« 兵士の物語(BlogPet) | トップページ | あと1日! »

来年の倉敷音楽祭

ココログに新しいデザインのテンプレートが入っていたので、変えてみました。
楽譜に音符に紅茶。
好きなものが揃っていて、落ち着いた感じのデザインなので、音楽ネタが増えている今の「べっさつ」にはちょうどいいかなぁ、と思いまして。

で、今日。
来年の第20回倉敷音楽祭の日程やコンサートの予定がわかりました。

20回記念ということで、どんなコンサートが?と思っておりましたら……。
まず、祝祭管弦楽団の指揮者は、今年に引き続き井上道義さん。
曲はハイドンのオラトリオ「四季」ということで、市民合唱団のオーディションをやっているのは知っていたのですが、練習に出られない&オーディション当日は佐渡裕さんのコンサート、ということで、断念しました。
歌詞は、ドイツ語ではなく日本語で歌うのだそうです。
そして、ヴァイオリンが徳永二男さんでした。
恐らく、コンマス席に座るのではないか、と思うのですけれど……はてさて。

しかし、アンサンブル演奏会があるのはいいんですが、何ゆえ市民会館の大会議室(苦笑)。
確かに、ここ数年は室内楽演奏会はお客さんが入らなくて、キャパ800人の芸文館でさえ、かなり空きが目立つ状態でしたが……でも、だからって大会議室……。
サロン風の会場、と言えば聞こえはいいんですけど。10年前の音楽祭で、その会議室で演奏したこともありますけれど。確かに、あそこはステージもあるし、広いけど。どうなるんだろう?
曲目はヴィヴァルディの「四季」(もちろん、ソロは徳永さんでしょう)と、モーツァルトの「グラン・パルティータ」。
あの会議室でそのチケット代は高くないか?と思わないでもないですが、行ってみたいなぁ、と思います。

そして、3月12日に行われる「アマチュア・トップコンサート」。
懐かしいなぁ。
中学・一般吹奏楽団と、私も何度か出演したコンサートです。
中学時代に出演した時は。38度だったか39度だったかの高熱を出した状態でステージに立って、市民会館のデッカイ緞帳がゆっくり上がっていく間、ずーっとティンパニロールを続ける、という苦行をやり遂げたことは、恐らく一生の思い出になると思います(苦笑)。

他にも、いろいろなイベントがあるようなので、楽しみです。

で、クラシックも楽しみですが、同じくらい楽しみなのが、ジャズ。
3月14日にはピアノの松永貴志さんが、16日にはヴァイオリンの寺井尚子さんが来られるのだとか。
松永さんは、芸文館のロビーでのコンサートということで、あの広いロビーをどう使ってコンサートをやるのか、という楽しみもあります。
寺井さんも、一度聴いてみたい方ですし……。
うう、どっちも行きたい(笑)。

でもなぁ。
間の3月15日には、音楽祭とは別件で、岡山で一青窈さんのコンサートがあるんですよねぇ。この方も、以前倉敷に来られた時に聴きに行って(それも、お仕事関係で行ったので、無料で入らせていただいた、という;)、すごく感動したので、行ってみたいのです。
さすがに、3日連続でコンサートに行ったら、怒られるかしら?
っていうか、その日は、出かけたら拗ねられる確率100%だな(笑)。
14~16と3日連続でコンサート。
18・19日も2日続けてコンサート。
でもって、24日には聖響さんを聴きに、大阪へお泊りでコンサート。
ってのはさすがにヤバそうなので(苦笑)。
来年の音楽祭、チケット代や演目を吟味してどれを聴きに行くか、決めたいと思います。

|
|

« 兵士の物語(BlogPet) | トップページ | あと1日! »

コメント

「楽譜に音符に紅茶」素敵です~まさにべっさつにぴったりです。

行きたいコンサートは数あれど 家庭持ちとしてはそうそう勝手はできないですね。。。

結月さま ひとつでも多くの演奏会へ足を運んでくださいまし。。
別館も楽しみにしておりますゆえ(*^^*)

テニプリはちょっと肩すかし・・・期待しすぎたかな~

投稿: miltan | 2005.11.30 21:02

私も今日の新聞で少しだけ来年の倉敷音楽祭についてのことを知りました。
寺田尚子さんのコンサートには行ってみたいですね。
それと今回は何ができるかな?と楽しみにしていたいと思います。

投稿: hot spring | 2005.11.30 22:53

レスでございます。

>miltan様
そうなんですよねぇ(ため息)。
こういう時、独身時代は身軽で良かったな~、と思います。フットワークの軽さは、未だ健在だったりするのですけれど(笑)。
別館も楽しみ、と仰っていただけて、嬉しいです。できる限り、いろいろな音楽を聴いて、記事を増やしていけたら……と思います。

テニプリは……青学1年トリオはノーマークだったのですが、乾さんが出て、「乾先輩が出るなら俺も」とリョーマさんが出て、「乾がそう言うなら」と手塚部長が出てくるということで、「買わねば」リストに入りました。
眼鏡’Sも、どんな曲になるのか楽しみですね♪

そうそう。
聖響さんのCDや、演奏会のパンフで曲目解説などを書いておられる音楽ライターの、山尾敦史さんが書いておられるブログに、眼鏡の聖様のお写真が載っていました。山尾さんのお名前で検索かけたら、ブログに行けるのではないかと思います。書いておられる記事も、とても興味深いものでしたので、ご覧になってみて下さいませ(^^)。

>hot spring殿
寺井尚子さん、行ってみたいよね?
聴きたいよね?
一緒に行っちゃう?(笑)

今回の音楽祭、何をしましょうかね?
アレが無事に演目に入れられればいいのだけれど……頑張ろう。
個人的に、アナタがソロ曲に何を選ぶのか、とても気になりますわ(^^)。

投稿: 結月秋絵 | 2005.12.01 17:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10811/7400413

この記事へのトラックバック一覧です: 来年の倉敷音楽祭:

« 兵士の物語(BlogPet) | トップページ | あと1日! »