« 気になること、いろいろ。 | トップページ | 終わったッス »

あと1日。

昨日の学科試験を終えて、今日・明日の実技試験2連発。
とりあえず、1日目が終了しました。

……蓋を開けてみれば、楽勝でした(^^)v。
メチャメチャ冷静でしたし、口頭試問も完璧に覚えていたものが出ましたし、整復法も若干の減点はあるにしても、ほぼパーフェクトでしょう♪
中期の実技試験で実行した、聖さま指揮による「カヴァレリア・ルスティカーナより 間奏曲」を聴いて気持ちを落ち着かせつつ、程よくテンションを上げて。試験の教室に入る前には壁を2回ノックして、ひたすら「かまない、慌てない、ゆっくりしゃべる」と言い聞かせる作戦は、今回も有効だったようです。

はぁ、良かったです。
問題は、明日の下肢脱臼&軟部組織損傷の2本立てです。
一人の先生は、今回初登場。
もう一人の先生は、私のニガテな場所に限って出題してくる先生なので(苦笑)、頑張ろうと思います。

今日の実技は順番が回ってくるのが早かったので、早々と帰宅して、FM放送をつけました。
すると、とてもとても聞き覚えのある、大好きなメロディが聞こえてきました。
ハイドン作曲の、交響曲第101番ニ長調「時計」の第2楽章でした。
去年、BSフジで放送された、聖響さん指揮&大阪センチュリー交響楽団の101回定期演奏会で聴いて以来、すっかり大好きになってしまった曲です。
「テスト、よう頑張ってるやん」
と、音楽の神様からご褒美をいただいたような気持ちになりました。
イギリス室内管弦楽団による演奏で、ちょっとテンポはゆっくりめですが(まぁ、聖さまのテンポはかなり速いですから;)、でも落ち着いた気持ちになれるので、今日の気分にはちょうどいようです。

今日の放送では、この後、シェーンベルクの「浄められた夜」(弦楽六重奏版)もかかるようなので。
勉強のお供にして、またまた臨床症状や整復法など頭に叩き込んで、イメージトレーニングしようと思います。

|
|

« 気になること、いろいろ。 | トップページ | 終わったッス »

コメント

接骨医を目指してらっしゃるのかしら?
よくお世話になるものですから、気になって出てきました(^_^;)
柔道されているのですね。高校に柔道場があったものですから、授業で3年間やりましたよ~背負い投げって気持ち良いですよね(笑)
101回定期前に、ラジオでドイツの楽団が演奏している「時計」を聴いたのですが、例の2楽章はかなり早くて、聖響さんで聴いた時あまりの違いにビックリしましたよ。「指揮者って面白なぁ~やってみたい!」と、初めて思った演奏会になりました(笑)

投稿: 佐都 | 2006.02.14 21:48

おこしやすぅ、佐都さん♪

そうなのですよ♪
来年の3月、無事に国家試験に通れば、俗に言う「骨接ぎ」です(笑)。
開業権はありますが、業務範囲が限られていたり、患者さんの体にメスを入れたり注射を打ったり…という外科的処置ができなかったり、慢性疾患を取り扱えなかったり…と、制約がかなり多いので、厳密に言えば「医者」ではないのです。
が、骨折と脱臼の応急処置とか、捻挫や打撲の治療はできます♪

柔道は、専門学校に入学して、授業で初めて経験したものですから「やっている」と言えるかどうか(笑)。初段をいただいたのは、本当に「将来柔道整復師になるから、特別にね」といただいた、裏道街道まっしぐらな初段なのですよ(汗;)。
でも、背負い投げは本当に気持ちいいですね♪
男子を投げ飛ばす時など、本当にスカッとします(笑)。

聖響さんが指揮する「時計」は、2楽章が適度に遅くて、他の楽章は速くて。すごくメリハリがあって、聴きやすいなぁ、と思いました。
テンポが速くても、せわしない、という印象にならないのが、聖響さんの素晴らしいところではないか、と思います(←かなり贔屓目ですが;)。
指揮者……そうですよねぇ。
皆さん、とても気持ち良さそうに、楽しそうに振ってますものね♪
今度、シエナの演奏会が近くであったら、指揮棒持ってステージに上がって、指揮者体験してみますか?(笑)

投稿: 結月秋絵 | 2006.02.15 19:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10811/8655578

この記事へのトラックバック一覧です: あと1日。:

« 気になること、いろいろ。 | トップページ | 終わったッス »