« 乾総受けダブルス | トップページ | 確率2%の愛 »

社歌、熱唱

今日、車を運転していると、正面から雀が1羽突っ込んできました。
その雀、私の車のボンネット前面角に激突し、そのまま道路へポトリ。バックミラーで確認したところ、一瞬道路に落ちていましたがすぐに飛び立っておりました。
いやぁ驚きましたけど、無事でよかったです。
春になったためか、あちこちで猫が轢かれているのを見るのですが、痛ましいことです。猫だろうが、鳥だろうが、生き物を轢くのは気持ちのいいものではないですから…。

話は遡りまして昨夜、「サタデーナイト・フィーバー」を聴きました。
昨夜は「ドラマティック・フィーバー」で高橋美佳子嬢が初めて脚本を書いた、というドラマ「蜂蜜」を披露して下さいました。あらすじは、1匹のミツバチが人間になって、憧れている花屋の青年に会いに行く、という可愛らしいお話でして。
ミツバチが美佳子嬢で、花屋の青年“花山さん”が津田さん。ついでに、悩めるミツバチに「人間にしてやろう」と話をもちかける神様も津田さんでした。
いやぁ、津田さんの美声なダミ声はお見事でございました(笑)。
やはり元が美声な方ですから、津田さんは。ダミ声を作っても、やはりよいお声であることに変わりはない、という。

「バレンタイン・フィーバー」では、惚れっぽい性格をどうしたらいいでしょう、というご相談でございました。「そのうち、本気で好きになれる人がいるよ」という、津田さんの温かいお言葉でございました。
「夢に出てきて、急に気になり始めるってこともあるしね」というコメントに、「そのネタ、使えるわ♪」と思った私は、やはりどこまでも腐女子(苦笑)。

そして一夜明けました今日、友人とカラオケに行って参りました。
行ったお店が混んでいて、機種を選んでいる余裕がなかったので、とりあえず空いた部屋へ。その機種、新譜はメジャーどころを中心に網羅されているので、テニプリソングは2002年に発売された青学レギュラーシングル&青酢&キャップと瓶&SEIGAKU SPECIAL UNITくらいしか入ってなかったんですね。
でも、旧譜に関しては結構マニアックな曲が入ってまして。
とりあえず、久しぶりに…とご結婚おめでとうございます~♪ということで、緒方恵美さんを数曲リクエスト。いやぁ、相変わらず難しいです、彼女の曲は。元々ミュージカル女優で、音域も広いし歌も上手いし声量もある。おまけに、名曲はサビの部分が結構高かったりするので、歌うの大変だったりして。
で、久しぶりに蔵馬の歌を歌ったのですが…跡部様効果でしょうか? 低音域が前より楽に出るようになってました。うーん、こんなところにまで影響が(笑)。

で、そこに入っていたのがなんと、明和電機の社歌と、愛唱歌『地球のプレゼント』
「うわぉっ!」とリクエストしまして、友人と一緒に熱唱しました。今は元社長が引退されて、元副社長が社長に昇格なさっているのですが、以前はご兄弟でユニット組んでおられたんですよね、明和電機。
で、ただのアートユニットではなく、彼らはCDも数枚リリースしておりまして。…実は、全部持っていたりするんですねぇ、私(笑)。でもね、結構いい曲あるんですよ、これが。
ちなみに、『地球のプレゼント』は副社長がハモリで歌っているメロディで歌えます、私。というわけで、友人とハモリで歌った、という。…はい、私もかなりマニアックです(苦笑)。

私が歌ったテニプリソングはタカさんと、あと友人のお手伝いで『おめっとサンバv』くらいでしたねぇ、今日は。
また今度、リベンジしたいと思います。
ふふふ、バネダビの『Joy to the world』を編曲して、三重奏バージョンを作ったので、ピアノ担当の友人に聴かせるのさ~♪(ピアノの彼女は手塚ファンなのですが、あまりテニプリを知らないのです;)

●WEB拍手、いつもたくさんありがとうございます♪●
そういえば、ここ数日大量にウィルスメールが届いております。今のところ、開かず速攻削除&ウィルスバスターが撃退してくれているので我がPCサダハル君は感染から免れているのですが、皆様お気をつけ下さいませ。

|
|

« 乾総受けダブルス | トップページ | 確率2%の愛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10811/492543

この記事へのトラックバック一覧です: 社歌、熱唱:

« 乾総受けダブルス | トップページ | 確率2%の愛 »