« これって逆ハー? | トップページ | 切ないぜ(涙) »

音楽三昧な1日 再び

今日も、朝から幸せな1日でございました♪
先週に引き続き、「題名のない音楽会21」には神奈川フィルが登場。

今週は「ディズニー」のお姫様物語で流れるBGMを新解釈により編曲する、という企画モノ。コンマス席にいる石田泰尚さんのアップもたくさん出てきて萌えました♪
「シンデレラ」を担当した青島広志さんが王子様に扮しておられましたが、本当の王子様がコンマス席にいますよ、シンデレラ!と思ったのは私だけでしょうか(笑)。
(まぁ、あんなキッツイ性格のシンデレラに言い寄られても、石田さんは困るかもしれませんが;)

今週の企画は、ディズニーの曲の途中に別の曲が出てきたり、歌詞が面白く変わっていたり……と、音楽の冗談のような曲がたくさん出てきたのですけれど。
ああいう企画って、聴いている方はもちろん大爆笑なのですが、演奏している方も笑いをこらえるのが大変だったりするんですよね(笑)。
といっても、それは練習の最初の頃だけで、やってるうちに慣れてきて、本番では真面目な顔で演奏してるんですけど。

私がかつて所属していた吹奏楽団でも、編曲に長けた方がおられたので、似たようなことをやっておりまして。ついついそれを思い出してしまいました。

それにしても、運指板を押さえる石田さんの左手。指が長くて細いためなのか、とても綺麗だなぁ、と思ってしまう私は指フェチなのでしょうか(苦笑)。
そして、「もしも『眠れる森の美女』が不眠症だったら」企画で、小芝居が入っていたトロンボーンやシンバルなどなどを見て。……コンマスは? と期待してしまったのは、私だけではないはず(笑)。

午後からは、ヴァイオリン&ピアノのコンサートに行って参りました。
今日のコンサートのコンセプトは「Voyage~旅 それぞれの想いを~」ということで、曲目も

・ベートーベン ソナタNo.2 イ長調
・ドヴォルザーク ソナチネ ト長調
・チャイコフスキー 憂うつなセレナード
・バッツィーニ 小人のロンド
・ガーシュウィン/ハイフェッツ 「ポーギーとベス」より 3つの小品
<アンコール>
・エルガー 愛のあいさつ
・ショパン/ミルシュタイン 夜想曲

というものでした。
ヴァイオリニストはロシア出身のヴァディム・チジクさんで、ピアノは地元出身の船越清佳さん
チジクさんのヴァイオリンは、ベートーベンの冒頭から調子が良かったのか、音がよく伸びてました。

どの曲も素晴らしかったのですが、特筆すべきはバッツィーニ作曲の「小人のロンド」。
この曲、作曲したバッツィーニさんがヴァイオリニストだったということもあって、超絶技巧(というよりむしろ、特殊技巧?)のオンパレードなのです。冒頭から弓を弦の上で弾ませて音を出して、重音でのトリルあり、ハーモニクスあり、左手で弦を押さえながらのピチカートあり。
聴きながら「おお、すげぇっ!」と目がキラキラしてしまいました♪

そして、私の大好きな作曲家であるガーシュウィンの小品。これも、編曲したハイフェッツがヴァイオリニストといこともあって、難しい技巧があちこちにちりばめられていて、聴き応えのある曲でした。
中には「Summer time」や「It ain't necessarily so」などの有名な曲も出てきて、ノリノリで聴いてしまったという(笑)。

このお二人は、去年の秋にもコンサートを聴いて。その時もラストに好きな曲が次々出てきてとても楽しかったのですけれど、今日も楽しませていただきました。
やはり、ヴァイオリンの超絶&特殊技巧を間近で拝見すると、ワクワク&ドキドキしてしまいます。

さて、明日は講義変更になったので、いつもは木曜日にあるはずの生理学があります。
……授業の最初に小テストがあって、またまた期末テストにその点数が加算されそうです。
油断せずに行こう(笑)。

|
|

« これって逆ハー? | トップページ | 切ないぜ(涙) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10811/3839203

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽三昧な1日 再び:

« これって逆ハー? | トップページ | 切ないぜ(涙) »