん、松たか子さん、国村準さんなどなど、出演者が何気に豪華なのですよ、この映画。
9人の囚人が刑務所から脱獄して彷徨うお話なので、結構重くて、それでいてどこか幻想的なのですが「クスッ」とか「ハハハ」とか、笑えるシーンも随所にあって。
同じ刑務所関係の映画では、『刑務所の中』も見たのですけれど、あちらが刑務所で過ごす囚人たちの様子をまったりと描いているのに対して、こちらは脱獄囚。しかも、あんなふうにまったりのんびりしていない、という(苦笑)。
まぁ、詳細は本館の邦画紹介ページに掲載するので、細かい感想などはここでは述べません。

が、主演の松田龍平君はやはりいいですv。引きこもりの役なので、ずーっとしゃべらずに膝抱えて座ってるんですけどね、彼。妙な存在感があるんですよねぇ。まぁ、存在感があるからこそ、そういう役に彼を抜擢したのでしょうけど。
今目の前の画面では、彼が女装しているのですが……すんげぇかわいいvvv
やはり元がいいからでしょうかねぇ。普通にかわいいですわ(笑)。
でも異様に背が高くて猫背なんだけど(苦笑)。
そういえば、彼の公式HPによりますと、松田龍平君は只今身長183センチで体重63キロ。
……当サイトにお越しの乾ファンの皆様。
この数字を聞いて、何か思い出しませんか?(笑)
そう、我らが乾貞治氏は身長184センチで体重62キロ。
15歳にして、松田龍平君より1センチ身長が高く、体重が1キロ軽いのです。
…それって、現実世界に彼がいるとしたら、龍平君並のスタイルの良さってこと?
なんて想像したりして(苦笑)。
ちなみにナマの松田龍平君は、「体の半分足ちゃうん?」と思うくらい足が長くて、腰の位置が高かったです。16歳にして黒い皮パンを見事にはきこなしておられましたからね、彼v。

それにしても、龍平君や鬼丸さん、KEEさん、瑛太さんらと同様、『青い春』に続く豊田作品へのご出演となったマメ山田さん。小さいけど、すごくいいんですよねぇ♪

| | トラックバック (0)
|

誰もがぁひとぉ~つ♪

…この言葉にメロディをつけて歌えたアナタ。
ふふふ、跡部様のアルバム、聴きましたね(笑)。

なんて余談はいいとして。
本日、誕生日でございます~♪
ワーワー、ヒューヒュー、ドンドン、パフパフ~♪
誰もが一つ持って生まれた記念日でございます。
…だからといって、己の強さを確かめたり、自分を試して己に勝ったり、なんてことは致しません(笑)。
いやぁ、実にわかりやすい数字なんですよねぇ。123なので。
受験シーズンの時は、マークシート式の答案用紙に誕生日を記入して、綺麗に斜めになるのを見るのが好きでした(笑)。
今まではずーっと、実年齢より上に見られてきた私ですが、母上曰く「私は●歳を過ぎたら若く見られるようになった」という年齢になったので、これからは若く見られるかも?(笑)
つーか、頭の中身はここ数年全然成長してないような気がするんですけどね。

今年は年齢の上でも、仕事の面でも、ひと区切りつく年なので。
まずは自分が元気であり、幸せであり、いろいろなことを楽しめるような年になったらなぁ、と思います。
(友人の同僚さん曰く、「この歳になると守りに入る」そうですが、まだまだ攻めますよ!)
そしてそれを、私に関わる全ての人におすそ分けできるような年になったらいいなぁ、と思います。
一緒に居て楽しいとか、私が生み出す様々な物に触れて楽しかったとか。
そういう言葉がたくさん聞けたら、きっと幸せだろうな、なんて(苦笑)。

さて、ダンナさまがケーキを買って帰ってきてくれたようですので。
ありがたく頂戴しようと思います(笑)。
…え?
これで私が何歳になったかって?
ふふふ、ヒ・ミ・ツ(←注:乾貞治こと、津田健次郎さんの声でお願いします(笑)。

| | トラックバック (0)
|

さ、寒い…(泣)

今日はハンパじゃなく寒いです。
私が住んでいる所は、山間の地域はよく雪が降るのですが、海沿いの地域は滅多に雪など降らない、という気候です。
が今日に限っては、海沿いの地域でも最高気温が2度…。2度って、それ、冷蔵庫の中っすか!?といった気温です。
実際、今日は0度以上になったのは、1日のうちわずか4時間だったそうで。
お隣の県では、23年ぶりに真冬日だったそうです(ブルブル)。
午後からは雪も降ってきて、風が強かったので半ば吹雪いているような状態でした(泣)。
ウィンタースポーツにも全く無縁なので、私にとってはこの冬で初めて目にする雪でした。
まぁ、降ったと言っても積もるほどではなかったのですけれど。
場所によってはかなりの積雪があったため、案の定「今日は荷物が遅れます」情報が全国的に流れていて「雪はどうですか? 荷物届いてます?」な確認作業がちらほらと聞こえておりました。
しかし、地方ニュースで見ていたのですが、外は真冬日で吹雪いているというのに、ミニスカートで外を歩いている女子高生……。若いっていいなぁ(笑)。

でも私の誕生日の前後って、雪が降る確率が高いんですよねぇ(涙)。まぁ、私の誕生日が大寒前後なので、仕方ないことなのですが。
何年か前にも、ちょうど誕生日の朝に雪が積もっていて(といっても3センチほどでしたが)。日頃の備えが全くないため、とても大変な思いをした記憶があります。
しかし、最も寒い時期に生まれたからといって、寒さに強いわけではなく。ニガテなんですよね(苦笑)。
ううう、エアコンやホットカーペットはついているのですが、こうしてPCサダハルに向かっている今も、寒さが身にしみてきます。明日の最低気温もかなり低いんだよなぁ…(泣)。
…なんてことを言っていると、本当に冬が厳しい地域にお住まいの方に申し訳ないです。
いっそのこと、この寒さを楽しむだけの余裕があればいいんですが、難しいです。

今日の寒波に襲われた地域にお住まいの皆様。
温かくして、風邪を引かないように気をつけましょう。

| | トラックバック (0)
|

しゃ、写真立てっ!

皆様、アロハ~♪
ついに、ついにアニメでも登場ですよ、皆様っ!
乾の「蓮二…」発言に加え、机の上にHAWAIIでALOHAな写真立て!
しかも、がっつり手を握り合って写真に納まっている子乾と子柳っっ!!!

116話のラストが日本刀で藁をぶった切る真田だったので、「ひょっとして、次? それとも省かれてしまうわけ?」と思いつつCM明けを待ち、117話に突入。
決戦前夜、桃が「名犬ラッキー」を見ていたので、「おお、これはっ!?」と思ったら、いきなり翌朝……。
ああ、やはり乾は日陰の身なの?(泣)と思っていたら、“卵料理ならまかっせってよぉ~♪”状態な菊丸の後に、乾の部屋が!
こ、これはもしやっ!?
と思っていましたら、出ましたよぉ~~~!!!
HAWAIIのALOHAな写真立てに、がっつり手を握り合って映っている柳×乾!
どちらも微妙に微笑んでいる子柳と子乾っ!
(只今、ビデオを巻き戻して(しかも、そのシーンだけ;)すでに?度めの映像を確認中)
しかも、あの頃から微妙に貞治の方が身長が高いっ!
そして「蓮二…」
「蓮二…」。
ああ、ステキだvvv。
一日も早く、この日が来て欲しいとここ数ヶ月ずっと願い続けていたこの瞬間が、ついに…っ(感涙)。
津田さんのあの美声で、思わずといった具合に乾の口から漏れた「蓮二…」。

この瞬間に、病院の屋上で逢引した上に、あやうくダンナが自殺しかけた立海部長・副部長夫婦ネタも。
切原相手に開眼した上に黒全開な不二降臨!(マジ怖かったっす~;)も。
なんだ、詐欺師と紳士、声全然違うじゃん?あの作戦、大丈夫なワケ?な疑問も。
うぉ?ジャッカルの声って檜山修之さん!?も。
あれ、立海の練習メニュー作ってるのって、蓮二じゃなくて真田なの? ってことは、やっぱあのドッキリ大作戦って真田発案!?も。
全部吹っ飛んだわ……(って覚えてるんじゃん、自分;)。

今日は河村オヤジも出てきたし(個人的に、木内さんは忍足も好きですが、オヤジの方がもっと好きですv)。
…しかし、この1時間で歓声上げるわ、拍手するわ、テーブル叩くわ(苦笑)。
それにしても、GBAのCMが真田&跡部だったのには笑ったなぁ。「氷帝たるんどる!」をああも簡単にいなしてしまうとは。いやいや、さすが跡部様(笑)。
つーか、跡部様…CM出すぎ(笑)。

(そして、再び「蓮二…」を満喫)
あのシーンや、試合会場で乾が手にしていたのは、あの“マル秘べっさつ柳ノート”かしら?
そして何気に机の横に置いてあるあの、鮮やかなグリーンなんだけど異様に澱んでいる汁は…(笑)。
試合前だってのになっかなか現れない桃×海ペアを待っている時、立海サイドでマスターが呟いた「青学には曲者が多いからな…」。……あのぉ、マスター柳? その曲者の中には、君の愛しい幼なじみクンは含まれているのかな?(笑)
でもって、桃×海が来なかったらお前が試合に出ろ、と言われて「あの二人に何があったのか確かめるまでは、俺は試合に出るわけにはいきません!」と宣言したタカさん。やはり男前ですわ~v。
緊張のあまり土気色の顔してぶっ倒れた荒井を、ポカーンと口をあけて見下ろす乾の可愛いことといったら、もうっ!
…ボロボロになって試合会場に到着した薫ティンを見て「よっぽど凄い特訓をやったなぁ」とのたまった乾センセイ……さすがです(爆笑)。

もう、乾はかわいいし、HAWAIIなALOHA写真立てでラブラブな子柳×子乾は見られたし、津田さんの声で「蓮二…」って聞けたしv。
先週1週飛ばして、スペシャルを待った甲斐があったぜ♪
ごちそうさまでしたv。
ふふふ、次は「やはり蓮二、か……」ねv。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

SMASH!

地方住まいのため、発売により1日遅れて…ではありますが、GET致しました。
テニプリのアニメアルバム「SMASH!」。
目的は、乾の私服&青学レギュラー達のおまけCDでございます。

最初は青学レギュラー達の私服絵。
「あんたも飲む?」とばかりにPontaを差し出す王子…か、かわいいv
誰かと待ち合わせている様子の(お相手はもちろん、乾でしょう!)手塚も、かわいいv
マイボールを手にした青学の母は…一見爽やかさん(笑)。
カメラ片手にニッコリ笑顔の不二は…そのメガネ、乾とお揃いなのですか!? お揃いメガネをかけて、「やぁ、乾。今日のデート、お揃いの眼鏡をかけてみたんだけど…似合うかな?」なんて手ぇ振ってるんすか!?と深読みしたくなるような、黒縁で四角っぽいダテ眼鏡を着用。
しゃがみこんで靴紐結んでる英二は…うーん、やっぱカワイイvv。
そして、シックなモノトーン調でキメている乾は……ああ、やっぱカッコよくてカワイイvvv。その上、「はい、これ。頼まれてた本、探しておいたよ」なんてセリフを挿入したくなるようなポーズがまた……(ポッ)。
『いつでもどこでも…恋人はノート?』なコメントにも、“うーん、そういうコトにしておかないと、「俺が恋人だっ!」って乾を巡って争奪戦が始まりそうだからねぇ”と普通に思ってしまう私の思考回路は、いったい…(笑)。ただ、乾の紹介コメントで『寡黙な努力家』となっているのですが…アニメの乾、誰よりもセリフ多いような気がするんすけど(笑)。いっつも解説してて、誰よりもしゃべってるような気がするんすけど。それでも『寡黙』なんすか?
…あ、そっか。人の解説はやっても、自分のことは話さないもんなぁ(苦笑)。
お次の「BURNING」と海苔でかかれた手作り弁当に照れるタカさんも、プリティv
「よぉ、俺の後ろ、乗っていくか?」と言わんばかりの桃ちゃんは、男前v
珍しくバンダナなしで、手塚と同様誰かを待っているような(お相手は絶対乾でしょうねぇv)薫ティンも、男前v
とりあえず多少の個人差はあるものの、9人全員、じっくり堪能(笑)。

そしておまけのCDを取り出して、PCサダハルへセット。
青学レギュラーたちが、部室に集まってできたての「SMASH!」を見ながらあれこれと話しあう、というシチュエーションのCDでした。
部室に集まって…ということですので、当然最初に出てくるのは鍵当番の大石ですよぉ。
それからタカさんや不二や英二がやってきて、ついに乾登場! と思いましたら、もれなく薫ティンが付いてました(笑)。それも、走ってきたのか息切らして(笑)。
あれはきっと、遠くから乾を見つけて「仲良く一緒に登校vなシチュエーションを演出してやる!」とばかりにダッシュしたに違いありません!(笑)
8人全員揃って、不動峰戦からの試合を回想していると、氷帝戦の前で大石のケータイに着信が。
なんと、手塚がドイチュから国際電話で割り込んできましたよ、皆さん!(笑)
そして9人で氷帝戦を振り返り、D1に突入し「この試合もなぁ、乾がバカ正直にアウトを申告したりしなかったら、勝てたかもしれないのにぃ」と発言した菊丸に対して
王子「しょーがないっっすよ。だって、データは絶対なんだもん。ね、乾センパイv」
手塚「信念なき勝利など望まない。そういうことだろう」
新旧の青学の柱が、見事なフォロー(感涙)。やはり、愛されてますなぁ、乾v。

声優座談会の写真では、津田さんがお帽子姿で登場。
ジーンズにトレーナーで、足をピッタリ揃えて座っておられるお姿が…乾に勝るとも劣らぬかわいらしさでございました(感涙)。
そして、「SMASH!」と一緒にSH2の攻略本を購入。
乾のフォーマル姿、すんげぇカッコいいんだけど…なぜ逆光がオプションに?(苦笑)
乾の紹介ページは、S.S.S.を打っている時の腹チラショットでしたv。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今更ながらSH2

今朝、朝食を食べている時についボーッとしてしまい、口の中(下唇の内側)を噛んでしまいました(泣)。
いかん、いかんと思いながら気をつけていたのですが、夕食時にもまたちょっと油断した時に「イテッ」と同じ場所を噛んでしまい…(やれやれ;)。
口の中って、一度噛むとちょっと腫れてしまうので、何度も同じ場所を噛んでしまうというミスを重ねてしまうんですよねぇ、ふぅ。
食事するときも「油断せずに行こう」と思う、今日この頃(苦笑)。

さて、本日は友人とお休みが合ったので、今更ながら衝動買いしたテニプリのゲーム「スマッシュ・ヒット2」を持参して遊びに行きました。
家にはプレステ2を置いていないので、「ゲーム機貸して~」状態で(苦笑)。
狙いはもちろん、ペアモードでの柳×乾ペアを組むこと!でございます。
「ふふふ、柳乾でペアだぜ。元相方とは言わせないわ!」と意気込んでキャラを選択し、『ハワイでアロハ』とペア名を付け、練習モードに入ったのはいいのですが…よぉく考えたら、私はゲームをほとんどやらない上に、反射神経を問われるゲームは苦手でからきし下手なのでございます。
当然、マスター柳に(メインを乾にしていたので)「ちゃんと眼を開けてボールを見ろ(っつーか、閉眼しているお前に言われたくねぇっ!)」とか「集中しろ」とさんざん叱られ、友情度を落とす始末(汗;)。
仕方ないので一度リセットし、オプションでゲームの設定を最も簡単なモードにして、再びチャレンジ!
今度は少しコツもわかってきたので、順調に練習をこなし、アビリティや必殺技も仕入れて、いざ試合へ!

…が、やはり簡単モードにしても私のへっぽこゲーマーぶりは変わらず(泣)。
マスター柳にさんざん助けられながら、千石&室町の『山吹ペア』には1回、葵&薫ティンの『プレッシャーペア』と手塚&跡部の『最強部長ペア』(ホンマに最強やわ、この人ら;。つーか、手塚と跡部のクセに、友情技なんて発動させんじゃねぇー!と叫ぶこと数回;)には2回負けて、ようやく優勝。
でも、試合開始前とか、試合後に二人が話すシーンでは、ついつい語尾に「蓮二」「貞治」と頭の中で勝手に補ってしまうワケでして。
しかしGBAで慣れているせいか、アナログコントローラーでの移動に違和感があり、へっぽこぶりに拍車がかかってしまいまして。ついつい、移動するのに方向キーを押しそうになったり、グイッとレバーを押しすぎてしまったり、と微調整が全然効かなくて(泣)。
今度はもう少しまともにプレーしたいと思います。

そういえば、今日発売のWJにアニプリの予告が出てましたね。
立海メンバーの紹介のマスターの欄にちゃんと『プレースタイルが同じの乾とは過去に何らかの関係が』と書かれていましたねv。
良かったよぉ、アニメでも幼なじみ設定は生きてるよ!と喜びに震えました。
次号予告の所には『白熱! マスター柳vsデータ乾戦』みたいなことが書かれていて。
いつの間に、乾の称号は『データ』になったんでしょうね(笑)と思いつつ、試合が白熱しているのなら、私も萌えねば!と決意を新たに致しました(笑)。
ふふふ、楽しみだなぁ、21日のアニプリと26日のWJ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

一足早い誕生日

今日は、音楽仲間でもある友人が、一足早い誕生日を祝ってくれました♪
この3月に地元で開催される音楽祭に市民参加で出るので、その練習を午前中にする、と決まった時に
「1月18日が練習日? ということは、私の誕生日の5日前だから、前倒しで祝ってくれ」
と冗談半分で話したのですが、本当に祝ってくれるとは(笑)。
今年で●●歳になるとはいえ、やはり誕生日を祝われるというのは嬉しいことです。
花束にプレゼントまで用意してくれて、本当にありがとう、我が心の友よ(感涙)。

で、その友人たちと午前中に練習をして、最近御用達にしている中華系創作料理のお店でランチをいただいて。
その後でカラオケに繰り出しました。
…はい、もちろん私が歌うのはテニプリソングでございますよ♪
今回はDAMへ行ったので、歌本の特集ページを常に開き、心置きなく歌いました。
「insight」「…みたいなアルケー。」「KA・BA・JI」(跡部様のお歌は熱唱系なので、気持ちいいのです♪)。
青酢の「Birthday」や、覚えたてのジローちゃんに加え、侑士もチョタ&宍も歌って。
英二好きの友人に「ONE」を歌ってもらい、その友人と一緒にキャップと瓶で「ロック54☆」「飛んで!回って!また来週v」を熱唱(もちろん、乾センセイのセリフや合いの手は私担当)。
テニプリソングを知らない友人も混ざっていたのですが、「LONG WAY」で始まり「WHITE LINE」で締める、という徹底ぶりは、これいかに(笑)。
ちなみにその友人、私が去年編曲し「これ、弾こうよ」と楽譜を渡して練習したために「WHITE LINE」はカンペキに歌えたりします(笑)。
でもって、長距離ドライブ中にさんざん跡部様やユニット曲を聴いたため、「あれもこれも、聴いたことある」状態になりつつあります(汗;)。

ふっ、今度は王子と不二の曲も極めて、歌ってやる(ニヤリ)。

| | トラックバック (0)
|

開き直り(?)

昨日、日記で「乾塚の看板を掲げていながら、最近書いてないなぁ」と書いたのですけれど。
どーせ、26日からのWJで柳乾的妄想が爆発するのならば、いっそのことそれオンリーの期間を作ってやれ!
ということで、当サイトテニプリ分室において「Viva! Yanagi&Inui Festival!!」を開催することに致しました。
まぁ、週休4日生活と重なることですし。
この際なので、皆様の萌えツボも教えていただいて、皆で楽しもう!と思った次第でございます。

思い立ったが吉日!ということで、さっそく柳×乾フェス用のページを作成。
ついでなので、オール柳×乾にしてやれ!ということで、ロゴを作り、バナーを作り、壁紙も拵えて、コメント募集用のメールフォーム取り付けにも挑戦し…。
……はい、やると決めたら徹底的にやる性分でございます(笑)。
とりあえず、本格稼動はシングルス3試合開始と同時に!ということで、26日の午後から
妄想の赴くままに、SSが増えていくのかどうかは全て、原作にかかっております(笑)。
そして柳×乾フェス期間中、私が書くカップリング小説は全て柳×乾になります。
あ、もちろん「ハリポタdeテニプリ」はちゃんと週刊ペースで書くので、安心して下さいませ~。
切り番を踏んで、「私、柳×乾はあんまり…」と仰る方は、他のカップリングでリクエストいただいても一向に構いませぬ。
なので、「ハリポタdeテニプリ」と切り番リクエストSSは例外となります。

…こいつ、いつかこういうことするんじゃないかと思ったよ、とここをいつも訪れて下さる方のため息が今聞こえた気が…(苦笑)。

追記:そういえば、今日・明日は大学入試センター試験なのですね。
私も国立大学志望だったので、●年前に受けました。受験生の皆様、頑張って下さいね~。
…受験生がこんな辺境サイトを訪れているかどうかは、不明ですが(汗;)。
センター試験といえば、私が小学6年生から大学受験までお世話になった塾の先生は、毎年受験生たちに混ざって、自費で数学と英語の試験を受けに行くという名物先生でした。
毎年受けに行くので、試験会場になっている大学の先生にまで顔を覚えられていて、「今年も来られたんですね」と言われているほどの人です。
それで、受験生よりいい点数取るんだから、いやはやさすがでございますよ。
…今年も行ってるのかなぁ、先生(遠い目)。

| | トラックバック (0)
|

さ、寒い…

気温がマイナスになっているわけでもないのに「寒い」を連呼すると、真冬日が当たり前の地域にお住まいの方からお叱りを受けそうなのですが…。
今日はハンパじゃなく寒いです。
それだけ寒いにもかかわらず、我が家にある暖房器具はエアコンとホットカーペット…。
本当ならファンヒーターとか入れたいんですけどねぇ。灯油を置いておく場所もなく(泣)。
明日の明け方には雪が降る、という予報にマジで震え上がりました。
私が住んでいる所は、1年に1回雪が降るかどうか、という土地柄なので、数センチでも積もるとあらゆる場所が麻痺します。日頃の備えなんて何にもないので(苦笑)。
明日の朝、起きたら外はどうなっているのやら。

昨夜、新作を1本アップして気づいたんですが。
我が結月堂は「乾塚」を看板の一つに掲げていながら、ここ最近私が書くのは柳乾ばかりで、ほとんど乾塚を書いておりませぬ(汗;)。そろそろ何か書かなきゃいかんなぁ、とは思うのですが。
マスター柳が「俺と貞治の話を書け」と皇帝真田に借りた日本刀をちらつかせながら脅迫するもので(笑)。
原作でも去年は結局手塚帰ってこなかったしなぁ。あと半年くらい帰ってこなさそうだし。
貞治のためにも、手塚には早く帰ってきてほしいです、本当に。
でも、その前に柳乾ですよ!
…と言いつつ、原作で柳乾の過去話が出てこなかったらどうしよう(苦笑)。
今まで「テニプリ」に登場した幼なじみと言えば、河村&亜久津、不二&佐伯の2組ですが、「幼なじみだよ」と言われただけで、実際にどういう触れ合いがあったのか、などは一切登場しなかったんですよね、そういえば。
…何だかイヤな予感が…。
でもでも、今回の乾と柳に関しては、呼び方も乾が「蓮二」って名前で呼んでるし、「昔の相方」「データマン」という深いつながりがある! 今までの2組とは関係の深さが違うわ!
ということで、頼むから乾と柳の過去話に1話くらい割いてほしいです(切実)。

そういえば、こちらにお越しの皆様の中で、2月25日に発売される「アニプリ」のファンディスクを購入される方はどれくらいいるのでしょうか?
私は買います。
「地獄の強化トレーニング」はWJの全プレですでに入手済みなのですが、ラインナップを見る限り、乾メインディスクと言っても過言ではないのですよ、今回。
「強化トレーニング」では、乾はレギュラー落ちのポジションにはいるものの、コーチ役&解説要因としてセリフは一番多くて、恐怖の野菜汁も炸裂!
青学ランキング戦では、あの手塚vs乾戦が収録され、さらに「努力の成果」ということで、氷帝戦でのチョタ宍の特訓と並んで乾&薫ティンの特訓風景も収録。
前回のファンディスクでは、乾がレギュラーから外れている期間の話が多かったので、ほとんど活躍シーンがなかったんですよね(泣)。
というわけで、今回は「乾救済ディスク」ってこと?と勝手に思い込み(笑)。
でもって、チョタ宍vs海乾、特訓時のラブラブ度が高いのはどっちだ!?対決も勃発。
そして去年末のJFで上映された「Birthday」と「ロック54」のPVも収録される、ということなので楽しみです。
…そういえば、氷帝イメージプロモのBGMは、やはり跡部様でございました(笑)。
(ちなみに、青学は青酢の「WHITE LINE」だそうです)

| | トラックバック (0)
|

夢の(?)週休4日生活

私が勤めている会社は15日締めです。
なので、明日から2月度ということになりまして。
今日、明日以降の一ヶ月間の勤務日程が、今日発表されました。
…昨日、上司が私の勤務日程を組む時に「この調子で行くと、週3日勤務になるかも」と話してはいたのですが。
まさか、本当にそうなるとは(笑)。
3月末までにあと17日の有給休暇を消化せねばならず、これでもまだ、あと10日残る計算になるので、仕方ないといえば仕方ないんですけどね。

で、来週からは毎週月曜日と水曜日(一部木曜日)がお休みになるワケなのですが。
その勤務表を見た時、真っ先に思ったことが。
「…これは、毎週月曜日は誰に遠慮することもなく柳乾萌えして1日過ごし、水曜日は心置きなく夕方の『遊戯王デュエルモンスターズ』と『アニプリ』に備えて家事をせよ、という天の配剤ね?」(笑)
末期症状かも、私(笑)。
というわけで、26日も2月2日も9日もお休みなので、朝コンビニへWJを買いに走り、家で大興奮状態で絶叫し、1日柳乾萌えする確率100%。
これだけ休みになるのを利用して、少しでも話を書き溜めることができればいいんですが(苦笑)。
とりあえず、体調だけはちゃんと整えないといけないなぁ、と思います。

それにしても、水曜日に「アニプリ」がないとなんだか調子狂うんですよねぇ。
まだ「遊戯王」で津田さんの美声が聴けたので、「よし、水曜日」と思えたのですけど(笑)。
来週は、ついに対立海戦まで行くんですよね~。
紳士(いや、あの時は詐欺師か?)の髪は紫だし(笑)。
一つだけ心配なのは、「手塚の療養先をドイツから九州に変更したい」との許斐先生の意見を「制作が間に合わない」との理由でアニメではドイツのままになってしまったように。
「柳と乾は幼なじみで…」という思い付きが「もう、間に合いません」という理由でスルーされてしまわないか、ということですね(苦笑)。
是非とも、21日の「アニプリ」では乾の「蓮二…」呟きと、アロハ写真立てのがっつり手を握り合って笑顔で映っている子柳&子乾と、乾が他の男に気を取られているとも知らずそのマンションの下を走り回っている薫ティンのお姿を!
この私に拝ませていただきたいものです(切実)。
そして、それが流れた瞬間、近所迷惑を顧みることもなく、私が狂喜の雄たけびを上げる確率100%(笑)。

| | トラックバック (0)
|

と、録れた…(涙)

今日は非常に寒い1日でした。
そのせいか、交通事故も多かったようで。
あっちこっちで事故る方がおられたそうです。
…「油断せずに行こう」を心底肝に銘じた今日一日でございました。

で、今日のラジプリですよぉ。
久しぶりにまともに録音できました(感涙)。まぁ、途中でハングル講座に邪魔はされましたが。
それにしても不思議なのは、跡部様こと諏訪部順一さんがゲストで登場される回は、必ずと言っていいほど電波の入りがいいんですよねぇ。やはり「俺様の電波に酔いなっ!」とばかりに、邪魔な電波を蹴散らして下さるんでしょうか?(笑)
まぁ、フツオタもコーナーの合間のおしゃべりも面白かったんですが。
テニプリバスタイムが乾でした♪
「うん? …これは、台所用の眼鏡だ」って(笑)。
台所用とか、データ取る用とか、登校用とか、部活用とか、眼鏡使い分けてるのか、乾ぃーーーっ!
ぜぇぜぇ(>絶叫して疲れたらしい;)。
普通はそんな使い分けしない、つーか、見え方が変わると距離感も変わって、目の反応速度がついてこなかったり、見えすぎたりということがあるので、せーぜー日常生活用と運転用くらいにしか使い分けってしないモノなんですが。
やはり、妙なところに異様にこだわるAB型気質(笑)。

そして不二。
佐伯からの年賀状を読みながら、潮干狩りに誘われて「あれって足腰を鍛えるのにいいって、乾が言ってたんだよね」と乾の一言を思い出すあたり、乾への愛を感じました(笑)。
やはり、さすがは青学三強の絆(笑)。

ゲスト紹介されての一言が「特別スペシャル」と歌詞に引っ掛けておられたので、絶対その話出るな、と思っていましたら。EDで跡部様の「バレンタイン・キッス」のことを話しておられましたね、諏訪部さん。
そして、跡部景吾with氷帝なんですね(笑)。
コーラス隊がどうなるんだ?と思っておりましたら、まさか氷帝ズだったとは。
ふふふ、2月13日が楽しみだぜ。
でもって、来週のゲスト森訓久さんも楽しみです。いつか出ないかなぁ、と思っていたので。
だけど「だーねー」と荒井と、どっちで来るんだろう?(笑)

| | トラックバック (0)
|

朝から感涙

今朝の「明日のナージャ」、ハービー兄貴がカッコよかったですv。
去年の年末は、キッツイ展開にどうなることやら、と思いましたけど。なんとなく皆揃って大団円で終わりそうな雰囲気になってきましたね。予告では、ナージャがローズマリーに平手打ちかましてましたし(笑)。
朝から津田健次郎さんの美声が聞けて、幸せでございました。

そして、10時過ぎてからチャンネルを変えてみたら、大島渚監督夫人の小山明子さんが出演なさってました。
そのうち大島監督が「御法度」を撮影する時の様子も出るかしら?と思ってみてましたら、出ましたよぉ(泣)。撮影初日の、入隊試験の沖田総司(武田真治)vs田代彪蔵(浅野忠信)の立会いシーンで「よーい、はいっ!」と掛け声をかける監督のお姿が(涙)。
あの道場の風景を見ただけで、涙腺が一気に崩壊。
観る人によっては「なんだ、大したことないじゃん、この映画」と思われるかもしれませんが、私にとっては最も思い入れの深い映画です。なので、その撮影風景を久しぶりに見ただけで、泣いてしまうワケです。
ついでに、2000年のブルーリボン賞授賞式で、直前まで車椅子だったにもかかわらず、舞台には杖をついて立って出てこられて。杖をついた右手が震えながらも、長いスピーチを最後まで立ってされた姿が思い出されて、また泣くという(苦笑)。

で、新選組つながりで見ております、大河ドラマ。
配役その他、なかなか面白いですね。
皆様、よい味を出しておられます。ただ、やはり総司が……。
セリフは総司のセリフなんですが、なんとなく違和感が拭えません(ファンの方、申し訳ないです)。
やはり、「御法度」の武田真治氏のイメージが強すぎるんでしょうね、私は(苦笑)。
しかし、登場人物の呼び方が「歳さん」とか「源さん」とか「八っつぁん」とか某マンガと「御法度」が入り混じっております、私。

そういえば、今気づいたんですが…近藤さんの養父って…。
ずっと「周斎」の方で慣れていたので気づかなかったんですが、お名前は「周助」で。
不二と名前が一緒だったんすね(笑)。

| | トラックバック (0)
|

買い物日和

今日は久しぶりにショッピングで散財しました。
ちょうど冬物がバーゲンになっていたので、車でちょっと行ったところにあるショッピングモールへ行き、「今日はお金を使う」と思っていたので、安くなっていたセーターとか、ちょっとだけ傷が付いているから(でもほとんど目立たない)と安くなっていたバッグなど、衝動買いしてしまいました。
まぁ、それほど値段の高いものではないので、たまにはいいさ、と(笑)。

でも、夕方までには家に帰ってきてテレビのスイッチをON。
とりあえず「ハガレン」を見ていたのですが、今日の「おじゃる」は津田健次郎さんが出演するお話!ということで、途中から「おじゃる」に切り替えました。
「エンマテスト」で、子鬼トリオに代わっておじゃるからシャクを取り返す鬼を決める、というお話でして、その候補になった鬼の一人が津田さんなのです。
さぁ、津田さんはどこかしら?と思って見ておりましたら、いらっしゃいましたよぉ~♪
鬼は全員ダミ声なので、津田さんも頑張ってダミ声で演じておられましたが、しかしあの美声は隠せませぬ!
灰色の鬼が津田さんでした(笑)。

そういえば、今日はいろいろな映画が公開になっているんですよね。
とりあえず「半落ち」は面白そうなので見に行こうかと思うんですが。
「ラストサムライ」の2回目も行きたいし、でももたもたしていたら「LOTR」の「王の帰還」も公開されるし…。
この夏にはハリポタの「アズカバンの囚人」も公開になるし、歴史モノの「トロイ」も面白そうだし。
4月からは専門学校生兼主婦(ただし、主婦の方はなんちゃって度75%;)ということで学割が使えるので、バシバシ見に行くぞ!
と思うものの。
果たして、それだけの時間があるのか?というのは全く不明(苦笑)。
去年の映画初めは崔洋一監督の「刑務所の中」を、監督の舞台挨拶付きで…だったのですが、今年は何になることやら…。

| | トラックバック (0)
|

ヒマである

…といって、本当にヒマなのではなくて。
いろいろと書かなきゃいけないモノとか(連載モノとか、止まってるモノとか;)、やらなきゃいけないこととか、あるんですけどね。
何となく、今日はそういうのを全部放り出したい気分だったようです(苦笑)。
でも日課というのは恐ろしいもので、とりあえずPCサダハルは起動させ、ネットには繋いで。
その状態で、「Dr.コトー」見てました(笑)。
だってぇ、今日のには山崎樹範さん(アニプリでは堀尾役ですねv)出てるし、サントラに参加しているのは私の好きなバイオリニスト(というか彼が率いるストリングス)だし。
それ目当てで見始めたのですが、なるほどいい話や(涙ぐむ)。
とりあえず、明日も続きがあるようなので見ようと思います。

で、それを見ながらネット巡りの途中、久しぶりにコナミさんのHPに行き、2月14日に出る「Love of Prince」の告知を見ておりました。
すると久しぶりに行ったので、出演キャラが決定しておりました。
今回は共通キャラ含め、計30人が出るんですねぇ。
ラジプリに出演なさった真田役の楠大典さんが「もう(真田のキャラソンは)歌った」と仰っていたので、恐らくこのゲームのことだろう、と踏んでいたのですが、本当にいらっしゃいました。
Sweetの方に皇帝真田!
そして、マスター柳も!
また、今回は六角も参戦ということで、樹ちゃんや剣太郎もいて。
橘は兄妹そろって参加、そして何故か榊太郎(43)の名前も(笑)。
Bitterの方には立海の幸村部長の名前があったのですが…原作でもテニスするシーンはおろか、パジャマ姿しか出ていないのですが…テニスなさるんですか?(笑) あるいは、パジャマ姿でテニスするんでしょうか?
というか、顔出し程度にしか出ていないのに、キャラソン作ったんでしょうか、ゲームスタッフ。
…すごいなぁ(苦笑)。

で、SweetとBitter、両方眺めて「ふーん、今回跡部様の名前がないけど?」と思ってふと上を見たら、おられました。
それも、青学レギュラー9人の下に(笑)。
つまり、跡部様はSweetを買おうがBitterを買おうが、どっちにも入っている、ということですでに別格扱いということなんですね(笑)。
いやいや、ダテにオリコンデイリーチャート8位には入っていませんね。
さすがは何様、俺様、跡部様でございます。
しかし、キャラソンは全て新録ということなのですが…我らが乾貞治氏は歌っておられるのでしょうか?
ウワサで聞いたところによれば「Kiss of Prince」ではモノローグだったとか。
…今回もそうなんだろうか?
でも、柳×乾が見たいがために、このソフトを私が購入する確率…今のところ60%(笑)。

追記:フジTV系の「木梨ガイド」に堤真一さんとSABU監督が!
この二人が組んだ映画「DRIVE」を去年見ましたが、あれは面白かった(笑)。
なにせ、出演者が大杉連・安藤政信・寺島進・筧利夫・ジョビジョバなどなど、濃ゆいですしねぇ(笑)。
端役で出てくる中にも津田寛治さんとか、松雪泰子さんとか、田口トモロヲさんとか。面白くて濃ゆい役者さんばかりでしたねぇ、そういえば。
寺島進さん主演の「幸福の鐘」も見たいんですけど…来るかなぁ。

| | トラックバック (0)
|

いやぁ、驚いた

今日は朝から驚かされる1日でした。
いつもの日課でテレビをつけ、たまたまチャンネルを変えた局のワイドショーで、某若手人気演歌歌手Hさんの新曲キャンペーンの模様が放送されておりまして。
今月21日に新曲が出るので、東京にある有力演歌拠点店様や、某販売店様の本社にご挨拶回りをする様子が映し出されておりました。
で、その最後に彼が向かった先が、なんと、私が勤めている会社の本社(笑)。
「何!? うちの本社やん!?」
と朝から絶叫(笑)。
まぁ、あそこ板橋にあるから、銀座だの新宿だのからは離れてるんですよねぇ(苦笑)。
それで最後に回ったんだと思うのですけれど。
女性陣が総出でお出迎えし、インタビューを受けている方もおられました。

そのHさん。
デビュー前には全国キャンペーンということで、全国各地にある演歌拠点店様や卸会社を回られたことがありまして。
我が営業所もそのおこぼれに預かって(?)、訪れて下さったことがあります。
その日のことは、今でも鮮明に覚えてます。あまりにもインパクト強くて(笑)。
だって、出社したら入り口にズラッとポスターが貼られていて。
「あら、結構な美形さんじゃないですか。つーか、タイトルが古臭いけど」
と思っていましたら、今日そのHさんがご挨拶に来られます、とのこと。
「こういう曲でデビューするんだよ」と、メーカーさんが事前に送って下さっていたサンプルでさっそくデビュー曲をチェック。
「…ド、ド演歌や……(汗;)」
ええ、世間一般の方々がそのギャップに驚く3ヶ月ほど前に、そのギャップを目の当たりにし、あまりのインパクトの強さに驚いたのでございます(笑)。
でも、デビューしたらばものすごい大ヒット。
その時、デビュー曲「H根八里のH次郎」のノボリを手に、一緒に撮っていただいた写真は、今でも持ってます。
そして、ちょっとした自慢話のタネになっております(笑)。
去年はレコ大で最優秀歌唱賞も受賞して(本当に、歌がお上手になられて^^)。
これからも、末永く活躍して下さればいいなぁ、と密かに応援しているのでございます。

で、もう一つ驚いたのが、跡部様ですよぉ。
NECインターチャネルさんのHPによれば、なんと、8日付けのオリコンデイリーチャートで8位ですよ!
「Believe in you」!
すごいですよねぇ。今までに発売されたテニプリ関連CDでも、ダントツTOPの売り上げですよ。
まぁ、1月7日は発売される新譜もものすご~く少なかったんですけどね(苦笑)。
それでも、その中ではトップの売り上げで。
手塚も20位にランクインしているとのこと。
テニプリのファンパワーといいますか、跡部パワーの凄さを見せつけるような実績ですね。
キャラクターCDでここまで売れたのって、多分テニプリが初めてだと思うんですよ。
これで、テニプリが売れたからと言って便乗して(すでにいくつかのアニメが出していますが)、質の高い商品を生み出してくれればいいのですが、質の悪い物でただファンに出費を強いるだけの商品を出し、市場を潰すような真似だけは謹んでほしいなぁ、と思います。>アニメ業界&メーカー・レーベルさん
でも、それだけ多くのファン層に支持されている、という意味では、やはりテニプリは凄い作品なんだと改めて思い知らされました。

ついでに、もう一つ驚いたこと:今日の寒さ(泣)。昼には風花舞ってました(涙)。
私は、冬でも雪がほとんど降らない町に住んでいるため、寒さには弱いのです(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

て、手塚が……

今日はPHSを機種変更しました。
携帯全盛期の昨今、乗り換えるのが面倒だから、と10年以上使っているPHS番号をそのまま使用し、使っていた電話も2年近く使っていて、そろそろ電池がヤバくなってきましたので。
それにしても驚きました。
しばらく機種を変えずにいて、店頭を覗くこともなかったのですが、最近ではPHSでもカメラ機能が付いているんですねぇ。
まぁ、画素数はかなり低いのですが(苦笑)。
家に帰ってから、さっそくテニプリのキャラソンをいくつかダウンロードし(他校ソングはあるのに、何故青学ソングがないんですか、某着メロサイト!?)、パソコンからCDジャケ写を転送して壁紙に設定(もちろん、乾センセイですv)。
ストラップはグリフィンドール&乾+菊丸と、完全テニプリ仕様(笑)。
とても、今年○○歳になる女のPHSとは思えない、この装い(笑)。

そして、今日のアニプリはSDキャラのスペシャルですよぉ。
かなり楽しみにしていたのですが……「なんじゃぁ、こりゃーーっ!」と絶叫してしまいました。
まぁ、ギャグですからね。SDキャラですからね。
わかりますよ。
でも、だからってあの手塚の崩し方はいいんですか!?
飛行機や満員電車で「待っていろよ、皆」と呟く辺りはまだ「ああ、お約束やねぇ」と笑顔だったのですが。
バッターボックスに入って顔色を変えた瞬間に、とてもイヤ~な予感が。
そして、バットを取り落として妙な悶え方をした手塚に、思わず唖然。
いくら、置鮎氏がラジプリで手塚のキャラを崩しまくったといえ、アニプリであそこまで崩しちゃダメでしょ?
後半の「荒野のガンマン」でも、弾丸をマト●ックス避けしてくれるし(泣)。
乾と共に、手塚をも愛でている私としては、ちょっと素直に笑えない回でした。

まぁ、悪役全開の跡部様とか、すでに人間じゃない樺地とか、悪ぶっている忍足とか。
面白かったんですけどね。
でも野球の話にしても、あそこまでおバカにしなくても……(涙)。
今回、六角からSDキャラ初登場のダビデ・樹ちゃんはサイコーだったんですけどね。

いやですが、手塚のキャラ崩れっぷりを嘆いている場合ではありませぬ!
皆様、予告をご覧になりましたか?
ついに、幸村部長が登場ですよ、立海!
来週は残念ながら1週飛びますが(つーか、来週が「NARUTO」1時間で、21日がアニプリ1時間ってんなら、通常通り2本立てでいいんじゃないんすかね?)、次は1時間スペシャル。
どうやら、リョーマvs切原が行われる模様。
そして立海の掟がどーのと言っていたので、一気にG193か195辺りまで進めるようですね。
……ということは、乾センセイの「蓮二……」発言&アロハ写真立てが、ついにアニプリにも登場?
いや、あまり期待は致しますまい(苦笑)。

| | トラックバック (0)
|

「Believe in you」入手!

本日出社したら、届いておりました。
跡部様の4thシングル「Believe in you」!
私が毎度「跡部様」とお呼びしているためか、全くテニプリを知らない方にまですっかり「跡部様」の呼称が定着しております、我が営業所(笑)。
お昼休みに清算していただいて、昼からデスクのPCでさっそく聴きました。

今回のシングル、2曲ともロック系で(「ロック54☆!?」じゃないですよ、念のため;)、ビート感があって、カッコいいです♪
タイトル曲も言うまでもなくカッコいいのですが、カップリングの「ENEРГEIA(エネルゲイア、と読みます。ギリシャ語の次はロシア語で攻めてこられました、跡部様v)」がすごくいいのです。
アルバムでも、今までのシングル曲でもあまり英語詞が出てこなかった跡部様なのですが、今回はバリバリ英語詞入ってます(^^)。仕事中&帰りの車で何度か聴いて、だいたいは覚えたのですが、外国語にあまり強くない私としては、英語詞の発音が結構難しいです(苦笑)。
でも頑張って練習して、カラオケに入る頃にはほぼカンペキ状態にするのさ~♪
ちなみに、先月出た「みたいなアルケー」は既に攻略済です(^^)v。

今回のシングルが発売されたことで、3ヶ月連続跡部vs手塚シングルリリースは完了です。
そして、見事跡部様のストレート勝ちです(まぁ、発売前から結果は見えていたのですが;)。
で、来月はついに勝者に与えられる栄光!ということで、K生Sゆりさんの「バレンタイン・キッス」をカバーでございますよ、跡部様が(笑)。
この曲を覚えている世代といいますと、だいたい推測されると思いますが(かくいう私もその一人です。未だに歌えますし;)。この曲、女の子が意中の男の子にバレンタインのチョコをあげようと思い、「神様、この恋叶えてねv」という非常にかわいらしい曲でございます。
それをですよ?
アノ諏訪部さんが。跡部様声でお歌いになるのですよ?
…どうなるのか、全く想像できません(笑)。
でもって、この歌にはコーラスが二人いるのですが、それが誰になるのかも興味津々でございます。
まぁ、一人は跡部様の下僕・樺地として。
もう一人が「負けたヤツがコーラスに回るのは当然だろう。なぁ、樺地?」な手塚だったらどうしよう?
あるいは、顧問権限で榊太郎43歳だったらどうしよう?(笑)
いろいろな意味で、興味津々です。そしてこのシングル、結構問い合わせきております。
初回限定生産商品ですので、入手希望の方はお近くのCDショップへ予約に行かれるのがよろしいか、と。

しかし、昨日のG208の衝撃から一夜明けて、まだ興奮が冷めやらぬ様子です。
何の興奮かと言いますと、やはり疑惑の「マル秘 べっさつ柳ノート」の興奮です(笑)。
ひょっとして、乾の愛のバラメータは取られたデータの多さ=ノートの分厚さで測られるのでしょうか?
だとしたら、間違いなくマスター柳は「最も乾に愛されている男」ということになるのですよ。
そして、マスターが乾を何と呼ぶのかも明かされず、現在の二人のラブラブ度がいかほどかも明かされず、ネットを挟んで向かい合ったまま3週間…(涙)。
待ちきれずに、早出しWJ情報を載せているサイト様をチェックする確率、100%(笑)。
でも、ネタバレは26日以降ですよ、もちろん。

それにしても、今日は電波状況がサイアクです。
ラジプリは全てハングル講座に邪魔をされ、不二の声も薫ティンの声も全く聞き取れなくて、途中で諦めました(泣)。
どうもラジプリが21:00~になってから、電波状況悪いんだよなぁ。

| | トラックバック (0)
|

本日始動

本日、仕事始め&WJ始めでございました。
萌えすぎて仕事が手に付かなかったらどうしましょう?と思っていたのですが、何のその。1週間も休んでいたためか、出社してみると机の上には書類だの帳票だのが山積み(苦笑)。でもって、会社のコピー機や社内ネットワークが正月ボケ(?)で反抗期。まったくもって「たるんどる!」なんて、どこぞの部長みたいなことを呟いてしまいました。
とりあえず、休み中に溜まっていた仕事を一つずつ片付けて、帰社する直前にちょっと判断に困る問い合わせを受けて、でも担当者がいないので連絡待ち。結局定時を越えてフル稼動で、妄想するヒマもございませんでした。
…いいんだか、悪いんだか(笑)。

で、WJですよぉ。
ついに、ついに念願の乾vs柳ですよぉ♪
マスターの学年・実力からいってシングルス2での対決になるのかと思ってましたが、3でしたねぇ♪ やはり、赤也が王子に負けたので、マスター柳できっちり3連勝して優勝策を取った、ということなのでしょうか、立海。
まさか、乾センセイが青学の命運を担うことになろうとは(感涙)。今までの不遇の時代が長かっただけに、こうして脚光を浴びるのに慣れてなくてですねぇ。ちょっとドキドキしております。
つーか、王子が「青学(の乾先輩)をあまりナメない方がいーよ」と言ってくれていますが、「ぜってぇ勝つ!」と信用できないのは、不遇の時代に慣れてしまったファンの悲しい性ってモンでしょうか(涙)。でも、王子は乾が勝つと信じてくれていますので、私も信じようと思います。
…そして勝ったら「乾杯と書いて乾にHigh!」と言いながら祝杯を上げ、負けたらそっと枕を濡らすことに致しましょう。

そして、乾のデータノートに「マル秘 べっさつ柳ノート」があることが判明。ご覧になりましたか、皆様?
「べっさつ」って平仮名ですよ、平仮名!
つまり、「別冊」って漢字を習う前から(柳は蓮二の名字なので、特別に書けたのですよ、きっとv。そしてマル秘は後から書き足したに違いない)乾センセイはデータを取っていた、という証拠に他ならないのですよ!
(ということは、中学に入って手塚に会ってから、手塚に勝つためにデータを取るようになった、というアニプリ説は否定されたことになるんでしょうか?)
しかも、そのノートは表紙が破れるほどに使い込まれている! おまけに分厚い! このノートから、乾の柳への愛が感じられるってモンでしょう!?
その上、「達人(マスター)柳vsデータマン乾」とマスターの名前が先に来ているということは、WJ編集部も公認なのか、柳×乾!?(そんなコトあるわけがないでしょう。冷静になりたまえ。>by.柳生)
でも、次週は1週飛ぶ上に、次号休載……。いきなり生殺し状態なんて、そりゃないぜ、許斐先生(涙)。だけど、2週飛ぶけど期待していいよ、っていうことなのかしら?と都合のいいように解釈しつつ、26日を待つと致しましょう。

…そういえば、今気づきましたが。負けた黄金カップルの話題が一つもないですね(笑)。

追記:数年前、映画「御法度」で知り合った方が、なんと、新選組のお話(Boys系です)で雑誌デビューすることになったのだとか。奇遇だなぁ、とか、凄いなぁ、とかいろいろ思うのですけれど。そうやってご自分の道をしっかりと歩いておられるのだと聞くと、私も頑張らないとなぁ、と励みになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

本日、日本画の美に酔う

結月が住んでいる所では、毎年新春に日本画の「院展」が行われます。
それを毎年見に行くのが新年の恒例行事ということで、本日行ってきました。今はお目当ての画家が2~3人ほどいて、毎年絵を出展しておられるので、見に行くのは楽しみなのです。そして見終えた後は、気に入った絵の葉書を勝って帰ることにしていまして。今年は結構な枚数を買って帰ってきました。

ちなみに、ラインナップは
 ・平山郁夫「平成洛中洛外図」(右)
 ・後藤純男「春宵」
 ・郷倉和子「晨春にさえづる」
 ・前原満夫「寒 野梅」
 ・田淵俊夫「爛漫」
 ・松本高明「池」
 ・手塚雄二「海霧」
 ・岡田眞治「冬のベネチア」
 ・清水操「微風」
(敬称略)などなど。
平山郁夫さんはいつもながら迫力のある絵で、後藤純男さんは見事な枝垂桜の奥にぼんやりとみえる月を描いた、絢爛豪華な絵。手塚雄二さんの「海霧」は、夜の海の静かな波打ち際を描いた荘厳な絵。岡田眞治さんの「冬のベネチア」は大きな水溜りに石造りの教会が映った所を一人の女性が歩き、その波紋で微妙に水溜りに映りこんだ教会が揺れている、という非常に構図が面白い絵でした。

今日は日曜日で、正月休みの延長だった人も多く、また院展が開催されているデパートも今日から冬物バーゲンということで、非常に人は多かったのですが(苦笑)。
絵を見た後は、ウェッジウッドやマイセンやロイヤル・コペンハーゲンなどの器を見て回ってさらに目の保養をし(とてもじゃないけど買えません;。でもって、もったいなくて使えません;)、服も見たけどあまりいいデザインや色がなくて結局何も買わず、帰ってきました。

でもって、帰ってきてからは昨日の『独眼竜政宗』の続きを鑑賞。
やはり、渡辺謙さんはカッコいいのです(^^)。そして、俳優陣の豪華さには改めて感動。
勝新太郎さんの豊臣秀吉はものすごい迫力で、津川雅彦さんの徳川家康はいかにも知恵者、といった感じで。
その他、すぐに出番がなくなってしまうような役でも真田広之さんや陣内孝則さん、佐野史郎さん、榎木孝明さんなどなど、「こんな人まで出てたんですか!?」な役者さんたちがズラズラと(^^)。
真田さんと渡辺謙さんが渡り合うシーンなど、ついつい『ラスト・サムライ』を思い出してしまったりして。
大河ドラマの人気投票で第1位になるはずですよ、このドラマ。改めて、話の筋も配役も、絶品のドラマだったんだなぁ、と実感いたしました。
今年の大河、ファンの方には大変申し訳ないのですが、勇さんと総司には全く期待できそうにないなぁ、と思ってます。でも他の土方さんやおみつ姉さん、原田さんや八さんや井上さんや藤堂君は合ってそうで、芹沢先生もカッコいいし、坂本竜馬は『竜馬の妻とその夫と愛人』で竜馬もどきを演じていた江口洋介さんがついに本物の(と言うと何となく変ですが)竜馬を演じるということで。歴史通からは「そんなのありえへん」な突っ込みがきそうな話もあるようですが、面白いかも。
ということで、来週は一応見てみようと思います。

さあ、明日からは仕事始め。そしてWJも発売開始です。
ふふふ、さっそく萌えるぞ~!

| | トラックバック (0)
|

本日はテレビDay

正月気分もそろそろ終わりにしないとなぁ。一応、会社は今日から営業してるしなぁ、と思いつつも、有休消化計画実行中により、本日もお休み。
ということで、まったりしております。
そして朝からテレビを見る、という(苦笑)。

とりあえず、木内秀信さんが出た、というので『良寛さん』を鑑賞。…が、「これが木内さんかしら?」と思う程度でよくわからず(涙)。お話そのものも、1時間半ほどの短い時間で良寛さんの生涯を紹介する、というものだったので、かなり端折っている感じでした。けれど、心の広い、純粋で豊な感性を持った人というのは、いつの時代でも人々の救いになるのだな、と思います。それを貫き通すというのは、そう簡単にできることではないのですけれど。

そして、スペシャルということで、続く『ヒカルの碁』も鑑賞。「北斗杯への道」ということで、その予選が終わるまでのお話でした。…韓国のコウ・ヨンハが出てくるのを期待された方も多かったと思うのですが、それはまた今度、ということなのでしょうか? でも久しぶりに見たヒカルはやっぱり大きく頼もしくなっていて、こちらも結構駆け足で物語が進んでいましたが、もっともっと強くなっていってほしいなぁ、と思うお話でした。
…千葉進歩さんが、ヒカルの父役で出番がちょっとだけだったのは、私的にはちょっと残念だったのですけど(苦笑)。特にファンです!というわけではないのですが、やはり佐為にもしゃべってほしかったですよねぇ。

そして続きましてはこれから、NHKで『独眼竜政宗』総集編を見るのです!
私があれを見ていたのは中学生の頃だったのですが(これですでに年齢がバレるというものである;)、あのテーマ曲と、渡辺謙さんの伊達政宗の迫力は強烈に覚えていて、特別な思い入れがあります。
テーマ曲に関しては、中学校入学直後に音楽部(吹奏楽)に入部した時、2・3年生の先輩方が演奏しているのを聴いて、強い憧れを持った覚えがあります。中学時代は、1年の差がとても大きくて、2年の先輩は尊敬の対象で、3年生ともなれば神のような存在でしたから(吹奏楽部は体育会系文化部なので、特に上下関係が厳しかったのです;)。
同じ理由で、J・S・バッハの『小フーガ ト短調』と『トッカータとフーガ ニ短調』も、一度演奏してみたかった、という憧れがあります。

しかし、そう思ってみると、あながち「テニプリ」で1年生と3年生では実力も体格も子供と大人のように違う、という描写も全くウソではないなぁ、と思うのです。まぁ、乾センセイや手塚や真田や柳は老成しすぎ、忍足は色気ありすぎ、跡部様はイッちゃってるし…と思わないでもないのですけどね(笑)。

さて、そろそろテレビの前に戻るとしますか。

| | トラックバック (0)
|

明けました

明けましておめでとうございます。
結月堂へお越しの皆様、今年も1年、ご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

さてさて、皆様は元旦はいかがお過ごしでしょうか。
結月は、毎年ウィーンフィルのニューイヤー・コンサートを聞くのが正月行事の一つです。
今年は実家に帰ってきていることもあって、紅白後はテレビ東京系の「ジルベスターコンサート」を見て、ベルリオーズの「幻想交響曲」フィナーレの終わりと同時に2004年を迎えることができました。
そして同時に、地元の駅北口にある公園で花火が上がったらしく、その音が聞こえてきていました。
そして少し遅めに起きて、朝からBS2でヨーヨー・マさんのラテン系コンサートがあることが判明。
「マさんだ、マさんだv」と母上と二人で朝からボサノバやサンバ、ピアソラのタンゴなどを堪能致しました。
アンコールには「リベル・タンゴ」を持ってくるあたり、本当に心憎いと言いますか、さすがによくツボを心得ておられます、マさん(笑)。

昼はブランチ状態でおせち料理と、お神酒にと買った美味しい地酒を(^.^)。
……正月の真昼間から酒飲んでんじゃねぇ、ふしゅ~って感じですが(苦笑)。
今年のおせちは、大枚をはたいてデパートで購入した、京都は下鴨茶寮のおせちでした。
いやぁ、これが美味なんですよ。
どれもこれも味付けが上品で、薄味で、でもお出汁がしっかりしみていて。特に黒豆と数の子と百合根が絶品でございました。
……全体的に薄味、という時点で「うーん、マスター柳が好きそうv」と思うあたり、かなり毒されておりますが(苦笑)。

で、夜は昨日食べそこなった年越し蕎麦を、年明け蕎麦として食し、残ったおせちを食べつつまたお酒を飲んで。
それからBS2でニューイヤー・コンサートを今度は洋ナシの芳醇なワインを飲みつつ聴いて、ご満悦でした。
……て、私お酒には弱いはずでは…?(笑)
今年のニューイヤーは、指揮者がリッカルド・ムーティということで、どことなく妖艶な、でもパワフルでキリリとした演奏でした。
2年前に小澤が振ったときは、みんな楽しそうだなぁ、といった感じだったのですけれど、今年は途中でシャンパンを抜いて飲んだり、天上からつるしたカメラで俯瞰的にホール内を写したり、と演出が洒落ていて凝っていたように思いました。

いずれにせよ、今年もいい年になるといいなぁ。
特に、今年はちょっと私的に激動の年になりそうなので。
そしてお越しくださっている皆様も、苦しいこともあるかもしれませんが、年末に振り返る時には「でも、結構幸せだったかも」と思えるような1年でありますように、お祈り申し上げます。

| | トラックバック (0)
|

« 2003年12月 | トップページ | 2004年2月 »