« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

笑う大天使

夏休み最終日の今日。
午前中は普通にバイトでしたが、午後からは再履修試験(つまり、1・2年時に追試でも単位取れなかった人のための試験;)だったので、私には関係ナッシング。
ということで、母上と友人の3人でデートしてきました♪

友人とランチして、終了間際に母上が合流しまして。
北海道からのお土産ということで、北海道限定販売の「じゃがポックル」の個袋をもらいました。
帰ってさっそく食してみましたが……確かに、美味ですわ。
午前中に行かないと売り切れる、という意味がわかりましたわ。
それだけ人気ならば、私が新千歳空港で一度も見かけたことがない、という理由も理解できますわ。
ネットで注文しようとしても、1人3個まで、という制限がかけられているのも、納得でございます。

にしても、このネーミング。
明らかに「コロボックル」をパクってますよね(笑)

で、コロボックルといえば。
「悲しいお顔はコロボックルちゃんには似合わないわ」
ということで、見てきました「笑う大天使(ミカエル)」!
ホントは7月半ばから公開されていたんですが、何せ地方なもんで(苦笑)
単館系のロードショーは回ってくるのが遅いんですよ。

もともと川原泉さんの原作が大好きで。
映画化される、ということで楽しみにしてたんですよね、どんな風になるんだろう?って。
……ああなってたのかっ!!(笑)
ある意味で、してやられたっ!という感じで。
そうきたかっ!と思うシーンが、あっちにもこっちにもありました。
原作で大好きな史緒さんと一臣殿下のエピソードも、ちゃんと映画の中に織り込まれていましたし(ジーンときてしまいましたねぇ、あのシーン)
怪力サムソンな3人娘の大立ち回りも見事でしたし。
餌のいらない猫も可愛かったですし。
笑える部分も多々ありましたし。
何よりも、ダミアン大活躍!でしたし(笑)
楽しませていただきました♪

この映画、長崎のハウステンボスが聖ミカエル学園のロケ地になっているということで、どこがどんな風に使われるんだろう?と、そちらも楽しみにしておりました。
映画見ながら思わず、「あ、あそこはっ!」となってしまった部分があちこちにありました。
聖ミカエル学園の設定も、思わず「それって、ハ●ポタ?」とツッコミ入れそうになったんですけど(笑)
ちょっと「ありえへん」というか、浮世離れした乙女の園の雰囲気が出ていて、良かったんではないかと思います。

機会があれば、もう1回見てみたいところなんですけど。。。
9月10日に卒業認定試験が待ってますから、無理ですね(涙)
先だって入手した「なるほど! 笑う大天使~DVDつき」やコミックスを読み返して。
DVDを見て、我慢しようと思います。

さて、明日からは中期の授業が始まります。
テストも行事も満載で、またまた忙しくなりそうな予感(苦笑)
頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

レスピーギな人?

今日、「クラシック伯爵」という携帯サイトを見ていましたら、「クラシック占い~あなたはどの作曲家タイプ?」という占いサイトへのリンクがありました。
以前、「ラブリー作曲家占い」という占いをやったら、私はマーラーな人だ、と出たんですが(笑)
今回は誰になるのかしら?
と思いながら、やってみました。

マーラーな人だと出た時には、簡単な質問に答えて判定、という形式でしたが、今回は生年月日&誕生時間から判定するものでした。
で、その結果。

レスピーギ・タイプ(笑)

曰く、

あなたの過去生は、「レスピーギ・タイプ」です。音楽的な環境に生まれ育ち、幼少時から音楽だけでなくさまざまな教養を身につけたのではないですか? 落ち着いた家庭環境と安定した生活は、あなたの性格形成にも大きな影響を与えたでしょう。そして特に誰かに勧められることもなく自然に音楽の道を志したのかもしれません。
あなたの今生の目的は、「伝統的なものに新しい命を吹き込むこと」です。もしもあなたが音楽の道を志していなくても、かまいません。あなたの得意の分野で、自分のルーツを意識し、それをこの時代に表現すれば良いのです。
あなたにとって「旅」は自分のルーツの再発見に非常に役立つはずです。異国の文化に接すること、そして自らの文化を新たな視点で見ることが、あなたの魂を揺り動かすことでしょう。

なのだそうです。
「レスピーギ」ときて「旅」ということは、ローマ三部作にかけてるのかな?
占いで言われたとおり、旅をするのは好きです♪
でも、今は先立つものがなくて……(涙)
内容そのものも、ある意味で当たってますね(笑)

でも、この占いの何が凄いって。
私の携帯の着メロの中に、入ってるんですよね。
レスピーギ作曲の「ローマの松」のラスト部分が。
3月下旬に聖響さんが東フィルさんを振った“マーチ特別演奏会”でのライブ音源が着メロとして配信されていて、それをダウンロードして使っているんです。
と言いますか、私が使っている着メロって、ほとんど聖響さん指揮の曲なんですけどね(笑)

それにしても。
前の「ラブリー作曲家占い」といい、今回の占いといい。
どうして私は古典派な人ではないんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

サマコン終了

木曜日の臨床実習から始まった、怒涛のような3日間が終了しました。
金曜日は、木曜日の様子を見て、多分救護班を訪れる生徒も多いだろうなぁ。模試も大事だけど、そっちの人手も必要だろうなぁ。
と思っていましたら、なんと。
8時半から3時までで、65人前後の生徒が訪れて、大変でした。
中には肌にテーピングを直貼りしないといけない女子生徒もいて。先生から指示を受けて、別室でテーピングをする、なんてこともあったので、やはり私の判断は良かったみたいです。

怪我をした生徒さんたちには申し訳ないんですが。
新鮮例を数多く見ることができて。
先生たちの診断方法や応急処置方法なども、間近で学ぶことができて。
模試を蹴ってでも行った甲斐は、十分にあったと思います。
貴重な勉強をさせていただきました。

でも、やっぱり。
まだまだですね(苦笑)

で、昨日は出身中学校の定期演奏会、第30回記念のサマーコンサートでした。
OBのステージに参加したOB・OGの数も、現役に負けないくらいの数でして。
下はこの春に卒業したばかりの高校1年生から、サマーコンサート第1回目に出演した、という40代のOBまで、さまざまな年代が集まって、盛大なコンサートになりました。
中学を卒業して以来、十数年ぶりに先輩たちにもお会いしましたし。
私たちが教わっていた顧問と、現在芸大大学院に通っている娘さんをソリストに迎えて、夢の親子共演にも立ち会うことができましたし。
開演前は結構緊張してたんですが、先輩や同期の仲間と話しているうちに、開演時間がやってきて。
私たちの出番もやってきて。
終わってみれば、あっという間でした。もう少し、ステージに立っていたかったなぁ、と思うくらいで(笑)
楽しかったです。

中学・高校時代は、鍵盤楽器でタッチミスがあると「あっ」という感じですぐに顔に出ていたんですが。
昨日は、少々タッチミスがあっても平然としている自分がおりました。
客席で聴いてくれていた友人も、ミスっていたことには気づかなかったくらい(笑)
ある程度の年齢になって、慣れたのか、図太くなったのか(笑)

今年1月に、シエナWOのアンコールに参加させていただいたのを除けば、10年ぶりの吹奏楽のステージ。
10年ぶりに恩師の指揮で演奏することができて。
現役の中学生や高校生たちから見たら、大先輩ということで、こだわりやワガママも通してもらって。
中学時代、一緒に部活に打ち込んだ仲間と一緒に演奏することができて。
都合のついた同級生も、自分の子供を連れて客席に駆けつけてきてくれて。
本当に嬉しくて、楽しい時間でした。

終わった後、大学生以上のOB・OGと歴代顧問の先生が参加した打ち上げ飲み会も、楽しかったです。
私たちが教わった恩師の娘さんも、2人とも私たちの後輩なんですよね。
先生が、中学の学区内で、実家の近くに住んでいるので(笑)
その娘さんの前で、暴露大会になってしまいましたが(大汗;)
創部が昭和22年、定期演奏会も今年で30回。
改めて歴史の長さを感じつつ、自分がその中に籍を置いていたという喜びや誇りも感じるひと時でした。

その飲み会で、自己紹介の中で「将来の夢」について一言、と我らが部長からお達しがありましたので。
「顧問の先生の猫背を治すのが夢です」
と言いました。
柔道整復師を目指すにあたっての動機の一つは、ホントにソレなんですよね(笑)
先生、父の患者さんでもあるのです。
中学時代にはとても厳しくて、指揮棒やメトロノームが飛んできて(メトロノームを投げて壊した翌日、「これ、誰が壊したんじゃ?」と仰ったことは、未だに語り継がれる恩師の伝説です/笑)、怖くて。
でも音楽の楽しさを教えていただいたことは、とても感謝しているんですよ。
音楽とは別の形ですが、先生に返していけたらいいなぁ、と思います。

さて、夏の大イベントが終了しましたので、これからはその夢を達成すべく、勉強です。
卒業認定試験は、2週間後。。。(汗)
頑張ります。

そういえば。
一緒に出てくれた同期の友人も、客席に駆けつけてくれた同級生も。
みんな“お母さん”なんですよね。
合計特殊出生率に貢献していないのは、私だけか!?という(苦笑)
加えて、また学生やってますしね。。。
まぁ、他の同級生たちには真似できないことをしている、ということにしておこう。
と自己弁護してしまいそうになるひと時でもありました(汗)

<以下、余談>
サマコンの第2部で、教鞭をとっている先生や、数人の生徒が歌う、ヒットパレード・コーナーがありました。
その中に登場したのが、現生徒会長の女子生徒。
それを見て、ふと思いました。
青学の生徒会長をやっている手塚部長。
もし、青学の吹奏楽部が演奏会をやって、こういう企画があったら。部長も歌うんだろうか?(笑)
氷帝で生徒会長もやってる跡部さまなら、オケをバックにマイク握ってオンステージとかやりそうですけどね(笑)

<余談、その2>
久しぶりのステージということで、緊張するかなぁ。
ということで、譜面台には聖響さんにサインをいただいた、ベートーヴェンの《運命》やベト7などなどのパート譜を置いて、その前に楽譜を置いて、演奏に臨みました。
うち2曲は、楽譜がA4サイズで1ページだったので、楽譜の横に聖響さんのサイン♪
演奏中に「萌え♪」にはなりませんでしたが、少々タッチミスがあっても動じなかったのは、そのおかげかも(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

もう一つの聖さま記念日(BlogPet)

きょう、パと恵みみたいな優勝するつもりだった?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「clef」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ニュースになってる♪

今日は臨床実習で、柔道大会の救護班のお手伝いに行きました。
以前に怪我をしてて、試合中に痛める生徒さんとか。
試合中に怪我をする生徒さんとか。
いろいろいらっしゃいました。
柔道って格闘技ですからね。怪我も多いし、少々怪我しても、皆さん練習や試合に出ちゃうんですよね。
気持ちはわかるけど、無理すると悪化させてしまうし……。
軽く、板ばさみ状態でした(汗)

明日は、今日より多分忙しくなるはずで。
でも、お手伝いする学生は今日より少ないので。
急遽、明日も参加することにしました。
朝から行って、終わったらすぐに倉敷に向かって、土曜日の定期演奏会のためのリハーサルです。
忙しい1日になりそうです。

で、先ほど。
ネットでニュースを見ていたら、こんなニュースがでてきました♪

巨大あんどん集結 北海道(共同通信)

北海道八雲町の山車と斜里町のねぷた、沼田町の巨大なあんどんが沼田町に集まった「北海道3大あんどん祭」が24日夜に開かれ、あんどん約10基を動かす勇壮な「ヨイヤサー」との掛け声が、夜空に響きわたった。沼田町の最も大きなあんどんは高さ約7メートル、幅約12メートルで、重量は約5トンにもなるという。あいにくの小雨だったが、ねぶたと山車、あんどんの共演で街は熱気に包まれた。

[共同通信社:2006年08月24日 20時40分]


母上や、亡くなった祖父母の故郷である、北海道の沼田町で夏の風物詩、「夜高(ようたか」あんどん祭」が30回記念を迎えて、「北海道3大あんどん祭」が開かれたのだとか。
私も、小学生の頃は祖父の七光りを最大限利用して(←;)、役場のあんどん作りのお手伝いをさせていただいたり。
祖父母に連れられて祭り見物に行って、あんどんの周囲で繰り広げられる踊りに参加したり。
役場のあんどんと一緒に練り歩く祖父の姿を見たり。
自分が色を塗ったあんどんが、ぶつけ合いで潰されて泣いてしまったり(笑)

と、楽しませていただいた記憶が多々あります。
そうか。
明日、明後日は夜高あんどん祭の日なんですよね。
もう何年も見ていませんが……。
またいずれ、見に行けたらいいなぁ、と思います。

でもこのニュース。
文章だけで、あんどんの美しさなどなどがご紹介できないのが残念です。
というわけで、夜高あんどん祭って何?と興味をもたれた方は、ぜひぜひこちらのサイト
役場あんどん連 私的サイト
をご覧下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

8個かぁ

先日、この「べっさつ」の日記で、太陽系の惑星が現在の9個→12個に増えるかも
というニュースを取り上げたのですが。
今日、続報が出ました。

「惑星は8個」で決着へ(共同通信)

国際天文学連合は23日までに、太陽系惑星の数を冥王星を除いて8個とする修正案をほぼまとめた。日本からの参加者によると会員に異論は少なく、修正案通りに可決される可能性が高いという。プラハで開催中の総会で、日本時間24日深夜―25日未明に採決する。修正案では、原案で惑星の仲間に格上げしていた冥王星などの比較的小さな天体を惑星とは別の「矮(わい)惑星」に分類する。

[共同通信社:2006年08月23日 19時00分]

どうやら、ホルストさんが組曲『惑星』を作曲する当時の、海王星までが太陽系の惑星、ということになりそうです。
確かに、冥王星は大きさや軌道の関係から、惑星に数えるのは疑問視する声がずいぶんとあったんですよね。
でも、こうやってまた8個に戻る、ということになれば。
今まで冥王星も含めて占っていた西洋占星術への影響はどうなるんだろう?とか。
さそり座の守護星は冥王星になってるんですが、これも変わるんだろうか?とか。
考えてしまうわけなのです。

加えて。
冥王星が惑星から格下げされる、と聞いて真っ先に思い浮かんだこと。

セーラー・プルートはどうなるの!?

だって、外部太陽系戦士は、天王星のウラヌスと、海王星のネプチューンと、冥王星のプルートの3人でしょ?
冥王星が惑星じゃなくなる、となれば、せつなさんはセーラー戦士じゃなくなるのかしら?
となると、外部太陽系戦士ははるかさんとみちるさんの二人になってしまうじゃないか!

なんてことを、思ってしまったワケです(笑)

冥王星は惑星ではない、という修正案が正式に採択されたら。
それはそれで、あちこちに影響が出るんでしょうね。

そういえば。
今週の土曜日に本番を迎える、我が出身中学の定期演奏会。
10年前の、演奏会終了後のOB打ち上げ飲み会では、G-CLEFもアニメも好き、というシンクロ率の高い先輩がいらっしゃって。
先輩がハモリで、私がメロディで。
二人してセーラームーンの主題歌を熱唱しましたっけね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (2)
|

もう一つの聖さま記念日

今日から補習授業後半戦が始まったので、テレビ観戦はできなかったのですが。
高校野球、駒苫の3連覇ならず。
残念です(涙)
北海道に縁があって、駒苫野球部の部員たちとは同じ飛行機に乗り合わせたことのある者として、3連覇を成し遂げてほしかったのですけれど。
やはり、難しいんですね。
でも、3年連続で甲子園の決勝戦に出る、というだけでも大変な偉業です。
2日間に及ぶ熱戦を繰り広げ、見事に優勝の栄冠をつかんだ早稲田実業の選手たちにも。
3年連続で決勝まで勝ち進んだ駒苫の選手たちにも。
心からの「お疲れ様」と、熱闘を見せてくれてありがとう、と言いたいです。

だけど、応援してたチームが負けるのは、やっぱり悔しいわ(涙)

そんな今日は、私にとって、もう一つの「聖さま記念日」です。
5月1日は、OEKさんと録音した《運命》のディスクを聴いて、聖響さんのファンになった記念日。
8月21日は、初めてホールで聖響さんの生演奏を聴いて、惚れ直したという、第2の「聖さま記念日」です。

というワケで、去年の8月21日。加古川のアラベスクホールでも聴いた、ベートーヴェン作曲のバレエ音楽「プロメテウスの創造物」序曲と、交響曲第6番《田園》が収録されているディスクを聴いています。
ディスクの感想や、去年のコンサートの感想などなどは、よろしければMusic別館 Allegro con brioをご覧下さいませ。

改めまして、その《田園》
ベートーヴェンさんが音楽という形で描き出した自然の中に誘い込まれて、心を委ねて。
自然の美しさとか、激しさとか。温かさとか楽しさとか、恵みとか。
そいったものに包まれて、感じることのできる喜びを味わい、そういったものを味わうことのできるひと時に感謝し。
無上の喜びと幸せを感じるなぁ、と思いました。
聖響さんの指揮で聴くまで、そんな風に感じたことがなかったんですけどね。
先日発売された雑誌『音楽の友』9月号で、聖響さんが

「やはりあの幸せな空気は、つまるところF-Durの和声感なんでしょうね。ハーモニーの羅列によって生まれる感覚的なものと言ったらいいのか」

と仰ってますが。
それを思いますと、ベートーヴェンさんが作曲した交響曲。第6番も第8番も、どちらもヘ長調で書かれていて。聴いたら確かに、幸せで楽しい気持ちになるんですよね。
1年前、聖響さんのコンサートを初めて生で体感したあの日、演奏された曲目も、8番&6番の組み合わせ。
聖響さんも、オケの皆さんもサイコーで。
ホールの響きも良くて。
メインの《田園》が始まる前には、聖響さんのトークもあって。
席は聖響さんのほぼ真後ろで。
絶好の状況で、幸せな空気いっぱいの交響曲を聴いて、神様まで降臨して。
以来、ますます聖響さんファンの道をまっしぐらに進んでしまった、というワケですね(笑)
ハマるな、という方がムリな話じゃないか、と思ってしまうんですけれど(笑)

昨日は、「トップランナー」で貴重なお写真や映像の数々を拝見しつつ、いろいろなお話を拝聴できて。
今日は、こうして去年のコンサートに思いを馳せつつ、聖響さん×OEKさんによる《田園》を聴いて。
幸せでございます♪
……なんて幸せをかみ締めていましたら、第5楽章で号泣してしまったんですが(汗)
今思えば、去年のコンサート。あの時も、聴きながら第5楽章で号泣したんですよね。もしあの時、周囲に誰もいなかったら、今日みたいに声をあげて泣いていたかもしれません。

でも、そうか。
あれからまだ1年しか経ってないんですよね。
にもかかわらず、この内容の濃さはいったい何なんだろう?(笑)

<以下、余談>
そんな私の「第2の聖さま記念日」を知っていたわけでは、絶対にないと思うのですが(笑)
補習の生理学の授業で配られたプリントに、ベートーヴェンさんの肖像画が入ってました。
何故かといいますと、今日の授業のお題は「骨の生理学」
つまり、骨の代謝についてです。
そんな骨の代謝異常によって、骨が肥厚し、変形を起こす病気に「骨パジェット病」というのがあるのです。
この病気、日本では稀ですが、欧米には多いそうで。
「標準 整形外科学」によりますと。

初期では無症状で偶然発見されることもあるが、後に疼痛を訴える。
骨の肥厚、変形のため神経の絞扼性症候、病的骨折、難聴が生じる。

そう、ベートーヴェンさんの難聴の原因は、この骨パジェット病で。
頭蓋骨の肥厚が起きて、聴神経を通す穴が狭くなって、神経が圧迫されて、聴こえにくくなったのでは?
ということで、プリントにベートーヴェンさんの肖像画が入っていた、というワケなのです。

でも、その肖像画がベートーヴェンさんで。
難聴に悩まされて遺書まで書いて……云々といった経緯を知っているのは、クラスの中で私を含め、3~4人しかいないような気がします(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

トップランナー

皆様、テレビの前で正座なさいました?(笑)

今日は本来ならば母上と観劇予定が入ってまして、リアルタイムでは見られないだろうなぁ、と思っていたのですが。
ちょうどいいタイミングで(?)体調を崩しまして(苦笑)
今日は1日、その症状に効くツボに温灸して、一応痛み止めの薬も飲んで、家で安静にしておりました。
換気扇回して、だいぶ換気したんですけどねぇ。
服にモグサの臭いが染みついてしまいました(苦笑)
体は楽になったんですけどね。
というワケで、結局リアルタイムで拝見致しました。
金聖響さんがゲストの「トップランナー」♪

詳しい感想は、Music別館 Allegro con brioにしたためておりますので、よろしければご覧下さいませ。
いやー、萌えましたね~(^^)
おかげさまで、腹痛がかなり吹っ飛びました(笑)
山本さんや本上さんとお話されているお姿はもちろんなんですけど。
生まれて間もない頃とか、保育園の頃とか、10代の頃とか、大学時代とか。
昔の貴重なお写真の数々を拝見し。
ニコライ・マルコで優勝した時の指揮っぷり&男泣き映像まで拝見することができて(しかも、燕尾服っ!!)、本当に幸せなひと時でございました♪

実は最初20分ほど、録画はしていたものの、チャンネル間違えてることに気づかなくて(滝汗;)
再放送で改めて、しかとビデオに納めようと思います。

にしましても。
番組の中で、リハーサル風景や本番の様子として流れていた、7月9日に開かれた都響さんとのコンサート。
ああやって録画しているのでしたら、テレビで放送してくれないかしら?と思ってしまいました。
グルダのチェロ協奏曲も聴いてみたいですし。
メインは「新世界より」ですし。
全部聴きたいなぁ。

<以下、余談>
今日は1日家にいたので、高校野球の決勝戦を観戦してました。
いやー、どちらも一歩も引かない、真剣勝負の鍔迫り合いのような凄い試合でしたね。
明日の再試合、補習授業があるので観戦できないんですが、結果が楽しみであります。
個人的に、北海道に縁があるものですから、駒苫に勝ってほしいんですけど。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

激萌えっ!Saturday

昨夜、萌えの神様(←;)から天啓が降りまして(!?)
車で30分ほどの場所にある、某大型ショッピングモールの中にある、某書店へ行きました。

漫画やアニメのDVDなどが置かれているコーナーで、蓮二さんの「ANSWER」を発見。
かなり今更なコメントだとは思いますが、ジャケ写の蓮二さん、美人さんですよね~♪
歌&カラオケのおまけトークが、「柳発明所」だったのには、爆笑いたしました。
どこまで貞治好きなんでしょう、蓮二さん(笑)
さすが、データテニスを乾さんに教授した、元祖サディスト……じゃない、データテニス・マスターであります(笑)

でも、何となく別の萌えが呼んでいる気がしたので、今回は蓮二さんは「ごめんなさい」しました。
月末に発売されるユッキーはGETしたいので、その時に一緒にGETかな?

で、呼ばれた先は音楽雑誌コーナー(笑)
店頭に並んでおりました。
音楽の友 9月号」!!
先月から続く「Why music?(私が音楽する理由)」の金聖響篇後編が掲載されておりました。
もちろん、萌えはそこにもございました。
が、その前の方のページ。
付録のコンサートガイドが挟まれていて、開きやすくなっているページで、私の視界に入ったのは……。
4月に来日し、その時にずーっと聖さまが同行していた指揮者・ダニエル・ハーディング氏と聖さまのツーショット写真っ!!!
あやうく、本屋で声を上げそうになるのを必死で堪え、でも感情を逃がすことができずに、思わずページに顔を伏せてしまいました(苦笑)
リハーサルやラウンド・トーク、本番後にコンサート鑑賞などなど、ずっと聖さまがダニエルさんに同行しておられたのは、ご本人のブログなどなどで存じ上げておりましたが、こういう雑誌での対談もあったとは。
さすがでございます、山尾敦史さん♪
ダニエルさんとの対談では英語で、連載のロング・インタビューは日本語でお話されてたんでしょうね、聖さま(^^)

今月号の特集「指揮者の時代」。
ダニエルさん&聖さまの対談だけでなく、その前後の記事も興味深く拝読致しました。

次に呼ばれたのは、音楽雑誌コーナーの隣にある、映画&舞台雑誌コーナー。
キネ旬ムック「acteur」No.2 2006年9月号でした。
表紙の左隅、並んでいるお名前に、一瞬固まってしまいました。
上から順に、
安藤政信
松田龍平
山本耕史
堺雅人
……これだけ、好きな俳優さんが4人並んで、萌えずにいられましょうか、いられるわけがないっ!!
というわけで、手に取ってしまいました(汗;)
安藤さんと龍平君のインタビューは、お二人が共演した映画「46億年の恋」(三池崇史監督)のお話が主でした。
「龍」「安藤くん」と呼び合うお二人の仲良しさんっぷりに萌えでございます♪
山本耕史さんも、舞台「tick,tick…BOOM!」で地元に来られるんですよね。
実技認定試験前でなければ、観に行くんですが(涙)
舞台のお話をされる堺さんに加え、長塚圭史さんの対談連載のゲストが、寺島進さん。
これは、家でゆっくり読まなきゃダメだわ。
ということで、こちらもお買い上げ(汗;)

というわけで、本日のお買い上げ本は
・音楽の友 9月号
・acteur NO.2 2006年9月号
臓単

「臓単」は、筋肉篇の「肉単」に続くお買い上げです。
内臓系、教科書その他で勉強してはいるのですが、細かい部分がわかりづらかったり、いい模式図がなかったりするんですよね。
私がニガテな脈管系も掲載されていますし、前から買おう、買おうと思っていたんですが。
今日、やっと買えました。

しかし、萌えの赴くままに雑誌を増やすと収納場所が……(滝汗;)

<以下、追記>
「音楽の友」9月号の、聖さまインタビュー後編。
これからのコンサートスケジュールが掲載されていました。
下旬に福岡や長崎に行くのは知ってましたが、広島と島根は初耳でした。
広島は、どうも子供たちのためのコンサートということで、高校生以下のお子さん&保護者で、応募して当選した方が対象になるらしいです。
出雲は、市民会館のサイトを見ても、催し物案内が9月以降のものだったので、突き止められず……(涙)
まぁ、調べて突き止めたとしても、聴きに行くことは叶わないんですが(泣)
でもでも、広島と島根には来るのに、愛媛にも来るのに。
どうして岡山が外れているんでしょうっ!!!(号泣)
岡山or倉敷での公演を、心より熱望します。
コンサートなどなどを聴きに行く度に、アンケートで「呼んでほしいアーティストは?」の回答として、聖さまのお名前を書き続けなければ、ですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

怖いっす(汗;)

台風の円の中には入っていませんが、スレスレの所に住んでいるためでしょうか。
今日は1日、風が強かったです。
時々、その強い風に雨が混ざって、叩きつけてくるんですよね。
強風の中で降る雨に、傘はムダだと悟る、夏の昼下がりでした(苦笑)
あ、でも、テレビでよく見かけるような、ビニール傘がひっくり返ってあら大変、状態にはなってませんので、念のため(笑)

さっきも、近くで着物の着付け教室をやっているらしい、着物姿の女性が勧誘にやって来られまして。
玄関先で話していると、一時土砂降りになってました。
「こんな天気だとお着物が汚れて大変だと思いますが、どうぞお気をつけて」
と申し上げましたら、
「着物も帯も洗濯機から大丈夫ですよ~。お気遣いありがとうございます」
だそうで。
そうか、最近は洗える着物もよく出回ってるんですよね。

日ごろは平日に家にいることは滅多にないのですが。
たまにいると、いろいろな方が訪ねてこられます(苦笑)

今回の台風、スピードがかなり遅いですからねぇ。
夜中から明日の朝にかけて、雨・風ともに強くなるんでしょうね。
まぁ、進路から考えて、私が住んでいる地域では、それほど影響はないと思います。

で、今日の夕方。
NHK教育テレビをつけていましたら、「わたしのきもち」という5分間番組が流れました。
子供たちに、周囲の人たちと人間関係を上手く築いていくための手助けをするヒントにしてもらいましょう……というコンセプトらしいです。
(そういうものは、親が教えるものなんじゃないのか?と正直思うのですが;)
で、その番組のコーナーの中に「かおのたいそう」というのがありました。
今日のたいそうのお兄さんは、まとばくんでした。
画面に、的場浩司さんの顔だけが登場してました。
……ぶっちゃけ、怖かったです(汗;)
そのこわ~い顔をしたお兄さんが、眉をひょいっと上げたり、口をぽかーんと開けたり……と、面白い顔をする、というギャップがウケるのかもしれないのですが(笑)
その番組、私は今日初めて見たのですが、NHK教育テレビ、なかなか面白い番組を作りますね。

そうそう。
NHK教育テレビといえば!
20日は19時からテレビの前に正座ですわ、皆様っ!!
「トップランナー」のゲスト、金聖響さんでございますっ!!!
どんなお話をされたのか、NHKだけどやっぱり“ぶっちゃけトーク”になっているのか、などなど、楽しみであります(^^)
ビデオ、しっかり録画予約しておかねば、なのです。
ワタクシ、リアルタイムでは見られないかも……なので(滝汗;)

その聖さま、明日は「フェスタ・デ・テンプル2006」で、東京の増上寺でコンサート♪ですね。
22日は京都の知恩院。
どちらも行ったことありますが、そういうイベントをやっている、というのは初耳でございました。
聖さまとのっぽさんで、お寺でコンサート。
楽しそうですね(^^♪

イベントでは、「木魚を叩こう」なんてコーナーもあるようです。
曲の中でウッドブロックを叩いたことはありますが、お寺さんにある木魚は、また味のある違った音がするんでしょうね。。。

<以下、追記>
その「フェスタ・デ・テンプル」の出演者紹介に使用されている聖さまのお写真。
燕尾服姿には萌え(^^♪なのですが、その横に写り込んでいる“非常口”の明かりが邪魔ですわ。
と思ってしまいました(汗;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

9個? 12個?

ネットでニュースを見ていたら、こんな気になる記事が出てました。

---------------------------------   太陽系の惑星は12個(共同通信)

国立天文台に入った連絡によると、国際天文学連合は16日、太陽系の惑星の数を従来の9個から12個とする原案を明らかにした。プラハで開会中の同連合総会で議論し、最終決定する。惑星を「十分な質量を持ってほとんど球状となり恒星(太陽)を回る、恒星や衛星以外の天体」と定義。火星と木星の間にあるセレス、冥王星と対になっているカロン、2005年に見つかった、「2003UB313」も当てはまるとした。

[共同通信社:2006年08月16日 17時50分]
---------------------------------


今まで、太陽系の惑星は9個だったのですが、今後12個に増えるかも、というニュースです。
先日、「題名のない音楽会21」の「クラシック一発屋ランキング」に登場し、某J-POP系女性ヴォーカリストがカバーした、ホルストさん作曲の組曲『惑星』で取り上げられたのは、当時発見されていた水星~海王星までの8個。
その後、冥王星が発見されたということで、たしか“冥王星”も別の作曲家が追加で作曲しているんですよね。

で、今回のニュースですよ。
もし12個ということになれば、一気に3つ増えるわけですよ。
……また、どなたかが3惑星分、作曲するのかしら?
と思ってしまいました(笑)

惑星が追加される、ということであれば、影響が出ると考えられるのは、占星術。
例えば西洋占星術では、水金地火木土天海冥から地球を引いて、太陽と月をプラスして(一部、大きな衛星も使用するものがありますが)、生年月日と生誕時間と場所で、それぞれの惑星が織り成す角度を計算して……
という方法で見るわけですが、3つ増えたらどうなるんだろう?
と思ってしまうわけです。

また、横道12星座にも、それぞれ守護惑星というのがあるんですよね。
私が生まれた水瓶座の守護惑星は、天王星。
聖さまや竜さまが生まれた山羊座の守護惑星は、土星。
といった具合に。
でも、星座の数は12。惑星の数は8ということで、水星とか金星とか、2つの星座の守護惑星になっているものもあります。
3つ増えたら、これらの守護惑星も変わるんでしょうか?

国際天文学連合の総会で、どのような結論が出るのか、興味津々であります。

でも、「2003UB313」って色気のない名前が付けられた星。
惑星に昇格ということになれば、ちゃんと名前が付くと思うんですけど。。。
どの神様の名前が付くんでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

久しぶりに、出演者

昨日、ホール練習で5時間くらい立ちっぱなし+楽器搬出&部室へのお片づけ……なんてことを、10年ぶりにやったからでしょうか。
途中から、現役中学生の後輩たちが気を利かせて椅子を差し出してくれたのですが、さすがに疲れました(苦笑)
吹奏楽団を辞めて以来、ティンパニやバスドラムやドラムセットや銅鑼や鍵盤楽器一式や……なんて、打楽器フルコースの搬出&お片づけなんて、やってなかったですからね。
でも、筋肉痛にはなってないです(^^)v

倉敷市民会館の楽屋や大ホールのステージに入るのも、本当に久しぶりでして。
ブログでのご報告も兼ねて、思わず写真撮ってしまいました。
20060813_hall1
こちら、楽屋がある廊下です。
4つある楽屋は、裏の駐車場に面しているので窓があるのですが……。
私たちOBの控え室になっていた楽屋は、2階にある窓のない部屋でした(苦笑)
その楽屋、中1の定演で、自分たちの出番が終わって、先輩たちの出番になった時。
数人の部員(全員女子です;)と、電気消して真っ暗にして中で遊んでいて、「ちゃんと先輩たちの演奏聴きなさい!」と副顧問に怒られたトコでした(汗;)
でもね、別にホールで聴かなくても、ちゃんと館内放送で楽屋でも聴けたんですよね、先輩たちの演奏。

にしても、10年ぶりに入ったものですから。
その楽屋へ上がる階段を間違えて、最初別の階段を上がってしまい。
「あ、行き止まりや(苦笑)」
ブランクはかなり大きいようです(苦笑)

20060813_hall2
こちらは、ステージ下手側の、私の定位置から。
中学時代、同期の打楽器パートの中で唯一、ピアノを習っていて楽譜が読めたので、私は主にグロッケン・シュピールやマリンバ、ヴィブラフォン、シロフォンといった鍵盤系担当でした。
我が校では、鍵盤系は、クラリネットやフルートの後ろ、舞台下手に位置するのが常でして。
その定位置から、1枚撮ってみました。

中学時代、入部して最初に叩いたのがグロッケンだったんですよね。
最初は、コーンという綺麗な音がなかなか出なくて。
26日の定演でも振ってくれる顧問から、
「力任せに叩いても、ええ音せんで。優しく叩いてやらにゃ」
とアドバイスをもらって、ようやくいい音が出せるようになった、という思い出とか。
今はもう別の物に変わっていますが、私が在籍していた頃は、鍵盤に指紋一つ残さず、顔が映るくらいピカピカに磨いていて。平気でベタベタと指紋をつける同期の女子と、しょっちゅう口げんかしていた思い出とか。
いろいろあります(笑)
だから、なんでしょうね。
今回のOB参加の曲、うち3曲はグロッケンを選んでしまいました(笑)

私が、聴き手に回る時にもついつい、舞台下手側の席を選んでしまいがちなのは、こうしていつも下手側から指揮者を見ていたためなのかも、と思います。
何だか落ち着くんですよね、下手側にいると(笑)

20060813_hall3
で、そんな定位置から客席を臨むと、こんな感じに見えます。
26日の定演では、2000人は収容できるこの客席がいっぱいに埋まるといいなぁ、と思います。
……と言いましても、ステージはライトが煌々と照らされて、客電は落ちているので、観客の顔って前3列くらいまでしか見えないんですけどね(苦笑)

で、倉敷市民会館の大ホールといえば。
毎年、倉敷音楽祭のメインイベントである、祝祭管弦楽団のコンサートが開かれるホールでもあります。
……そう!
朝比奈隆さん、岩城宏之さん、小澤征爾さん、リッカルド・ムーティさん、佐渡裕さん、井上道義さんなどなど、数多くのマエストロたちが指揮台に立ち。
G-CLEFが解散前にコンサートをやり。
石田泰尚さんや徳永二男さんも祝祭のメンバーとして上がって下さった、あのステージです。
ステージに並ぶ譜面台を見て「石田さんが使ったのは、どれかしら?」と思いを馳せ。
指揮台を見て、「あそこでミッキーがクルクルと2回転のターンを決めたのね(^^) 聖さまが立つときは、ちゃんと後ろの手すりつけなきゃね」と萌えたのは、お約束です(笑)

次にこのホールに行くのは、定演前日の25日です。
ココダケのハナシですが、補習授業サボって行きます(汗;)
だってぇ、別に出ても出なくても、全然影響ない授業なんですもの、2科目とも(苦笑)
ちょっと早めに行って、現役生たちの演奏を聴かせてもらおうと思います。
1曲、ソリストさん大丈夫?&私がタンバリンのロールをちゃんとできるのかしら?(親指を革に擦り付ける方法でのロールでして、久しぶりなのでカンがかなり鈍ってるんですよ;)と心配な曲もあるんですが。
多分、何とかなるはず。
だって、我が校は伝統的に、みんな本番には強いから(笑)

<以下、追記>
久しぶりにスマスマ見てたら、70年代のヒットソングがいろいろ流れてました。
……ベスト10、ほぼ全曲歌えるんですが(笑)
そして、スペシャルではゴダイゴのメドレーが。
やはり、入ってましたね~「銀河鉄道999」
26日の定演でやる曲です。
ワタクシ、適当に余っている小物楽器で遊ばせていただく予定の曲です(笑)
今日スマスマを見た現役諸君、「銀河鉄道999」ってこういう曲だったんだ~、と思ったんだろうな(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

クラシック一発屋!?

今朝の「題名のない音楽会21」は、「クラシック一発屋ランキング」(笑)
ポップスの世界では、1曲しかヒットのないアーティストを「一発屋」と言いますが、クラシックにも凄く凄く有名な曲が1曲あって……という作曲家が何人かいらっしゃって。そういった曲の紹介でした。

最初は、「学校編」
運動会でBGMとして使われる、「天国と地獄」とか、「クシコス・ポスト」などなど、流れてました。
この「学校編」
聴いたことのない曲も結構あって、どういう基準なんだろう?と思ってしまいましたです(苦笑)
にしましても、私。
エルガーの「威風堂々」やスーザの「星条旗よ永遠なれ」を聴いて、「聖さま~(萌)♪」
スッペの「軽騎兵」を聴いて「石田~~~♪」(←最近、呼び捨てになっている人;)
実演を聴いてor一緒に楽しませていただいた方々を思い浮かべて、萌えてはいけません(汗)

「BGM編」では、アルビノーニの「アダージョ」とか、バーバーの「弦楽のためのアダージョ」とか。
パッヘルベルの「カノン」やグノー/バッハの「アヴェ・マリア」などなど、日ごろよく耳にする名曲の数々が。
アルビノーニとか、バーバーとか。
聴いたら必ず泣いてしまう曲なんですよね。
今朝、ちょこっと聴いただけでも、思わずウルウル。
飯森さんもいいんですが、ぜひ一度、聖さまの指揮で聴いて、号泣したい曲たちであります。

最後の「旅情編」では、ラロの「スペイン交響曲」が。この曲、冒頭部分が凄く好きで、聴くとゾクゾクしてしまいます(^^)
でも、あのコンミスさん、高い音の音程が微妙に低かったような……(汗;)
第1位がスメタナ作曲の「モルダウ」だったのには、納得でした。この曲、初めて聴いたのが中学時代の音楽の時間で。曲を聴きながら、雄大な川の流れや、流域の町に住む人々のことに思いを馳せたものです。

それにしましても。
マニアの域には到底及びませんが、それなりにいろいろな曲を聴いたり、演奏したりしている者としましては。
エルガーさんやスーザさん、ホルストさんなどなど、他にもたくさんいい曲を残していて、演奏される機会もあるので、一発屋と言ってしまうのはどうかしら?と思ってしまいました。

さて、今日は出身中学の定演に向けて、練習です。
それも、ホール借り切っての練習です。
久しぶりに、倉敷市民会館のステージでの演奏です。
……うちの中学、学区内に市民会館がある、というのはかなり有利だったんだなぁ、と改めて思います。
だって、定期演奏会とか、吹奏楽祭とか。事あるごとに上がるステージで、吹奏楽コンクールもやってたんですから。
私にとっても、小学生の頃から、大学時代まで。上がり慣れたステージです。ホーム・グラウンドと言ってしまってもいいのかも。
今日は歴代の顧問の先生も来られるので、しっかり絞られてきます(笑)
指揮棒、飛んできませんように(祈;)

<以下、追記>
某所で、某お兄様に教えていただいたのですが。
明日のNHK-FMで午前10時から放送される「FMシンフォニーコンサート」
金聖響さん×東フィルさんの再放送だそうです。
私がファンになる前の演奏会&放送なので、録音セットして、バイトに出ようと思います。
とある方のご好意で、録音したものを聴かせていただいているのですが、やはり自分でも録らねば!なのです。
聖響さんが指揮するブラームス、「ハンガリー舞曲」は新年に聴かせていただきましたが、やはり、交響曲を生で聴いてみたいです(^^)
……って、聖響さんの指揮で聴いてみたい曲、何曲あるんだか、私(苦笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

ご冥福を。。。

今日から、10日間の夏休みです。
初日の今日、バイトを終えて、ちょっと岡山駅の地下街で買い物をして(トイレに入ったら、スライド式のドアになっていて、ビックリ!でした)、夕飯の買出しをして、帰宅。
……すると、空がゴロゴロと鳴り出しました。
2時間くらい、ずーっと鳴ってたんじゃないかしら?
雷注意報なども、出ていたようですけれど。
最初の遠雷を聞いてから、1時間くらい経った頃、ザーッと雨が降り出しました。
場所によっては、かなりの大雨になったようなのですが、私が住んでいる辺りは、ちょうど良い自然の打ち水状態でして、おかげさまで久しぶりに涼しい夕方となりました。

そんな今日(正確には、昨夜知ったのですが…)、残念なニュースを目にしました。

ブライト艦長の声優 鈴置洋孝さん死去

6日に、肺癌で、56歳の若さで亡くなられたそうです。
鈴置さんといえば、私にとってはニュースのタイトルになっているブライト艦長というよりも、「聖闘士星矢」のドラゴン紫龍さんです。
紫龍さんは、初めてハマったアニメ&漫画のキャラでして。
他にも、「キャプテン翼」の日向小次郎とか、「天空戦記シュラト」のインドラ様とか。
当時よく見ていたアニメにも出演なさっていて、私が声優さんに注目するきっかけになったのが、この方でした。
会社勤めをしていた頃には、「星矢」がDVD化されて。
「ハーデス篇」も制作されて。
メインの5人はオリジナルキャストが揃うということで、メーカーの案内書を読んで喜んだものですが。。。
もう二度と、あの5人が揃うことはないんだなぁ、と思うと、本当に残念です。
心より、ご冥福をお祈り致します。

余談ですが、その「ハーデス篇」
アリエスのムウさんを演じていた塩沢兼人さんが亡くなられた後の制作だった、などなどの諸事情もあったためでしょうか。
黄金聖闘士のキャストがかなり変わってしまったのは、残念でございました。
(ちなみに、ワタクシ。塩沢さんと聞けば、真っ先に「究極超人あ~る」が出てくる人です;)
置鮎さんが、サガ&カノン役だったのには、ちょっとビックリだったんですけど(笑)

……という記事を書いていましたら、ニュースでアナウンサーが「乾」「乾」と連呼しておりました。
何事かと思いましたら、今日試合があった高校野球。
東海大姫路のエースが「乾」君だったんですね。
途中、ピンチになった回もあったようですが、見事に最後まで投げ抜いて、勝利。
そういえば、アニプリで描かれたスポーツ大会でも、乾さんはピッチャーで、データを酷使して勝ってましたよね~。
なんてことを、思い出してしまいました。

その「テニプリ」といえば、作者の許斐先生がご病気ということで、休載中なんですよね(涙)
今更な感がありますが、そういえばブログにはまだ書いていなかったように思うので。
先生の病気が完治して、1日も早く連載再開して下さることを、お祈り致します。

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

「のだめ」ドラマ化

今朝、テレビを見ていたら、耳寄りなニュースを聞きました。
で、ネットで探したら……やっぱり、出てきましたね~(笑)

フジ月9「のだめ」で視聴率奪還だ!(スポニチ)

「のだめ」ドラマ化だそうですよ。
主役は「てるてる家族」とか「スイングガールズ」とか、今月末には見に行ける「笑う大天使(ミカエル)」にも出ている、上野樹里ちゃん。
あのゴミ溜めの中で超絶技巧なピアノを弾く、のだめをどう演じてくれるのか、楽しみです♪
「スイングガールズ」ではサックスを練習し、今回はピアノ。大変そうです。。。

気になる千秋クンは、今大河ドラマ「功名が辻」で一豊さんの弟を演じている、玉木宏さん。
千秋クンといえば、ピアノもバイオリンもプロ級の天才で、指揮者を目指す……ということで、現在特訓中なのだとか。バイオリンとか、指揮とか、誰か吹き替えがいるのかしら? いるとしたら、誰がやるのかしら?と、そっちも気になります。
(だって、前に「それが答えだ!」で聖さまが指揮の吹き替えやってたことあるんですもの。当時は全然気づかなかったけど;)

他にも、瑛太さんの名前が挙がってますが……もしかして、彼が峰クンなんだろうか!?
そして、ドイツ人なはずのミルヒーを、竹中直人さんが演じるんですか!?
ミルヒー、どうなるんだろう?(笑)
ものすご~く、濃ゆいことになりそうな。。。(笑)
Sオケとか、R☆Sオケはどうなるのかしら?
実際の、プロの音楽家さんたちは登場するのかしら?
(だって、音楽祭のお話がありますし。。。)
ドラマで描かれるのは、留学するまでの日本編なのかしら?

などなど、気になることは多々あるのですが。
一番気になるのは、いぶし銀なオーボエの黒木君を誰が演じるのか、ということだったりして(笑)

<以下、追記>
今日、夏休み補講前半戦が無事に終了しました。
小テスト、1問ミスったのがちょっと悔しいんですけど(苦笑)
このお盆休み、日曜日はOB会などなどで息抜きして。
他の日は、バイトが終わった午後から、ニガテ科目を重点的に頑張ろうと思います。

そうそう。
右目の下瞼にできかかっていたメバチコ。
昨日1日だけ眼鏡’S復活&目薬で、無事に治りました(^_^)v

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

溶けそう(苦笑)(BlogPet)

clefは合同しないです。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「clef」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

メバチコ?

昨日から、右目の下まぶたに、ポツッと小さいできものがあります。

毛穴に限局した急性化膿性炎症は毛嚢炎。
眼瞼のものを麦粒腫(ものもらい)という。
by.外科学の教科書

ものもらい……痛みはないけど、これはひょっとして、ものもらい?
ってことは、メバチコ!?
今までできたことなかったけど、ついにできたのか、メバチコ!?

と思った瞬間に、頭を過ぎる、侑士の低音まったり関西弁(笑)
そして、リズミカルな「MEBACHIKO」(笑)
とりあえず、「いろたらあかんで」という彼の教えを守り、「目薬差しとこ」という彼の行動に倣いました。
悪化して、大きくなって、眼球に当たって痛みが出るとイヤなので。
今日は大事をとって、久しぶりに眼鏡’Sでした。
眼鏡かけると、顔がキツく見えるんですよね(苦笑)
すぐに治ってくれることを祈ります。

その「ものもらい」。
私は普通に「ものもらい」と言っていたんですが、侑士に「ものもらい=メバチコ」と教えてもらってから、すっかり「メバチコ」が定着致しました(笑)

さて、夏休みの補講前半戦終了日となる明日は、コンタクトに戻れるかしら?
それとも、もう1日眼鏡’Sかしら?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

溶けそう(苦笑)

夏は暑いもの。

とわかっていても、連日36℃前後の暑さが続くようでは、たまりませんわ(苦笑)
今日も、午前中のバイトが終わって、学校まで向かう道のりで、溶けるかと思いましたもの。
私が小さい頃は(って、何年前やねん;)、こんな35℃だの、36℃だの、なんて気温、天気予報でも聞かなかったように思います。せいぜい、32℃とか。暑くても33℃くらいで。
やはり、これも温室効果ガスによる地球温暖化の影響かしら?
と、夏が来て、毎日の最高気温とか、予想最高気温とか。
ニュースで見るたびに思ってしまいます。

と言いますか、今日の暑さはまた特別だったんですよね。
なにせ、東方にある台風に向かって、湿った空気が流れ込んでいたのですから。

夏は暑いもの。

頭ではわかってますが、何事も過ぎたるは及ばざるが如し。
ほどほどの暑さで止まっていてほしいです(苦笑)

で、昨日の話なのですけれど。
中学時代、クーラーも扇風機もない(当時は、それでも何とかなってたんですよねぇ)、暑い部室で、定期演奏会や吹奏楽コンクールに向けて、汗と涙を共に流した同級生たちと、久しぶりに集まって飲み会でした。
県外に出ていて、久しぶりに戻ってきた、という男子・Kと十数年ぶりにあって。
他にも、数年ぶりに会うメンバーとか、私とは高校が別だったのですが、Kと同じ高校だった、という面々が数人集まって、ワイワイ飲み&話で盛り上がりました。

10人ほど集まった中で、当たり前なんですが、学生やってるのは私だけ(笑)
波乱万丈な人生を歩んでいるKとか、楽器屋さんの御曹司Kとか(おお、ダブルでK君だ/笑)、母となっている友人とか、仕事に打ち込んでいる皆さんとか。
いろいろな話を聞いていて、今はまだ、ちょっとのんびりしているのが申し訳ないような(汗;)

まぁ、歩く道は人それぞれですし。
私も学校を卒業して、臨床に出てからが本当の勝負なのでね。
もう少しだけ、ちょっとのんびりしてもいいか。
と思うと同時に。
そうやって頑張っている同級生とか、これから出会うであろう患者さまとか。
日常生活で溜め込んでいるであろうストレスとか、疲れとか、そこからくる痛みとか。
少しでも軽くできる人になれたらいいなぁ、と思いました。

波乱万丈な人生を歩んでいるKは、これからまた新たな挑戦をするようで。次に会うのは何年後になるかわかりませんが、また「え!?」と驚くような経歴を聞かせてくれることでしょう(笑)
ここでこんなことを呟いても、きっと聞いてないと思うけど。
成功とご多幸をお祈りしてますわ(^^)

昨日集まったうちの数人は、13日のOB&現役合同練習でも顔を合わせます。
下旬には、一緒にステージに上がることができます。
10年のブランクがありますから、打楽器奏者としての腕は落ちてますが、存分に楽しもうと思います。

そうそう。
それだけの人数が集まると、やりたくなるのが「聖さまリサーチ」(笑)
幹事を買って出てくれた友人には、聖さま×シエナの「リード!×3」を聞かせたので、知っているんですが。
他の人はどうかしら?と、聞いてしまいました。
さすがに、披露宴にN響のメンバーを呼んで生演奏してもらった、というツワモノの楽器屋の御曹司は、聖さまのことを知ってました。
知らない皆さんには、20日の「トップランナー」を見てね♪
と布教活動をしておきました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

予定のない日曜日

と聞いて、G-CLEFの曲が浮かんだ方。
同志でございますね(笑)

今日は久しぶりに、試験勉強とか、コンサートとか、学校行事とか。
そういった予定が何もない日曜日を過ごしました。
何週間ぶりでしょう、こういう日曜日(笑)
おかげさまで、ゆっくり家のこととか、勉強とか、まだできていなかったブログのフォトアルバムの整理とか。
いろいろできました。

毎日35℃前後の暑さで、今日も36℃か37℃まで気温が上がってました。
それでも、家中の窓という窓を全部開けたら、結構風が通るんですよね。
扇風機だけで午前中~昼下がりまで過ごしていたんですが、15時近くなってくると限界でした(苦笑)
「あ、暑い……」
(と言ったら魂抜かれる、っていうのが、昔『幽遊白書』にありましたね。余談ですが;)
我慢できずにクーラーのスイッチをON。
FMラジオでN響のベルリオーズを聴きながら、解剖学の復習をして、その後でブログのフォトアルバムを整理しました。

というわけで、なかなかアップできずにおりました、フォトアルバム「コンサートの思ひ出」。
PCでご覧になっている方は、ブログの左の柱からご覧いただけます。
コンサートに行った時に撮影した写真や、出演者にいただいたサインなど、展示しています。
よろしければ、ご覧下さいませ(^^)
なお、それぞれのコンサートの詳しい感想は、Music別館 Allegro con brioをご覧いただけましたら幸いです♪

そうそう。
日中は暑いので、日没直後に庭の草むしりをしました。
雑草が伸び放題だったので(汗;)
そこで、再び蚊に刺されてしまいました(涙)
ひと掻きする前に、虫刺されの薬をペタペタ。
おかげさまで、今回は悪化せずにすみそうです(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

男子、浴衣萌え?

夕飯の支度をしている最中、中学時代の同級生で、高校時代の塾仲間で、OGとして共にステージに立つ同士でもある友人から、電話がかかってきました。
留守電に切り替わった直後に電話を取って「ごめんね、お豆腐を掌に乗せてたもんで……」と言い訳しましたら

友人:「結月ちゃん(仮)の口から、初めて主婦らしい言葉を聞いたような気がするよ(笑)」

失礼な(笑)
一応主婦ですよ、これでも(笑)
味噌汁に入れるお豆腐は、掌に乗せて切りますよ(笑)

そんな今日、私が住んでいる岡山では、街を流れる旭川で花火大会が行われました。
だからなのか、補習授業の出席率もサイアク(苦笑)
花火大会の場所取りのために、授業をサボったクラスメイトもおりまして。
担任から嘆きのメールが届きました(汗)
お気持ちはわかりますが(苦笑)

で、放課後。
花火大会へ向かう浴衣姿のお嬢さんとか、カップルを大勢見かけました。
近くのコンビニかどこかへ行っていたらしい男子が数名、「暑い~」と言いながら戻ってきたんですけどね。
その時に、浴衣姿のお嬢さんを後ろに乗せた、自転車の男の子とすれ違ったようなのです。

男子:「そこの2ケツ、止まりなさい!って言いたくなった」

まぁ、気持ちはわかりますわ(笑)
他にも口々に「声かけたら気持ち悪いって言われるかな?」とか。
「彼女欲しい」とか、「一緒に花火大会行きたい」とか。
切実な心の叫びを聞かされました(笑)
その側を通りかかった女子に「どうしたんですか?」と聞かれたので

私:「みんな、浴衣萌えしてるみたい(笑)」

と言っておきました(笑)
彼女いない歴数ヶ月~数年の、お年頃の男の子たちにとっては、浴衣姿のお嬢さんたちは少々シゲキテキだったみたいですね(笑)
いつまでも「外暑い~、出たくない~」「浴衣の女の子もいっぱいいるし~」と渋っているので

私:「はいはい。時間遅くなれば、もっと浴衣のお嬢さんが増えてくるからね。今のうちに、お姉さんと一緒に帰ろうね」

となだめて、駅まで連れて行って、同じ路線の電車に乗せました。
手のかかる、弟のような男の子たちです(笑)
でも、いずれは成長して、頼もしくなって(?)、「結婚しました」とか「子供生まれました」なんてコトになるんでしょうねぇ。

<以下、追記>
今日、千葉マリンスタジアムで行われたロッテvsソフトバンク戦で、聖響さん×シエナさんが、観客と一緒に演奏する、という企画が行われていました。
詳しくは、こちらに出ているんですが。。。
試合前に「星条旗よ永遠なれ」。
7回終了後にも演奏があったようです。
聖響さんの指揮でっ!!!
チラッとでも、ニュースに映るかしら?と、ほんのわずかな期待をしながらスポーツニュースを見てましたが、ダメですねぇ、やっぱり(苦笑)
かくなる上は、シエナの団員さんか、聖響さんか。どなたかがブログでその様子を書いて下さることに、期待いたしましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

結月、十四たび走る

毎日暑いですね~。
今週は、この暑い中、模試があって大変でした(苦笑)
まだ習ってない科目とか、半分も進んでない科目がいくつかありましたが……一応、基礎問題8割越え+通常問題6割越え、という国家試験の合格ラインは突破してました。
でも「これ、何だったっけ?」と忘れてるところもかなりあったので、もうちょっと頑張らないとダメかも(汗;)

さて、いつもいつも、私にバトンを渡してくださる侍Armsの虎鉄丸さんから、またまた「走ってください~」とお願いされておりましたので(笑)
これまた、長すぎるタイブレーク……ならぬ、長すぎる準備運動を経まして、ちょいとそこまで走らせていただきます。

----------------------------------
この度は、『管理人バトン』です(^^)

※バトンを受け取った方は下記にHNの記載をお願い致します。
新空ちはら→ウサギ→晁宮ゆき→檜山くじら→クロダ→オカモト→弥助→飛燕リンドヲ→要→ものっそ→渡部あや→直西啓太→符太→ヤカン→しろ→とめ薬子→藤谷 望→ミキコマル→マキ←v―一二三 羽蘭→紅霧 雅→林下 双葉→笹原よもぎ→小野上明夜→未知慧流→虎鉄丸→結月秋絵

【貴方のHNを教えてください】
結月秋絵と申します。
秋絵は旧姓時の本名を短縮したものでして。
「月」の字は、どうしてもHNに入れたくて、「結」は「ゆう」という音の響きが好きで、くっつけてしまいました。

【貴方のサイト名を教えてください 】
結月堂です。
結月秋絵が運営するサイトだから、結月堂。
そのまんまです(笑)
サイト開設時に勤めていた会社が○○堂、という社名でしたので、「堂」にしました。
HNの読みは「ゆづき」ですが、サイト名は「ゆうげつどう」。
ちょっと読み方を変えています。

【いつからサイトを運営し始めましたか? 】
2002年7月15日からです。

【管理人歴はどれくらいですか? 】
今日は2006年8月3日なので、4年と19日です。
乾さんと蓮二さんが離れていた期間には、ちょっと足りません(笑)

【サイトのジャンルや属性について割と詳しく説明してください】
サイトのジャンル……本館は、音楽や舞台、映画など、さまざまな鑑賞モノの感想サイトです。
最近は、音楽の話題が中心です。指揮者・金聖響さんにピンポイント・スマッシュ!ですが(笑)
別館はテニプリこと、テニスの王子様の二次創作サイトです。801モノ書いてます(汗)
キャラは青学のデータマンにして、眼鏡’Sの一員。情報収集&分析能力と野菜汁の殺傷力は天下一!(←;)な乾貞治さんメインです。
最初は乾塚から始まったんですが、幼馴染でデータテニスの師匠でもある柳蓮二さんが登場してから、すっかり柳乾にハマり、以来リョーマ乾とか、海乾とか、リョーガ乾とか、榊乾とか、跡部乾とか。乾受けのレパートリーを増やしています。
あ、それとは別に、801なし&立海までのオールキャラ出演による、ハリポタdeテニプリも書いてます。ハリポタのお話を、テニプリキャラでやったらこうなる、的なお話です。ラスト1話、早く完結させないといけません(滝汗)

てな具合で、いろいろやってるんですが。。。
最近は、このべっさつと、Music別館 Allegro con brio、2つのブログの更新のみになってます(大汗;)

【サイト訪問者様に是非行くべきだ!!
と貴方がオススメ出来るサイト様を5つ書いて下さい。 】
5つかぁ。
絞れないですねぇ。
と言いますか、私、決まったサイト、というかブログしか見ないので。。。
でもでも、何はともあれ、指揮者・金聖響さんのサイトと、ブログは必須でございます!

【貴方のお知り合いの管理人様に繋げるだけ繋いでください。】
私のお知り合い……皆さんブロガーさんなので。。。
今回は、ワタクシがアンカーということで、お許し下さいませ(平謝り)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

爆睡!?講演会(BlogPet)

きのうclefが、夏休みへ消化したかもー。
clefは、大阪に演奏するはずだったの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「clef」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

爆走、ヒスタミン

ここ最近、やたら虫に刺されます(涙)
特に、右腕を重点的に狙われております(涙)
気がついたら、あっちにも、こっちにも、虫刺されの跡が。。。(泣)
あちこちで、虫刺されによるⅠ型(アナフィラキシー型)のアレルギー反応が起こっています。
(アレルギー反応、と一口に言いましても、4or5種類あるのです。説明は割愛しますが;)
皮膚表面で肥満細胞からヒスタミンなどなどが遊離され、痒みが……(泣)
炎症反応も、刺された場所を中心に、結構広い範囲で起きてまして。
まさに、「赤くなって水っぽくなって、熱もって腫れる」状態。
あら~、炎症症状出てるわ~。
なんて感心している場合ではなくて、ですね(苦笑)

かなり痒いです(号泣)
どれくらい痒いかと言いますと、痒みで模試に集中できないくらい、痒いです(泣)
でも、掻いたら酷くなる!と思いまして、登校途中で薬局に寄って、気休めではありますが、痒み止めパッチを購入。それを貼って、模試受けました。
教室内は冷房が効いていて寒いため、余計に、炎症が起きている場所が熱を持っているのがわかって、痒みも増強、という悪循環です(苦笑)
消炎鎮痛効果のあるステロイドを含む虫刺され薬、塗ってるんですけどね。。。
2~3日で、炎症が治まってくれるまで、辛抱するしかないみたいです。

去年はこんなに頻繁に刺されること、なかったんですけどねぇ。
痩せて、体質が変わって、血が美味しくなったのか!?(笑)

多分、バイト先のバックルームで刺されるんだろうなぁ、これ。
刺される場所が腕に集中してますからね。
それも、半袖とか、7分袖のカーティガンの袖口に合わせたような場所で。
ユニフォームとか、バイト中は脱いでいるカーディガンをかけているロッカーで、服についちゃうのかしら?
と思ってしまいます。
あのバイト先のバックルーム、冷房があまり効かなくて蒸し暑くて、物もいっぱいあって、ちょうどいい感じにほこりっぽですからねぇ(苦笑)

さて、この苦行がいつまで続くのやら。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »