« 落ちたな(笑) | トップページ | リョーマさん!? »

今日は5番と4番の日

昨日はベートーヴェンの交響曲第6番「田園」と第8番で、「ヘ長調 交響曲の日」でしたが。
今日は、チャイコフスキー作曲の交響曲第5番 ホ短調と、マーラー作曲の交響曲第4番 ト長調の日です。
……相変わらず、なんのこっちゃ、って感じですね、スミマセン(汗;)。

今日の午後、NHK-FMで放送された「ミュージックプラザ 第1部」で流れたのが、チャイコフスキー作曲の交響曲第5番。
多分、どこかで聴いたことがあると思うのですけれど、ちゃんと聴いてみよう、みよう。
ということで。
今日の演奏者は、指揮者がエフゲーニ・スヴェトラーノフ、管弦楽はロシア国立交響楽団でした。
この曲、学校の友人が「一部、リズムがわからなくなる所がある」と話しておりまして。
はて、どこだろう?と思いながら注意して聴いていたのですが……どこだったんだろう?
中期が始まって顔を合わせたら、聞いてみようと思います。

そして夜。
阪神vs巨人戦の戦況が気になるところではありますが、「速報 ヨーロッパ夏の音楽祭2005」で放送されるのが、ルツェルン音楽祭2005から、ダニエル・ハーディング指揮&マーラー室内管弦楽団とルツェルン祝祭管弦楽団の演奏会でして。
曲目がマーラーの4番でしたので、これは聴いてみよう、という。

マーラーの4番は、ダニエル・ハーディングとマーラー室内管弦楽団という組み合わせでCDも持っていて、よく聴くのですけれど。
CDとは違う部分があるだろうし。
2楽章を中心に、この曲好きだし。
ということで、チェックです。

それにしても、我が家のデッキ。
FM放送よりAM放送の方が綺麗に入るとは、これいかに?(苦笑)
アンテナ伸ばしても雑音入るし、録音してると雑音大きくなるし(むぅ~;)。
文化放送の電波は余裕で拾えるんですけどね。
地元FM局もNHK-FMも、どーも雑音が入ってしまうんですよねぇ。

でも、いいなぁ。
夏のヨーロッパの音楽祭。生きているうちに一度は聴きに行ってみたいです。
日本からツアーが出ているようで、その案内も届くのですけれど。
見るたびに「いいなぁ、行きたいなぁ。でもこの値段はムリだなぁ」と諦める、というのが毎年の恒例行事だったりします(苦笑)。

<以下、マーラーの4番の放送を聴いた後の追記>

やはり、CDと違う部分がかなりありました。
細かいテンポ設定とか、浮き立たせるパートとか。
私、相当流して聴いていたのかもしれないです。
「え、ここでこんなパートが?」と気づかされる所が何箇所もありました。
第1楽章の途中からミニスコアを引っ張り出して(そのスコア、第2楽章のソロヴァイオリンの楽譜がどう書かれているのかを確かめる為だけに買った、という;)、追っかけて追いついて、見ながら聴いていたのですけれど。
凄いですね。
第3楽章の315小節~316小節。
1ページに1小節で、見開き2小節。
続く317小節まで、弦楽器はヴァイオリンもヴィオラも、パート内で更に細かくパート分けがなされている上に、16分音符や32分音符の嵐。
……音符追いかけるものイヤになるだろうなぁ。
といいますか、各パートがそれぞれ何をやっているのか細かく聞き取れる人は、果たしてどれくらいいるんだろう?と思ってしまうのですが(苦笑)。

曲全体としては、メルヘンチックでどこか可愛らしくて(鈴やグロッケンの効果かもしれません、こう感じるのって)、綺麗で。でもどこか怖い部分もあって。面白い曲だなぁ、と思います。
……にしましても、あの第2楽章のソロ。
調弦を変えたヴァイオリンを、神奈川フィルコンマスの石田さんが弾いたら、さぞかし妖しくて綺麗な音がするんではないか、と。聴くたびに思います。

|
|

« 落ちたな(笑) | トップページ | リョーマさん!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10811/5648277

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は5番と4番の日:

« 落ちたな(笑) | トップページ | リョーマさん!? »