« とか考えてたよ(BlogPet) | トップページ | 柔道場の血痕 »

マーラーさんに溺れる

9:00~
「題名のない音楽会21」を見る。
今日は先週に引き続き、佐渡裕さん×シエナさんの特集。今週は吹奏楽に合唱も加わるという、私的には初めての体験。
最初からエルガー作曲の『威風堂々』で、テンション最高値(笑)
他に演奏された曲も、ヴェルディ作曲の歌劇「アイーダ」から『凱旋行進曲』(ちゃんとアイーダトランペットを使用するっていうのが、さすが佐渡さんなのです♪)や、オルフ作曲の『カルミナ・ブラーナ』の冒頭部分でテンション上がる上がる(笑)
オケと合唱もいいけれど、吹奏楽と合唱もイケルじゃないか、と新たな楽しみを発見した気分♪

15:00~
岡山シンフォニーホールでマーラー作曲の「千人の交響曲」を聴く。
ホール開館15周年記念、オケの第30回特別定期ということで、一般公募の合唱団を加えてのスペシャルな演奏会。
演奏者は総勢400人を越えていた。
みんな揃ってフォルティッシモな瞬間ときたら、もう。
床は振動してるし、魂ごと揺さぶられるような気分でわけもわからず涙するし、音の渦に叩き込まれて溺れるような気分。
その規模も凄いが、曲も凄い。あれは交響曲を超越している!と思う。
指揮者の広上淳一さんも、ゲスト・コンマスの長原幸太さんも素晴らしくて、楽しい♪
曲の冒頭から、広上さんも長原さんも合唱もオケも全開!状態で、またまたテンション最高値(笑)
気持ちよかった~♪

聴きながら
「この曲を、あのSさまや、このSさまや、そのSさまが振ったらどうなるんだろう?」
と考えていたのは、ココダケの話(笑)

演奏は素晴らしかったし、曲も凄かったんだけど。
いただけなかったのは、私の斜め後ろに座っていたお姉さん二人連れ。
指揮者が棒を振り上げて、曲が始まったら黙れ!
演奏の音量がそれなりに大きい時はあまり気にならないけれど、音量が落ちて静かになってからもまだしゃべり続けていて耳障りだったので、思わず睨んでしまった。。。

21:00~
N響アワー。
またまたマーラーさん(笑)
それも、交響曲第5番の第1楽章&第5楽章(おおっ、葬送行進曲と歓喜の歌だ)と、交響曲第9番の第4楽章。
今日の午後は、マーラーさんの凄いトコを満喫しているぞ(笑)

そういえば、前に「ラブリー作曲家占い」ってのをやったら、私は「マーラー」な人、という結果だったっけ(笑)
「千人の交響曲」の感想は、Music別館 Allegro con brioにしたためております。
よろしければ、ご覧下さいませ(^^)

22:20~
芸術劇場。
5月に生演奏を聞き損ってしまったツィメルマンの、貴重な映像を拝見&拝聴。
……モーツァルトさんを聴くとほっとするのは、マーラーさんに溺れまくったのが原因か?(苦笑)
そして、ベートーヴェンさんのピアノソナタ『悲愴』は、第2楽章がとても有名ですけど、私的にはやっぱり第3楽章が好きなのです♪

|
|

« とか考えてたよ(BlogPet) | トップページ | 柔道場の血痕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10811/12114878

この記事へのトラックバック一覧です: マーラーさんに溺れる:

« とか考えてたよ(BlogPet) | トップページ | 柔道場の血痕 »