« 久々のモデル(BlogPet) | トップページ | 感動は無限大 »

感動はきっとプライスレス

ここ数日、奇跡とも言えるような出来事が起きています。
あんなコト言われたら、一度は諦めたコンサートに行きたくなるじゃないか!
と書きましたけれど。
その2~3日後、不思議でステキなご縁で結ばれた方から、チケットを譲っていただけることになりました。それも、驚くほどスムーズに話が進んで、自分の力の及ばない場所で全てお膳立てされていた、と錯覚してしまうほどでした。
そして、23日は誕生日だから、プレゼントだと思って横浜行きを許してほしい、とお願いしましたら、ダンナ様からOKが出ました。

というワケで。
21日のシエナ定演&22日の追加公演。
両方聴きに行きます!!!

どーせなら、2日連続で聴いてしまえ!
ということで。
学割とネット割引をフル活用して、できる限り旅費を安く上げて(←…;)、行くことにしました。
本当に、一度は行かない、と決めたあの決意はどこへ?
と自分でも思うほど簡単に、16日付けの聖さまの記事を読んで、「行かない」→「絶対行きたい!」に覆ってしまったワケなのですが(大汗;)。

学割&往復割引で3割引になる交通費。
ネット割引利用の宿泊費。
タンバリン、トライアングル、リコーダーに指揮棒(←念のため;)。
チケット代。
出費はそれなりにありますが、コンサートの感動は無限大でプライスレスだと確信しています。

だって。
金聖響vsシエナ・ウインド・オーケストラですよ?
プログラムは全部、アルフレッド・リードっすよ?
吹奏楽経験者で、Aリードを知らない人はいない。一度は演奏してみたい作曲家NO.1と言っても過言ではない方ですよ?
そんな方の曲ばかりでコンサートなんて、これを逃したら二度とないかも?と思ったら、居ても立ってもいられないワケです。
ましてや、指揮が金聖響さん。
アンコールには当然あるでしょう「星条旗よ永遠なれ」!
どの楽団にも所属していないアマチュア演奏家にとっては、彼と同じステージに上がって、彼の指揮で(一応は;)演奏できる、千載一遇のチャンスです。
シエナの定演のチラシには「聖響&シエナで最高のリードを聴こう!」とありますが、まさにその通り!
この際だから、とことんリードの世界を体感してきたいと思います。

ただ一つ気がかりなのは。
明日は冬好きな雨男さん、足して2で割って雪男さんのコンサート。
ということで、やっぱり降らせてしまうんですね、雪(苦笑)。
新幹線や列車のダイヤが乱れないことを祈ります。
横浜も雪かな~?
でも、自分の強運を信じよう!

しかし。
何となく、この21日と22日は予定を入れてはいけないような気がしていて。
漠然と、みなとみらいのホールでシエナを聴いている自分、というものをイメージしていたわけなのですが。
本当に実現することになるとは、自分で自分に驚いています。
いつぞや、「萌えバトン」でしたか。
聖響さんvsシエナのコンサートのアンコールで、指揮棒を持ってステージに上がって、付け焼刃な指揮をする。てなことをやったら、自分は終わりだと思う。
なんてことを書きましたが。
はて、どうなることか(笑)。


そういえば。
今朝、いつもどおりに電車に乗って出勤していましたら、車内にはいつも以上に大勢の高校生がおりました。
駅に着いてからも、高校生たちが駅前の広場でたむろっておりました。
何事かしら?
と思っていたのですが、この週末はセンター試験なんですね。
ああ、私がセンターを受けたのって、もう何年前のことかしら……(遠い目;)。
受験生の皆様。
ネットで少し息抜きをしたら、また気合入れて勉強して下さい。
ここが踏ん張りどころだと思います。
テスト前日に「あれ、これ何やったっけ?」と思って調べたことが、翌日のテストに出る、なんてコトもあります。実際、私がセンターを受けた時がそうでした。前日の夜、どうしても気になって、塾の先生に電話をして質問した場所が、そのまま問題に出ていました。
もしかしたら、センターや入試で思った結果が出ずに、第一志望ではない学校へ行くことになる、なんてこともあるかもしれません。
でも、それはそれで、きっと何らかの縁があってそこへ行くのだと思うのです。
そこでしか出会えない人も、必ずいます。
なので、しっかり勉強して、自信を持って試験に臨んで下さいませ。
そして試験会場に行って、テストが始まったら。慌てずに落ち着いて、問題をよく読んで、一つでも多く正解するように頑張って下さいませ。
来年国家試験を受ける者として、同じ学生として。
心から応援しています。

|
|

« 久々のモデル(BlogPet) | トップページ | 感動は無限大 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10811/8250348

この記事へのトラックバック一覧です: 感動はきっとプライスレス:

« 久々のモデル(BlogPet) | トップページ | 感動は無限大 »