« この胸いっぱいの愛を | トップページ | 眼鏡のマエストロ »

リッカルド・ムーティvs下野竜也!?

今夜のNHK-FM『ベストオブクラシック』は、リッカルド・ムーティ指揮によるウィーン・フィルの公演を生中継!でございました。
番組HPを見て、先週から楽しみにしておりましたので、もちろん聴きました♪
詳しい感想は、いつものようにMusic別館 Allegro con brioにて語っております。よろしければ、ご覧下さいませ。

で、そのムーティ指揮のウィーン・フィル中継。
指揮者・下野竜也さんがゲストで呼ばれる、というサプライズがありました!
そういえば、ご自身のブログでそんなことを書いておられたな~、と思いつつ。
初めて下野さんの生声を拝聴してしまいました♪
ステージに上がる前の心境とか、ウィーン留学時代のお話とか。貴重なお話を、楽しく聞くことができて、嬉しゅうございました。
……でも下野さん。まさか本当に、“ちょんまげ・裃・レイ・ちょび髭”といういでたちで、ホールに行かれたのでしょうか(笑)。
なぁんてことは、ないと思いますが(笑)。
本当に、オチャメさんな方だなぁ、と。
毎日のブログ日記を読むにつれ、思います。

下野竜也さんの指揮も、一度生で体感してみたいのですけれど。
今年は残念ながら、日程が合わなくてムリなようです。
…と言いますか、聖響さんのコンサートに行くことを最優先にしているから、他はガマン!というのが、正しい理由なのですけれど(苦笑)。
こんな時、大阪近郊に住んでいたらなぁ、なんて思ってしまいます。
イナカ者は辛いです(涙)。

リッカルド・ムーティさんといえば、10数年前にフィラデルフィア管弦楽団と共に来日された時、倉敷公演があったので聴きました。
確か、その当時私は中学生で。
ちょうど吹奏楽コンクールの自由曲で演奏した、ヴェルディ作曲の『歌劇 運命の力 序曲』が演目に入っていたので、「聞きに行きたい!」と母上にねだって、行かせてもらった記憶があります。
どんな演奏だったか、という具体的なことは、もう忘れてしまいましたけれど。
でも、オーケストラの迫力に圧倒されて、いつも自分たちが練習していた『ウンリキ』とは違う『ウンリキ』に感動したことは、はっきりと覚えています。
8日に岡山に来た時も、聴きに行きたかったのですけれど。
このチケット代があれば、大阪で開かれる聖響さんのコンサートに何回行けるんだろう?……と考えたら、手が出ませんでした(←…;)。

にしても、今夜のベストオブクラシック。
詳しくは別館に書いているのですが、まさかその『ウンリキ』を演奏して下さるとは!
アンコール前にムーティさんが「ヴェルディ」と仰って。最初のEの音を聴いた瞬間に、ラジオの前で歓声あげてしまいました。
ゲストの下野さんだけでなく、ファリャに『ウンリキ』まで。
音楽の神様がご褒美を下さったような、サプライズ続きの夜でございます。

そういえば。
8日の土曜日に、公開初日の『この胸いっぱいの愛を』を見に行ったクラスの友人から、聖響さんのCDを貸してほしい、と頼まれました。
彼女曰く、私と一緒に映画を見に行って、聖響さんにハマってしまったらしいです(笑)。
なので今日、WMJ社さんから発売されているCD4枚と、ローソン限定DVDを5点セットでお貸ししました。

5月1日に聖響さんが振る『運命』に出会って、ハマってしまった後。
GW明けからずーっと、延々、顔を合わせる度にほぼ毎日、いかに金聖響さんが素晴らしい指揮者か、を語り続けた私の布教活動が結実したらしいです(笑)。
いや、それもどーなんだ、と突っ込まれそうなんですが(苦笑)。
まさか、こんな風に聴いてくれることになる日が来る、なんて思わなかったもので。かなりいろいろな話をしているために、余計な先入観を与えていないかしら?と、ちょっと心配な点もあるのですけれど。
こうしてまた一人。
私の周りに聖様ファンが増えました(笑)。

|
|

« この胸いっぱいの愛を | トップページ | 眼鏡のマエストロ »

コメント

お邪魔します~。
FMでの下野さんのお話、もっと沢山、聞きたかったです。
その下野さんをよろしく!なんてコメントされている聖さま、練習開始されてますね。
ブログを読みながら、常に前に前に進まれる聖さまに、
ついていかなくては、と思います(ムリか/苦笑)

身近に聖さまファンが増えて幸せですね!
演奏会へ一緒に行かれたら、尚、楽しいでしょうね。

投稿: つと | 2005.10.13 22:55

いらっしゃいませ、つとさん♪
明日は横浜へ!と、竜也さんを応援する聖様の日記、先ほど読んで、コメント書いて、戻って参りました。
日曜日の演奏会、とても楽しみです(^^)。
アメリカから帰国して、すぐに練習に入って、日曜日には本番。いつもながら、タフな方だなぁ、と感心してしまいます。

>常に前に前に進まれてる聖さまに、ついていかなくては、と思います

ええ、本当に。
どんなに辛いことがあっても、逃げずにちゃんと前を向いて、進んでいかなきゃだめだなぁ、と。身にしみて思いました。
そして私も、聖響さんのように、周りにパワーや元気を分け与えることができるような。いいエネルギーを発することができる人になりたいなぁ、と思いました。

そうそう、映画を見て聖様ファンになった友人は、今日、来年1月8日のチケットを取りました。ついでに、ローソン限定DVDも予約しました。
着々と聖様フリークへの道を歩みつつあるようです(^^)。

投稿: 結月秋絵 | 2005.10.13 23:22

再びお邪魔します。
佐渡さんのテレビご出演頻度が高いですね!

聖さまへのコメント、拝見しましたよ~。

結月さんの記事を読ませていただいていると、
私は元気を貰えます。
いい影響(聖さま布教活動も含めて/笑)を
周囲に与えてらっしゃる方だなぁ、と思ってます。
やっぱり、師匠=達人です(^^)vv

投稿: つと | 2005.10.14 22:38

おいでませ、つとさん。
新しいホールのオープンに合わせてのプロモーション活動、ということなのだと思うのですけれど。佐渡さんのテレビ出演率が高いのは、ファンとしては嬉しいですね♪

記事を読んで、元気になると言っていただけると、とても嬉しいです。
ちょっと、今は元気ないですが(苦笑)。
今年は、大きな喜びを与えられているのと同じだけ、悲しいこともあるのかなぁ、と思います。
そんなことで、バランス取らなくてもいいよ、とも思うのですが……。

投稿: 結月秋絵 | 2005.10.15 11:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10811/6351101

この記事へのトラックバック一覧です: リッカルド・ムーティvs下野竜也!?:

» 芸術の秋 [Authentic=ホンモノ?]
今日、クルマの中でNHK-FMを聴いているとウイーンフィルの日本公演の生放送をやっていました。ここ数年、ウイーンフィルとベルリンフィルは秋になると来日公演をやっています。今年もベルリンも来るのかな? まさに「芸術の秋」。 放送でもなかなかいい音で聴けましたが、やっぱりたまには生で聴きたいですね。ウイーンフィルの昨年の来日公演は行きましたが、今年は曲があまり好きじゃなかったのでやめました。... [続きを読む]

受信: 2005.10.12 01:56

« この胸いっぱいの愛を | トップページ | 眼鏡のマエストロ »