« ささやかな(?)悩み | トップページ | ダンナ、飛びすぎっス(爆笑) »

最強幼馴染ペア

本日、乾を操作してマスター柳を登場させました。>グロリアスな金
今回のソフトは観戦モードがあるので、さっそく難易度を「HARD」にして、観戦モードで乾vs柳のシングルス3を再現してやれ!ということでやってみました。(と言っても、私は見てただけですが;)
「HARD」モードにすると、必殺技を連発したり、挑発・賞賛・集中ボイスも多発してくれるので、見ているのはなかなか楽しかったです。というか、アニプリよりももっと柳vs乾戦らしい試合になったのではないか、と(笑)。
マスター柳はデータマンっぷりを遺憾なく発揮してくれているので、プレイヤーキャラとして選ぶと「データ解析の真髄をお見せしよう」って言ってくれるんですよねぇ♪
挑発する時は「データ解析が甘い(ぞ、貞治)!」だし。
乾と試合をしていると、
乾:「バレバレだよ(、蓮二)」
柳:「データ解析が甘い(ぞ、貞治)」
乾:「もう一度流れを引き戻す!」(スマッシュエース)
柳:「君(貞治)の行動は正規分布に収束する」(ノート片手に/笑)
乾:「予想できるのに!」
柳:「変数間の相関が高いと予測は失敗する」
乾:「もう一度データを徹底的に分析し直しだ」
(乾覚醒)
乾:「序盤から攻めて行こうか…フロントコートで返せる確率、85%!」
乾:「フロントコートで返せる確率、85%」(3回ほどリピート)
柳:「回数が多いと標準正規に近似する」(やっぱノート片手)
乾:「ハァ、ハァ、ハァ」
柳:「優位水準はゼロではない」(スマッシュエース)
乾:「決まる確率、100%!」
柳:「仮説の徹底は完了した」
(柳開眼…じゃなかった覚醒)
…てな具合で、スマッシュヒット(?)と思うほどしゃべりまくってくれるので、見ていてとても楽しいです♪
ね? アニプリよりずっと柳vs乾らしい試合でしょ?(笑)
キャラの能力値はマスター柳の方が高いのですが、対戦させると乾が勝つんですよねぇ。それも毎回。
…やはり、ゲームも乾の色香に負けているらしい、マスター柳(笑)。
でも自分でプレーするのは「EASY」モードなんですが…(苦笑)。

そしてこの二人、ダブルスを組んでリターンに回ると、二人同時にノートを見る、というリアクションを取ってくれるので非常に楽しいです。
最初に見た時は思わず「この、ラブラブバカップルめっ!!」と絶叫しました(笑)。
まぁ、しばらくはこの二人に楽しませてもらおう、と思うのですが。
青学も立海も、キャラを全員揃えるのって、かなり大変なんですよね。
私はゲーマーとしてはかなりヘボいので、無失点でシングルス公式戦をクリア、というのは「EASY」モードでも何度チャレンジしなければならないのやら…(苦笑)。
「みんプリ」とGBAをもう一台と通信ケーブル買って、「みんプリ」コツコツやっていくのと、無失点を狙って何度もチャレンジするのと、いったいどっちが早いんだろう?(涙)

先ほど地方ニュースを見ていたら、今日は私が卒業した母校(大学)で卒業式があったらしいです。
そういえば、私が卒業したのもこんな時期だったなぁ、と懐かしく思いました。大学が国立だったので、私立のように謝恩会を派手に開くこともなくて。研究室の主専攻単位で追い出し会をやった程度だったのですけれど。
お酒にはてんで弱いのですが、お付き合いでビールを飲んで、近世日本史が専門の教授のありがたいお話に耳を傾けつつ何度もしきりに頷いてしまい、酔いの回りがやたら早かったことを覚えてます(笑)。
そういえば、津田さんがご自分のサイトで「遺伝的にお酒には非常に弱い」と書いておられましたが、私もまさにソレです。お酒の席は嫌いではないですが、自分は常に覚醒した状態でありたい、というお気持ちはとてもよくわかります。お付き合い程度にアルコールを口にすることはありますが、泥酔するほど飲んだ経験はないです。
でも津田さん、「ドッグ・スター」でベロベロに酔っ払う役を演じておられましたが…。
浅野忠信さんといい、津田健次郎さんといい。
お酒に弱い方が演じる酔っ払いは、「こいつとは一緒に飲みたくねぇなぁ、飲みたくねぇよぉ」的イヤ~なタイプなんですよねぇ、見事に(笑)。やはり、覚醒した状態でいつも酔っ払いを観察しているからなのでしょうか?
…なんてことは置いておいて。
この春卒業なされた皆様、ご卒業おめでとうございます。
(って、かなり今更?)

|
|

« ささやかな(?)悩み | トップページ | ダンナ、飛びすぎっス(爆笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10811/346870

この記事へのトラックバック一覧です: 最強幼馴染ペア:

« ささやかな(?)悩み | トップページ | ダンナ、飛びすぎっス(爆笑) »