« 3度目の‘聖響運’ | トップページ | ウィーンの風薫る »

ど~んと来い! その2

先週予告しましたとおり、今週も聴きました。

「矢野輝弘のど~んと来い!」

ゲストは先週に引き続き、大阪が生んだ世界的指揮者・金聖響さん。
今週は、今年1年の目標を……ということで、矢野さんはズバリ、リーグ優勝と日本一。そして、個人的には去年の数字を上回れるようなシーズンにしたい、とのこと。
ゲストの聖響さんは、と言えば。
淡々と一つ一つの演奏会をやっていきたい、とのことですが。
それに加えて出ましたよ、ついに、聖さまの口から。
ヨーロッパ進出!
今年は何やら転機の年になるのだそうで。
あちらでの仕事を増やしていくために、いろいろ模索する、とのことでした。
そういえば、去年の秋頃でしたか。ロンドンへ行かれた時にミーティングで……なんてこと、ブログで仰ってましたよね。それも、ヨーロッパ進出計画の一環でしょうか。
ガンガン動いていきたい、とのことでしたけれど。
ぜひぜひ、世界中に聖さまファンを増やしていただきたいです♪
でも、行きっぱなしは私が寂しいので、ちょくちょく日本に帰ってきて、コンサートやっていただけると嬉しいです(←コラコラ;)。
飛行機ニガテなのは重々承知してますが、ぜひともヨロシク、とラジオに向かって呟く怪しい女がここに一人(笑)。

CMを挟んで、続きましては「教えて!矢野先生」のコーナーです。
今週は、2週目ということもあったのでしょうか。先週よりも聖さまの口数が多かったですvvv
といいますか、今週。矢野さんがメッチャかっこ良かったです♪
そして聖さまも、とてもいいアドバイスをされてました。
私も来年はいよいよ本格的に臨床に出て行くことになるので。今日のアドバイス、肝に銘じていきたいと思います。
この先、くじけそうになったら、今日の聖さまのアドバイスを思い出そう!と心に決めたワタクシでした。
お二人とも、すごくいいお話をされてましたので。
番組HPが更新されましたら、ぜひ、ご自分の耳で聴いてみて下さいませ♪

2つめのコーナーは、先週に続いて「矢野輝弘の合格一直線!」。
今週も、矢野大明神による励ましのお言葉が聞けました。
中でもひときわ共感したのが、精神保健福祉士の国家試験を受ける、というリスナーさん。私も来年国家試験ですし、記憶力の低下も自覚しているので(でも、まだまだ20歳そこそこの連中には負けへんで!)。
矢野さんからの「活!」はワタクシにも効きました。
恐らく、すぐ側で聞いておられた聖さまにも、その「活!」は効いたことでしょう♪

エンディングのトークでは、今年の「聖響/モーツァルト~天才が遺した音楽~」シリーズの告知がありました。
モーツァルトの曲に関する解説もちょこっと聴けまして、シリーズの開幕がさらに楽しみになりました♪
聖さま曰く凄い曲ばかりで、去年のコンサートでのお話では「挑戦的なプログラム」らしいので。本当に楽しみです。
シリーズ開幕までには、勉強の合間を縫って、モーツァルトの伝記を読んでみようかな、と思います。

しかし、聖さま。
これからお忙しい時期が……なんてお話を振られて、
「貧乏暇なしですから。ずーーーっと家畜のように働いてますから」
って(笑)。
まぁ、確かに。
新年早々の初仕事が2日連続公演&移動+ラジオ出演で。
これから先も、2日連続公演とか、1日空いて移動してコンサートとか。
3日連続で大阪府内各地でコンサートとか。
スケジュール詰まってるみたいですからねぇ。
只今、チケット●あなどで検索をかけて、新しいコンサート情報が出てくるたびに一喜一憂している日々なので。
早いところ、年間スケジュールを出していただきたいなぁ、と思うワケなのですが(ボソッ)。
ヘタをすれば、3月から6月まで、毎月大阪へ行くことになるかも、なのです(大汗;)。
ご利用は計画的に、と自分に言い聞かせる、ここ数日です(苦笑)。

|
|

« 3度目の‘聖響運’ | トップページ | ウィーンの風薫る »

コメント

お邪魔します、お待ちしておりました♪
行きっ放し、は私も寂しゅうございます。
兄貴分の佐渡さんみたいに、あちらも大活躍、こちらも大活躍、とお願いしたいものでございます。
大丈夫ですよね、年を重ねるのが喜びって、聖さまは仰ってますし。
どうでもいい事ですが、私も同じように“喜び”って言ってみたいです(汗)

投稿: つと | 2006.01.15 00:20

いらっしゃい、つとさん♪
「待たせたな」と言うべきだったでしょうか?(笑)

ホントに、あちらでもこちらでも大活躍していただけたら、ファンとしては嬉しいですね。
年を重ねるのが喜びというのは、充実した人生を送っている証拠だと思うのです。
この調子で、今年もガンガン行ってほしいですね(^^)。
私も、年を取るのが楽しい、と言ってみたいです(苦笑)。

投稿: 結月秋絵 | 2006.01.15 21:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10811/8159658

この記事へのトラックバック一覧です: ど~んと来い! その2:

« 3度目の‘聖響運’ | トップページ | ウィーンの風薫る »