« いのちの響 | トップページ | カヴァレリア・ルスティカーナより 間奏曲 »

Trick or treat!

……と、ハロウィーンだからといって、大っぴらに騒ぐ気分&体調ではないのですけれど。
今日は悲しい知らせだけではなく、嬉しいお知らせもあったので。
ちょこっとだけ、言ってみました。

今月は、本当にいろいろなことがありすぎて、どうも消化不良気味な気がします。
金聖響さんやミッシャ・マイスキーさんのコンサートで感動して、この上ない歓喜に満たされて。
でも、その歓喜に比例するような大きな悲しみが、いくつも襲い掛かってきたように思います。
今月、私の親友や私自身を含め、身近なところで4つの訃報を受けました。

私の親友のお母様と。
私の母方の祖母と。
去年、私たちに授業をしてくれた先生と。
そして、聖響さんと共に注目している指揮者、下野竜也さんのお母様。

身内を亡くす悲しみも、身内を亡くした悲しみに暮れる親友を見守る辛さも。
どちらも味わっただけに、下野さんのことに関しては、他人事とは思えなくて。
私が落ち込んでも仕方ないのですけれど、でも悲しい気持ちを止めることはできなくてですね。
今日は、風邪とは別の体調不良に襲われて、ついでにホルモン&自律神経の乱れから情緒不安定さが増している時期が重なっていることもあって。そして、聖響さんがご自身のブログで語られた記事に思うところもあって。
かなり沈んでしまいました。
そして、改めて。
亡くなられた方に、感謝の気持ちを捧げると共に、ご冥福をお祈りします。

ほどほどの所で浮上しないといけないんですけどね。
明日、実力テストが待っているので、覚えなおさなければならない&勉強しなければならないことも山ほどあるので(滝汗;)。
今の自分にできる範囲で、できる限りのことをして、明日に備えようと思います。

そんな状態なので、今週のWJ・テニプリの感想は手短にいきたいと思います。

まず、本編。
D1は雨で順延でございますか。そう来ましたか、許斐先生(涙)。
そして、氷帝の最強ダブルスは、いつから忍足×向日ペアではなく、鳳×宍戸ペアになったんでしょうか……。やっぱり、海堂×乾ペアに勝ったからでしょうか? そして、いつの間にか「氷帝の黄金ペア」の称号まで…。
雨で順延ということで、引き上げていくその去り際に手塚部長を挑発する跡部様がステキでした。
そんな跡部様を挑発するリョーマさんを、軽くあしらってしまう跡部様は、さすがだと思います。尊敬です。
で、青学に戻って、雨の中コートで練習する大石さん。
今の青学に、チョタ宍ダブルスに勝てる者はいない、という竜崎先生に「一組だけいる」と、大石さんの練習に加わった英二の姿を見ながら手塚部長が仰ってましたけれど。
ひょっとして、黄金カップル復活でございましょうか!?
あ、でも。
黄金カップルが復活するとしたら、復活戦で負ける、なんてことはあり得ないっすよね?
……まさか、今回跡部様やリョーマさんの出番なし!?
とか。
まだD1の試合が始まってもいないのに、余計なことを勘ぐってしまいました。

で、続きまして本編以外。
えーっと。
ついに本格的にCDデビューするんですね。
眼鏡’s!!!
今まで、ラジプリでショートコントやったり、忍足のCDでネタにされたり、ゲスト参加したり、乾さんのアルバムにゲスト参加したり……と、3人のエロっぷり仲良しさんっぷりを見せつけてくれていた眼鏡’sでございますが。
ついに、CDデビューですか。
凄いですね。
1月1日リリースということは、多分例年のキングレコードさんのリリース状況から考えて、12月24~27日にはショップに入荷するはずです。これは、絶対買わなきゃ!なのです。
どんな曲になるんでしょうね、眼鏡’s。
またムード歌謡だったら、エロさ炸裂でございますね(笑)。
……というか、これは乾さんファンとしては大問題なのですけれど。
乾さんは歌っているんでしょうか?(滝汗;)

そして、許斐先生。
なんと、リョーマさんのバースディCDで、皆川さんとデュエットなさるとか!?
主役と一緒に歌ってCDを出す原作者なんて、初耳でございます。
さすが許斐先生です。
やることが違います。
男前です。

ホント、コミックスにファンブックにゲームにCDにミュージカルに……と。
「ガンガンいくよ」状態ですね、テニプリ。

|
|

« いのちの響 | トップページ | カヴァレリア・ルスティカーナより 間奏曲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10811/6792702

この記事へのトラックバック一覧です: Trick or treat!:

« いのちの響 | トップページ | カヴァレリア・ルスティカーナより 間奏曲 »