« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

また業務連絡

結月堂、およびべっさつ結月堂にご来訪下さいまして、ありがとうございます。
本日、当サイトのテニプリ分室トップページに住んでおりましたハーボットのサダハル君が、こちらへお引越しして参りました。
名前の由来は、言わずもがな。
テニプリにおいて最愛のキャラ、乾貞治さんから頂戴致しました。

時々ツノを置いて留守にしておりますが、ここにいるときに「?」をクリックしますと、話しかけてきてくれます。
名前を教えていただきますと、ちゃんと覚えてくれます。
そして、キリ番などGETした際には、お祝いしてくれます。
ゲームもできます。
でも、時々遊ぶのに夢中で、話しかけてもしばら~く応えてくれないこともあります(涙)。

ですが、名前の由来である乾さんに似て、とても愛らしいです。
どうぞ、可愛がってあげて下さいませ。

なお、このサダハル君についているカウンターは、2月1日午前0時を持って、一度クリア致します。
またゼロからの出発と相成ります。
キリ番以外にも、私が個人的に設定している数字になりましたら、何かが起こるようになっておりますので、お楽しみに♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

結月、八たび&九たび走る

先日、音楽&金聖響さん関連でいつもお世話になっております親父りゅうさんから、2本のバトンをいただきました。
早く走らないとな~、と思いつつも。
日曜日はルド様の楽譜読みに没頭し。
昨日はとある筋からいただきましたウキ★ドキもののビデオで夢の世界へランデヴー♪状態でございました(汗)。

というワケで、お待たせしてしまいました。
準備運動も終わりましたので、両手にバトンを持って走らせていただきます。
一つは「欲望バトン」、もう一つは「酒バトン」です。
でもワタクシ下戸なので、いきなりお酒を飲んでしまうと酔っ払ってヘロヘロになってしまう確率100%でございます。
ですので、まずお腹に少し入れてから、お酒を飲もうと思います。
しばし、お付き合い下さいませ♪

------------------------------

「欲望バトン」

Q1 今やりたいこと
 ヴァイオリンの練習
  3月12日の倉敷音楽祭に間に合わせないといけないので……。
  先日から、ミニスコアで楽譜を読んでいるのですが、ありえへんです、ルド様(泣)。
  下野竜也さんのブログに、故・朝比奈隆さん談として「田園って、名前がいけませんなぁ。そんなのんきなシンフォニーではないんです。」というお話が書かれていましたけれど。激しく同意してしまう、ここ数日です。まずは、打楽器時代にやっていたようなリズム練習から始めないと……(汗;)。

Q2 今欲しいもの
 新しい携帯電話
 HD内蔵で録画のできるDVD&ビデオプレーヤー
 サイレント・ヴァイオリン
 「標準 整形外科学」
 新しいノートパソコン

Q3 現実的に考えて今買っても良いもの
 新しい携帯電話←すでに手配済みです♪
 サイレント・ヴァイオリン←レンタル契約済みで、楽器到着待ちです

Q4 現実的に考えて欲しいし買えるけど買ってないもの
 「標準 整形外科学」
  きっと、近いうちに入手すると思います。4月以降、必要になるので。

Q5 今欲しい物で高くて買えそうにないもの
 HD内蔵で録画のできるDVD&ビデオプレーヤー

Q6 タダで手に入れたいもの
 新しいノートパソコン
  絶対ムリなんですけどね(笑)。
  今使っているノートPC、酷使しすぎで調子悪いんですよ(苦笑)。

Q7 恋人から貰いたいもの
 やっぱり愛でしょう♪

Q8 恋人にあげるとしたら
 相手からいただく以上の愛を返す、というのが理想でしょうか。お金で替えられるものではないと思います。

------------------------------

続きまして、2本目のバトンです。
胃の内容物が増えたので、そろそろお酒を入れても大丈夫かな?(笑)

------------------------------

「酒バトン」

1:パソコンもしくは本棚に入ってる『酒』は?
 ありません。
  パソコンにも本棚にも、そもそも我が家は構成員が全員下戸なので、調理酒以外のお酒は……あ、ワインが2本ほどあったかな?(笑)

2:今、妄想してる『酒』は?
 マッコリ
  甘酒らしいんですけどね。
  甘いけど、結構キツイらしいんですね。  
  だって、ほら。ケミストリーとサントリーホールで共演した時に、MCで聖さまがおっしゃったお酒ですし(笑)。一度味見してみたいな~、と思っております。

3:最初に出逢った『酒』は?
 多分、お正月のお屠蘇

4:特別な思い入れのある『酒』は??
 シャンパン
  多分、モエ・エ・シャンドンだったと思います。
  数年前。私の誕生日に、友人が連れて行ってくれた小さなフランス料理店で、二人で食事をしていた時。隣に座っていたオジサマが「シャンパンを飲みたいのだけれど、一人では飲みきれないから、お二人もいかがですか?」とごちそうして下さったことがあります。顔も名前も忘れてしまいましたが、そんなステキな経験は忘れられなくて、今でもしっかり覚えています。あの時のシャンパン、美味でございました♪

------------------------------

てなワケで、本日はバトンを2本、両手に持って走らせていただきました。
本当は、このバトン。
どなたかにお渡しするべきなのかもしれないのですが……。
今回はそっと、ここに置いていこうと思います。
私も答えたい!とおっしゃる方がおられましたら、どうぞお持ち下さいませ。

| | コメント (3) | トラックバック (1)
|

よ、予告がっ!

来週は、ついにテレビ朝日系「題名のない音楽会21」に金聖響さん&下野竜也さんがお目見え!
ということで、今週の最後に予告が入って、お二人が映る確率200%っ!!
予告も録り逃がしてなるものか!と意気込んで、ビデオセットでテレビの前に正座しておりました。

そうしましたら、入りましたよ!
来週の予告!!
黒のスタンドカラーのスーツ、とお揃い(?)の格好をした下野さんと、聖さまのお二人が!!
リハーサルの風景もチラッと映って、本番らしき映像もあって。
今月、お二人とも間近でお会いする、という超ウルトラスーパーなラッキーに恵まれたこともあって、感慨深さもひとしおでございます。
朝から「キャ~、たつさまvvv」「キャ~、聖さまvvv」と歓声あげるわ、手ぇ叩くわ(笑)。
上の階にお住まいのご家族様、ごめんなさい

その前日、2月4日にはテレビ東京系「音遊人」に佐渡裕さんが登場。
ということで、次の週末は大好きな指揮者さまが、3人のS様が揃い踏みということで、またまた、たまらんスマッシュな週末になりそうです(笑)。
さあ、来週の「題名のない音楽会」は番組開始2分前からビデオセットしとかなきゃ、なのです♪
だって、「ぷ●きゅあ」の直後にジングル入るし♪
二人揃って番組名言ってるトコが見られるので♪

実は昨日、3月の倉敷音楽祭町並みコンサートに出演するために、一緒に出演するメンバーと練習しておりました。演奏する曲目も決まって、後はどれだけ完成度を上げていくか、というところです。
聖さま関連では「ロング・ロング・アゴー」と「カヴァレリア・ルスティカーナより 間奏曲」を演ります。
「カヴァレリア~」はソロですし、劇中で聖さまが振った曲。当然、気合も入ります。
「結月ちゃん(仮)、この曲だけは何だか音が違う」
とピアノさんに言われてしまいました(笑)。
バレてますな(笑)。

また、本当に参加できるかどうかわかりませんが、譜読みだけは始めておこう、ということで。ベートーヴェンの交響曲第4番と第6番「田園」のミニスコアを購入。(5番はもともと持っているので)
楽譜を読みつつ、楽器で少しずつ音を拾っていきました。
大好きな曲の一部が、自分の楽器から聞こえてくる。
やはり、何度経験しても嬉しいものです。
楽器歴だけムダに長くて、どの団体にも所属していない私が採用されるかどうか、申し込んでみないとわかりませんが。
ぶっつけ本番の寄せ集めオケに参加できたらいいなぁ、と思います。

……なんてコトをやっていて、軽く力尽きておりました(苦笑)。
親父りゅうさんからいただいた2本のバトン、近いうちに両手に持って走ります。

<以下、夜の追記>
今夜、N響アワーの感想その他を、Music別館 Allegro con brioに書きました。
よろしければ、ご覧下さいませ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

業務連絡

いつも「結月堂」および「べっさつ結月堂」にお越し下さいまして、ありがとうございます。

この度、この「べっさつ結月堂」左柱の上の方に表示されております「プロフィール」から、メールフォームにて、管理人へメールを送ることができるよう、リンクを貼りました。
今までは本館&テニプリ分室から利用できるようになっていたのですけれど。
ここ最近、ぶっちゃけ本館や分室より、このブログをご覧下さっている方が多いので(笑)。

コメントを残すのはちょっと……。
でも、管理人に連絡したいことがあるし……。

といった際には、ぜひご利用下さいませ。
メアドを入力していただきましたら、直接お返事致します。
入力がなかった場合は、このブログでのお返事となりますこと、ご了承下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

祝! 我好天才作曲家生誕二百五拾!

今日は、クラシックファンにとっては特別な日です。
数々の名曲を遺した天才、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトさんの250回目のお誕生日です。
というワケで、ささやかながらお祝いを♪
できればホールで、生でモーツァルト作品を楽しみたいところなのですが、今年は都合が合いません。またいつか、そんな日が来ればいいなぁ、と思います。

そんな、モーツァルトさんのお誕生日の今日。
私の敬愛する指揮者、金聖響さんはOEKさんとの共演でモーツァルト作品を何曲か指揮されます。モーツァルトさんのお誕生日に、それも250回目の記念すべき日に、モーツァルト作品を振る。
作品を再現するのに自分の主観を入れる方ではありませんが、特別な思いは抱いておられるのではないか、と勝手に推測致します。
天国にいるモーツァルトさんも、きっと心穏やかに、喜んで聴いて下さるような演奏になるでしょう。
そんなコンサートに思いを馳せつつ、BS-2で放送されるモーツァルトさんのスペシャル番組を見て、今夜は過ごそうと思います。

そういえば、今日は。
金聖響さんと下野竜也さん。
同じ年の、仲良しさんなお二人が、同じ東京で、ベートーヴェンさんの「田園」を振るという、いくつもの偶然が重なっている日でもあります。何となく、お二人の特別な絆が伺えるコンサート日程だなぁ、と思っていたのですけれど。
どちらも素晴らしい演奏でありますように、とコンサートの成功をお祈りしております。
聖響さんは聖響さんの、下野さんは下野さんの。
それぞれに違っていて、でもどちらも素晴らしい「田園」になるのでしょう。
お二人とも、雨雲や雪雲や嵐を呼ぶ指揮者ですからね。
第4楽章では、本当にホールに嵐が吹き荒れたりして(笑)。

そんな日だからなのでしょうか。
クラシック好きのクラスメイトが、今日私の顔を見るなり「今日はおめでたい日だね」と言いました。
皆まで言わなくても「モーツァルトさんの誕生日だもんね」と答えるワタクシ。
それから、モーツァルトさんのお話になったのですが、それを聞いていた、クラシックはさっぱりな男子が。
「モーツァルトでしょ? 知ってるっすよ。ジャジャジャジャーンでしょ?」
……それはベートーヴェンさんだ。
と即座に、私を筆頭にあちこちからツッコミが入りました(笑)。
でも、知らない人にとっては、そんなモノかもしれません(笑)。


<以下、追記>
BS-2でモーツァルトさんの特番を見終えて、その後で。
毎日、朝と晩に10分ずつ放送されるという「毎日モーツァルト」の番宣が入りました。
少しずつ、モーツァルトさんの曲を聴いていこう、というこの番組。
ナレーションがなんと、山本耕史さんだそうです。
毎日見られるかどうかはわかりませんが、かなり興味深いなぁ、と思ってしまいました。
今年は、聖響さんのシリーズもモーツァルトさんですし。
この番組でお勉強して、コンサートに行く、というのもまた一興かも。
ちなみに、放送時間は
BS-2 月~金 午前8:01~8:11
           午後6:50~7:00(再放送)
BS-Hi 月~金 午前7:45~7:55
           午後9:50~10:00(再放送)
1月30日スタートだそうです。

| | コメント (12) | トラックバック (1)
|

面白そうやなぁ…

先ほど、ふら~っと、今年の第20回倉敷音楽祭のHPを見に行きました。
そこで、面白い企画を発見しました。

町並みコンサート特別企画 
 倉敷祝祭管弦楽団の足跡を辿る
地元演奏家による“ぶっつけ本番。スペシャル!”

倉敷音楽祭といえば、メインは最終日に各地からご招待された演奏家の皆さんによる、祝祭管弦楽団の演奏会です。
今までも、私が十数年前に大ファンになったG-CLEFの元メンバーさんが、G-CLEFを知る前に音楽祭のメンバーとして来られていたり。
ヴィオラの店村眞積さんが何年か続けて来られていて、すっかりファンになってしまったり。
去年は神奈川フィルのソロ・コンマス石田泰尚さんが来られて、話題沸騰!?だったり。
いろいろな方が来て下さっています。

で、音楽祭が始まった20年前。
当時、祝祭管弦楽団を指揮して下さっていたのは、故・朝比奈隆さんでした。
その朝比奈さんの指揮によって毎年、ベートーヴェンとモーツァルトの交響曲を1曲ずつ演奏する、というのが祝祭管弦楽団のお約束でした。
ベトベンさんは9曲しかないから、1番から順番に。
アマデさんは41曲もあるけど、最後の方が有名なので、41番からカウントダウンで。
9年かけて、ベトベンさんの交響曲は全曲、朝比奈隆さんの指揮で聴くことができました。
当時は自分が幼かったこともあって、あまり実感なかったのですが。
今思えば、凄いことだなぁ、と思います。

ベトベンさんの交響曲が9曲全部終わった後は、ブラームスさんでした。
これまた、4曲全部聴きました。その時は、指揮者は朝比奈さんではありませんでしたけれど。

……なんて経緯があるからなんですね。
この「ぶっつけ本番!」スペシャル。
音楽祭のイベントの一つである町並みコンサート(私も、3月12日に出演します♪)の一環として、ベトベンさん&ブラムスさんの交響曲全曲を、美味しいトコ取りで演奏してしまおう!
それも、寄せ集めのオーケストラで、ぶっつけ本番でやっちゃおう!
という、ある意味とんでもない企画です(笑)。
でも、面白そうなんですよねぇ、これ。
自分の出演時間が終わったら、会場になっている芸文館のロビーに入り浸ってしまいそうです(笑)。
どーせ私のことだから「ああ、これは聖響さんの指揮で聴いて……」と、別のところへ意識を飛ばしてしまうと思いますが(笑)。

演奏曲目などは、振興財団さんのHPによりますと。
ベートーヴェン作曲
 ・交響曲第1番より 第1楽章
 ・交響曲第2番より 第2楽章
 ・交響曲第3番「英雄」 全曲
 ・交響曲第4番より 第4楽章
 ・交響曲第5番「運命」 全曲
 ・交響曲第6番「田園」 第1、4、5楽章
 ・交響曲第7番 全曲
 ・交響曲第8番より 第3楽章
 ・交響曲第9番「合唱つき」より 第1楽章
ブラームス作曲
 ・交響曲第1番より 第4楽章
 ・交響曲第2番より 第2楽章
 ・交響曲第3番より 第3楽章
 ・交響曲第4番より 第1楽章

募集するのは打楽器以外だそうで。
第2ヴァイオリンの隅のほうでいいから、楽譜が届いてから猛特訓してチャレンジしてみようかしら?なんて思ってしまいます(笑)。
だって、弾いてみたいじゃないですか、ベトベンさん。
特に、5番から9番。
一応、セクション別になっていて、それぞれで募集がかかっていまして。
自分の町並みコンサート出演時間との兼ね合いを考えて、どれか一つでもいいから、参加してみたいなぁ、なんてことを思ってしまいました。
問題は、楽器歴はやたら長いけれど、腕は未だ初心者レベル、ってことなんですが(汗;)。

にしても、これ。
聴きに行くだけでも面白そうですよね。
ぶっつけ本番で、どんな演奏になるのかって気になりますし。
こんな企画考えるなんて、やるやんけ、文化振興財団(ニヤリ)と思ってしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

感動は無限大(BlogPet)

今日のコンサートと気持ち良くって良かった〜
♪と新幹線など終えて、気持ち良くって大人数とかしてくれたり、後押ししなかったの♪
結月秋絵たちが、小田原で気持ち良くっていた
2日間
きっと、誰よりも幸せな聖響さんファンだったよ
21日&
22日
小田原を過ぎた辺りからいただいたよう
横浜でリードと新幹線とか行ってくるね
なんてことを言っても
さすがは冬好きな方からいただいたよう
横浜で雪雲や、新幹線とか行って雨男や、状態と気持ち良くって大人数で、気持ち良くなって
今回は、clefが、小田原で気持ち良くって雨男さんが、小田原でリードと新幹線など終えて
だよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「clef」が書きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

結月、七たび走る

コンサートなどでお世話になっております、佐都さんから「これ持って走って下さい」とバトンを渡されました。
が、食前酒から食後のデザート&コーヒーまで、聖さまフルコースを味わっている間に数日経過してしまいました(汗;)。
遅くなってしまいましたが、食後の運動を兼ねて、ちょっとそこまで走ってみようと思います。

「フードバトン」

Q1:好きな食べ物・料理を3つ挙げて下さい。
 これら↓を使用したお菓子やケーキには目がありません♪
  ・抹茶
  ・洋梨
  ・チョコレート
 抹茶といえば、虎屋さんの夏季限定メニュー‘抹茶グラッセ’。また味わいに行きたいものです。そういえば、横浜ランドマークタワーにも、茶寮があったんですね。……行ったのに(涙)。聖さまとシエナのことで頭いっぱいで、全然気づかなかった(涙)。
 洋梨といえば、千疋屋の洋梨ジャム。ちょっとお値段お高めですが、美味です♪
 チョコといえば、北海道のロイズ。母上が北海道土産に買ってきてくれたり、自分でお取り寄せしたりします。我が家の冷凍庫には、ここの生チョコがたくさん……(笑)。

Q2:嫌いな食べ物・料理を3つ挙げて下さい。
  ・チーズ
  ・辛いもの
  ・脂っこいもの
 チーズは、固形物&粉状がダメです。溶けていて、他の味と混ざっていればOKなので、ピザやグラタンは食べられます。でも、デザートに入っているチーズはイヤ、というワガママっぷり(苦笑)。
 辛いものは、パスタなどに入っている唐辛子もよけて食べます。
 脂っこいものは、時々胸焼けするので……。

Q3:得意な料理は何ですか?
  ・野菜などの材料を切って、テキトーに調味料を入れて作る煮物(和食、ポトフ、カレーなど)
  ・具たくさんの味噌汁(おかずが一品減るので、一石二鳥♪)
  ・余り物の果物や缶詰で作るフルーツゼリー
 簡単で、手間がかからないものばかり……(苦笑)。

Q4-1:今まで食べた中でもっとも高価だったものは何ですか?
 高価なものは、ごちそうになったり、いただいたりすることが多いので、自分では値段がわからないことが多いです(汗;)。でも多分、倉敷市内の老舗ステーキ店で食べたステーキは、高かったんじゃないか、と。

Q4-2:機会があれば食べてみたいものは何ですか?
 日生のカキオコ!
 県内有数のカキの産地である日生町で名物になっているらしい、カキが入ったお好み焼きです。

Q5:あなたにとって「食」とは?
 生命維持のために必要不可欠なもの。
 糖質、脂質、蛋白質、ビタミン、ミネラル。これらのどれが欠けても、私たちは体の恒常性を維持できなくなります。でもどうせ食べるなら、美味しいものを楽しく食べたいなぁ、と思います。

Q6:バトンを回す食通を数名ほど
 えっと、聖響さんと、下野さんと、佐渡さんと……って、人様がやったネタのパクリやっちゅーねん(笑)。こんなブログを見ているはずも、受け取ってもらえるはずもないので(苦笑)。
 いつもお世話になっている、以下の方々にお願いしたいと思います。
  ・虎鉄丸さん
  ・Masacky君
  ・tadayo君
  ・FPエノモトさん
  ・海さん
 スルーして下さっても構いません。よろしければ、お願い致します

| | コメント (3) | トラックバック (1)
|

シエナから田園へ

3日間の練習を終えて、21日&22日とハードなプログラムによる本番を終えて。
休む間もなく昨日金沢入りされて、早速OEKさんとの練習に入られたそうですね。>金聖響さん
それもこれも、全ては27日の、OEKさんとの東京公演のため、なんですよね。
2公演続けてコンサートを収録、しかも次の27日の公演は、ベートーヴェン・シリーズ第4弾ということですから、きっと気合も十分でございましょう。
21日&22日のシエナとのCDリリースも楽しみですが、ベートーヴェン・シリーズは待ち望んでいたCD、それも曲目は「田園」ということですので、これまた楽しみなのです。

今年の初夏は、聖響さんのCDリリースが重なりそうですね♪

その、ベートーヴェン作曲の交響曲第6番「田園」。
初めて聖響さんのコンサートに行って聴いて、心から感動して、金聖響という指揮者の凄さを見せつけられ、一層ファンになってしまった曲です。
その「田園」を、CDではありますが、今度はOEKさんの演奏で聴けるのは、とても嬉しいです。

にしても、その「田園」。
去年8月の加古川でのコンサートでは、ちょっとだけ残念なことがありました。
それは、終止音の後に書かれた休符を、楽譜どおりに指揮する聖響さんの手が完全に下りきる前に、つまり曲が完全に終わる前に、「ブラボー」を叫び、拍手をした人がいたことです。興奮しきった様子で叫ぶ、というよりは、曲が終わると同時に自分が一番に叫ぼう、と意図していたような冷静な「ブラボー」でした。
ホールに漂う残響まで楽しもうとしていた思いや、演奏に感動し、「田園」という交響曲の素晴らしさに感動する気持ちに水を差されたようで、残念でした。
拍手を受けて振り向いた聖響さんが苦笑しておられるのを見て、何だか申し訳ない気持ちになりました。
27日のコンサートでは、聖響さんが演奏後に苦笑することがないように。
曲が完全に終わる前に、拍手したり「ブラボー」を叫んだりする人がいないことを、祈ります。

そういえば、22日のシエナのコンサートでも似たような出来事がありました。
プログラムの最後「アレルヤ!ラウダムス・テ」の素晴らしさにホール全体が感動している雰囲気の中、聖響さんに花束を渡そうとして立ち上がる女性がいました。
聖響さんはそれに気づかずに一度ステージから下りて、彼女は会場の係の人に止められていたのですけれど。次に聖響さんが再びステージに出てこられた時に、会場係の制止を振り切って花束を差し出しました。客席から花束を差し出されたら、聖響さんも受け取らないわけにはいかないということで、受け取っておられましたが……。
せっかくの感動的な曲に、演奏に、熱狂に包まれるホールに、それらに酔う自分の気持ちに、水を差されたような気がしました。
同時に、あんなに感動的な、素晴らしい演奏だったのに。その感動に酔うよりも、自分がいつ花束を差し出すか、彼女は曲の間中ひたすらタイミングを計っていたんだろうか?と思うと、とても残念な気持ちになりました。

入り口前のロビーにちゃんと、出演者への花束やプレゼントを受けつけるコーナーがありました。
そういうプレゼントは、そこへ預けるのがマナーではないかと。
会場の係に止められる行為をする、というのはマナー違反だと思うのです。
ファンだから何をやっても許される、ということはないと思います。
マナー違反なファンの行為は、結果として聖響さんの評価を下げてしまうことにもつながると思うのです。
応援するなら、ルールやマナーの範囲内で行うべきではないか、と思います。

指揮者の手が完全に下りきる前に「ブラボー」を叫ぶのも。
(あまりに感動して、感極まって、下りきってしまうまで待てない!という場合は、別ですが)
マナー違反な行為も。
これからのコンサートでは、なくなってくれたらいいなぁ。
そして、ホールに足を運んだ誰もが気持ちよく演奏に、曲に酔うことができたら、ステキだなぁ、と思います。

27日のコンサートで演奏される「田園」。
終止音の後に休符を残したベートーヴェンさんの意図に。
そのベートーヴェンさんが書いた楽譜を、できる限り忠実に再現しようとなさるであろう聖響さんの思いに。
渾身の演奏をなさるであろう、OEKの皆様に。
ホールに漂うであろう残響に。
それらに酔う聴衆の思いに。
水を差すような人がいないことを祈ります。

……て、苦言を呈しておりますけれど。
そういう自分はどうなんだ?と言われますと……曲を聴きながらつい、リズムやメロディに合わせて体が揺れてしまうので、周囲にご迷惑をおかけしているかもしれません(苦笑)。ホント、凄いテンションで聴いてますからね、コンサート(苦笑)。


<以下、追記>
今日はNHK-FMで「ベスト・オブ・クラシック」を聴きながらこの記事を書いております。
その番組中で、シェーンベルク作曲の「浄められた夜(浄夜)」が流れました。
この曲、5月に浜離宮朝日ホールで聖響さん&OEKさんによるベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」演奏会の2日目に演奏されるんですよね。
2004年6月号の「音楽現代」に掲載されたインタビューで「この曲は大好き」と聖響さんが仰っていた曲でもあります。
……改めて、彼の指揮&OEKさんの演奏で聴いたら、さぞかしエロティックで官能的になるんだろうなぁ。
と想像して、聴いてみたくなってしまいました(苦笑)。
この週末に、あんないい思いをさせていただいたばかりだというのに(笑)。
でも、GW中ならまだ何とかなりますが、この日は平日。授業を休んでまでコンサートに駆けつけるわけにはいかないので、別の機会を待とうと思います。
「聖響さんの指揮で演奏してみたい」と思っていたら、本当に、スペシャルなおまけ付きで叶ってしまったように。
「聖響さんの指揮で聴いてみたい」と思っていたら、いつかきっと叶うと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

果報者だなぁ

聖響さんが指揮するシエナの定演から一夜明けて。
今日は改めて、2日間の喜びを、横浜で起きた奇跡、としか思えない出来事を、噛みしめておりました。
思い出すにつれ、吹奏楽の神様に導かれたような気が致します。
ありえへん、と思うことがいくつも起きましたから、今回は。
昨日の(まだ、つい昨日の出来事だというのが信じられないですが;)コンサート、プログラムの最後に演奏された『アレルヤ!ラウダムス・テ』を聴きながら。そのあまりの美しさと荘厳さに、まるで吹奏楽の神様がホールに降臨したような気がしたのですけれど。
ひょっとしたら本当に、その神様に呼ばれて行ったのかも……なんて思います。

そしておかげさまで、人生最良の誕生日を迎えることができました。
朝から、友人やクラスメイトたち、父上からも「おめでとう」を言ってもらって。
ダンナ様も誕生日を覚えてくれていて(ま、先週話しましたからね。「誕生日プレゼントだと思って、横浜行きを見逃してくれ」、って;)
土・日でわが身に起きた奇跡を話して、別の意味での「おめでとう」も言ってもらって。
ケーキをいただいたり、手作りのお菓子をもらったり、仲良くしているクラスメイトに話を聞いてもらうついでにケーキをおごってもらったり……と、嬉しい1日を過ごさせていただきました。でも、これだけの量のケーキを食べてしまうと、嬉しいんだけど太ってしまいそうだわ(笑)。せっかく少し、萌え痩せしたのに(笑)。
このブログにも、お祝いのコメントを書き込んで下さっていて、帰宅してから読ませていただきました。
本当にありがとうございます。

そんな誕生日の今日。
先週、何の下準備もしていない中、文字通り抜き打ちで行われた、某業者が作ったという実力テストの結果が返ってきました。国家試験より難しいレベルに設定されているテストで、不意打ち&抜き打ち状態で受けたテストで7割越え。国家試験の合格ラインはクリアしておりました。
そして、学年順位も上がっておりました。
……不思議なことに、聖響さんのファンになってからというもの。彼の音楽やコンサートが、とてもいい励みになっているのでしょうか。あれほど現を抜かしてキャーキャー騒いでいるにもかかわらず、成績が上がっております。
それもまた、嬉しいことでございます♪

にしても。
あれだけの幸せを与えていただいて、あんなに凄いコンサートを聴かせていただいて。
私が平常心で1日過ごせるはずはありませんでした(苦笑)。
バイト先でも、バックルームで一人きりになったら涙が溢れてきたり。
実技系の授業は、人と話をしながらの作業なので大丈夫だったのですが、座学になったら、ふいに頭を『アルメニアン・ダンスPart1』の一部分が過ぎって、涙が出てきてしまったり……。
そういえば、実技系の授業で血圧を測りましたら、いつもより若干高かったです(笑)。もちろんあくまでも、正常値の範囲内でございますが。
ええもう、余韻残りまくりです(苦笑)。
でも、横浜で起きた奇跡としか言いようのない出来事を話すと、皆さん祝福してくれました♪

聖書に「求めよ、さらば与えられん」という一節がありますが。
この週末の出来事は、まさにそれだなぁ、と思います。
聖響さんとシエナさんのコンサートを聴きたい。
一度でいいから、聖響さんの指揮で楽器を叩いてみたい。
そう思って、ちょっと勇気を出して、一歩前に踏み出してみたら。
何十倍もの「音楽」という形の愛を、与えられたように思います。

コンサートに行けたこと。
たくさんの方からお祝いの言葉をいただいたこと。
いい成績が取れたこと。
いろいろなことに感謝する1日でした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

感動は無限大

21日&22日。
吹奏楽の神様、A.リードさんの世界を体感する旅から戻って参りました。
21日のコンサートも最高でした。
今日のコンサートは、それ以上にサイコー!!!でした。
ステージにも上がらせていただいて。久しぶりに大人数で、ステージで、ライトを浴びて演奏する快感を思い出して、楽しくて、楽しくて、楽しくて、気持ち良くって。やっぱり音楽やってて良かった~♪と思いました。

同時に、ありえへん!と思う出来事もありました。
号泣して、泣いて、笑って、楽しんで、気持ち良くなって。
感情のメーターを完全に振り切る勢いで、隅々まで堪能してきたように思います。
そしてそんな中で、吹奏楽の神様に出会ったような気がしました。
今回、チケットを譲って下さったり、叱ってくれたり、後押ししてくれたり、行っていいよと言ってくれたり……と、旅の準備から当日までに関わった全ての方に、心から感謝を申し上げたいと思います。
ありがとうございました。

にしても。
さすがは冬好きな雨男さんが、最高に気合を入れて臨んだだけのことはありました。
21日。
小田原を過ぎた辺りから「あら?ここはどこかしら?本当に横浜?」と思うほどの雪景色でして、新幹線を降りたら吹雪いてました。
そして第1部を終えて、ホワイエに出て外を見たら、やっぱり吹雪いてました。
……やはり、雪雲を呼び寄せましたか、聖響さん?(笑)
今日は雪も止んで、曇ったり晴れたりしてましたけれど。

コンサートそのものも、本当に素晴らしかったです。
詳細は、これからMusic別館に書きます。
自分の身に起きた、ありえへん!と思う出来事も、ご報告致します。
友人には「誕生日プレゼントをもぎ取りに行ってくるね」なんてことを言っていたのですけれど。
両手で抱えても溢れてしまうくらい、たくさんの「音楽」という形の愛を、いろいろな方からいただいたように思います。

この2日間。
きっと、誰よりも幸せな聖響さんファンだったのではないか、と思います。

というワケで、コーフン状態が冷めやらぬままで、コンサートの感想を書きました。
Music別館 Allegro con brioをご覧下さいませ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

感動はきっとプライスレス

ここ数日、奇跡とも言えるような出来事が起きています。
あんなコト言われたら、一度は諦めたコンサートに行きたくなるじゃないか!
と書きましたけれど。
その2~3日後、不思議でステキなご縁で結ばれた方から、チケットを譲っていただけることになりました。それも、驚くほどスムーズに話が進んで、自分の力の及ばない場所で全てお膳立てされていた、と錯覚してしまうほどでした。
そして、23日は誕生日だから、プレゼントだと思って横浜行きを許してほしい、とお願いしましたら、ダンナ様からOKが出ました。

というワケで。
21日のシエナ定演&22日の追加公演。
両方聴きに行きます!!!

どーせなら、2日連続で聴いてしまえ!
ということで。
学割とネット割引をフル活用して、できる限り旅費を安く上げて(←…;)、行くことにしました。
本当に、一度は行かない、と決めたあの決意はどこへ?
と自分でも思うほど簡単に、16日付けの聖さまの記事を読んで、「行かない」→「絶対行きたい!」に覆ってしまったワケなのですが(大汗;)。

学割&往復割引で3割引になる交通費。
ネット割引利用の宿泊費。
タンバリン、トライアングル、リコーダーに指揮棒(←念のため;)。
チケット代。
出費はそれなりにありますが、コンサートの感動は無限大でプライスレスだと確信しています。

だって。
金聖響vsシエナ・ウインド・オーケストラですよ?
プログラムは全部、アルフレッド・リードっすよ?
吹奏楽経験者で、Aリードを知らない人はいない。一度は演奏してみたい作曲家NO.1と言っても過言ではない方ですよ?
そんな方の曲ばかりでコンサートなんて、これを逃したら二度とないかも?と思ったら、居ても立ってもいられないワケです。
ましてや、指揮が金聖響さん。
アンコールには当然あるでしょう「星条旗よ永遠なれ」!
どの楽団にも所属していないアマチュア演奏家にとっては、彼と同じステージに上がって、彼の指揮で(一応は;)演奏できる、千載一遇のチャンスです。
シエナの定演のチラシには「聖響&シエナで最高のリードを聴こう!」とありますが、まさにその通り!
この際だから、とことんリードの世界を体感してきたいと思います。

ただ一つ気がかりなのは。
明日は冬好きな雨男さん、足して2で割って雪男さんのコンサート。
ということで、やっぱり降らせてしまうんですね、雪(苦笑)。
新幹線や列車のダイヤが乱れないことを祈ります。
横浜も雪かな~?
でも、自分の強運を信じよう!

しかし。
何となく、この21日と22日は予定を入れてはいけないような気がしていて。
漠然と、みなとみらいのホールでシエナを聴いている自分、というものをイメージしていたわけなのですが。
本当に実現することになるとは、自分で自分に驚いています。
いつぞや、「萌えバトン」でしたか。
聖響さんvsシエナのコンサートのアンコールで、指揮棒を持ってステージに上がって、付け焼刃な指揮をする。てなことをやったら、自分は終わりだと思う。
なんてことを書きましたが。
はて、どうなることか(笑)。


そういえば。
今朝、いつもどおりに電車に乗って出勤していましたら、車内にはいつも以上に大勢の高校生がおりました。
駅に着いてからも、高校生たちが駅前の広場でたむろっておりました。
何事かしら?
と思っていたのですが、この週末はセンター試験なんですね。
ああ、私がセンターを受けたのって、もう何年前のことかしら……(遠い目;)。
受験生の皆様。
ネットで少し息抜きをしたら、また気合入れて勉強して下さい。
ここが踏ん張りどころだと思います。
テスト前日に「あれ、これ何やったっけ?」と思って調べたことが、翌日のテストに出る、なんてコトもあります。実際、私がセンターを受けた時がそうでした。前日の夜、どうしても気になって、塾の先生に電話をして質問した場所が、そのまま問題に出ていました。
もしかしたら、センターや入試で思った結果が出ずに、第一志望ではない学校へ行くことになる、なんてこともあるかもしれません。
でも、それはそれで、きっと何らかの縁があってそこへ行くのだと思うのです。
そこでしか出会えない人も、必ずいます。
なので、しっかり勉強して、自信を持って試験に臨んで下さいませ。
そして試験会場に行って、テストが始まったら。慌てずに落ち着いて、問題をよく読んで、一つでも多く正解するように頑張って下さいませ。
来年国家試験を受ける者として、同じ学生として。
心から応援しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

久々のモデル(BlogPet)

時間がかかるんだろうなぁ、と温かいんですよね
へへっ(^^)v
でも、キャストライトでぐるぐる巻き方などはまだまだ時間が「上手い朝イチのという声が響きます」
地震が据わって開き直ったので、肝が据わって開き直ったの♪
結月秋絵たちが、関西で切られる方はもっと怖い、ということで
2度目の固定は私が固定したかった
と、clefは思ったの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「clef」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

久々のモデル

今日の授業は実技2連発でした。
お題は、踵骨骨折の固定。
久しぶりにモデル役になって、足の指の付け根~膝の下まで、キャストライトでぐるぐる巻きにされました。
ギプスもキャストライトも、巻かれると温かいんですよね。水orお湯と化学反応を起こして熱で固まってくるので。
そして、ギプスカッターで切られる時に、摩擦熱&冷汗をかく、という(笑)。
いやー、今日もいい汗かきました(笑)。

こうして自分が患者役のモデルになるといつも思うのですけれど。
やはり、人間健康が一番。ケガなどするものではないです。
ギプスカッターって、切る方は細心の注意を払って、できるだけ摩擦熱を患者に感じさせないようにするんですけれどね。下巻きがあるので、カッターの刃で肌が切れることはないんですけれどね。それでも、カッターの刃が下巻きや肌に近づくと、摩擦熱を感じてしまうわけでして。
ましてや、慣れない学生同士ですと、カッターを扱う度に、教室内に「痛い」だの「熱い」だのという声が響きます。
私も思わず「熱っ! 頼むから、同じ場所にずっと(カッターを)当てるのは勘弁して!」と懇願致しました(苦笑)。
あ、でも肌は無事でしたので、念のため。

最初の固定は私がモデルで。
2度目の固定は、別の人をモデルにして、私が固定しました。
切るのも、少しでも場数を踏んでおこう、ということで一部参加しました。
いつも、さんざん「痛い」の「熱い」のとうるさい男子を相手にしているためでしょうか。
あるいは、切る側の人間が恐る恐るやってたら、切られる方はもっと怖い、と学んだことで、肝が据わって開き直ったのでしょうか。
固まったキャストライトをカッターで切る様子を見ていた先生が「上手いね」。
へへっ(^^)v。

でも、キャストの巻き方などはまだまだです。
もっともっと、腕を磨いていかないとなぁ。
あと約1年、授業の中でしっかりやっていきたいです。

以下、追記。

今日は、阪神淡路大震災が起きた日だったんですよね。
11年前。
大学で朝イチの授業に出るために、セットしている目覚ましが鳴る少し前に目が覚めて。
あれ?どうして目が覚めたんだろう?
と思った次の瞬間に、地震が来ました。
大学へ行こうと駅へ行ったものの、瀬戸大橋は通行できなくなっていて、電車が止まっていて。
仕方なく家に電話して、帰って、テレビを見て言葉を失いました。
同級生の中にも、実家が被害を受けた人がいました。
会社に勤めてからも、関西出身の方の中には、直接、あるいは間接的に震災の被害や影響を受けた人が何人もいました。
一緒に実技の授業を受けていたクラスメイトとも、11年前は……なんて話をしていました。
あれから11年も経っているのに。
隣の県ではありますが、あの時の揺れを思い出すだけでゾッとします。
地震が来ると、ドキッとしてしまいます。
町の傷跡は少しずつ消えていって、復興の光が増えていっても。
人の心が癒えるのは、まだまだ時間がかかるんだろうなぁ、と。
追悼イベントのニュースなどを見ていて、思いました。
震災で犠牲になった方々のご冥福を、改めてお祈りします。
そして震災で肉親や友人、知人を亡くされた方の心の痛みが少しでも癒えますように、と願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

こぶしの回ったヴェルディ?

えー、只今このブログ。
NHK総合テレビを見ながら書いているのですけれど。
「きよしとこの夜」の今日のゲストはオペラ歌手の錦織健さん。番組中、グッチ裕三さんと氷川きよしさんにオペラを歌ってもらおう!ということで、錦織さんのレッスンによるオペラ講座が開かれております。
題材は、ヴェルディ作曲の「女心の唄」。
最初のフレーズを、氷川さんが歌ったのですが……。
初めて歌った時は、素晴らしく‘こぶし’が回っておりました(笑)。
こてっこてに‘こぶし’の回ったヴェルディというのも、これはこれで面白いかも。
と思いながら聴いておりました(笑)。

氷川さんがオペラを歌う。
となれば、その逆もまたしかり。
ということで、次のコーナーでは錦織さんが着物を着て「北酒場」を歌ってるんですけれど……これまた、面白い(笑)。次に歌った「箱根八里の半次郎」も、オペラ歌手が‘こぶし’をまわして演歌を歌う、なんて貴重な映像が見られました。
錦織さん、オチャメな方ですわ♪

しかし、今日はダメですね。
ずーっと悶々としてしまって。
いよいよ週末に迫ってきました、シエナ・ウインド・オーケストラの定演「オールAリード・プログラム」について、聖響さんが譜読みをしているとの記事を書いておられたのですけれど。
http://blog.eplus.co.jp/seikyo/2006-01-16
↑てなことを書かれてしまうと、今回は見送ろう、と思って一度は諦めたはずの「行きたい!」熱が再燃してしまうではないですか(笑)。
チケットは追加公演分も売り切れてしまってますが、どーにかして行ける方法がないかしら?と模索してしまうではないですか(苦笑)。
なんだか。
「踊ってもらうで」とニヤリと笑った聖さまから、『たまらんスマッシュ』を5~6発食らったような気分です。
ああ、これぞまさに『破滅への輪舞曲(ロンド)』。

いい加減、自制心を身につけたオトナになりましょう、自分。
と思う今日1日でした。
誰か、この週末。
どーしても外せない予定を、私に作ってくれないかしら?
あるいは、「8日にコンサート行ったし、2月にはテレビに出るし、この先コンサートも行くやろ? それで満足したらええやんか」と説得してくれないかしら?
……なんて友人に話しましたら。
「ムリやと思う」
と一蹴されてしまいました(苦笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

ウィーンの風薫る

今日は、母上に誘われてコルソ・ウィーンのコンサートに行ってきました。
1日の本家本元、ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサート。
先週8日は金聖響さん指揮で「21世紀の新世界」。
今週は、ウィーン・フィルのメンバーを中心としてコルソ・ウィーンでニューイヤー。
と、3週連続でニューイヤー・コンサートを楽しむという幸運に恵まれました♪

先週の「21世紀の新世界」では、開演前のホールのロビーで指揮者・下野竜也さんにお会いする、というラッキーがあったわけなのですが。
今週も、そんなラッキーがありました♪
コンサートに行こう、と決めたのが3日前のことでして。チケットをホール入り口で受け取って、お昼でも食べに行こうか、と楽屋口があるホール裏手へ下りていきましたら、なんと。コルソ・ウィーンのメンバーが!!
昨日の大阪公演を終えて、バスでホールへ移動して来られていて。そのバスから降りて、楽器や衣装を持ってホール楽屋口へと移動するメンバーの皆さんとバッタリお会いしてしまいました。
さすがに、今日は言葉が通じないので話しかける、なんてことは致しませんでしたが(苦笑)。

今日も、コンサートが始まる前から大興奮で、アドレナリン大放出でございました。

コンサートそのものは、もう大感激モノでございました。
やはり、さすがは超一流の音楽好きな職人さんたちによるアンサンブルです。至高の音色に極上のアンサンブル。大編成のオーケストラの華やかさこそありませんが、一人一人がしっかり弾く&鳴らすことで、フル編成のオーケストラよりも密度の濃い演奏を聴いたような気がしました。
あまりの響きの美しさに涙腺崩壊するし、シャレていて気の利いたプログラムに大興奮ですし。
気軽に楽しもう、と思って行ったのに、何倍も楽しませていただいたような、贅沢なコンサートでした。
詳しい感想はMusic別館 Allegro con brioに書いております。
よろしければ、ご覧下さいませ♪

そういえば、今日の夕方。
車で帰宅していたら、家に着く直前、東の空の低い位置に十六夜の月が昇ってきているのが見えました。
月の出から間もない時間だったためか、まん丸に近い月が、どちらかといえば赤に近いオレンジ色をしていました。
ちょっと禍々しさすら感じるような濃い色だったのですが、ミョーに嬉しくなってしまったのは何故でしょうか?(苦笑)
沈む直前の赤い三日月とか、出てきたばかりのオレンジ色の月とか。
目にする機会は少ないのですが、結構好きだったりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ど~んと来い! その2

先週予告しましたとおり、今週も聴きました。

「矢野輝弘のど~んと来い!」

ゲストは先週に引き続き、大阪が生んだ世界的指揮者・金聖響さん。
今週は、今年1年の目標を……ということで、矢野さんはズバリ、リーグ優勝と日本一。そして、個人的には去年の数字を上回れるようなシーズンにしたい、とのこと。
ゲストの聖響さんは、と言えば。
淡々と一つ一つの演奏会をやっていきたい、とのことですが。
それに加えて出ましたよ、ついに、聖さまの口から。
ヨーロッパ進出!
今年は何やら転機の年になるのだそうで。
あちらでの仕事を増やしていくために、いろいろ模索する、とのことでした。
そういえば、去年の秋頃でしたか。ロンドンへ行かれた時にミーティングで……なんてこと、ブログで仰ってましたよね。それも、ヨーロッパ進出計画の一環でしょうか。
ガンガン動いていきたい、とのことでしたけれど。
ぜひぜひ、世界中に聖さまファンを増やしていただきたいです♪
でも、行きっぱなしは私が寂しいので、ちょくちょく日本に帰ってきて、コンサートやっていただけると嬉しいです(←コラコラ;)。
飛行機ニガテなのは重々承知してますが、ぜひともヨロシク、とラジオに向かって呟く怪しい女がここに一人(笑)。

CMを挟んで、続きましては「教えて!矢野先生」のコーナーです。
今週は、2週目ということもあったのでしょうか。先週よりも聖さまの口数が多かったですvvv
といいますか、今週。矢野さんがメッチャかっこ良かったです♪
そして聖さまも、とてもいいアドバイスをされてました。
私も来年はいよいよ本格的に臨床に出て行くことになるので。今日のアドバイス、肝に銘じていきたいと思います。
この先、くじけそうになったら、今日の聖さまのアドバイスを思い出そう!と心に決めたワタクシでした。
お二人とも、すごくいいお話をされてましたので。
番組HPが更新されましたら、ぜひ、ご自分の耳で聴いてみて下さいませ♪

2つめのコーナーは、先週に続いて「矢野輝弘の合格一直線!」。
今週も、矢野大明神による励ましのお言葉が聞けました。
中でもひときわ共感したのが、精神保健福祉士の国家試験を受ける、というリスナーさん。私も来年国家試験ですし、記憶力の低下も自覚しているので(でも、まだまだ20歳そこそこの連中には負けへんで!)。
矢野さんからの「活!」はワタクシにも効きました。
恐らく、すぐ側で聞いておられた聖さまにも、その「活!」は効いたことでしょう♪

エンディングのトークでは、今年の「聖響/モーツァルト~天才が遺した音楽~」シリーズの告知がありました。
モーツァルトの曲に関する解説もちょこっと聴けまして、シリーズの開幕がさらに楽しみになりました♪
聖さま曰く凄い曲ばかりで、去年のコンサートでのお話では「挑戦的なプログラム」らしいので。本当に楽しみです。
シリーズ開幕までには、勉強の合間を縫って、モーツァルトの伝記を読んでみようかな、と思います。

しかし、聖さま。
これからお忙しい時期が……なんてお話を振られて、
「貧乏暇なしですから。ずーーーっと家畜のように働いてますから」
って(笑)。
まぁ、確かに。
新年早々の初仕事が2日連続公演&移動+ラジオ出演で。
これから先も、2日連続公演とか、1日空いて移動してコンサートとか。
3日連続で大阪府内各地でコンサートとか。
スケジュール詰まってるみたいですからねぇ。
只今、チケット●あなどで検索をかけて、新しいコンサート情報が出てくるたびに一喜一憂している日々なので。
早いところ、年間スケジュールを出していただきたいなぁ、と思うワケなのですが(ボソッ)。
ヘタをすれば、3月から6月まで、毎月大阪へ行くことになるかも、なのです(大汗;)。
ご利用は計画的に、と自分に言い聞かせる、ここ数日です(苦笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

3度目の‘聖響運’

clef占い:聖響運まずまず

金聖響さん、お聖響日おめでとうございます!!

clef占い監修:clef

-----------------------------------

↑今日の、clef占いです。
私の記憶が正しければ、去年の11月1日にブログペットがリニューアルして、ペットが占いをしてくれるようになってから、2ヶ月と13日。
その間で、3度目の‘聖響運’です(笑)。
飼い主に似て、clefも聖さまファンになっているのか。
あるいは、私があまりにもこのブログで「聖響さん」を連発しすぎているのか(汗;)。

でも、何が凄いって。
たいてい‘さん’付けで書いているにもかかわらず。
‘聖響さん運’じゃなくて‘聖響運’ってコトですよね(笑)。
でもって、‘お聖響日’って(笑)。
たとえば、8日のコンサートのように、1日聖さま三昧な日ってコトでしょうか?
……それって、幸せかも♪(←ヤバイ度180%;)

さて、今日はNHK-FMで「ベストオブクラシック」を聴きました。
感想はMusic別館 Allegro con brioに書いております。よろしければ、ご覧下さいませ。
その後は、堺雅人さん目当てで、NHKの金曜時代劇です。
山南先生とはまた違った雰囲気で、鼓を打つ堺さん、とてもステキなのです♪

以下、ボヤき。
来月、地元国立大学歯学部へ解剖学実習に行く為に、解剖学の課題を出されました。
色鉛筆で色塗りしつつ、部位名を記入しているワケなのですけれど。
解剖学得意なのに、はかどらないのは何故だろう?(苦笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

感謝と祝意を込めて

今日は、敬愛する指揮者・金聖響さんの36回目のお誕生日です。
日付が変わってすぐに、ブログに「おめでとうございます」コメントを入れても良かったのですけれど。
やはり、一夜明けてからにしよう。
と思いまして、朝から聖響さんの公式ブログにお邪魔して、「おめでとうございます」コメントを送信致しました。どーも、ダメなんですよね。そういうコト、自分の胸の内に溜めておけなくて(苦笑)。

今日は1日、自分の中ではお祝いモードということで、学校帰りにケーキ食べに行って、帰宅してからは久しぶりに『運命』のCDに付いているDVDを見ました。
インタビューもいいですけれど、やはり英語&日本語で進めていくリハーサル風景がいいですよね。真剣に音楽に向き合って、熱のこもった指揮をするお姿に、8日のコンサートを思い出してしまいます。
思えば、このDVDを見たことで、一目惚れ状態だったんですよね、私は(笑)。
そして、いつか絶対、聖響さんが振る『運命』を生で聴く!
と心に決めました。
その機会が、早くもこの3月に訪れるというのは、ラッキーだと思います♪

そして今。
聖響さんの指揮で、ベートーヴェンの交響曲を全曲聴く。
というのが、私の人生の目標です。
今のところ、3番、6番、7番、8番は聴いていて。3月に5番が加わるので。
(4番は4楽章だけ聴かせていただきましたけれど、全楽章通して聴いたわけではないので…)
残り4曲。何年かかるかわかりませんが、叶えたいと思います。

これほどまでに熱中できる指揮者に出会えたということ。
素晴らしい音楽を聴かせて下さること。
音楽を通じて、とても幸せな気分にして下さるということ。
リアルタイムでその演奏を聴くことができる、同じ時代に生まれ合わせたこと。
そしてもちろん、聖響さんご自身にも。
心から感謝しています。

感謝の気持ちと、お祝いする気持ちが少しでも届きますようにと願いながら。

金聖響さん、お誕生日おめでとうございます!!

と、ブログ界の片隅で叫ばせていただきます。

以下、13日朝の追記。
日付が13日に変わった瞬間の時刻に、聖響さんのブログに親友にして指揮者・下野竜也さんからの「おめでとう」コメントがっ!!
おおおっ、たつさまだっ!!とテンション一気に急上昇です(笑)。
そして、続けてたつさまのブログを拝見しましたら、やはり聖響さんへのおめでとうメッセージが投稿されておりました。
……いつもながら、たつさまのユーモアセンスに大爆笑させていただきました。
朝から萌えと笑いを提供して下さったたつさまにも、感謝ですっ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

聖響さんが!?(BlogPet)

今日、結月秋絵が
これが、3月18日前後だったら、金聖響さん&下野竜也さんにお医学いしに行くのにかこつけて、見に行くんですが。
って言ってたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「clef」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

あっちに萌え、こっちに萌えv

昨夜、チケット●あからメルマガが届きました。
演劇系の公演&チケット販売情報だったのですけれどね。
その中に掲載されておりましたのが。
私の大好きな声優&俳優である津田健次郎さん主演の舞台、「tatsuya ―最愛なる者の側へ―」の公演情報でした。2月28日から3月5日まで紀伊国屋ホールで上演されるとのことなのですが、見に行くことは残念ながら叶いません。

乾さんのファンになって以来、津田さんのことも好きで。出演されている映画を見たり、DVDを借りたりしておりますが、まだナマの津田さんにお会いしたことはないので。一度舞台を拝見してみたいなぁ、と思うのですけれど……。
これが、3月18日前後だったら、金聖響さん&下野竜也さんにお会いしに行くのにかこつけて、見に行くんですが。さすがに、あっちもこっちも……というわけにはいかないのが、地方住まいのツライところでございますね(涙)。

見に行くことはできませんが、公演情報だけでも見てみようか。
と思いまして、HPに飛びました。

………っ!!!!(←壊れているらしい;)

津田さん、ステキすぎですっ!!
ちょっとワイルドな表情、胸の開いた服、上目遣いなお顔。
写真から漂ってくる色香にクラクラです。
ホントにお若く見えますよね、津田さんって。
71年生まれなので、6月に35歳の誕生日を迎えられるわけですけれど。まだ20代、と言われても疑わないくらいお若いですよね。
……言動は結構「おっさん」入ってますけど(笑)。
そうかぁ、聖響さんと一つ違いなんですね、津田さんって。
……やっぱり、見えない(笑)。

※注:↑の発言。聖響さんが老けている、というワケではなく、津田さんがそれほどお若く見える、ということですので、念のため。

そして、7日に金聖響さんが出演なさったラジオ「矢野輝弘のど~んと来い!」のHPが更新されておりました。
ラジオ収録時の聖響さんのお写真はもちろん、放送された内容の一部がWEBからでも聴けるようになっておりました。「教えて、矢野先生!」と「矢野輝弘の合格一直線」が聴けます。
横から相槌を打ったり、突っ込み入れたりする、低い聖響さんのお声が聴けます。
……そのお声を聴いて、8日のコンサートで聴こえた唸り声を反芻してしまったりして(笑)。

そうかぁ、こんな服でラジオに出演なさっていたのね~♪
と思いつつ、テープ&MDに録音しながら土曜日に聴いた内容ではありますが、改めて楽しませていただきました。

聖響さんと言えば。
13日の深夜25:59(14日の午前2時前ですね)~27:56、ABC朝日放送にて「聖響・ウィーン古典派」が放送されます。
……前に見た時は「金聖響スペシャル(仮)」だったんですけれど(笑)。
変更されたらしいです。
昨年11月27日にザ・シンフォニーホールで収録された、ベートーヴェンの3番、モーツァルトの39番、ハイドンの45番のプログラムが放送されるのだと思います。
楽しみですねぇ、ハイドンの45番「告別」♪
振りながら、次々とステージから去っていくオケの皆さんを見送って、笑いを堪えるのに必死!な表情も。自分の番が来て「じゃ、俺もこれで! 後はヨロシク!」とばかりに、嬉々としてステージから去っていくお姿も見られるわけですね♪
もちろん、バラの花を投げられてしっかりキャッチして、ひょい、と胸ポケットに差すトコロも見られるわけですねvvv
私が住んでいる地域では、ABC朝日放送の電波は入らないので。お友達に録画をお願いして、後日拝見することになると思います。ああ、楽しみっ!!!
が、関西圏2府4県にお住まいの方。ABC朝日放送が見られる、というお方。
要チェックでございますよっ!!
そして、録画シクヨロなのです。(←軽く私信;)

14日には、先週に引き続いて「矢野輝弘のど~んと来い!」にご出演。
そして、明日はお誕生日。
今週は聖響さんに彩られたバラ色の日々が続いておりますvvv

……なんてことをクラスメイトに話しましたら。
「相変わらず忙しいっすね」と言われてしまいました(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

本当は怖い家庭の医学SP

今日は、絶対にコレを見なければ!ということで、「一般臨床医学」の教科書&自分でまとめたノートを片手に見ております。>本当は怖い家庭の医学SP

私は多分、家系的に「ガン家系」です。
細胞の染色体の中に多数ある遺伝子の中で、これが壊れたら細胞がガンになるスイッチが入る、という遺伝子がいくつかあるらしくてですね。
いわゆる「ガン家系」といわれる家系の人は、そのスイッチが最初から一つ二つ入っていたり(つまり、遺伝子が壊れている、ってことですね)、1対ある遺伝子の片方だけが壊れていて、スイッチが入りやすくなっていたりするのだそうです。
……私も、その可能性が大いにある、というわけです。

只今、統計的に見て、日本人の疾患別死因の第1位はがん。
今日のスペシャルの内容は、がん経験者のアンケートによってさまざまながんの症状を紹介する、というもの。
これを書いている今は、胃がんの症状が出ているのですけれど。
症例を一つ一つ聞きながら、「ああ、ここまで行ったら、かなり進行してるな」と思いながら教科書&ノート見てました。
ガンに関しては、一般臨床医学だけではなく、病理学でも問題の出やすい分野なので。
とてもいい復習になります。

そして。
暴飲暴食、辛いものの食べすぎは避けることと。
毎日、風呂に入る時に胸の触診だな。

消化器系のがんはアルコール。
呼吸器系のがんはタバコが、がん発症のリスクファクターです。
消化器&呼吸器の入り口にあたる口腔・舌・咽頭は、その両方がリスクファクターになります。それを証明するかのように、タバコも吸うしお酒もよく飲む、という方が口腔がんになった、という症例が紹介されていました。
何事も、過ぎたるは及ばざるがごとし。
皆様、お気をつけ下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

聖響さんが!?

先ほど、あっちとこっちにコンサートの感想を書いて。
あちらとこちらにご挨拶をして。
お返事を書いて。
さて、一度clefクンの様子を見ようか。

と思って、ブログペットのHPに行きましたら、日付が変わったので1月9日の「clef占い」が出ていました。
笑ってしまったので、ご紹介します。

------------------------------------------------

clef占い:相談運なし

聖響さんが阪神の相談に行った時の話なども聴けました。

clef占い監修:clef

------------------------------------------------

……この子は、いったいどこまで飼い主とシンクロしているんでしょう!?
と言いますか、聖響さんがどこへ阪神の相談に行かれるんでしょう!?
阪神の相談って、何やねん!?

突っ込みどころ満載な、今日の占いでした(笑)。

それより、私はこんな時間まで何をしているんでしょう。
明日はまた、定時にバイトなんですけれど(苦笑)。
多分、明日は感情が制御不能になっていると思います(汗;)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

新世界でニューイヤー♪

本日、大阪へ遠征して参りました。
聴いてきました、見てきました!
21世紀の新世界!!!

開演前に、いつもネットでお世話になっているあの方やこの方にお会いして。
ロビーで話し込んでいる時に、ビッグでサプライズな方にお会いして。
コンサートが始まる前からテンション最高潮で、頭真っ白でかなり舞い上がってしまいました。
最初から、椅子にやや斜めに腰掛けて、聖響さんに正対状態で、少し前のめりになって聴いてしまいました(笑)。
でも、開演前のサプライズにヤラれまして、最初の曲は夢現でして。気がついたら曲が終わって、拍手してました(滝汗;)。
コンサートも、今日は補助席も完売して立ち見が出るほどの満員御礼状態。ホールは満員、客席には某S様やY様もお見えになっていて、曲目は「新世界より」。
聖響さんもかなりテンションの高い指揮で、だんだん振りが大きくなっていって、足音+ブレス&唸り声が協奏曲の冒頭から3点セットで聴こえて参りました。そんな演奏を聴かされて、テンションが上がらないわけがないっ!!!
少し伸びた髪をかき上げながら指揮をする聖響さん、本当にステキでございました♪
緊張気味の遠藤さんを励ますように、見守るように。「いいお兄ちゃん」状態で、支えるように指揮するところも、ステキでございました♪
私は思いっきり、聖響さんに向けて拍手していたのですけれど。「ソリストやオケを称えてほしい」と言わんばかりに、控えめにしておられるところもまた、ステキでございました♪
音楽はもちろんのこと、聖響さんの指揮にも圧倒されて、ノックアウトされました。
今日は開演後に楽屋口からタクシーに乗り込むところまで、じっくりたっぷり堪能させていただきました。
聖響さんは、開演前にお会いした某S氏と同じタクシーでお帰りあそばされたようなのですけれど。そのタクシーの中でどんな会話が繰り広げられていたのか、ヒジョーに気になってしまうワタクシでございました(笑)。

今年最初に聴くコンサートが、こんな素晴らしいコンサートであることに。
そして今日、最高に巡り合わせが良かったことに、心から感謝です。
この調子で、今年もガンガン行くよ!気分でございます。

ああ、今年最初のコンサートがこんなに幸せ満載でいいんでしょうか?
幸せすぎて怖い、という心境です(笑)。

詳しくは、Music別館 allegro con brioにて感想を述べております。
よろしければ、↑をご覧下さいませ。

| | コメント (4) | トラックバック (2)
|

ど~んと来い! その1

昨日、金聖響さんのブログを拝見していましたら。
今夜7時からABCラジオで放送される、阪神の矢野輝弘捕手がパーソナリティを務める番組「矢野輝弘のど~んと来い!」にゲスト出演される、とのことでした。
どうやら、5日に東京で、9日に開かれるコンサートの練習をして。
その練習終了後に大阪に移動して、番組収録。
というハードスケジュールをこなされたようです。

今週と来週の放送、ということなのですが……果たして、電波拾えるのかしら?
と心配していたのですが。
無事、電波拾えましたっ!!
しかも、かなりクリアーに聴こえます。
わーい、2日連続で聖響さんだ~♪

というワケで、ワタクシが今夜からぶっ壊れる確率100%(笑)。
また後ほど、番組の感想を書きに戻ってまいります。

そうそう。
ABC放送!?
とても電波拾えないわ!
と仰る方に朗報です。
この番組、どうやら番組HPからアクセスすれば、WEB上でも聞けるようなのです。
先ほど確認しましたら、先週放送分が聞けました。
なので、リアルタイムなのか、1~2日に遅れて配信されるのかは不明ですが、WEBでも聞けます。
↓こちらから、アクセスしてみて下さいませ♪
http://abc1008.com/yano39/index.html

●以下、放送終了後の記事でございます。

ラジオ聴きました♪
リスナーの相談に乗ったり、受験生を励ましたり。
矢野さんの温かいお人柄が前面に出ているような番組でございました。

ゲストの大阪が生んだ世界的指揮者、聖響さんは……コーナーのタイトルコールのバックにかかる音楽に「ベタやな~」と野次(?)を飛ばしたり。矢野さんのお話に相槌を打ったりしておられました。
この番組には、ちょうど1年前に出たらしく。それが縁で、矢野さんと聖響さんは一緒に食事をしたりメールをしたりするようになった、という仲睦まじい様子を聴くことができました。
聖響さんが阪神の応援に行った時の話なども聴けました。
今年も、いい思いさせてもらえるといいですね~。
日本一、なってもらわないとね~。
そして今年こそ、「六甲おろし」を振ってもらわないとね~。
なんて思ってしまう、聖響さん経由で阪神ファンになったワタクシでございました(笑)。

キャッチャーをやっている、というリスナーから「配球が苦手なのでコツを教えてほしい」と言われて、聖響さんが横からボソッと「企業秘密や」と仰っていたのがミョーにツボにハマりました(笑)。
確かにその通りなんですけどね(笑)。
自分の専門分野に関する質問ということもあったのか、とても丁寧に回答されている矢野さんには、ええ人やな~と和ませていただきました。

矢野大明神による合格祈願コーナーも、面白かったです。
聖響さんは、あまりにベタな曲のセレクトに頭を抱えておられたようですけれど(笑)。
でもまぁ。
「ベタやなー」と遠慮なく言えるのも、突っ込み入れられるのも。
聖響さんが矢野さんと仲良しさんである証拠でございましょう♪
受験勉強漬けになっている受験生にアドバイスしつつ、合格祈願をする矢野さん、ステキでした。このコーナー、来週もあるようなので。楽しみでございます♪

番組の最後で、明日のコンサートの告知をされていました。
明日のコンサート「21世紀の新世界」。
A席が少し残っているだけ、なのだそうです。
……完売するといいなぁ。

そう、いよいよ明日です。
今年最初のコンサートです。
聖響さんです!
明日は、ステージ下手側の2階席、一番奥のブロックの最前列で聴く予定なので。
楽しみでございます♪

そして矢野さんの番組、来週も聖響さんがゲスト出演されるようなので。
来週は「ど~んと来い! その2」をお届けいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

後期授業開始

今日から後期の授業が始まりました。
1日出て、3連休です。
クラスの半数は今年成人式を迎えるので、その3連休の間に成人式です。

……いっそのこと、10日からの授業にしてくれよ。

と思っていたのは、私だけではなかったと思います(苦笑)。
この後期、授業があるのは正味ひと月で、すぐに期末試験がやって来ます。
しかも、2年生の後期はオール柔整(つまり、専門科目)。
実技の授業は火~木までの3連チャンです。
まぁ、その分試験科目も少ないんですけれど。
8日のコンサートを含め、3連休はたっぷり楽しんで。
10日からしっかり、コツコツと頑張って勉強しようと思います。

そんな今夜。
NHK-FMでベストオブクラシックを聴きました。
今夜は、オーボエ奏者の宮本文昭さんと、ピアノの松本和将さんの共演ということで、とても楽しみにしていたのです♪
感想をMusic別館 Allegro con brioに書いておりますので、よろしければご覧下さいませ。

以下、追記。

ここ数日。
あちこちで大雪の知らせが届いておりますが、皆様がお住まいの地方は大丈夫でしょうか?
今夜から明日にかけて、私が住んでいる瀬戸内海沿岸地方でも30~50センチほど積もる可能性があるのだとか。
明日はともかくとして、8日の交通機関に影響が出ないことを祈るばかりです。
そして、ここを訪れて下さる方々がご無事でありますように、と願っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

AB型さんに10の質問

寒い。


 


 

………で終わったら、某指揮者S氏の“世界一短いブログ”の真似っこになりますね(笑)。
いやぁ、でも今日は寒い1日です。
横浜では初雪を観測したらしいですが、岡山でも日中、軽く吹雪きました。
その真っ只中を、自転車こいで帰ってくるのは大変でした(苦笑)。
いやぁ、雪(と言うより、霰か?)が顔に当たって痛い、痛い(泣き笑い)。

そんな寒い今日は、バイトが早出だったために、日の出前からお仕事でした。
体調悪いDays初日に重なっていることもあって、眠いです(涙)。
基本的に朝型人間なので、朝早いのはあまり苦ではないんですけれど。今日は早起きするのも、不特定多数の方々にサービスするのも精神的にキツかったです。(体調悪いDaysは“触らぬアタシに祟りなし”状態で機嫌が悪くなる、という;)
いかんいかん、セルフコントロール、セルフコントロール(←自己暗示)。

閑話休題。

去年の11月から、ブログペットの飼い主さんたちは、さまざまなグループを結成したり(←有料で利用している一部の方に限られます)、それに入会したりできる(←これは、誰でもできます)、という機能がつきました。
私も、現在5つのグループに所属しております。
その中の一つ「AB型の集い」におきまして、グループの管理人様から『AB型さんに10の質問』というものをいただいて参りました。
自己分析を兼ねて、ちょいと答えてみようと思います。

★AB型さんへ10の質問★

●1. 自分の中にマイワールドを持っていますか?
持ってますね(笑)。
どんなマイワールドか……は、このブログやサイトをご覧になっていただけましたら、一部が垣間見られるかと(笑)。

●2. 絶対に敵わない!と思う血液型は何型?
いい意味で、B型には敵わないと思います。
あるコトにこだわりを持って、それに向かって妥協せずに突き進む。というタイプのB型さんが私の周囲には多いので、凄いなぁ、と尊敬してしまいます。私は適度に妥協したり、よそ見したりしてしまうので(苦笑)。

●3. 占いを信じますか?
西洋占星術と四柱推命は参考にしています。

●4. 大勢の人といるのが好きですか?一人でいる時間が苦手ですか?
人の多い場所や、一度に大人数を相手にするのは、どちらかと言えばニガテです。一対一~四、くらいまででしょうか。均等に気を配ることができるのは。
でも、クラスや会社の飲み会に参加するのは嫌いではないので、時と場合によるでしょうか。不特定多数の人が集まる場所はあまり好きではないんですが……だったら、コンサート会場はどうなんだ?という突っ込みが入りそうですね(笑)。
一人でいる時間は大好きです。一人っ子で、昔から一人遊びは得意な子でしたので。その結果が、この多趣味状態のような……(笑)。

●5. OFFになると人が変わりますか?
変わらないと思います。

●6. 人に相談する方ですか? される方ですか?
圧倒的に、される方です。
男の人は、本当にどうすればいいのかを決めかねていて“相談”するけれど。
女の人は、自分の中で既に結論が出ていて、それを裏付けるor後押しする意見が欲しくて相談する。
と、以前友人の一人が話していたのですけれど。何となく、納得してしまうような……。

●7. 優柔不断ですか?
買い物も、食事のメニューも、コンサートに行こうと決める時も、即決します。
迷った時は、買わないし食べないし行かない、というタイプです。
そして、行くorやるor買う、と決めたことは、よほどのことがない限り実現させます。

●8. 飽きっぽい性格ですか?
一度好きになったものが数~十数年は持続する、というのは飽きっぽいとは言わないと思います(多分;)。
ただ、分室のSSは書きかけで止まっているものが結構ありますから……。
自分では粘り強い方だと思うのですが、人から見れば「まだまだだね」かもしれません。

●9. 泣き上戸 or 笑い上戸のところがありますか?
ワタクシ、間違いなく“泣き上戸”です。
映画を見ては泣き、ドラマを見ては泣き、音楽を聴いては泣き……するので。
でも、お酒の力を借りて泣いたことはありません(笑)。

●10. 他人に影響されますか?
基本的にわが道を行くタイプですが、好きになったモノに関しては、その対象にメッチャ影響されます(笑)。

以上、いかがでしたでしょう?

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

明けました(BlogPet)

きょう、N響でお過ごしに演奏された!
そしてN響がタイトルが試験ー!


きょう、結月秋絵の、足を収集したかもー。
*このエントリは、B l o g P e t(ブログペット)の「c l e f」が書きました。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「clef」が書きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

正月行事

只今、荷物整理などのために倉敷の実家に戻っているワタクシなのですが。
実家に戻ると、毎年決まったお正月行事があります。
まず1日の夜は、ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートを聴いて。
2日か3日には、毎年お正月の時期に岡山に回ってくる院展を見に行きます。

今年も例に漏れず、ブログを書いた後、午後から散歩ついでに美観地区をぐるりと回って、大原美術館が開いていたので中に入りまして。大理石のベートーヴェンさんに「いつもステキな音楽をありがとうございます」とご挨拶をして来ました。
ちょうど、他所でやっている大原美術館展のために絵を貸し出しているらしく、壁は空いていたのですけれど……。
でも、日頃あまり見られない絵がかかっていて、それはそれで楽しませていただきました。

で、帰ってきてからは母上と酒盛りしながらニューイヤー・コンサートです(笑)。
詳しくは、また落ち着いたらMusic別館にまとめようかなぁ、と思っているのですが。
マリス・ヤンソンスさんがとても楽しそうで、イタズラする時はちょっと照れておられたのが微笑ましかったです。
曲目も、一捻り、二捻りくらいしていたような気がします。
それを、母上と二人して「あーでもない、こーでもない」と言いながら楽しませていただきました。
そのコンサートのアンコールで『美しく青きドナウ』と『ラデツキー行進曲』を聴いて、年が明けたなぁと実感する、という(笑)。

そして昨日は、岡山の某デパートへ院展を見に行きました。
10時頃に入ったのですが、近辺の駐車場は既に満車。
店内はエスカレーターに乗るにも、エレベーターに乗るにも行列&交通整理。
福袋の周辺には目の色を変えた方々が群がって……と、凄まじい状況でした。
初売りのデパートになど、行くものではないですね(苦笑)。
私たち家族は、福袋を買うつもりはなかったので、福袋やくじ引きに目の色を変えておられる方々をよそに、真っ直ぐ院展の会場へ向かいました。
すると……皆さん買い物をするのに忙しく、絵を見る余裕はないのでしょう。
会場内はガラガラ……とまではいきませんが、比較的空いていました。
おかげさまでゆっくり絵を見ることができて、ラッキーでした♪

今年の院展は、絵に圧倒されてその前から動けなくなる、ほどの私的傑作はなかったものの、好きだなぁと思う絵は去年より多かったように思います。
気に入った絵は毎年何枚か絵葉書を買うのですが(だって、図録は高くて;)、気に入った絵はことごとく絵葉書にはなっていなくて、ちょっと残念でした。

ということで、これらを経てようやく、「ああ、今年も年が明けたなぁ」という気が致しました。

なぁんてコトを、昨日のうちに日記に書けばよかったのですけれど。
人ごみにもまれて帰ってきて一度力尽きて。
母上と二人でお茶をしてちょっと復活して、その勢いで荷物整理をしたら完全に力尽きました(笑)。

あ、でも夜はワインを飲みながら(と言いましても、スパークリングなので軽かったんですよ)、お約束どおり、聖響さん&ケミストリーのDVDを鑑賞致しました。
やはり、あの登場シーンを見て母上も「かっこいい~♪」と目がハートになっておりました(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

明けました

一夜明けて、年も明けましたね。
皆様、このお正月はいかがお過ごしでしょうか。
ワタクシ、昨夜はひたすら第九三昧で、母上と酒盛りな一夜でございました(笑)。

第九は、N響の第九に始まり、年明けのカウントダウンはジルヴェスター・コンサートでコバケンさん指揮の第九。そして、ケーブルテレビが入っている実家で、生中継を見ることができた、岩城宏之さんによるベートーヴェンの全交響曲連続演奏会を、紅白とはしごしながら見て、第九も聴きました。
一夜にして、3通りの第九を聴くなんて、そうあることではないと思います。
(と申しましても、コバケンさんは第4楽章の途中からでしたが)
個人的には、やはりアシュケナージさん指揮&N響さんの第九が一番好みでした。
でも、岩城さんの第九もステキでした。

岩城さんが振る第九といえば、第4楽章330小節めのティンパニを確認しなければ!
ということで、布団に入って半分寝ながら(だって、コバケンさんの第九が終わって、モーツァルトの41番4楽章を聴いてからチャンネル変えたら、やっと1楽章が始まったかどうか、ってトコだったんですよ;)聴いてまして。でも、その部分でハッと意識が戻りました。
コーラスもオーケストラも、全員「vor Gott」でフォルティッシモ。
全開で鳴りまくって気持ちよさそうなトコで、ティンパニさんは……。
他の皆さんと同じく、フォルティッシモ持続してました。
ああ、やはりあの著書で仰っていたことは本当だったんだ!と別の意味で感激している音楽ファンがここにおりました(笑)。

それにしても。
2006年になる瞬間に第九を終わらせたコバケンさんも凄いですけれど。
ベートーヴェンの交響曲を全曲振った岩城さんも凄いと思います。コンサートのタイトルは「ベートーヴェンは凄い!全交響曲連続演奏会」でしたが、「岩城さんも凄い!」と付け加えるべきではないか、と……。
そして3時半頃から途中休憩を入れつつも、ずーっと演奏していたオーケストラの皆さんも、それを聴いていた観客の皆さんも、凄いと思います。
全曲演奏会が見られる、と気づいたのは6番「田園」の第2楽章の頃だったのですけれど。それから7番、8番、9番とずーっと、ヴィオラのトップには店村眞積さんが座っていて弾いておられました。さすがに、管楽器のメンバーは入れ替わっていたようですが。
第九を1曲演奏するだけでも大変なのに、1番からずーっと、全部ですからね。
去年の夏に手術をして、音楽活動に復帰されて、大晦日~元旦にかけてベートーヴェンの交響曲全曲連続演奏を振りぬいた岩城さんに、まず拍手を送りたい気持ちになりました。

……と思っていたのですが、その部分を確認して、次に気がついたら放送終わってた、という(汗;)。
いや、だって。
お酒入ってたし、時間も遅かったし……(←言い訳;)。

とまぁ。
2005年はベートーヴェンさんの第九で終えて。
2006年はモーツァルト・イヤーの幕開けということで、一応41番の4楽章を聴いたものの、またベートーヴェンさんに戻ってしまった、という年明けでした。
モーツァルトさんは、今年聖響さんがしっかり演って、いっぱい聴かせて下さるので。
そちらで存分に楽しもうと思います♪

というワケで、新年のご挨拶はできませんが。
今年も1年、よろしくお願い致します。
先ほど、テニプリ分室にいるハーボットのサダハル君にも聞かれたのですが。
今年の目標は。

聖響さんのコンサートにいっぱい行く!

ということで(笑)。
コンサートにいっぱい行けるように、バイトもしっかりやって。
コンサートにいっぱい行っても文句言われないように、国家試験に向けて勉強もしっかりやろうと思います。
……相変わらず、欲張りさんだなぁ、私は(苦笑)。

さぁ、今夜はニューイヤー・コンサートを聴くぞ!

| | コメント (4) | トラックバック (1)
|

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »