« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

ちょっと無粋?

今日の午後。
帰宅して、NHK-FMを聴いていたら。
曲の途中で突然、甲子園中継に変わりました。
……まだ曲が終わってないのに(涙)。
せめて曲が終わるまで待ってほしかったな~、と思った午後のひと時でした。

今夜と明日の夜、テレビで「ロード・オブ・ザ・リング~王の帰還」がオンエアされます。
映画館へは1回しか行かなかったのかな?
いや、字幕版と日本語吹き替え版を1回ずつ見に行ったような……(笑)。
あれ?
日本語吹き替え版は、DVDで見たのかな?
イマイチ記憶が定かではありませんが、どっちにしても2~3回見てます。
メイキングよりも本編の追加映像が見たかったので、3部作全部、スペシャル・エクステンディッド・エディションで持ってます。……会社勤めしてるときに、職権乱用で卸価格で入手しました(ボソッ)。

でも、やっぱりアレですね。
2夜連続放送といえど、テレビでの放送だと、間にCMが入るし。
やっぱりちょっと、カットされてますね。
最初の「旅の仲間」からだんだん回を重ねるごとに、ゴラムがかわいく見えてくるのは……(笑)。
そして毎回、サムに泣かされるんですよね~。

でもって、日本語吹き替え版。
映画を見た時に、このブログに書いたような記憶があるんですけど(笑)。
フロドが話すたびに、「宍戸さん」とか「一球入魂!」と言い出すような気がするのは……(笑)。
スミマセン。
私、それなりに絶対音感も持ってますが、ダメ絶対音感の持ち主でもあります(笑)。

そうそう。
「ロード・オブ・ザ・リング」を見る前に、NHK-FMでベスト・オブ・クラシックを聴きました。
Music別館 Allegro con brioに感想を書いております。
よろしければ、ご覧下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

サクラサク

ついに、岡山でも桜の開花宣言が出されました。
ということは、倉敷も桜咲いてるかしら?と思って、今日はバイトが終わってから倉敷へ行って、友人とデートしてきました(^^)。

実家の近所にあるカフェでランチして、平日で空いていたのでまったりして。
アイビースクエアへ行って、ちらほらと咲き始めた桜を眺め、携帯で写真を撮って、美観地区へ。
倉敷音楽祭の頃には芽が出かかってるかな?だった柳並木も芽吹いて、緑が多くなっていました。
そしてここでもやはり、携帯でパシャリ。
美観地区内にある和風小物のお土産屋さんをちょっと覗いて、裏道を通って商店街へ。
「ぼっこう饅頭」が名物の和菓子屋さんに、久しぶりに行ってみました。
すると……お店のショーケースには、色とりどりのお干菓子が♪
それも、時節柄を反映して、桜をモチーフにしたものがたくさんありました♪
そのお店のお干菓子、季節感を味わうことができるので、好きなのです(^^)。
ついつい、何個か買って帰ってしまいました。

これぞまさに、花より団子状態(笑)。

その中のいくつかをピックアップして、桜の花びらの形をした銘々皿に乗せて、またパシャリ。
ふふふ、かわいい♪

そんな写真の数々は、ブログの右サイドにありますマイフォト「春のひととき」からご覧いただけます。
携帯電話からではご覧いただけないかもしれませんが、パソコンユーザーの方は、よろしければどうぞ♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

燃え尽きた?(BlogPet)

ほんとうは、結月秋絵は
どうしてコメント欄やパスワード音楽画面の表示が全部英語なんでしょうね……(苦笑)。
とか考えてたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「clef」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

バージョンアップ?

昨日、ココログのメンテナンスが行われました。
その後、マイリストのレイアウトが崩れたり、ログインするのにやたら時間かかったり……といろいろあったようですが、今は復旧したみたいですね。

今回のメンテナンスでセキュリティを強化したらしくてですね。
恐らく、スパムコメントやスパムTBの防止だと思うのですけれど。
コメントを一度入力して、「送信」した後、画面に表示されたパスワードを入力しないと投稿できない、という仕組みになったようです。
確認したのはパソコンの画面からなので、携帯電話からの場合、どうなるのかわからないのですが……。
昨日からコメントを投稿しようとしてできない、という方がおられましたら、↑のような事情によるものと思われます(まぁ、昨夜の場合は単にアクセス集中して、サーバーが重くなったのかも、なのですが;)。
こちらを訪れて下さる方の中で、コメントを投稿して下さる方にはお手数をおかけしますが、そのようなシステムになったようですので、何卒ご了承くださいませ(礼)。

それにしても、どうしてコメント欄やパスワード入力画面の表示が全部英語なんでしょうね……(苦笑)。
メンテナンスが終わったら、必ずと言っていいほど不具合が出たり、サーバーが重くてつながらなくなったりしますし……。
今もまだ、投稿した記事が反映されるのに、やたら時間がかかってます。
どうにかならないかなぁ、と思います(苦笑)。

<以下、30日の追記>
コメント欄などなどの表示、全て日本語表記に戻しました。
また、コメントを入れる際のパスワード入力も、必要なくなったようです。
というワケで、30日からは通常運営に戻ります。
皆様には、ご迷惑をおかけしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

不協和音

と言っても、モーツァルト作曲の弦楽四重奏曲、なんて優雅なものではなくて。
本物の雑音・騒音・不協和音が鳴り響いています(涙)。

というのはですね、昨日から、私が住んでいる集合住宅の外装工事が始まりまして。
昨日、午前中のバイトを終えて帰宅したら、わずか4時間ほど留守にしている間に、建物はがっつりと足場で覆われていたわけです。
で、今朝から工事開始。
朝から大きな騒音がしますよー、という連絡をするためなのか、工事の方が呼び鈴を鳴らして下さるのはいいんですが……。
頼むから、出勤前で化粧している最中に鳴らすのはやめて下さい(泣き笑い)。
出られへん、ちゅーねん(苦笑)。

帰宅してからも、外からの騒音&振動が突発的に響いてくるので……
勉強に集中できへん。
音楽聴いても、音がぶつかって不協和音状態だから、落ち着いて聴かれへん。
もちろん、昼寝もできへん。

こうなったら、工事が終わるまで、テキスト類とモバイル持って、学校へ避難するしかないかなぁ、と思ってしまいました。
今日は学校から2年生の成績表も届いて、無事に3年生に進級できることも判明しましたし♪
(ま、私の成績で進級できなかったら、全員落第ですわね/ニヤリ)
勉強モードに戻るには、ちょうどいい機会かもしれません。

そういえば、今日は風が強い1日でした。
コンタクトさんには辛い1日でした(涙)。
暖かくて、ちょっと湿度を含んだ強風を受けながら、頭の中に流れたのは24日に聴いた、聖響さんが振った「田園」の第4楽章でした。
あの第4楽章。
春一番かなぁ、と思ったんですけれど。
今日のような春の嵐にもピッタリかもしれません。
帰宅してから、騒音に耐えつつもNHK-FMをつけて。ラヴェルの「夜のガスパール」の最中に雲行きが怪しくなって、しばらくして雨も降ってきました。
そんな中、友人からメールが。

もしや、あの方がどこかで、指揮棒を振っていらっしゃるのでは?

振ってるでしょう、今日は(笑)。
だって、東フィルさんとマーチ特別演奏会ですもの。
24日の興奮&超ハイテンションを持続したまま指揮台に立つのか。
それとも、ちょっと落ち着かれたのか。
ブログへのご本人の書き込みや、聴きに行かれた方のコメントが楽しみです♪

<以下、追記>
今日の聖響さん×東フィルさんによるマーチ特別演奏会
コンサートの音源が4月1日から携帯でダウンロードできるんですね。
ホールで、生で聴く音には遠く及びませんが、コンサートの様子を少しでも感じることができる貴重なチャンス。逃せません♪
PHSから携帯に乗り換えて良かったかも、と思いました(笑)。

どーでもいいんですが。
ココログ、バージョンアップしたのはいいんですけど、どうしてメンテした直後ってこんなに重いんだか……(ため息)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

燃え尽きた?

あの「ありえへん」ほどに素晴らしい演奏会から2日。
まだボーッとしています。
すっかり高揚しきったテンションで2日過ごしてしまった反動から、今日は一気に脱力系(苦笑)。
何をするにも現実感がなくて、ダメダメでした。

それでも、ちゃんと覚えていたのが14時からのNHK-FM。
下野竜也さんが大阪フィルさんと共演した、京都公演のラジオ放送です。
ドヴォルザークの交響曲第9番「新世界から」。
‘聖さまモード’に入ったままの心に、ガツンと響いてきました。
演奏を聴いて、やっと泣いて、少し落ち着いたように思います。

確かに、聖響君は凄いよ。
でも僕の音楽も素敵でしょう?

と言われたような気分です。
そんな今日の午後、NHK-FMで流れた番組の感想はMusic別館 Allegro con brioにしたためています。
よろしければ、ご覧下さいませ。

でも、24日のコンサート。
あまりの凄さに感情がぶっ飛んでしまったためでしょうか。
あのコンサートは現実に起きたことなのかしら?
と、未だに夢見心地です。
でも、コンサートのパンフレットとか。
終演後に楽屋口に並んだファンのために、急遽開いて下さったサイン会でいただいたサインとか。(←実は、並んでいた人;)
ホールでもらったチラシとか。
もがれた後のチケットとか。
数々の証拠品を見て、聖響さんにお会いしたことを思い出して、
「ああ、本当にあそこに行ったんだな」
と再認識しています。

それでもまだ、『運命』を聞き返す勇気は出ません。
ダメだなぁ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

運命の大津波

20060324-sym

大阪センチュリー交響楽団の109回定期演奏会を聴くための、1泊2日鑑賞ツアーから帰って参りました。
そして先ほど、Music別館 Allegro con brioに感想をアップしました。

昨日のコンサート。
ホテルの部屋からアップした短い記事。
そして聖響さんのブログに寄せられたファンからのコメント。
それだけを読んだ方は、「いったい何が起きたんだ!?」とワケがわからなかったと思います。
でも、今思い返しても。
やっぱり「ありえへん」という言葉しか出ないんですよね。
その割には、メッチャ語ってるやんか、自分。と突っ込み入りそうですけど(笑)。
昨日聴いた『運命』には、それほどの衝撃を受けて、ただ圧倒されて。もう「ありえへん演奏」で、でも「ただ感動した」としか言えないんですよ。
自分でも何が起こったのかよくわからなくて。
泣くことも忘れて、ただ指揮と音楽に釘付けで、振り回されて、かき回されて、思考回路がショートして。
拍手するのも忘れるくらい、打ちのめされました。

ファンになってから、10ヶ月と24日。
彼が指揮する『運命』のCD、死ぬほど聴きました。
あのCDに収録された『運命』を聴いたときも、「こんな『運命』は初めて聴いた!」と思いました。衝撃と驚きとともに、彼のファンになったわけです。
でも、昨日の『運命』は。
あのCDを遥かに上回る、とんでもない『運命』でした。

聖響さんが燕尾服でステージに登場なさったのにも、萌えると同時に驚きましたけど。
ジャケットの左側、左腕を大きく振り上げた勢いでピラッとめくれるのをしきりに気にして、指揮しながら直してはりましたけど(萌え♪)。
指揮棒を、指揮者用の譜面台だけでなく、振り向いた第1ヴァイオリンの1プルト目に置かれた譜面台にもぶつけて、カツカツ音をさせてはりましたけど(ああ、萌え;)。
勢いよく指揮棒や腕を振り下ろして&振り回して、その反動で唸ってはりましたけど(やっぱり萌え;)。

それ以上に、彼の圧倒的な存在感と、オーラ全開でフル・スロットルな指揮に釘付けでした。
語弊があるかもしれませんが、本当に。
「金聖響ワールド全開」
な『運命』だったと思います。
もう、「これがオレの『運命』や! 凄い曲やろ! 文句あるか!」くらいの勢いだったと思います。
‘運命の荒波’どころではない、‘運命の大津波’でした。
全身全霊で受けとめるのに、必死でした。
演奏している大阪センチュリー交響楽団の団員さんも、必死だったと思いますけれど。
最後の第4楽章、ありえへんテンポでしたからね。

そんな演奏を聴かされて、私が平静でいられるワケもなく(苦笑)。
昨夜は、一緒に泊まった友人と、明け方近くまで語り明かしてました。
少し眠って、今日は午前中からホテルに併設されているスパに行って、温泉につかりながら、再び昨日の聖響さんに負けないくらいの超ハイ・テンションでまた語ってました。
足と腕を組んで、ちょっと胸をそらすような仕草まで、シンクロしていたかもしれません(笑)。
でも、そうやって吐き出してきたおかげで、今日は急に泣き出したり、笑い出したり……と、感情がコントロール不能になることはなかったように思います。
かなり、現実離れした精神状態ではありますが(笑)。

今年に入って、聖響さんにお会いしに行く度に、「ありえへん」コトが起きています。
昨日もやはり、「ありえへん」コトが起きましたね(笑)。

さあ、明日は午後からNHK-FMで流れる下野竜也さん指揮による演奏を聴いて。
音楽週間も終了です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ありえへん!!

ただ今、ホテルに戻ってきました。

いろんな意味で、ありえへんコンサートでした。
その1:燕尾服!
その2:お花畑で桜満開の『田園』!!
その3:ありえへん『運命』!!!

詳しくは、また明日以降に別館に書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

10ヶ月と24日

オーケストラ・アンサンブル金沢との演奏でリリースされた、ベートーヴェンの交響曲第5番「運命」。
そのCDに付いているDVDを見て、衝撃を受け。
CDを聴いて、今までさんざん聴いてきた「運命」は何だったんだ!?と目からウロコが落ちたのは、去年の5月1日でした。
その日、それまでブログを読んで「この人、面白い人だなぁ」と思っていた指揮者・金聖響という人が、私の中ではっきりと「絶対に聞き逃したくない指揮者ナンバー1」になりました。
簡単に言えば、ノックアウトされて、すっかりハマってしまったワケです。

あれから10ヶ月と24日。
彼のスケジュールを確認して、その「運命」を振る、と知って。
チケットが発売されるや否や、即GETして。
ずーっと楽しみにしていたコンサートが、いよいよ明日と迫ってきました。
聖響さんにとっても、大阪センチュリー交響楽団の専任指揮者として最後の定期演奏会です。
ブログによれば、かなり気合が入っているようで。
全力で振る、ということでしたので、期待もより高まる、というものです♪
彼が全力で振るのならば、私は全力で聴かねばなりませんね(笑)。
明日は、聖響さんのコンサートでは初めての夜の公演でもあるので。
ワタクシもちょっと気合を入れて、ホールへ足を運ぶ所存です。

明日のコンサート。
オール・ベートーヴェンです。
初めて彼のコンサートを聴いた、去年8月の加古川を彷彿させるようなプログラムです。
「プロメテウスの創造物 序曲」は、「うわー、聖響さんが出てきたー♪ 本物だー♪ 目の前で振ってる~vvv」(←最初のコンサートで、いきなり最前列ほぼド真ん中だった人;)と思っているうちに終わってしまったので(大汗;)。明日は、しっかり聴こうと思います。

そして、「田園」。
去年の8月に聴いた時は。
故・朝比奈隆さんが最晩年になって、「運命」を指揮して私に感じさせてくださったのと同様の、最上級で深い感動を与えてくださった曲です。お世辞でも何でもなく、本音として「生きてて良かった」と「この指揮者に出会えて良かった」と思う、素晴らしい演奏でした。
あの時は、ステージに夏の嵐が巻き起こってましたけれど。
明日は、春の嵐でしょうか♪
今回は、聖響さんの手が下りきる前に、曲が完全に終わる前に、フライングで「ブラボー」&拍手が起こらないことを願います。

でも、個人的な思い入れはほどほどにして。
明日は、素直に正面から、目の前で演奏される音楽と向き合って、あるがままに感じることができたらいいなぁ、と思います。
演奏会終了後、余裕がありましたら、携帯電話から簡単な感想を投稿しようと思います。
そして土曜日は、ホテルの部屋から7月のコンサートのチケットを予約せねば、なのです(笑)。

明日のコンサートを聴いたら、次に聖響さんのコンサートに行けるのは5月14日のモーツァルト・シリーズ開幕日です。4月の大阪3連チャンも行きたいのですけれど。3年生になって、補習授業も始まる平日の夜に大阪へ駆けつけるのは、どう頑張ってもムリです。それに、曲目も明日のコンサートと同じですし(コンマスさんが変わるので、演奏も変わってくるとは思うのですが…)。ガマンです。
2ヶ月近くお会いできないのは寂しいですが、明日はしっかり聴いて、また次にお会いできる機会を楽しみにしようと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

こんな時

PCでニュースを読んでいたら、こんな記事がありました。

リンク: @nifty:NEWS@nifty:ビデオ判定、初導入で好評=テニス(時事通信).

プロのテニスの公式試合において、ライン際の微妙な判定の際に、ビデオ判定を導入しているらしいです。
それを読んで。

こんな時、乾さんがその場にいれば、ビデオ判定なんて必要ないのに。
(注:乾さんは、自分の試合の際、スマッシュしたボールがラインより5.3ミリ出ていたので確認して下さい、と「セーフ」と判断した審判に申請して「アウト」と判定を覆された経験があるのです)

と思った私は、やはりテニプリ、それも乾さんファンでした(笑)。
彼がいれば、コンマ1ミリ単位でインかアウトかわかるし、ボールのスピード、打った角度まで正確に判定してくれることでしょう。
……分厚い眼鏡かけてるのに、素晴らしい視力です(笑)。

そうそう。
その場に蓮二さんが一緒にいたら、ボールが地面につく前にインかアウトか判定してくれますね。
(注:蓮二さんは試合観戦中、入るかどうかわからないロブを「入る」と言い当てたことがあるのです)
VIVA データマン!
公式戦にデータマン二人がいたら、あいまいな判定は皆無でございましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

次行こう。(BlogPet)

昨日、結月秋絵が
1年半前にWINDOWSが記事しなくなったので、一度リカバリーしているのですけれど。
って言ってたけど…

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「clef」が書きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

PC不調(涙)

ここ最近……と言っても、結構前からなんですが。
PCサダハル君の調子が悪いです。
IEを起動して、HPを読み込む途中にフリーズしたり、勝手に再起動したり。
ブログに記事を投稿すべくキーボードを叩いて、さあアップしよう、と「送信」したらフリーズしたり。
電源を切る途中にフリーズしたり。

サダハル君を使い始めてから、もう5年は経過していると思います。
いよいよガタがきているのでしょうか?
でも、学生の身分でPCを買い換える余裕はなく(コンサートに行く資金を少しでも回せばいいんじゃない?という突っ込みには、聞こえないフリを致します/笑)。
1年半前にWINDOWSが起動しなくなったので、一度リカバリーしているのですけれど。
またバックアップ取って、やらなきゃダメなのかしら?(涙;)
一度、クラスメイトのPCマスターを呼ばなきゃダメかも、と思う、今日この頃です。

そういえば、ヘンなメールも多いです。
サイトやブログをやっていて、メアドもそれなりに出ているから、だと思うのですけれど。
私、BLモノを書くことはあっても、同性の恋人を持つ趣味はないんですけど(笑)。
女の子とそういう意味で遊ぶ趣味もないんですけど(笑)。
というかそれ以前に、私、男性になった覚えはないんですけど(笑)。
「プロフ見ました」って、どこのどんなプロフを見たんでしょう?(笑)
見ず知らずの誰かさんが、勝手に私のメアドを使ってプロフ書いてるんでしょうか?(怖;)
と突っ込み入れつつ、全部受信拒否&削除してます。
やれやれ(ため息;)。

<以下、追記>
投稿した当初、読まれた方に誤解を与えてしまうような文面がありました。
一部削除し、修正致しました。
申し訳ございませんでした。
ここ数日を振り返って、かなり浮かれている自分に反省です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

お導き?

今日は春分の日で祝日。
ということに、午後になってからようやく気づきました(笑)。
だって、バイト先は年中無休24時間営業で、祝日も何も関係なくて。
学校は春休み中なんですもの(笑)。
というワケで、今日は午後から「結月さんが読んでないなんて、ウソみたい!」と言われ続けてきた『のだめカンタービレ』(←友人に借りました;)読みながらWBCをテレビ観戦です。

にしても、今週はどうもテンションがおかしいです。
まぁ、土曜日に目の前で聖響さん&下野さんのトークを聴いて。
日曜日はこれまた結構至近距離で井上道義さんの爆裂、だけど素晴らしいハイドンを聴いて。
金曜日は、念願の聖響さん指揮による「運命」。

テンション下がるワケないっすね(笑)。

土曜日の座談会では、ベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」のお話が出ました。

今度「エロイカ」振る時は、こんな風に振ってみよう。

なんて聖響さんのお話が出て。
「でも、次いつ振るんかな?」
と素でボケておられたので「5月にやりますよね?」とマジ突っ込み入れてしまったんですが(笑)。
でも、その5月の聖響さん×OEKさんの「EROICA」コンサートは平日。それも、東京。
どう頑張っても、聴きに行くのは無理(滝涙;)。
私が次に聖響さん指揮の「EROICA」を聴けるのは、いつになるのかしら?

なんて思っておりましたら。
昨日の夜。
こんな情報を見つけてしまいました。

広島交響楽団
第13回福山定期演奏会

福山です。
お隣です。
しかも、広島県では最も岡山に近い市です。
加えて、今回は応募も抽選もありません!(←去年、外れて行けなかった人;)
そこに、聖響さんが広響さんを振りに来ます!
それも、前の週は大阪でモーツァルト・シリーズの第2回目だから、2週連続で聖響さんのコンサート!!
そして何よりも。

メインが「EROICA」!!!

ああ、こんなに早く、再び聖響さん指揮の「EROICA」を聴く機会に恵まれるなんて思いませんでしたわ♪
このタイミングで「EROICA」を演る、と聞いて「行かない」という決断は、私にはできませんわ。
これはもう、今年はトコトン聖響さんを追っかけろ、という音楽の神様のお導きとしか……(←勝手な解釈;)。

というワケで、土曜日。
前日の大阪センチュリーさんの定期を聴いて、大阪泊の翌朝。
ホテルの部屋からホールへ電話して、チケット取ることになりそうです(笑)。

<以下、追記>
WBC、日本勝ちました!
世界一です!!
素晴らしいです!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

鬼や……

久しぶり(?)のテニプリ感想です。
全国大会で再び対戦した、氷帝との試合。
ついに決着がつきました。

リョーマさんvs跡部さまの、ボーズを賭けた戦い(笑)。
関東大会での手塚部長vs跡部さまの「長すぎるタイブレーク」を更に上回る、長いタイブレークの末、コートに倒れこんでしまったリョーマさんと跡部さま。
90秒以内に次のサーブを打たなければ、相手のポイントになってしまう。
という状況で、先に立ち上がったのは跡部さまでした。
コートに倒れこんだままのリョーマさんを見て、乾さんも解説しながら心配顔です。

声援を遠くに聞きながら、当のリョーマさんはといえば。
今まで、先輩たちから学んできたあれやこれを思い出します。
つーか、何でタカさんは「?」マーク付きなんですか、リョーマさん(笑)。
学んでるでしょう、バーニング状態になることとか、思いやりとか、いろいろ(笑)。
乾さんからも、データだけじゃなくて、牛乳飲んで背を伸ばすとか、トレーニング法とか。いっぱいお世話になっているでしょう?
とツッコミ入れてしまいましたです(笑)。

残り時間ギリギリになって、乾さんの祈りが通じたのか、リョーマさんが立ち上がりました!
やっぱり、そうこなきゃ、なのです♪
ボールをコートに弾ませて放つのは、やはりリョーマさんといえば、コレ!
ツイストサーブっすよ~♪

そして、それを受けるはずの跡部さまは……。
普段の跡部さまならば、難なく返せるはずですのに、全く動きません。
その原因を見抜いていたのは、「長すぎるタイブレーク」を闘った手塚部長でした。

気を失ってもなお、君臨するか。

って、さすがキング跡部(感涙)。
立ち上がったものの、立ったまま気を失っておられました、跡部さま。
凄いっすよね、格闘モノみたいな展開ですよね。
テニスですのに(笑)。

結局、跡部さまは気を失ったままで動くことはできず、制限時間を越えてしまってリョーマさんの勝利。
毎日南次郎パパに鍛えられて(もちろん、乾さんの練習メニューも貢献しているはず!)いるリョーマさんの方が、タフでしたか。。。

リョーマさんの勝利を、ベスト4進出を喜ぶ部員たちをよそに、リョーマさんはネットを飛び越えて、跡部さまの元に。
その手には……

で、電動バリカン!?

それ、どっから出したんすか?
つーか、誰が持ってたんすか?
乾さんか!?
でもって、それってマジで……(蒼白;)。

剃っちゃったのね、リョーマさん(笑)。
それも、気を失っていて全く無防備の人を相手に(涙)。
さすが、原作者をして「悪人」と言わしめた人ですわ、リョーマさん。(←ファンブック10.5巻より)
ホンマに鬼や(泣き笑い)。
負けたほうがボーズになる、って確かに‘男の約束’ですけど(笑)。
ホンマに剃るんですね、リョーマさん(笑)。

にしても、ボーズな跡部さまって……。
あ、あかん。
想像力つかへん(苦笑)。
これから4週お休みになるテニプリですけど。
次の試合より、ボーズ姿の跡部さまを許斐先生がお描きになるのかどうか。
そっちの方が気になってしまいますです(笑)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

爆笑オラトリオ?

今日は、第20回倉敷音楽祭の最終日でした。
昨日の座談会で東京日帰りの翌日。結構キツイ日程でしたが、行って参りました。
詳しくは、Music別館 Allegro con brioで語っております。
かなりネタバレしてますので、今後井上道義さん指揮でハイドン作曲「オラトリオ 四季」を聴かれる方は、ご注意下さいませ。
と言いますか、指揮が強烈に面白くて大ウケして、曲の内容がぶっ飛んでいる、というのはどうなんだろう?と思わないでもないんですが(笑)。
ついでに申し上げますと、昨日。
「聖響の座談会」の中で、出たんですよね。井上道義さんの話題が、聖響さんの口から。
あのぉ。
目の前に、明日まさにその井上さんの指揮によるコンサートに行くファンがいるってコト、わかって話してはります?
と心の中で突っ込み入れつつ聞いてました(笑)。

今日はまさか、ハイドンのオラトリオで爆笑することになるなんて、思いませんでした。
演奏はもちろん素晴らしかったんですけれど。
存分に楽しませていただきました。

演奏会前には、母上と近所のカフェへお茶をしに行きました。
afternoon-tea
期間限定の、ストロベリー・ミルクティと、リンゴ入りのパンプディング。
美味でございました♪

そして、夜になると美観地区&アイビー・スクエアにはろうそくの明かりが灯ります。
night-kurashiki
美観地区を流れる倉敷川沿いに、ろうそくをいくつも並べているのが見えるでしょうか?


ivysquer
アイビー・スクエアの中庭も、ご覧の通りです。
ろうそくをいくつも並べて、桜の花を作っているのがおわかりでしょうか?

昨日に引き続き、盛りだくさんな1日でございました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

とりあえず、聖響の座談会

ただ今、帰りの新幹線の中です。
下野竜也さんをゲストに迎えての聖響の座談会、行って参りました(^^)。
あまりに面白すぎて、ぶっちゃけトークも満載で、笑いすぎて、大いに萌えて、記憶が怪しいとです(笑)。

とりあえず、聖響さんと下野さんを至近距離で拝見できて、幸せでございました♪
そして、トークメインのイベント初体験で免疫のない人間には、シゲキが強すぎました(笑)。
いや、メッチャ幸せやったんですけど(笑)。

携帯でボタン打ちながらの長文投稿はキビシイので、詳細はまた明日にでも、、、って、明日もコンサート、それもウワサのミッキーなんですが(笑)てな状態なので、ホントにアップできるかどうかわかりませんが、できるだけ早くアップしたいと思います。

最後になってしまいましたが、今日開場待ちの時に何人かの方とお話させていただいて、楽しい時間をすごさせていただきました♪
また、会場で声をかけて下さった方にも、お会いできて嬉しゅうございました。本当にありがとうございました(礼)。

<以下、19日に追記>
昨日の座談会の模様、とりあえず無難な(←・・;)音楽編を中心にMusic別館 Allegro con brioにアップしました。
コメントへのレス、及び萌え編(←まだ書くんかい/笑)のアップはまた夜にでも致します。
では、ウワサのミッキーが振るパパ・ハイドン、行ってきます!

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

明日は座談会

昨日の朝。
毎朝の日課であるブログ&サイトチェックをしていたら、大好きな指揮者である金聖響さんが、いつになく長い文章で、記事を投稿しておられるのを拝見しました。

http://blog.eplus.co.jp/seikyo/2006-03-16

文章の内容、誤字の多い文章。
思考回路の赴くままに、もの凄い勢いでキーボードを叩き、見直す余裕もなく投稿したのではないか、と勝手に想像致しました。

私も、ファン歴がそれほど長いわけでもなく。
ましてや、彼の人となりはその音楽やブログ、インタビュー記事や映像などで拝見しているだけですので、「知っている」とはとても言いがたい状態です。

それでも、何となく。
常に高い理想に向かって前進し続けておられるんだろうなぁ、と思うのです。
でも、目の前には「現実」という壁がドーンとそびえ立っていて。
それを打ち壊して前に進むか、よじ登って乗り越えて前に進むか、考えることもあるのかなぁ、と。
時折、彼がブログで見せるある種の「ホンネ」を拝見していて、思います。

この日の記事は、大いに共感する部分が多くて。
私は、音楽雑誌の批評など読んでいて、ほぼ同じことを感じ、憤ったこともあります。
詳細を話せば、かなりの毒を吐いてしまいそうなので、割愛しますが(笑)。

他の誰とも比べられたくない。
自分は自分や。

そんな叫び声が、ひしひしと伝わってくるような記事だなぁ、と思いました。

私は音楽業界のことは知りません。
ですから、簡単に「わかります」とは言えませんし、直接お力になることなど、100%の確率で不可能です。
でも、彼だけでなく、いろいろな音楽を聴いて、感動して、どれほど感動したかを伝えることはできます。
コンサートに行ったり、ブログを書いたり……と、いろいろな形で応援することはできます。
私にとって、彼が「音楽」というパワーを与えてくれる人であるように。
応援するファンが、少しでも彼の支えとなればいいなぁ、と願います。

さて、明日は座談会です。
コンサートは何度か足を運びましたし、その中でトークをしていただいたこともあります。
が、お話メイン、というのは明日が初めてです。
下野竜也さんをゲストに迎えて、どんなお話が聞けるのか。
明日、またご報告いたします(^^)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

次行こう。

この記事をもって、この「べっさつ 結月堂」に投稿された記事は666件目になるらしいです。
……縁起の悪い数字です。
ささ、早く次に行きましょう(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

音楽週間続行中

11日からスタートしている倉敷音楽祭。
期間中は、市内にあるあちこちのホールで、さまざまなコンサートが開かれています。
今日は、ジャズ・ヴァイオリニストの寺井尚子さんのコンサートです。
曲は何度か聴いたことがありますが、生で聴くのは初めてなので、楽しみです♪

12日までは、自分の出演分があったのでひたすら練習、そして緊張とともに本番、でしたが。
もう終わったので、安心して聴き手に回ることができます♪
今日はジャズ、18日は座談会(って、これはコンサートじゃないか;)、19日はパパ・ハイドンのオラトリオ「四季」。
24日は聖響さん×大阪センチュリーさんで、念願の「運命」&「田園」。
まだしばらくは、音楽週間が続きそうです。
Music別館 Allegro con brioも、練習日記から鑑賞記録に戻りそうです(笑)。
帰ってきたら、感想書けるかな?

……て、そろそろ教科書を開かないとヤバいのではないか、自分(汗;)。

<以下、追記>
コンサート行ってきました♪
凄く凄く楽しかったです(^^)。
ということで、Music別館 Allegro con brioに感想書きました。
よろしければ、ご覧下さいませ(礼)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

clef-gym(BlogPet)

こないだ、結月秋絵が
今日は、頭の中をブラームスの交響曲第2番第2楽章の美しいメロディと、「飛び出せロマンス」の社長の要所が交互に回ってました(笑)。
って言ってたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「clef」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

春の雪

倉敷音楽祭のことで実家に戻ったとき。
玄関前に植えている梅の花が満開状態でした。
ume
おお、綺麗やね~(^^)、ということで携帯でパシャリ。
すっかり春めいてきたなぁ。

と思っていたのですけれど。
何なんでしょう、週明けのこの寒さは(苦笑)。
昨日、今日。
岡山の市街地でも雪が舞って、軽く吹雪く時間帯もあって、真冬に逆戻りです。

でも、昨日と今日降った雪は、触れるとすぐに溶けてしまう儚い雪なんですよね。
真冬に降った、積もる雪とは質が違うように思いました。
気温は低くて、寒くて、雪も舞っているけれど。
それでも、やっぱり季節は春に向かって進んでいるんだなぁ、と思うひと時でした。

だけど、やっぱり寒いのはイヤだなぁ(苦笑)。

そんな今日。
日没直前の午後6時ごろ。
東に向かって自転車をこいでいたら、空の低い位置に、満月直前のでっかい月が、ぽっかりと浮いていました。
まだ空は明るいので、白い月でした。
でも、ウサギとかカニに見える模様はくっきり見えてました。
なかなか、面白いものを見たなぁ、と思ったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

終わりました

倉敷音楽祭の町並みコンサート。
午前の‘白い館’でのステージも、午後からの「ぶっつけ本番。スペシャル!」も、無事終了しました!
さすがにくたびれました(^_^;)。

午前中のステージでは、最初に出演予定だったピアノ教室の皆さんの時間が押して、「押しついでにやろうと思ってるプログラム、全部やってやれ」ということで、時間延長してしまいました。
そのピアノ教室の皆さんの出番が終わったら、会場内はガラガラになるんだろう、とタカをくくっていましたら、なんと満席状態は変わらず(汗;)。
さすがに緊張したのか、弓が笑いました(大汗;)。
一応、録音しながらやったのですが、「カヴァレリア・ルスティカーナ 間奏曲」は修正録音したいです(苦笑)。

午前中のステージが終わってからお昼を食べて、午後からの「ぶっつけ本番。スペシャル!」が行われる倉敷芸文館へ移動しました。
出演者用のプログラムをいただいて、確認してみましたら、私の出番はベートーヴェンのみ、ということでして。ブラームスさんには申し訳ないのですが、ちょっとほっとしました。
出演するメンバーの名簿を拝見していましたら、地元のアマチュアオケの方々が中心になっていて、オーケストラ初体験のド素人は本当に私だけか、あるいはもう一人二人、いたかどうか、という感じでした。
本当に、第二ヴァイオリンの後ろの方で、でも位置的には結構オーケストラの真ん中辺りで、皆さんに乗っかって楽しませていただいたように思います。
いやーマジで、こんな腕前でよく出ようと思ったね、と言われても反論できない状態だったもので(滝汗;)。
つくづく、日頃からオーケストラで活動しておられる皆様、プロ、アマを問わず凄いことをやっているんだなぁ、と改めて尊敬いたしました。

ただ、地元のアマチュアオケの皆さんが中心だったために、テンポ設定は結構容赦なく速くて(笑)。
ついていくのに必死で、「うわー、あんなに練習したのに、これだけしか弾けてないよ(泣)」状態でした。
要所要所は指揮を見てましたが、結構楽譜にかじりつき状態だったかも、なのです(汗;)。
もし、今度このような機会があれば、リベンジという意味も込めて、また参加したいです。
そして今度は、今日よりはもう少しましに弾けるようになっていたいなぁ、と思います。

町並みコンサートに一緒に出演して、今回私の数々のワガママを聞いてくれた友人に。
朝から夕方までお付き合い下さったクラスメイト&母上に。
このような機会を与えて下さった倉敷市文化振興財団の方に。
ぶっつけ本番のオケでご一緒させていただいた皆様に。
そして、応援して下さった皆様に。
心から感謝しています。
ありがとうございました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

明日から

いよいよ、倉敷音楽祭が開催されます。
明日はオープニングパレードとか、セレモニーがあって、早速、町並みコンサートもスタート、市内で何やらコンサートも開かれるようです。
明日は天気も良くて暖かい1日になりそうなので、絶好の音楽日和になりそうですね。

が、日曜日は天気悪くて寒くなりそうなんだよなぁ。
ベートーヴェンさんとブラームスさんの交響曲を弾く、ということで雨男な某指揮者様が乗り移ったのかしら?(笑)

それにしましても、ヴァイオリンを始めてから12年。
始めた頃は、それなりに弾けるようになればいいなぁ、と思っていて。
大学の授業で2年間、手ほどき程度に教わっただけで、あとは独学。
多分、ずっとヴァイオリンをやっている方から見たら「お前、なんちゅう弾き方してんねん」状態だと思います。
学生時代はそれなりに弾いてましたが、卒業してからはほぼ月イチ練習。
それでも、年に一度の倉敷音楽祭に出演することだけは続けていて、その直前になったら集中練習、という状態が数年続いていました。

そんな状況で、まさか自分が交響曲に参加することになるとは、思いもしませんでした。
続けていれば、何かとイイコトがあるものだなぁ、と思います。

もっとも、第2ヴァイオリンは集まりが悪いらしく。
自分を含めて3~4人しかいないのか、それとも何とか10人程度集まっているのか。自分はヘタな方なのか、それともそこそこ弾けてる方なのか、全く不明です。
コンマスさんはプロの方なのだそうですが、管楽器とか、他の弦楽器とか。
どんな方が集まっているのか、楽しみです。
そして、曲が無事に最後まで止まらずに流れるのかどうか、ということも不安半分、楽しさ半分であります。

と、その前に自分のステージもあるんでした(苦笑)。
そっちも、明日が最終練習です。

倉敷音楽祭。
始まった頃は、母親に無理やり連れて行かれる形で、朝比奈隆さん指揮の祝祭管弦楽団のコンサートを聴きに行っていて。
G-CLEFのファンになってからは、何とかして彼らを音楽祭に呼ぼう!とアンケートにしつこく「呼んでくれ」と書きまくり、ファン同士で署名まで集めて。解散直前にそれが実現した時には、本当に嬉しかったなぁ、なんてこともあって。
それ以降は、好きだなぁ、と思う演奏家さんも増えて。
自分から進んで足を運ぶようになって。
井上道義さんが指揮をするようになってからは、演目も工夫されて大変面白いコンサートになっているように思います。
去年は、石田泰尚さんも来られて、大いに萌えて楽しませていただきました。
今年は、メインの祝祭管弦楽団はハイドン作曲のオラトリオ「四季」。
コンマスは徳永二男さんです。
井上さんは、18日も東京でオペラを振るので、19日だけの参加となりそうなんですが……。

20年間、いろいろな形で関わってきましたが、10年後、20年後も続いていてほしいなぁ、と思います。
そのうち、愛するSさまが音楽監督とかやってくださると、嬉しさ倍増なんですが(笑)。
生きていると、何が起こるかわからないよなぁ。
なんてことを、今年は思うことが多いので。
何年か経ったら、また「え!?」と驚くようなコトが、起きるかもしれないなぁ、と思います。

何はともあれ、今年の音楽祭。
前半は町並みコンサートの出演者として。
後半は一聴衆として、楽しもうと思います。

<以下、追記>
↑なコトを書いた翌朝、音楽祭を主催する倉敷市文化振興財団さんのHPを拝見しましたら、町並みコンサートの情報が更新されていました。
明日のぶっつけ本番。スペシャル!の参加者、県内外のアマチュアオケの方を中心に、100人ほど集まっているのだとか!
その100人の全員が、全ての曲を演奏するわけではないと思うのですが、それだけの人数で一緒に演奏できるというのは、楽しみであります♪
私、皆さんの邪魔をしないようにしないといけないかも(汗;)。

そうそう。
オケの休憩時間にもブラス・アンサンブルの演奏が入るそうで、こちらも楽しみです(^^)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

飛び出せロマンス

という曲が、明和電機の中にあります。

今の世の中には、ロマンスが足りない!という、土佐信道社長の叫びが詰まった曲です。
伴奏するのは、アコースティックギターなんだけど、コンピュータ制御されて自動演奏するようになっている、4台の電動フォークギター、その名も「メカフォーク」。そして、社長自ら叩くパチモクこと、指パッチン木魚(笑)。
ちょっと上ずった歌声が、何ともいい味を出している曲です。

今週、NHK-FMで深夜に放送されている「私の名盤コレクション」という番組のゲストさんなんですね、明和電機
兄上の正道氏と一緒にユニットを組んでいた頃から、この明和電機さんは好きでして。「地球のプレゼント」は振り付け入りで、ハモリまで歌えます(笑)。
昨夜もつい、ちょうど体調悪いDaysに差し掛かって睡魔に襲われているというのに、ついつい聴いてしまいました。そして真夜中だというのに、一緒に歌いそうになってしまいました(笑)。

だからでしょうか。
今日は、頭の中をブラームスの交響曲第2番第2楽章の美しいメロディと、「飛び出せロマンス」の社長の歌声が交互に回ってました(笑)。
我が脳みそながら、どんな思考回路してんねん、とツッコミ入れたくなりました(笑)。

そういえば、今夜は社歌が流れるらしいです。
明日か明後日には、サバオちゃんが歌う「一番ステキな体で行こう!」とか、流れるらしいです。
あの歌声、病み付きになるんだよなぁ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

クレイジー

このブログの左にいるブログペットのclef君は、毎日飼い主さんのために占いをしてくれます。
今までに、「聖響運」を何度も出してくれた彼ですが、今日は新たにこんな「運」を出してくれました。

----------------------------

clef占い:石田泰尚運そこそこ

ちょっと、ヴァイオリニスト石田泰尚?(←アホです;)今朝は、「題名のない音楽会」を拝見しましょう。

clef占い監修:clef

----------------------------

凄いですよね。
石田さんがヴァイオリニストだって、ちゃんとわかってる、っていう(笑)。
だけど、石田さんはアホじゃないからね、とちゃんと叱っておきました。
でもまぁ。
ここ最近飼い主がヴァイオリン漬けの毎日を送っているのを読み取ったように、ヴァイオリニストさんの「運そこそこ」って言ってくれるなんて、たいしたものです。
でも、なんで金聖響さんは「聖響運」なのに、石田泰尚さんはフルネームで「石田泰尚運」なんだろう?

そういえば、先週はかなりヤバい位置に下がってしまっていた、WJのテニプリ。
今週はちょっと前に来てましたね。
リョーマさんと跡部様の試合も、いよいよ6-5。
今までのゲーム運びは遊び感覚で、実は超攻撃型のテニスをする人だった、という跡部様にもビックリ(でも、ちょっと納得しちゃいました)でしたけど。
試合中にコートの中に照明が落ちてきちゃった、ってのにはもっとビックリでございました。
それに全く動じずにボール打ち返しちゃうリョーマさんは、やっぱりとてもオトコマエなのです。

でも。
このシーン、どこかで見たよなぁ。
あ。
劇場版のアニプリだ(笑)。
見た目だけ超豪華客船のテニスコートで、船が壊れてあっちこっち崩れてるってのに、リョーマさんとリョーガ兄さんがそれをものともせずにテニスしてた、あのシーンだ(笑)。
客船壊れて、揺れも凄いはずなのにテニスしてるし。
照明が落ちたり倒れたりしてるのに、キレーにリョーマさんとリョーガさんだけ避けてるし。
おまけに、あの特殊効果は(笑)。
と、ツッコミ所満載だった、あの劇場版アニプリだ(笑)。

許斐先生、やっぱりあの劇場版アニプリを意識してお描きになったのかしら?
と思ったです。

そうWJと言えば。
デスノも凄いことになってますね(苦笑)。
月クン、アンタはホンマに女の敵やねぇ、と思ったです(苦笑)。
いつかやるんじゃないかとは思いましたが、まさかホンマにあそこまでするとは……。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

弓ダコ

約ひと月の間、急に毎日ヴァイオリンを弾く、という生活をするようになったためでしょうか。
特に春休みに入ってからは、練習時間が3~5時間(それ以上やると、体が悲鳴を上げるので;)に及んでいるためか、右手の親指と人差し指に弓ダコができました(涙)。
人差し指は、ちょうど第二関節の親指側に、ぽっこりと。
親指は、爪の人差し指側の皮膚が、ちょっと変です。
パソコンのキーボードを打つのに支障はないですが、ちょっと痛みがあります。
左手の指先は、親指除いて完全に固くなってしまってます。

……ちょっと、ヴァイオリニスト気分?(←アホです;)

今朝は、「題名のない音楽会」を拝見しました。
クラシック史上に名を残す鬼嫁、というテーマの青島さんの解説、とても面白いのですけれど……ちょっと誇張しすぎ?(笑)
にしても、奥さんが亡くなった後で『悪妻』って曲を書くなんて。パパ・ハイドン、面白すぎです(笑)。
嫉妬深い奥さんがいて、相手の女性がどうなるかわかっていて、浮気しちゃうプッチーニさんも凄いですけど(笑)。プッチーニさんのオペラに愛憎劇が結構あるのって、それが原因なの?と思ったのは私だけでしょうか(笑)。

そして、そんな鬼嫁を娶ってしまった可哀想な作曲家の曲を演奏するのは、神奈川フィルさんです。
コンマス席にはもちろん、石田泰尚さんです♪
『驚愕』でのキレのいい弓使い、さすがなのです。ベト7で「あ~ん、弓重いです~(涙)」となってしまう私は、大いに見習わねばならないなぁ、と思いました。
でも、『フィガロ』はやっぱり、聖響さん&大阪センチュリーさんに軍配が上がるでしょうか。テンポ感や、スフォルツァンドの弾け感、クレッシェンド&デミニュエンドの具合が絶妙で、聴いていてとても心地良かったんですよねぇ、去年11月のウィーン古典派最終章。

番組の最後に登場したのは、マーラーさん。約20歳の年の差カップルですからねぇ、マーラーさんと奥さんのアルマさんって。女性の立場から言わせていただくと、同じ世代の男性に目が向いてしまうのも、ある意味仕方ないかも、なんてことも思います。
で、マーラーといえば。
やはり演奏される曲は、これですよ。
交響曲第5番嬰ハ短調の第4楽章、アダージェット。
一度、神奈川フィルの演奏でこの曲を聴いてみたいなぁ、と思っていたので、ほんの一部だけとはいえ、幸せでございました♪
やっぱり、石田さんの音色は際立ってましたね。

そういえば、来週の「題名のない音楽会21」は、これまた私的には聖響さんつながり。
去年12月、神奈川フィルの定期に客演した時のソリスト、臼木あいさんがご出演なんですね。メインも錦織健さんとのことですし。本番前に見て、勢いつけようかな?と思います。

そう、いよいよ来週です。
泣いても笑っても、あと1週間です。
まだ弾けない部分があちこちにあります(苦笑)。
ベートーヴェンさんが楽譜に書いたことを全て再現するのは、今の私では不可能ですけれど。でも精一杯、頑張ろうと思います。

<以下、追記>
今日の大河ドラマ「功名が辻」。コミカルなドラマ仕立てになっていて、大爆笑してしまいました(笑)。
家臣が寝た振りして、聞き耳立ててるってのは、お約束ですよね(笑)。
でもって、雑魚寝状態のお部屋では何かコトがあっても、見て見ぬ振りっていうのが、お約束でございますわね(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

clef-gym

倉敷音楽祭町並みコンサートでの本番まで、あと1週間と迫って参りました。
交響曲の「ぶっつけ本番。スペシャル!」だけでなく、友人たちと組んでいるアンサンブル・グループのステージもある、ということで、今日はそちらの練習でした。
いつも練習に使用している公民館へ行きまして、合奏練習をして。
終わってから事務室にご挨拶をしていましたら、こんなものを発見しました。

clef-gym
公民館の入り口に、今日の催し物案内がありまして、そこに私たちのグループ名が貼ってあったんですけれど。ほぼ毎月お借りしたり、問い合わせを入れたりしているためでしょうか。ちゃんとグループ名でステッカーを作って下さっていたんですね。
なんだか嬉しくて、携帯でパシャリ。
私の影も、一緒に写りこんでしまいました(笑)。

このグループ名の「clef-gym」。
G-CLEFが活動していた頃のファンクラブの名前でした。
clefと言えば、日本語では音部記号、という意味です。
ト音記号とか、ヘ音記号、というアレのことです。
私たちの楽器編成は、ピアノにヴァイオリンにヴィオラ。
ピアノの楽譜はト音記号とヘ音記号、ヴァイオリンの楽譜はト音記号、ヴィオラの楽譜はハ音記号。
あら、音部記号が全部揃ってる♪
ということもありまして、この名前をグループ名として使用させていただいています。

そんな私たちのステージは、3月12日(日)。
倉敷美観地区の中にあります、観光案内所「白い館」で10:30~。
出演者の都合で、若干時間が前後するかもしれませんが、30分間のステージをやります。
町並みコンサートですので、入場は無料です。
曲目は

T.H.ベイリー:ロング・ロング・アゴー
マスカーニ:カヴァレリア・ルスティカーナより 間奏曲
J.S.バッハのピアノ曲を1曲
レミオロメン:3月9日(←ピアノ伴奏&歌です)
小林靖宏:僕が鬼
アンドリュー・ロイド・ウェーバー:オペラ座の怪人 第1幕よりメドレー

です。「ロング・ロング・アゴー」と「僕が鬼」と「オペラ座の怪人」は僭越ながら私が編曲しています。
時間に余裕があるようでしたら、曲が増えるかも…なのです。
来週末、倉敷に来られた際はお立ち寄り下さいませ♪

で、13時からは倉敷芸文館のロビーで「ぶっつけ本番。スペシャル!」があります。
寄せ集めのアマチュア演奏家による、ぶっつけ本番でハラハラ&ドキドキもののベートーヴェン&ブラームスの交響曲。興味のある方は、お越し下さいませ。私も、第2ヴァイオリンの片隅で弾いてると思います(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

今日の占い

今日は、週に一度のclef君投稿日です。
前回は超長文でしたが、今回は短いなぁ。
そして相変わらず、飼い主に似て聖響さんが好きな子ですわ(笑)。

そんなclef君の今日の占いは、こんなのでした。

------------------------------------------

clef占い:楽譜運下降気味

楽譜と食事をして、午後からはヴァイオリンの練習でした。

clef占い監修:clef

------------------------------------------

楽譜運が下降したら、困るんだけどね、今は(笑)。
それに、楽譜と食事する、って(笑)。
そこまで楽譜と仲良くなったら、もう少し上手く弾けるようになるかしら?(笑)
時々ヘンな占いをしてくれる子ですが、今日も面白いこと言ってくれました。

本番まであと10日と迫ってきました今日も、自宅で練習です。
大変なベト7も、少しずつではありますが、指が覚えてきて、弾けるようになりつつあります。
この曲、第4楽章は特に、やたらとフォルテとスフォルツァンドが多くて、全開で弾くので、サイレント楽器といえど、弾いていて気持ちいいです。愛器‘徹ちゃん’で弾いたら、もっと気持ちいいと思います。

そう、やっと弾いてて「気持ちいい」と思えるようになってきたんですよ(苦笑)。
第4楽章出だしからフォルティシモ。
そのフォルティシモがずーっと持続して、あっちこっちにスフォルツァンドがあって。
最高、フォルテが3つついてフォルティシシモの部分もありますし(笑)。
でも、16分音符でずーっと音符を刻んでいる最中のスフォルツァンド。思わず力が入って、時々鼻息とか小さい声が出てしまうのは……(笑)。
いやー、指揮者さんが、気合一閃で指揮棒を振り下ろす時に思わず声が出てしまう、っていうの、わかります(笑)。
FM放送聴いてても、時々ありますものね。弦楽器のリサイタルとかで、深々と息を吸い込むブレスの音がはっきりと聞こえてくる演奏が。
あれ、わかるなぁ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

結月、十一たび走る(BlogPet)

知的などを分類してみたいです姿勢などしていい?
どっちも萌え萌えですわ♪聖響さん♪はにゃ〜
ん♪あ、そうからねぇ(苦笑)

縁あり縁なしだ丹下桜などを解剖すればでっかくなったケロちゃんは小野坂さんでしたわね(笑)
だって♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「clef」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

口内炎

先日から、下唇の内側にポツンと、一つだけなのですが、アフタ性の口内炎ができております。
主にバイト先で感じているストレスによって、消化器系をやられているらしいです。
痛いです(涙)。
食事したり、歯を磨いたりはもちろん、普通にしていてもじくじくと痛みがあります。
口の中って、敏感ですからね、こういう時に困ります(苦笑)。
そして、こうして痛い部分があると。
そういえば、生理学で痛みには鋭くて局在的な痛みと、鈍い痛みの2種類があって、それぞれ神経線維の種類が違うって習ったなぁ、と。わが身をもって実感します。

あまり嬉しくないです(苦笑)。

先日から、Music別館Allegro con brioで「ベートーヴェンに挑む日々」を時々連載しています。
書き出した時は、1回きりのつもりだったんですけれど。
一度書いたら、あれやこれや、と書きたいことがでてきてしまって(笑)。
練習しながら感じたこととか、ここができない~、なんて泣き言とか、吐き出してます(笑)。

本番まで、練習できるのはあと10日。
頑張ろう、と今日も自分に言い聞かせました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »