« 辞めるの!? | トップページ | 音楽三昧な1日 再び »

これって逆ハー?

火曜日に柔道の授業を受けた結果、今回は腕に筋肉痛が出ております(涙)。
さすがに1年前のように、受身10回で起き上がれなくなる、とか。
投げられた後にしばらく起き上がれない、とか。
そういうことはなくなりまして、多少は進歩してるのかなぁ、と思うのですが。
久しぶりに打ち込みとか約束練習などを行って、相手の襟や袖をグッ!と掴んで力を入れていたせいでしょうか。う、腕が……(泣)。そして、左の太腿が……(泣)。

という状態なのですが、昨日、クラスメイト3名とコンサートに行ってきました。
何やら、住んでいる学生マンションの管理会社が主催しているコンサートだということで、招待券を何枚も持っていたらしく。私がクラシック好きだということを知っているその中の一人が「こんなのありますよ」と教えてくれたのです。
で、図々しくも首を突っ込んでしまったワタクシ(苦笑)。
ご一緒したのは、いずれも年下で男子。
女子は私一人。
……これって、一種の逆ハーレムってやつ?
という(笑)。
あ、でもウワキはしてませんので、念のため(笑)。

コンサートの編成は4人の声楽家(ソプラノ、メゾソプラノ、テノール、バリトン)と、ピアノにチェロにフルート、というあまり耳にすることのない編成でした。
曲目の方も、ピアノ&チェロ&フルート+メゾソプラノという面白い編成での、ラヴェルの曲とか。
普通のシューベルトの歌曲(テノール)やリヒャルト・シュトラウスの歌曲(バリトン)とか。
ピアノの独奏あり、楽器だけの三重奏あり、ブラームスの四重唱曲あり……と、バラエティに富んだ演目でした。

ちなみに、私は前半はバッチリ起きていたのですが、ハイドン作曲のフルート&ピアノ&チェロの三重奏はあまりの心地よさに眠りに引き込まれそうになってしまいました(笑)。
そして、クラシックのコンサートは初体験、という3名の男子は……。
1名は、前半開始1分で撃沈。
もう1名も、その4分後に撃沈。
なかなか微笑ましい光景でございました(^^)。

何曲か演奏された中で、一番印象に残ったのはラヴェル作曲の「マダガスカル土人の歌」でした。
ピアノ+フルート&ピッコロ+チェロ+メゾソプラノ、という面白い編成の曲で。微妙な音程の不協和音とか、つかみにくい拍子とか、一筋縄ではいかない難しい曲だったのですけれど。
何が感動したって、チェロでございます。

基本的にヴァイオリンやチェロという、ヴァイオリン属の楽器というのは最低音は決まっていても、上は限りなく、ヴァイオリンに至っては超音波スレスレの音まで出たりします。
そして、同じ音を出すにしても、高い音で調弦している弦の低いポジションで取った音と、低い音で調弦している弦の高いポジションで取った音と、ハーモニクス(弦の1点に軽く指を触れて、倍音を作るという演奏法です)では音色が違うのですね。
昨日聴いたラヴェルの曲では、同じDの音を、一番高いA線→1本隣のD線→更にお隣のG線でハーモニクス、と続けて弦を変えて弾くことで、音色が変わっていくのがはっきりとわかりました。

……て、かなりマニアックな感動の仕方だったのですが(苦笑)。
他にも感動したところがあったのですが、書くのも読むのも難しくなりそうなので、割愛します(苦笑)。

コンサート後は、4人でちょこっとお酒を飲んで、しばらく話し込んで帰りました。
いつも男の子同士で仲良くしている様子を少し垣間見せてもらったりして、なかなかオイシイ時間でございました(笑)。
特に、3名のうち年下(にしてコンサートで撃沈していた;)二人組が♪
フフフ、私の目の前でイチャつくと、ネタにするよ、二人とも(笑)。

しかし……端から見ると昨日の4人はいったいどういう集団に見えたんだろう?(笑)

|
|

« 辞めるの!? | トップページ | 音楽三昧な1日 再び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10811/3798251

この記事へのトラックバック一覧です: これって逆ハー?:

« 辞めるの!? | トップページ | 音楽三昧な1日 再び »