« Trick or treat! | トップページ | 聖響運好調? »

カヴァレリア・ルスティカーナより 間奏曲

今日は実力テストでした。

普通、実力テストと言えば。
昼間部は合同で、とか。
夜間部も同じ日にテストをするべきだと思うのですけれど。
昼間部は2クラス別々にテストして。
夜間部は祝日明けの4日がテスト、という。
ホンマにやる気あるんかい!?と学校側に抗議したくなるような日程で行われました(苦笑)。

まぁ、一応学年で何位、という順位は出るのですけれど。
要は、自分はどこが理解できていないか、とか。
ここまではできている、とか。
自分との戦いであり、自分が今どのレベルにあるのかを確認するためのものだ、と思って頑張りました。
コンディションはサイアク。
いろいろなことでゴタゴタしていて、忙しくて、約1週間のブランクもあった割には、うろ覚えの知識を総動員して、今の自分にできる範囲で解答できたのではないか、と思います。
あとは、約1週間後に返ってくる結果を見て、凹みたいと思います(←コラコラ;)。

で、実力テストも終わったし。
今日は夕飯作らなくていいし。
ということで、終わった後で友人と街へ繰り出して、軽く打ち上げしてきました(笑)。
その友人も、映画『この胸いっぱいの愛を』を見て以来、すっかり聖響さんファンになったので、二人してご飯食べながら話す内容は、もちろんほぼオール聖様トーク(笑)。
それに時折、テストの反省が入る、というものでございました。

そんな打ち上げの前に、書店と楽器屋さんに立ち寄りまして。
『この胸~』を見てからずーっと探していた楽譜が、手に入りました。
映画のクライマックスシーンで流れ、聖響さんが指揮した『カヴァレリア・ルスティカーナより 間奏曲』をですね。自分の手で弾いてみたい、なんてことを思っておりまして。楽譜を探していたのです。
そうしましたら、『弦楽ファン』という雑誌に、載ってました。それも、ピアノ譜付きで、初心者でも弾けるようにしてくれてまして。
これなら弾ける!
ということで、即決してレジへ。
この雑誌の巻末で映画の紹介もされていて、その関係もあって掲載されたのかな?と推測致します。
そして、曲の紹介にはちゃんと書かれておりました。
この曲が、『この胸~』で使用されていて、聖響さんが指揮者役で登場することも話題になっている、と。
聖響さんファンとしては、お名前が出ているというだけで、嬉しゅうございます♪
また、裏表紙にはヤマハのエレアコ・ヴァイオリンの紹介が出ていて、そのコメントの中に渡辺剛さんがいる、というのも、未だG-CLEFファンとしては嬉しゅうございます♪
この雑誌、まだ楽譜のところしかちゃんと見ていないのですが、記事の方もじっくり読んでみようと思います。

曲は全部頭に入っているし。
楽譜を見ても、指や弓使いまで丁寧に書かれているので、弾き方もイメージしやすいし。
ああ、早く音にしてみたい!
と思うのですが……しばらくは時間がないのでムリそうです。
でも、来年の倉敷音楽祭の街角コンサートで披露できるように、挑戦してみようと思います。

というワケで、ピアノ担当さん。
伴奏シクヨロなのです。>私信;

|
|

« Trick or treat! | トップページ | 聖響運好調? »

コメント

はい、確かに私信、承りましたピアノ担当のhot springです。
明日念願の金聖響さんの出演されている映画「この胸いっぱいの愛を」をに行くことにしていますので、堪能して感動しながらこの曲の練習に励むような気がします。

いつもステキな曲を見つけてくださったり、また楽譜を書き直してくださったりしてありがとう。楽しくアンサンブルができるのは結月さんのお陰だといつも感謝しているのですよ。

バッハの伴奏に今はまっていて、まだまだ若い時には思ってもいなかった曲のよさに魅せられています。弾けば弾くほど奥深い味わいが出てくるバッハ。大切にして倉敷音楽祭まで練習していきたいです。こちらこそ、よろしくです。

投稿: hot spring | 2005.11.02 20:39

hot springさん。

おいでませ♪
私信、受け取ってくださってありがとうなのです。

感謝だなんて、そんな(照;)。
こちらこそ、いつもhot springさんのピアノに助けられているなぁ、と感謝しているのですよ。とりあえず、「これ難しいよぉ、ムリ!」と思う部分は全部お任せしてしまってますし(苦笑)。
バッハは、本当に凄いですよね。
楽譜作りながら、本当に凄い!と何度も思いましたけど、弾いても弾いても、曲の完成度の高さに自分の腕が追いつかないもどかしさを感じます。
お互い、しっかり練習して、大切にしていきましょう。
私と貴女と、ヴィオラさん。3人の音がかみ合った時は、気持ちいいんだろうなぁ。

その前に、明日の映画です!
間宮浩介さんは、聖響さんだけど聖響さんじゃなくて、でもやっぱり聖響さんなので、楽しみにしてて下さいませ。
そうそう。
ストーリーに泣いて、スクリーンでアップになる聖響さんに感涙するので、ハンカチは2枚用意しておいた方がよろしくてよ(笑)。

投稿: 結月秋絵 | 2005.11.02 21:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10811/6830202

この記事へのトラックバック一覧です: カヴァレリア・ルスティカーナより 間奏曲:

« Trick or treat! | トップページ | 聖響運好調? »