« レッド・ヴァイオリン | トップページ | 元気ハツラツ? »

銀幕のアナタ

今日は昨日予告しましたとおり、映画館へ「NANA」を見に行きました。
原作は読んでいないのですが、松田龍平君が人気バンドのギタリスト役で出演する、と聞いたら見に行かずにはいられません。去年は舞台でもその演技を見ることができましたが、やはり彼は大スクリーンで見たい!というのが、デビュー当時からのファンの心境なのであります。

で、その「NANA」。
配給会社が東宝なので、もしかしたら予告が入るかしら?
と思っておりましたら……入りました。流れました。
「この胸いっぱいの愛を」
そして、チラリとではありますが、聖響さんが指揮をするお姿を見ることができました!
映画が始まる前から心拍数と興奮度がギューン!とアップしてしまいました(苦笑)。
あとひと月と少しで、大スクリーンで指揮をするお姿と、標準語で(←ココ、ポイントです)セリフをしゃべって演技するお姿が見られるのかと思うと、とても楽しみです。

そうよ。
10月に入ればすぐに、聖響さんをスクリーンでも見ることができるんじゃない、私っ!
ああ、幸せすぎて目眩が……(クラクラ;)。
その前に、ちゃんと勉強しなきゃ……(フラフラ;)。

で、映画です。
「NANA」です。
見に行った映画館が、音響のいいシネコンだったので、ライブシーンは圧巻でした。本当にライブハウスにいるような感覚でした。
主役の中島美嘉さんも、上手い歌い手さんだなぁ、と常日頃から思っていたのですけれど。ライブで歌うシーンは凄くカッコよくて、ステキでした。
また、ライバル的な存在として出てくるヴォーカル、レイラ役の伊藤由奈さんも、素晴らしかったです。彼女が歌うシーンを見て、彼女の歌を聴いて、ジーンとして泣いてしまいました。
ライブや音楽が話のメインになってくる映画なので、やはりそこにはかなりこだわったんだろうなぁ、と思いました。
松田龍平君はじめ、バンドのメンバーとして出演する役者さんたちも、かなり楽器を特訓したらしくてですね。でも、見事に「バンドメンバー」として演奏しておられる様子は、とてもステキでした。

で、私のお目当てはデビュー当時から応援している松田龍平君です。
前作の「恋の門」がかなりぶっ飛んだ映画で、ぶっ飛んだ役で、相当壊れていて情けなくてダメダメで、でも何でこんなにカッコいいかな~?という役だったのですけれど。
今回は、カッコいい人がカッコいい役をやってくれて、しかもベースもギターも天才的な弾き手、という役どころです。中島美嘉さん演じるナナちゃんの彼氏さん役です。
演奏する様子も、普通に演技しているところも、ただそこにいるだけでも、本当にカッコよくて。
浅野忠信さんや田口トモロヲさんを相手にぞっとするような色香を見せたかと思えば、トミーズ雅さんを相手に「山崎さんは好きです」なんてあどけない笑顔を見せた彼が。
ああ、こんなにカッコいい、イイ男になったのね~、と。
感慨深いものがありました。

私は、映画や舞台やコンサートなどを鑑賞するとき、感動したら遠慮せずに泣くタイプでして。
今日も、映画を見ながらかなり気持ちよく泣かせていただきました。
後から思ったのですけれど、どうやら私、女の子の涙に弱いみたいです(笑)。
涙は女の武器、と申しますけれど。確かにそのとおりかもしれない、と(笑)。

にしてもこの「NANA」。
矢沢あいさんの漫画が原作ということで、見に来ているのは女子中・高生が多かったです。中には、ナナのコスプレ…とまではいきませんが、かなり意識してるな~、と思われるファッションの子も見受けられました。
そういう原作ファンが見たら、また違った意味で感動するんだろうなぁ、と思いました。

そして、この映画の何が凄いと思ったかと言いますと。
私、最初でも申し上げましたとおり、この原作は読んだことがないのですね。
でも、映画を見ていると不思議なことに、役者さんの演技に矢沢あいさんの絵が重なって見えるような気がしたのです。そんなシーンが、何度かありました。
やはり、監督さんをはじめ、スタッフの皆さんが「原作を忠実に再現する」ことに徹底的にこだわった作ったからこそ、原作を知らない私でも、そういう風に感じられたのだと思います。

しかし、映画が始まる前から興奮して、ガッツリ集中して見てしまったせいか、頭痛が……(眉間にシワ)。
今日は早めに休むことに致します。
テニプリのコミックス30巻の感想は、また明日にでもアップ致します。

|
|

« レッド・ヴァイオリン | トップページ | 元気ハツラツ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10811/5768620

この記事へのトラックバック一覧です: 銀幕のアナタ:

» NANA [うぞきあ の場]
本日、TOHOシネマ木曽川。初回。 予想通り、若い女性が95%(当たり前か・・・・)。 最近の作品は、原作や裏設定等を知らないと理解できないものが多い。 果たしてこの作品はどうだろうなどと考えながら、最後まで観た。 そのまんまであった。 勿論、細部までとは言わないが、 原作にほぼ忠実。 1巻〜5巻までを映画化。 “ここ、原作と違う”っていうとこ見つける方が難しいのでは? 中島美嘉のナナは殆�... [続きを読む]

受信: 2005.09.03 22:16

« レッド・ヴァイオリン | トップページ | 元気ハツラツ? »