« コミックスと30.5巻 | トップページ | 三日月と一番星 »

顧問さまとラジオ

金曜日の日記に、夜更かしせんと寝たほうがいいよな~、と書いたのですけれど。
やっぱり見てしまいました。
「探偵!ナイトスクープ」
そして、予想通り、頭ギンギン目はランラン。
翌朝「5時には起きなあかんで、自分」と言い聞かせていたこともあって、布団に入ってもなかなか寝付けなくて(お休みの音楽に、聖響さん指揮のベートーヴェン2番&7番を選んだ私のミスでございましょうか;)。
寝不足状態で臨床実習に出てしまいました。

で、金聖響さんが顧問として出演なさった「探偵!ナイトスクープ」。
黒いジャケットに淡いグレーのシャツ、下はGパンだったのでしょうか。あれは、衣装ではなく自前だったんだろうなぁ、と思いつつ。大阪日帰りの収録で、大変だったんだろうなぁ、と思いつつ。
テスト明けに聖響さんのお姿をテレビで拝見できる喜びを噛みしめておりました♪

西田敏行さんに「若き天才指揮者」と紹介されて、目を丸くされていた聖響さんが、失礼ながら可愛らしかったです(笑)。
大阪のシンフォニーホールはステージを囲む位置にも客席がありますので、正面や横から拝見することもできますけれど。基本的には、観客に背中向けてますからね、指揮者って。
「メッチャ緊張しますねぇ」と仰るのも、ムリないのかなぁ、と。

2日放送分の依頼は、イタイ依頼もあれば、一風変わった依頼もあれば、可愛らしい依頼もあって。
個人的には、タクシーの運転手さんに草で作ってもらったバッタを探してくれ、という5歳児男子の依頼が一番楽しかったです。とても可愛らしくて、微笑ましい依頼でございました、あれは。

VTRとVTRの合間、普通に笑っておられる聖響さんが映るたびに、身を乗り出して見てしまいました(笑)。
番組のラスト、来年のモーツァルトシリーズの宣伝&通し券販売の告知がありましたが……通し券、いい席はまだ残っているのでしょうか?(だって、27日メチャメチャ並んでましたもん、チケットセンター。でもって、電話で聞いてもあまりいい席が残ってなかったような……;)

で、ヘロヘロになった臨床実習明けの今日は、朝から聖響さんのお声をラジオで拝聴するという恩恵に預かりました♪
MBSラジオで放送された「としみゆかりの日曜音楽館」。
雑音がかなり入ったのですけれど、話の内容や曲は聞き取ることが出来ました。
音楽家を、指揮者を目指すようになった詳しい経緯とか(なんでも、最初はヴァイオリニストを目指しておられたらしいです、聖響さん)。
指揮者としての醍醐味とか。
いろいろ聞くことができました。
また、1日何時間もパソコンの前に向かっている、とか。
人ごみが苦手、といった嬉しい共通点も聞くことができて、嬉しいひと時でございました♪

でもって、曲の方はと言えば、ご自分のCDからベートーヴェンの交響曲第7番と第5番、どちらも第4楽章を……ということで、朝から高いテンションでぶっ千切り!な曲で活を入れていただきました。
HPには、「聖響お気に入りの曲も……」ということで、何がかかるんだろう?と思っておりましたら。
小田和正さんの「ラブストーリーは突然に」でした。
大学時代、日本から留学していたご学友にお借りして、ドラマ見てたらしいです。
ちょっと意外な取り合わせだなぁ、と思ってしまいましたです。

あ、でも待てよ?
聖響さんってば、着メロを「財前教授の総回診です」にしてた人だよなぁ(笑/by『音楽現代』2004年6月号)。

そんなこんなで、金曜の夜と今朝と。
先週のコンサートに引き続き、テレビとラジオで聖響さんを補給したためでしょうか。
今日、ヴィオラの友人と急遽自主練習をしたのですけれど。
「カヴァレリア・ルスティカーナ 間奏曲」も、バッハのドッペルコンチェルトも、かなり形になって参りました。
この調子で、来年3月の音楽祭目指して、頑張るです。

はっ!?
しまったっ!!
朝から聖響さんに気を取られて、お昼のNHK-FMに佐渡裕さんが出演なさっていたのをすっかり忘れて、聞き逃してしまったっ!!
くうぅぅ、不覚っ!(涙)

|
|

« コミックスと30.5巻 | トップページ | 三日月と一番星 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10811/7464643

この記事へのトラックバック一覧です: 顧問さまとラジオ:

« コミックスと30.5巻 | トップページ | 三日月と一番星 »