« ハリポタでイギリス | トップページ | 男前っすね~ »

歌声はシークレット?

26日のサタデーナイトフィーバーは、先週行われた公開録音の内容を中心に放送されていました。
公録の内容をそのまま放送するのではなく、スタジオで津田さん&美佳子さんが進行しつつ、公録の模様が編集されて流れる、というのが個人的にスッキリしていていいなぁ、と思いました。

本日のプログラムは、学校ネタの「スクールフィーバー」と、ナマで演じる「ドラマティック・フィーバー」。
「スクール・フィーバー」では、「どうしてもこのネタを選んでしまう」という津田さんセレクトによる、英語の授業で出てきた妙な翻訳ネタが披露されていました。
その問題、穴埋め問題でかつ完成させた文章を訳せ、というものだったらしく。
「●●(名前忘れました;)はバラとパンジーの区別がつかない」

………
……
なんで区別つかないの?(笑)
っていうか、普通わかるよ、それくらい。

と、ラジオの前で突っ込み入れてしまいました(笑)。
自分が学生の時はあまり意識してませんでしたけど、今思えば「これ、おかしくない?」と思う訳がつく文章はたくさんあったんだろうなぁ、としみじみと思い返す今年●歳のワタクシ(笑)。

「ドラマティック・フィーバー」の方は、公録ということで、キュンとなる話を……と、美佳子さんが脚本を書いた「雨のキス」というタイトルのドラマ。
お互いに相手を好きだと思っている男の子と女の子が、突然降り出した雨の中、相合傘で下校することになって、ふとした弾みで「好き」だと告白して……という、正統派な青春恋愛モノでした。
ナマで演じているということもあってか、津田さんがとても照れて、恥ずかしがっておられるのが萌えでした♪
なるほどぉ、先日WEB拍手で「津田さんが恥ずかしがっていたり…」と書いて下さっていたのは、このコトだったのね~♪とニヤニヤしてしまいました(笑)。

また、今日は津田さんがパーソナリティで、NECインターチャネルさんが提供ということもあってか、乾さんの「DISTANCE」が一足早く流れていました。
歌う部分まで流れるかしら~?
とドキドキしつつ、雑音にも負けずラジオのボリュームを上げ、スピーカーに耳を寄せて聴いていたのですが……。
歌の部分までは流れませんでした。
やはり、乾さんの歌声は貴重らしいです。
歌声が聴きたければ、7月28日にCDショップに走るべし、ということのようです。
(まぁ、どっちにしても買いますけど♪)

そして、「DISTANCE」が流れた直後のCMは、立海CDのCMでした。
立海CDのCM。
番号順に曲が流れるので、トップバッターはマスター柳の「Dream to Remember」。

………
……
恐るべし、マスター柳!
そんなところでまで、柳×乾を主張なさいますか、アナタという人は!

乾さんの「DISTANCE」が流れたのをいち早く察知して、ご自分の歌を差し込んできますか、まったく(笑)。

なんて萌えたアホは私だけでしょうか(苦笑)。

|
|

« ハリポタでイギリス | トップページ | 男前っすね~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハリポタでイギリス | トップページ | 男前っすね~ »