« 第1楽章、クリア? | トップページ | 私はマーラー!?(BlogPet) »

波乱、ねぇ

さっき、ニュースでトリノ五輪の報道を見ていたんですが。
どうやら、フィギュア・スケートのアイスダンスは大波乱が起きていたようですね。

アイスダンスといえば、ジャンプよりもスケーティング重視ということで、転倒があまりないためにフィギュアの中で唯一、安心して見られる競技だったんですけれど。
採点方法が変わって、難しいリフトを取り入れるペアが増えて、転倒者続出だったのだとか。
バイト中に流れた店内ニュースで、カナダのペアはオリジナル・ダンスで転倒してケガをして、フリーの演技は棄権した、と聞いていたのですけれど。
先ほど見ていたら、まともに腰から氷の上に落ちていて、相当酷い打撲になっていたのではないか、と思われます。
なにせ、通常よりも柔らかい、柔道場の畳の上でさえ、まともに腰から落ちたら、しばらく動けなくて泣くくらい痛いですからね(苦笑)。

他の男女シングルとか、ペアはジャンプや高々と抱え上げるリフトをするたびに「転倒するかも?」とハラハラしながら見てしまうんですね。
(まぁ、トップ選手の中にはどれだけジャンプを飛んでも、安心して見ていられる方はいらっしゃいますが、一握りですからね、そういう方は;)
でも、アイスダンスにはそれがあまりない、ということで、純粋にスケーティングの上手いor下手を見るのが楽しみだったんですが……。
例えば、女性が男性をリフトする、なんて。
数年前、フランスのアニシナ&ペーゼラ組がやった時には、まだ珍しい技で。解説の方も「女性が男性をリフトしていますよ!」なんて、興奮気味に話していたように記憶しているのですけれど。
ニュースで見ている限り、何組かのペアが当然のようにやっていたようですね。

芸術点も重視されるとはいえ、フィギュアもスポーツである以上、ジャンプとかリフトの技術は必要なのかもしれませんけれど。
ムリに難易度の高いリフトをやったり、回転数の多いジャンプを飛んで、失敗して転倒して、演技の流れが止まる。
なんて選手が続出するのは、競技としてはどうなのかしら? そんなにムリをして飛ぶ必要はないんじゃない?と、正直思ってしまいます。

そんなフィギュア・スケートで注目の女子シングル、いよいよ始まりますね。
オリンピックが始まる前から、マスコミが騒ぎたてるほど簡単にメダルが取れるオリンピックじゃないだろう、と思っていたら、その通りの結果になっている日本代表ですが(オリンピックに出て行く、というだけでも大変なことだと思うので、選手の皆さまには「よくぞ頑張ってくれました」と感謝しているのですけれど)。
この種目はぜひとも、メダルを取っていただきたいなぁ、と思います。
ちなみに、代表3選手の中では、個人的にワタクシは村主選手が好きです♪
自分がどう、というのではなくて。見ている人に楽しんでほしい、という彼女の姿勢が好もしいと思います。

そういえば、カーリングの女子。
残念な結果に終わってしまいました。
イタリア戦は凄かっただけに、本当に残念です。
でも、日本がもし、スピードスケートとかジャンプ競技でメダルを取っていたとしたら、ここまで注目されたかどうか……とも思いますが(苦笑)。
このオリンピックがきっかけで、競技人口が増えて、選手の層が厚くなったら…という可能性も含めて。
カーリングは経験が物を言う競技のようですので、4年後とか、8年後が楽しみだなぁ、と思います。

|
|

« 第1楽章、クリア? | トップページ | 私はマーラー!?(BlogPet) »

コメント

アイスダンス・・・

イタリアのカップルだっけ? 演技後 女子が男子を思いっきり睨んでたのは・・・・
迫力あったなぁ・・~でも あのカップルの存続は・・・大丈夫かなぁ~

女子フィギュア・・・

私は荒川さんに期待です。

とにかく選手の皆さんが力を出し切れますように。祈ります。
「実技」の世界は本番の成功こそが評価の対象。厳しいですね・・。

結月さま  練習あるのみでございます。
努力は決して裏切らない・・ハズ。

投稿: miltan | 2006.02.21 23:15

注目の荒川選手、SP終わって3位という絶好の位置につけているようですね♪>miltanさん
あの舞台で、ノーミスで演技するというだけでも、素晴らしいことだと思います。
メダル争いの行方が楽しみですね。

ベートーヴェンさんも、あそこと、ここと……とできない部分は決まってきているので。5番に関しては、まずは全曲通して弾けることを目標に、弾けない部分は重点的に練習して、本番まで準備しようと思います。
今回のイベント自体、人に聞かせるというよりは、オケを、演奏を楽しもう、ということに重点が置かれているようなので。楽しめるように、頑張ろうと思います。
励ましのお言葉、ありがとうございますm(__)m。

追伸
イタリアのペア、私も大丈夫か?と思ってしまいました(苦笑)。

投稿: 結月秋絵 | 2006.02.22 21:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10811/8774652

この記事へのトラックバック一覧です: 波乱、ねぇ:

« 第1楽章、クリア? | トップページ | 私はマーラー!?(BlogPet) »