« ありえへん!! | トップページ | 燃え尽きた? »

運命の大津波

20060324-sym

大阪センチュリー交響楽団の109回定期演奏会を聴くための、1泊2日鑑賞ツアーから帰って参りました。
そして先ほど、Music別館 Allegro con brioに感想をアップしました。

昨日のコンサート。
ホテルの部屋からアップした短い記事。
そして聖響さんのブログに寄せられたファンからのコメント。
それだけを読んだ方は、「いったい何が起きたんだ!?」とワケがわからなかったと思います。
でも、今思い返しても。
やっぱり「ありえへん」という言葉しか出ないんですよね。
その割には、メッチャ語ってるやんか、自分。と突っ込み入りそうですけど(笑)。
昨日聴いた『運命』には、それほどの衝撃を受けて、ただ圧倒されて。もう「ありえへん演奏」で、でも「ただ感動した」としか言えないんですよ。
自分でも何が起こったのかよくわからなくて。
泣くことも忘れて、ただ指揮と音楽に釘付けで、振り回されて、かき回されて、思考回路がショートして。
拍手するのも忘れるくらい、打ちのめされました。

ファンになってから、10ヶ月と24日。
彼が指揮する『運命』のCD、死ぬほど聴きました。
あのCDに収録された『運命』を聴いたときも、「こんな『運命』は初めて聴いた!」と思いました。衝撃と驚きとともに、彼のファンになったわけです。
でも、昨日の『運命』は。
あのCDを遥かに上回る、とんでもない『運命』でした。

聖響さんが燕尾服でステージに登場なさったのにも、萌えると同時に驚きましたけど。
ジャケットの左側、左腕を大きく振り上げた勢いでピラッとめくれるのをしきりに気にして、指揮しながら直してはりましたけど(萌え♪)。
指揮棒を、指揮者用の譜面台だけでなく、振り向いた第1ヴァイオリンの1プルト目に置かれた譜面台にもぶつけて、カツカツ音をさせてはりましたけど(ああ、萌え;)。
勢いよく指揮棒や腕を振り下ろして&振り回して、その反動で唸ってはりましたけど(やっぱり萌え;)。

それ以上に、彼の圧倒的な存在感と、オーラ全開でフル・スロットルな指揮に釘付けでした。
語弊があるかもしれませんが、本当に。
「金聖響ワールド全開」
な『運命』だったと思います。
もう、「これがオレの『運命』や! 凄い曲やろ! 文句あるか!」くらいの勢いだったと思います。
‘運命の荒波’どころではない、‘運命の大津波’でした。
全身全霊で受けとめるのに、必死でした。
演奏している大阪センチュリー交響楽団の団員さんも、必死だったと思いますけれど。
最後の第4楽章、ありえへんテンポでしたからね。

そんな演奏を聴かされて、私が平静でいられるワケもなく(苦笑)。
昨夜は、一緒に泊まった友人と、明け方近くまで語り明かしてました。
少し眠って、今日は午前中からホテルに併設されているスパに行って、温泉につかりながら、再び昨日の聖響さんに負けないくらいの超ハイ・テンションでまた語ってました。
足と腕を組んで、ちょっと胸をそらすような仕草まで、シンクロしていたかもしれません(笑)。
でも、そうやって吐き出してきたおかげで、今日は急に泣き出したり、笑い出したり……と、感情がコントロール不能になることはなかったように思います。
かなり、現実離れした精神状態ではありますが(笑)。

今年に入って、聖響さんにお会いしに行く度に、「ありえへん」コトが起きています。
昨日もやはり、「ありえへん」コトが起きましたね(笑)。

さあ、明日は午後からNHK-FMで流れる下野竜也さん指揮による演奏を聴いて。
音楽週間も終了です。

|
|

« ありえへん!! | トップページ | 燃え尽きた? »

コメント

おかえりなさいませ~♪
大波 津波に押し流されず無事(?)に帰還されてほっとしました。
聖響さんのブログで“ありえへん展開”が大反響のようですね~
いろいろ思いをめぐらせて演奏を想像しておりますが、やはり生で聴きたかった!!
一番うらやましいのが 生燕尾服姿 という私は腐ってますですか・・・。。
だって あのDVDでしか見たことないんだもの。

投稿: miltan | 2006.03.25 21:37

>miltanさん♪
ただいまです。
大波、津波にはかなり押し流されてしまいましたが、無事に帰って参りました(笑)。
精神はあっちに行ったままかも、と思いますけど(苦笑)。

私をはじめ、何人かが口にしていますけれど。
あの演奏は本当に「ありえへん」としか言いようのない、筆舌に尽くしがたいほど素晴らしく、凄いものでした。いくら聖響さんのコンサートといえど、そう何度も経験できるものではないと思います。

だから、やっぱり。
一番羨ましいと思うのは、生燕尾服姿を見たことじゃなくて、あの演奏を聴けたこと、であってほしいです(笑)。

投稿: 結月秋絵 | 2006.03.26 20:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10811/9253684

この記事へのトラックバック一覧です: 運命の大津波:

« ありえへん!! | トップページ | 燃え尽きた? »