« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

指輪 その2

今日もテストでした。
でも国家試験には関係のない科目で、先生も追試を受けさせるつもりがないので、テストは持ち込み可。
それも、何を持ち込んでもOK。
私は解答するのに役に立ちそうな教科書3冊と参考書を1冊持ち込んだのですが、中には教科書6~7冊持ち込んだツワモノもおりまして。
担任がその様子を見て
「何冊持ってきたかでその人の慎重さがわかるな」
と仰ってました(笑)

設問のうちの1つはPT用の運動学ノートからまるっきりそのまんま出てまして(笑)
 うわ~、これ、めっちゃ見覚えある~(爆)
 手抜きやな~
 先生、やる気無いなぁ(笑)
と思いながら解答書きました。
まぁ、楽勝ですわ(笑)

あと2日ありますが、1科目ずつなのでとても気が楽です。

なんて学校ネタはこれくらいにしておきまして。
ビーズアクセ作りの先輩である中三月さんから新作が届きました。
今回は指輪です(^^)
Nakamitsuki10
こちら「クレオパトラ風」というタイトルがついていたのだとか。
大き目のビーズを使ってゴージャスに作りましょう、ということだったようなのですが、中三月さんは
「ちょっと地味目に作ってしまった」
のだそうで。
性格かしら?と仰ってました(笑)
控え目な彼女らしいなぁ、と微笑ましく思ってしまったのですけれど(^^)

私は今のところイヤーカフにつけるパーツやネックレスばかりつくっているのですが、そのうち彼女に教わって指輪も作れるようになりたいなぁ、なんて思ってしまいました。
問題は、いつその時間が取れるか、ということなんですけど(爆)
年内は無理そうなので、来年シクヨロです~♪>私信;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

合格しました(^_^)v

期末テスト、終わりました~。
はぁ、今日の科目はキツかったですぅ(泣)
特に外科。。。
いろいろな疾患を見てきたと仰っていましたが、さすが専門は心臓外科医です。心臓・脈管疾患からの出題が多くて、それもめっちゃマニアックな問題の連続(苦笑)
今回は実技認定試験もあったので、私を含め、一夜漬け&直前勝負だった人も多くてですね。
授業中に先生が話していたことからも出題されていたので、予告どおり(前期のテストで100点取った人がいて悔しかったから、難易度を上げるとのたまったのですわ;)難しかったです。
でも多分、何とかなっていると思います。
ダメだったら潔く追試受けますわ(笑)

で、テスト終了後に23日に受けた実技認定試験の結果が返ってきました。
受かってました(^_^)v
実技も柔道も、どちらも受かってました(^^)
これで国家試験までの第2関門もクリア。
後は来年の卒業試験と国家試験、頑張ろう。

期末テストも終わったし、今日は気が楽です~(^^)
って、え?
あと3日残ってるだろう、って?
残りの3日は1日1科目で、実技は認定試験で外部の先生に試験をしてもらったので、今回は記述なのです。それも、実技認定対策で勉強済なので、さらっと見直すだけでOK。
明日の科目は教科書などなど持込可なので、勉強の必要ナッシング。
最終日の金曜日はクラス担任が担当したテストなので、今までの総復習。こちらも、前日に見直せば十分。
ということで、期末テストは終わったも同然なのですわ、をほほほほ♪

さあ、日曜日に録画してまだ見ていない、アーノンクールさん指揮のアマデさんでも見ようかな~(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

のだめ第7回とテニプリ

テスト期間中ですが、「のだめ」とテニプリは欠かしません!
とりあえず、初日の整形外科&関係法規は無事に乗り切りました。
まぁ、勉強の量云々ではなく、今日のテストは簡単に作られていたから、というのが理由なのですが。。。(汗)
問題は明日の外科学なんですが……とりあえず64点以上取れば、外科学概論「優」確定だからな。何とかなるだろ。

「のだめ」。。。
いきなりハリセンが大爆発でございますね~(笑)
でもって、ぶち切れてますね~のだめちゃん(怖;)
そっか、のだめちゃんってキレたら熊本弁(でしたっけ?)になるんでしたね。
冒頭からシベリウスの「フィンランディア」にショパンの「幻想即興曲」ですよ~。
「フィンランディア」の冒頭部分はハリセンのテーマでございますか(笑)
道の両側でのだめちゃんと千秋センパイがすれ違う時は「別れの曲」でしたね~。ベタですが、なかなかやりますわね(ニヤリ)
BGMも毎回変化に富んでいて楽しいです。

そういえば、昨日の聖さまのコンサート。
のだめちゃんが持ってるピアノの鍵盤バッグを持ってる方がおられましたね(^^)

新オケ飲み会も、凄いことになってますね~(笑)
やっぱり20歳前後の皆さんはテンション高いですよね~
うちのクラスの飲み会も。。。(笑)
どんちゃん騒ぎの中で、一人静かに飲んでいる黒木クンがステキなのです♪
そして、ついに出ました。
いぶし銀のオーボエ協奏曲!(笑)
モーツァルトさん作曲の、とっても有名なオーボエ協奏曲。
いいですね~(^^)
のだめちゃんに一目ぼれしてピンクのモーツァルトになっちゃう黒木クンもいいですが、直球勝負の峰クンもいいですね~。
恋のパワーでいぶし銀からピンク色に変化するアマデさんは。。。演奏や音色そのものより、演出の勝利ってトコでしょうか(爆)

ミッチーの佐久間さん、今日はダンス付きでしたね~、詩の朗読(笑)
ひょっとして、あれって回を重ねるごとにハデになっていくのかしら、パフォーマンス?(笑)
まぁ、演じているのがミッチーですものね。欲を言うならスポットライトを当てて、お花を散らしてほしかったような(笑)
でも今回一番の注目シーンはハリセンでしょう。
まさか、ハリセンの「おなら体操」が見られるとはっ!!!(爆笑)
それも、歌詞付きで(笑)
豊原さん、さすがでございましたわ(笑)

それにしても、来週はもうコンサートでブラームスなんですね。
やっぱり、展開が昨日の聖さまのアマデさん並に速いような。。。

続きまして、今週のWJテニプリ、もとい、でかした海堂(笑)
やっぱり悔しかったんやな~、小春ちゃんにトルネード・スネイクのジャイロ回転を見抜かれたのが(笑)
自分も開発に手を貸した技を1球で見抜かれたもんなぁ、乾さん。
そりゃぁ悔しいよなぁ、うんうん。
とバイト先で立ち読みしながらニヤニヤするという、朝から変な人になっておりました(爆)
乾さんの名誉のためにも小春ちゃんに一矢報いた薫ちゃんに、乾杯と書いて“いぬいはい”!(笑)

汗だくになるから被り物はイヤ、って覆面外した桃海コンビに「かぶらんかい」って覆面続行を厳命するスミレちゃんは、今週も男前でございましたね(笑) 二人を煽るのも上手いですよね、彼女。さすが顧問ですわ(笑)
これで桃海コンビが優勢になるのかと思ったら……濃ゆいキャラの小春ちゃんの横でちょっと地味だったユウ君がついに出てきましたね(^^)
モノマネの人だったんですか、彼は。
覆面レスラー状態で小春ちゃんのお笑い攻撃を防いだと思ったら、今度はユウ君のモノマネ攻撃。
怖いっすね~。
さすが関西系バカップル(←モブの下級生たちが叫んでるのを見て、二人の仲は公認なのか!?とビックリしましたわ/笑)
お笑いバカップルvs覆面レスラーコンビの対決、来週も楽しみであります♪

<以下、翌日の追記>
のだめちゃん、HPで確認したら福岡生まれだったんですね。
(↑すっかり忘れていた人;)
ってことは、昨日のあれは福岡弁だったのか。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

アマデさんとピリオド奏法

ミッキー、若っ!!!

すみません、N響アワーを見ていて思わず絶叫してしまいました(爆)
今日のN響アワーはファゴット特集。
N響ファゴット奏者の岡崎さんがゲストです。
その岡崎さんがソリストを務めたモーツァルト作曲のファゴット協奏曲が流れたのですけれども。指揮が井上道義さんなんですよ。23年前の。

いや~、さすがにお若いです。
でも髪型が今とほとんど変わらないので、全然違和感ないです(笑)

今日は昼も夜もアマデさん。
昼も夜も聖さま♪
明日からの地獄の日々がウソのような、嵐の前の静けさ?と思しき幸せな1日です(笑)

でも同時に、今年1年の聖響さんのコンサートの聴き納め&見納めで、アマデさんシリーズも今日で終了。大阪センチュリー響との年4回シリーズも今年でいったん終了ということで、ちょっと寂しい気持ちもあります。
あ、感想の中で書き損なってしまったんですが、今日の聖響さんはネクタイスーツでございました♪
前半からかっ飛ばして、ちょっと爆っておられました。
(ベトベンさんの爆っぷりからすると、ちょっとおとなしめでしたので/笑)
今日はシリーズ最後で交響曲3曲プロ、ということで聖響さんも大阪センチュリー響の皆さんも気合入っておられました。
聖響さんの気合が入ると、それに比例して長くなるのがワタクシの感想です(爆)
というわけで、感想はMusic別館 Allegro con brioにしたためておりますので、よろしければご覧下さいませ。

で、続きましては「芸術劇場」
こちらで放送されるのは、ニコラウス・アーノンクール氏&ウィーン・フィルでモーツァルトのラスト3曲交響曲の演奏会を……と聴いた瞬間、思わず。
今日聴いたコンサートのプログラムと全く同じやんか。
とテレビにツッコミ入れてしまいました(笑)

番組に先立って放送される情報コーナーに、その聖響さんがご出演♪
これまた昼間のコンサートを彷彿とさせるネクタイスーツ姿(笑)
なんだかデ・ジャ・ヴ感を味わってしまいました。

ピリオド奏法に関する聖響さんのお話は、今まで雑誌やテレビなど、あちこちで聞いてきたさまざまなお話を簡潔にまとめていただいたように感じました。
ロジャー・ノリントンさんの指揮でピリオド奏法に挑戦したN響さん。ラジオとテレビでその演奏は聴かせていただきましたが、やはりあの演奏をモノにするまでにはかなりの苦労があったのだなぁ、と。リハーサル風景を見ながら感じました。
本番では見事なピュアトーンでしたよね。
その様子を見ながら、来年聖響さんがN響さんを振るための準備が着々と整いつつありますわね。
なんて思ってしまった私は、あくまでも聖さま至上主義でございます(笑)

にしても、やっぱりNHK教育テレビでピリオド奏法についてお話しするということで、ちょっとかしこまっておられたような。。。(笑)
アーノンクールさんのアマデさんにも興味ありますが、今日は聖響さんと大阪センチュリーさんのあの音をずっと頭でリピートしたいので、また後日にします。
これでも一応、明日から期末テストなもので(汗)
しかも、しょっぱなから一番大変な整形外科なので(大汗)
バイトはお休みをいただているので、朝イチから学校行って、最後の追い込み&叩き込みに賭けます(爆)

<お詫び申し上げます>
26日の22時頃から数時間、Music別館 Allegro con brioの「聖響/モーツァルト ~天才が遺した音楽~ アマデウス 永遠の叫び(11月26日付け)」の記事内容が表示されておりませんでした。
どうやら、一度入力した記事が全て消えてしまったようです(涙)
おぼろげな記憶を頼りに書き直しをしまして、再度アップいたしました。
表示されていない時間帯に訪れて下さいました方には、大変ご迷惑をおかけ致しました。
申し訳ございません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

という代名詞にも知られている(BlogPet)

年に開かれた日本文化に開かれた(という音楽なのであります(合掌)


でも「蝶々夫人」
といえば、1900年に開かれた、「蝶々夫人」
といえばこれ!
という代名詞にも知られている「ミス・」
サイゴン
が出てきてしまうのはありませんが、叫びたくなるお気持ちはわかります
と、clefが考えたの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「clef」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

聖さまの日?

一夜明けて、風邪の症状が咳中心→鼻風邪と症状が変わりました。
良くなっているのか、一進一退なのか。。。
とっても微妙です(苦笑)

そんな朝から嬉しいお知らせがありました。
26日の日曜日。
22:00~NHK教育テレビにてピリオド奏法を取り上げた番組が放送されます。
そういう番組があるんだよ~、ということは知っていて。ピリオド奏法を取り上げるなら聖さまをゲストに呼ばなきゃダメよねぇ、と思っていたのです。
そうしましたら、やはりご出演なさるのだとか!
公式ブログでスタッフさんよりご案内がありました。

番組内では、ニコラウス・アーノンクール氏やダニエル・ハーディング氏、サイモン・ラトル氏などなど、いろいろな指揮者によるピリオド奏法の演奏が聴けるようですので、見逃せないのであります。
11月3日のモーツァルト特番に続いて、ひと月で二度のテレビ出演。
ファンとしては嬉しいことです♪
というワケで、皆さま、26日の夜はテレビの前に正座&録画セットなのです(^^)

嬉しいですね~。
日曜日はお昼にナマ聖さま、夜にはテレビで聖さま♪
聖さま三昧な1日ですよ~(^^)

番組についての内容は、こちらから確認できます。
NHK教育テレビ 11月26日 22:00~
芸術劇場 情報コーナー 新潮流ピリオド奏法

ゲスト:金聖響
22:30~翌日午前0:25
芸術劇場

うーん。
翌日から期末テスト、それも初日の月曜日から一番キツイ科目が襲い掛かってくるというのに。
どうしてこう、興味をそそられる&絶対に見逃せない番組が放送されるんだか(苦笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

終わったぜ!

実技認定試験、終わりました~~!!!
トップバッターだったので、柔整実技テスト→柔道場へ移動→柔道テストを終えて、着替えて柔道場を出て時計を見ても、まだ10時を過ぎたところでした(笑)

ここ最近、実技認定試験で検索をしてヒットして、アクセスしてくださる方が増えているのですけれど。
何が出題されるか、という情報は各学校にも伝わると思いますので、ここではあえて申し上げません。
が、日ごろの実技の授業をマジメに受けて、所詮こんなものとタカをくくることなくしっかり準備して、練習して……と努力することを怠らなければ、必要以上に恐れることはないと思います。
私も今日、我が校では1年生の時に習ったことが出題されました。
そういう意味では、3年間の積み重ねって感じですね。
……ぶっちゃけ、その3年間の努力の結果をあれだけで評価されちゃうのか、と思うとちと切ない気持ちもあるんですけど(苦笑)
だって、勉強したことの2~3%も聞かれてないんですもの(笑)

柔道に関しても、型の出題で「え?」と不意を衝かれることがありましたが冷静に対処できましたし。
受身もOKでしたし、礼法も間違えませんでしたし、乱取りは……あんなものでしょう(汗)
相方さんと二人して、女子の中では誰よりも努力したという自負があります。
私は受身や技の覚えが悪いので、礼法と型は誰よりもきちんとできるようにしよう、と決めて頑張ってきました。その成果は、十分に発揮できたと思います。
あとは、2年連続で昇段審査を受けていて、外部の先生の前で自分の柔道をすることに慣れさせたのも良かったのかも。

3年生になってから毎回の授業で行われた整復法の記述テストも毎回ちゃんと書いてましたし。
11月に入ってからは、口頭試問や整復法のシミュレーションも頑張りましたし。
柔道だって、授業時間外に相方さんと練習したり、他の人に型や技を教えるなんて面倒も見ましたし。
そうやって、努力と準備を怠らなかったからこそ、何事もなく無事に終了したのかな、と。
プラス、聖さま指揮の「田園」と「カヴァレリア・ルスティカーナ 間奏曲」のおかげでしょうか♪

これで、国家試験までにクリアしなければならない二つ目の山を越えました。
次はいよいよ、国家試験です。
その前に、来週の期末テストがあるので、もうひと頑張り致します。
風邪もまだ治りきってないですし(昨夜、咳き込んで目が覚めました;;)

でも実技試験頑張ったから、今日は夕方まで遊ぶぞ!と決めまして。
お昼前に母上と待ち合わせて、映画デート致しました。
予告どおり、観て参りましたよ~「トンマッコルへようこそ
しっかり笑って、しっかり泣いて。
スッキリしてきました。
予告で見たときは、とてもほのぼのした感じの映画かな?と思っていて。
確かにほのぼのしているんですけれど、南北戦争と絡んでいるお話だったので、心が痛い部分もありました。
戦場にいる連合軍アメリカ兵と、韓国の兵士と、北朝鮮の兵士。
戦場でのしがらみや対立も、トンマッコルの村ではとても滑稽に思えるくらい、村人たちは生きている世界が違うんですよね。
どこが戦場になっていて、どことどこが戦っていて、どの町が焼け野原になって。。。なんてことよりも、蜂の巣の様子やイノシシに畑を荒らされたことの方が重要なわけですから。
戦場という極限状態の中である種の“人間らしさ”を失くしてしまった人と、純粋に素朴に生きている人。
敵対している人同士や、違う世界に生きている人たちが心を通わせて、力を合わせていく様子は、見ていてとても気持ちが良かったです。
ラストは、かなり切なかったですけど(泣)
イノシシ退治のシーン、演出も込みで面白かったなぁ(笑)

久石さんの音楽もとてもステキでした。
音楽と映像の雰囲気と、ストーリーの共通点から、やっぱり「千と千尋の神隠し」を思い出してしまったんですけれど(爆)

そうそう。
映画を見に行きましたら、「敬愛なるベートーヴェン」の予告を見ることができました。
第九聴いて、泣きそうになりました(笑)
本編見たら絶対泣くだろうな、この様子だと(笑)

※柔道の実技認定試験。
どうしても教えてほしい、という方がおられましたら個人的にメール送って下さいませ。
記事の左側からメールフォーム画面にリンクしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

のだめ第6回とテニプリ

まずは、のだめドラマから。
先週放送された千秋クンのラフマに触発されて、のだめちゃんが燃えてますね~。
せっかく千秋クンが綺麗にしてくれたお部屋は元通りになってるみたいですけど(笑)

ミルヒーは今度こそホントに帰国して、みんなは進路の悩みがいろいろあるようで。
そういえば、某音楽集団のヴァイオリニストさんが昔仰ってましたね。
「某大(←彼の出身音大)は失業者予備校だ」
と。。。
今でも大変なんでしょうか、音大生さんたちの就職って。

夢色クラシックの佐久間さんことミッチー、再び登場ですね~♪
言いたいことを詩に託す佐久間さん、面白すぎですわ(笑)
はまりすぎですよぉ、ミッチーの佐久間さん(笑)
詩が大仰過ぎて通訳が必要ってのが困りモノですけどね(爆)
ピンナップ付きの記事って凄いっすよね。
……聖さまでもピンナップ付きの記事、作ってくれないかな~。
観賞用と保存用と布教活動用に、最低3冊は買うんだが。。。(←どこまで本気だ!?)

のだめちゃんと千秋クンのラフマ・デュオ。
キレてますね~、のだめちゃん♪
冒頭の和音、ホントにフォルティッシモだし。
テンポがめっちゃ速いし。
ほとんど聞き覚えでピアノ協奏曲、それもラフマニノフの難曲を弾いてしまうのだめちゃんも凄いですけど。
オケパートをピアノで弾いてしまう千秋クンも、相当凄いと思うです。
またしても、原作では想像するしかなかった曲が聴けて楽しゅうございました~♪

それにしても、千秋クンのお寿司の食べ方ってサイアク。。。
ネタだけ食べて、後はのだめちゃんに……って(笑)
Sオケ最後の飲み会も楽しかったです~。
大河内クン、相変わらず可愛そうなポジションでしたけど(苦笑)
真澄ちゃんの太鼓の達人はお上手でした。
やはりパーカッショニストの腕の見せ所ですものね、太鼓の達人って。
……私はアノ手のゲーム、ニガテですが(汗;)

ドラマではベト7やラプソディー・イン・ブルーで盛り上がったSオケは今週で終了。
話数の関係なのか、展開が原作とは違ってますが、R☆Sオケが始動しましたね(^^)
待ちに待った、いぶし銀なオーボエの黒木君登場ですよ~♪
いぶし銀なモーツァルトが楽しみなのです。

今週のBGMはサン=サーンスのチェロ協奏曲が大活躍でございましたね~。
オケの強打で始まる刺激的な冒頭部分と、流れるようなチェロの対比がBGMとして使いやすかったのでしょうか。
のだめのドラマ、原作との違いとか、原作で出てきた音楽が形になっているところとか、BGMとか、役者さんとか。
いろいろな楽しみ方ができて嬉しいです(^^)

続きまして、今週のWJテニプリ。
ユウちゃん&小春ちゃんのお笑いダブルスvs桃海2年生ダブルスの続きです。
薫ちゃんのトルネード・スネイクを一瞬で見切った小春ちゃんにもビックリでしたけど。
ストーカーまがいの薫ちゃんデータを披露してくれたのにもビックリでしたけど(確かに、ある意味で乾さん以上ですわね、小春ちゃん;)
桃ちゃんがダンク・スマッシュを打ってからコートにバウンドするまでのわずかゼロコンマ何秒かの間にですよ。
アレだけの計算をして、アレだけのセリフをしゃべるって。。。
小春、恐ろしい子っ!(←あ、元ネタが…;)
どれだけ早口やねん、小春ちゃん(笑)
ホントにいろんな意味でありえへん子ですね、彼は(笑)

トルネード・スネイクも見切られて、すっかりペースに呑まれてしまっている桃ちゃん&薫ちゃん。
起死回生の策は……と思ったら、覆面ですか(笑)
被り物返しですか、お二人さん(笑)
被り物対決なのね、このダブルスは(笑)
でもなぁ、ああいうのは海乾ダブルスや乾塚乾ダブルスやタカ不二ダブルスや黄金カップルには無理ですものねぇ。
トルネード・スネイクには数百通りの回転がある、と薫ちゃんの打球が決まって1ゲーム返して、3-1。
そのままお笑い被り物対決が続行するのか、ユウちゃん&小春ちゃんカップルがどこかでお笑いを捨てて勝負に出てくるのか。
今後の展開が楽しみであります(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

とか思ってるよ(BlogPet)

結月秋絵が
学業を展示されていたネックレスを作ってみようかと、中三月とか、こんな色は、中三月さんを作っていたんですね今日
と、clefが思ってるの。
とか思ってるよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「clef」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今日もあんちゃん

ブラボー屋?
(↑「ある晴れた日に」終了直後の「ブラボー!」一発;)

昨日は聖さまな日でしたが、今日は佐渡兄さまの日です。
先週に引き続き、「題名のない音楽会21」は佐渡さん&兵庫PACオケ。
今週は今年兵庫の芸文ホールで上映されたプッチーニのオペラ「蝶々夫人」が取り上げられていました。

主役の蝶々さんを歌うのは、木下美穂子さん。
……あれ?
この蝶々さんはつい最近見たですよ。
と思ってNHKのHPを見てみましたら、やはりそうでした。
先週の「芸術劇場」でたまたま、最後の部分だけでしたけど見たんですよね、東京二期会の「蝶々夫人」公演ハイライト。
その公演で蝶々さんを演じておられたのが、木下さんでした。
蝶々さんが自害するラストシーンがとても美しくて、熱演しておられるお姿が印象的でした。
今日番組で放送された、「蝶々夫人」といえばこれ!という代名詞にもなっている(と思われる)アリア「ある晴れた日に」、ブラボーでしたね♪
ブラボー屋さんではありませんが、叫びたくなるお気持ちはわかります。
2週続けて、同じ方の蝶々さんを拝見&拝聴できて、嬉しゅうございました。

プッチーニの「蝶々夫人」といえば、1900年に開かれたパリ万博で紹介された日本文化に影響を受けた作品ということで、日本の音楽のテイストがふんだんに盛り込まれている、ということでも知られているわけですが。。。
実際に佐渡さんのレクチャーで、邦楽→実際のオペラと聞き比べてみると、「なるほど、ホントだ~♪」と納得致しました。

クライマックスの蝶々さん自害シーン。
そこで演奏される推量節(という音楽なのだということを、今日初めて知りました;)
明治20年ごろの流行歌で、実はとても軽い音楽なのだとか。
佐渡さんではないですが、そういう音楽を自害シーンで使うんすか!?と天国にいらっしゃるプッチーニさんにツッコミ入れそうになりました(笑)
その推量節が使われている「お前、小さな神様であるお前」
先週テレビで拝見した実際の公演を思い出しつつ聴かせていただきました。
(蝶々さんとピンカートンの子供役の男の子、すぐ側であの声量で歌われたら、うるさいだろうなぁ。。。と思ってしまったのは、ナイショのお話です;)
そのラスト部分、オーケストラのオールユニゾンで演奏される、メチャメチャ重い推量節。
確かにメロディは推量節だけど、三味線と唄で聴かせていただいた推量節とは全く別物でしたね~

佐渡さんの熱のこもった指揮に、木下さんの美声。
朝からいい音楽を聴かせていただきました。
感謝なのであります(合掌)

でも「蝶々夫人」を見ると、ミュージカル「ミス・サイゴン」が出てきてしまうのは私だけでしょうか?(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

おめでとうございます~!

指揮者・金聖響さんが映画で共演した女優のミムラさんと熱愛中、という報道を知ったのが、5月末。
あれから半年経って、ご結婚されたというお知らせがありました。

先日の15日。
シエナWOとの相模大野公演を終えた聖響さんの公式ブログ

今日という特別な日を一緒に過ごせたこと、そして音楽できたことを心から感謝します。みんな本当に有難う!!

と書かれていて。
その日聖響さんと共演したシエナのパーカショニスト村居さんも、ご自身のブログ
さて、本日の指揮者である金聖響さんにうれしい出来事が!シエナよりゲネプロの最初にサプライズお祝い致しました。
聖響さん、おめでとうございます!!

と書いておられたので、これはひょっとして。。。
と思っていたのです(^^)

そしたら、今朝のサンスポで報道されておりました。

女優のミムラ結婚!お相手は14歳年上のオーケストラ指揮者

 映画「着信アリ2」などに主演した女優のミムラ(22)が、世界的オーケストラ指揮者、金聖響氏(36)と今月15日に入籍したことが17日、分かった。2人は昨年10月公開の映画「この胸いっぱいの愛を」で共演して知り合い、昨春から交際をスタート。すでに都内で新生活を始めている。ミムラは今後も仕事を続ける予定で、私生活を充実させ、女優としてさらにステップアップしそうだ。
(以下略)

……5月の熱愛報道同様、聖響さんではなくミムラさんが主体になっている、というのが聖さまファンとしてはちょっと……なのですが(苦笑)
この記事では、ミムラさんが聖響さんを「聖ちゃん」と呼んでおられることも判明。
そういえば、先だっての10月15日。
聖響/モーツァルト第3回終演後のサイン会にて、その日共演したピアニストの三輪郁さんも「聖ちゃん」と呼んでおられました(笑)
そうか、親しい女性からは「聖ちゃん」と呼ばれておられるのですね、聖さま(笑)
二人で一緒にいるときは、聖響さんの方が子供のよう、という関係者証言にはとぉっても納得してしまうんですけど(爆)

何はともあれ、聖響さんのファンとしましてもとても嬉しいお知らせです。
心より、お祝い申し上げます。
おめでとうございます~!!!
ご結婚されたことで、音楽活動も今後益々充実したものとなりますよう、お祈りしております。
来週のコンサート、アマデさんの交響曲ラスト3連発も楽しみでございます♪

<以下、追記>
今日はダンナさまが会社の方と食事してくるということで、夕飯の支度は必要なし。
一人で祝杯でもあげようかと思いましたが、風邪の身ではそれも無理。。。
仕方ないので、風邪薬と一緒に飲む栄養剤で祝杯あげます(笑)
来週までにはこの風邪治さないとなぁ。
聖さま真正面の顔見席で、ゲホゴホいうわけにはいきませんものね(^^)

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

負けた。。。

来週は実技認定試験があるし。
それが終わったらすぐに期末テストがあるし。
今は風邪のウイルスに負けるわけにはいかないぞ。
周囲のクラスメイトが風邪を引いていて、ウイルスをもらっても、しっかり免疫効かせて無効化するぞ!

と心に決めておりましたのに。

負けました(泣)
本日、朝から咽喉が痛いです(涙)
にもかかわらず、インフルエンザの予防接種受けてきました(爆)
だって、別の日に出直せないんですもの。。。

今は専門学校3年生。
来週には実技認定試験、来年3月には国家試験を控えた大事な体です。
そんな時期に、インフルエンザにかかってしまったら大変!
ということで、学校が補助金を出してあげるから予防接種を受けに行きたまえ!というイキな計らいをしてくれました♪
ただし、学校指定の病院に今週中に行きなさい、という指定付き。
今日はバイト先にお休みをいただいて、行ってきました。
まぁ熱もないし、咽喉が痛いだけで別に支障はないから。。。
と予防接種は普通に受けたんですが。。。

咽喉、痛いです。
授業が終わった頃から頭も痛くなってきました。
今日はゆっくり休みます。
来週は実技認定試験なので、早く治さねば。
トップバッターなんですよねぇ、その実技認定試験(苦笑)
先日からそのシミュレーションも始まっていて、口頭試問や整復法など、本番と同様に練習してます。
口頭試問も間髪入れず答え、整復法も合っていて。
先生方も、どうにかしてツッコミどころを見つけようという意図が見えるんですけど(笑)
先日はたまたまわからない(というか、忘れていた;)ことを尋ねられて、堂々と間違った答えを言いました(爆)
あまりにも堂々と、きっぱりはっきり答えたので、先生方も一瞬間違えたことに気づかずに流しそうになった、という(笑)
緊張しすぎて頭真っ白になってパニクってしまうのも困りモノですが。
開き直って堂々と違う答えを言う自分もどうかと思います(汗)

一昨日の放課後は実技の練習。
昨日の放課後は柔道の練習→友人に付き合って特訓でした。
柔道とお付き合いするのもあと少し。
頑張って一発合格したいです。

……と、今のうちに書いておきます(笑)
来週になったらテンパっているかもしれないので(苦笑)
もうねぇ、教室に入るまでがイヤなんですよ。
教室に入ってしまえば、開き直って、言われたことを言われたとおりに素直に精一杯やって、あとは先生の評価にお任せしちゃうんですけどね。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

のだめ第5回

哀愁のブラームスに、魅惑の「タンホイザー」ですか(笑)
ついにエリーゼさん登場ですね~。
豪快ですわ、さすがに(笑)
ちゃんとドイチュ語で会話してるし。。。

ラフマのピアノ協奏曲第2番は、やっぱりドラマティックでロマンティックなメロディがステキなのです(^^)
ドラマではホントにサワリの部分しか出てませんでしたけど。。。
あれをいきなり弾いてしまう千秋センパイ、やはりさすがなのです。
またCD引っ張り出してきて聴こうかな、と思ってしまいますです。
でもって、マジメに指揮&指導してるミルヒー、初めて見たですよ(笑)
やっと巨匠らしいトコが見られましたね、ミルヒー♪

Sオケが打倒千秋、打倒Aオケで「ジーク、ジオン!」って盛り上がってましたけど、ああいうことなのね(笑)
コスプレ・オケの中に、いましたね~。
アムロのコスプレさんが(笑)
でも、結局和装オケなんですよね、Sオケって。
皆さんすげぇ似合ってますけど。。。
真澄ちゃんのドレスも似合ってましたね~♪
のだめちゃんのマングース、ハブ付きも爆笑モノでしたし(笑)

で、ついに見られましたよ~。
ピアニカのソロで始まる「ラプソディ・イン・ブルー」!!!
アレンジも面白かったですし(さすが服部さん♪)、和製ビッグバンドも楽しかったですね~♪
大河内君役の遠藤君も指揮で頑張ってましたし(^^)
パフォーマンス、凄かったです~
さすがSオケ♪
思わず拍手!でございました。

「夢色クラシック」のポエマー佐久間さん、まさかミッチーだったとは(笑)
ちょっとだけのご出演というのが、もったいないくらいハマってましたね。
というか、ミルヒー。
何なんでしょう、あの燕尾服(爆)
黒一色じゃなくて、所々白が混ざってますわ。。。
かなりぶっ飛んだミルヒーですけど、締めるところはちゃんと締めてくれましたね(^^)
でもって、ラフマですもの。
反則ですわ、泣きますやん(苦笑)

来週はのだめちゃんのラフマですね。
冒頭がfffになってるラフマのピアノ協奏曲第2番、ピアノバージョン。
どのようになっているのか、楽しみであります♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

それが女ってモンだろう

今日、何回目の更新でしょう、このブログ(笑)
本日はブログ集中更新日でございます(笑)

午後からの倉敷混声合唱団の定期演奏会を聴きに行くべく、実家方面へ向けて車を走らせておりましたら。
途中で通りかかった某球場で、阪神タイガースの秋季キャンプが行われていました。
タイガースを歓迎するノボリが、最寄り駅から球場へ通じる道にかけてずーっと置かれていて、球場の中も歓迎ムードが漂っていて。
あの人やこの人が来ているのかしら?
思わず車を降りて見学しようか、と思ってしまいました(笑)
今までは全然興味なかったクセに(むしろ「えー、阪神来てんのぉ?」という状態でした;)、たった2年かそこらでこの変わりよう。
まぁ、それが女ってモンだろう、ということで(笑)

で、聴いてきました。
それが女ってモンだろう、もとい「コシ・ファン・トゥッテ」
シフトの時間帯が違うので顔を合わせたことはないのですが(電話で会話したことはありますけど;)、同じバイト先にいるクルーさんの一人がバスで所属しているということもあり、チケットをいただきまして。
「コシ」は聴いてみたかったので、行くことにしました。
詳しい感想は、Music別館 Allegro con brioにしたためておりますので、よろしければご覧下さいませ。
日本語版のハイライトだったので、内容がよくわかって楽しかったです。

帰りがけに「オペラってやっぱり高尚よね」と話していた方がおられましたが、ストーリーがアレでも高尚っすか?と内心思ってしまいました(苦笑)
素晴らしい音楽とステキなソリストさんの歌声、華麗な舞台セットにバレエと、煌びやかに彩られているから敷居が高くて高尚な感じがしますけど。
オペラで描かれているストーリーって、昼ドラ系の三角関係とか、恋愛コメディも多いんですよね、実は。
今日聴いた「コシ・ファン・トゥッテ」だって、モーツァルトが贈る恋愛塾って感じですし(笑)
こうして、日本語版でハイライトで合唱で聴かせていただけると、あまり構えることなく気軽にオペラを楽しむことができていいなぁ、と思いました。
実はオペラは食わず嫌い、主な演目やそれに出てくる序曲やアリアは知っているけれど、未体験という人なので(苦笑)
今度はぜひ、本物を観に行きたいです(^^)
でもなぁ。
初オペラは佐渡さんか、下野さんか、聖響さんの指揮で。。。
と心に決めているので。
果たして、いつになることやら(笑)

今日聴いた倉敷混声合唱団。
結成のきっかけになったのは、10年前に倉敷音楽祭で朝比奈隆さんが指揮した第九だったのだとか。
あれからもう10年経ったんだなぁ、と。
3月に倉敷音楽祭が20回記念で、井上道義さんがハイドンの爆笑オラトリオ……ならぬ、オラトリオ「四季」を振ったときにも感慨に浸ったのですけれど。
今日も改めて、感慨深く思いました。
その朝比奈さんのサインが、以前ホールで使われていた指揮者用の譜面台に残されています。ガラスケースに収められているので、触ることはできませんが。。。
その譜面台には、リッカルド・ムーティさんとか、ゲオルク・ショルティさんなど、倉敷市民会館のステージに立った指揮者さんたちのサインが書かれています。
今年亡くなられた岩城宏之のサインは、2つ。2つ目には「再び」と書かれています(笑)
小澤征爾さんのサインは、3つ。「又しても」なんて書き添えがあるオチャメさんっぷりに、微笑が漏れてしまいます。
で、朝比奈さんのサインはどうやら筆ペンで書かれているらしく。字も崩すことなくきちんとした字なんですよね。
サイン一つ見ても、お人柄が偲ばれるなぁ、と休憩時間中にそれを眺めながら思っておりました。

今、ホールに置かれている譜面台にも、いろいろな指揮者さんのサインが書かれているのでしょうか。
その中に、あの方やこの方のサインが加わるといいなぁ、と。
ついつい思ってしまったのも、毎度おなじみのお約束です(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

こんな色は(BlogPet)

学業を展示されていたネックレスを作ってみようかと、中三月とか、こんな色は、中三月さんを作っていたんですねば
と、clefが思ってるの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「clef」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

見たい映画、いろいろ

劇場版「デスノ」の後編も、原作とどれだけ違っているのか気になるところではあるのですが。
11月~12月にかけては、見たい映画がいろいろあります。
でも、どれもこれもメジャーどころの映画というよりは、ミニ・シアター系(苦笑)
市内にあるミニ・シアター系の映画を中心に上映してくれる映画館に通うことになりそうです(笑)

とりあえずは、今公開されている韓国映画「トン・マッコルへようこそ
先日「グエムル」を観に行ったときに予告が流れたんですよね。
音楽が久石譲さんで、韓国ののどかな田園風景が映っていて、雰囲気が何となく「千と千尋の神隠し」みたいで。
いいなぁ、観てみたいなぁ。
と思っていたら、ちょうど今やってるんですよね。
……23日に実技認定試験が終わったら、終わったご褒美に観て帰ろうかな?
トップバッターだから、10時には試験終わってるだろうし(笑)

それから、これまた韓国映画ですが「王の男
これも予告を見たんだったかな?
先月購入した某雑誌にこの映画のイントロダクションが掲載されていて、ちょっと観てみたいかも、と思っております。
コンギル役のイ・ジュンギさん。役に扮した雰囲気が、大島渚監督の映画「御法度」でデビューした頃の松田龍平君に似ていると思うのですよ。彼もあちらの血が入っているので、そういう雰囲気があっても不思議ではないんですけど。。。

そして、佐渡裕さんのHPでコメント映像が流れますよ~、とご紹介されていた「敬愛なるベートーヴェン
佐渡さんオススメで、ベートーヴェンさんの映画で、第九初演時のお話となれば、ベトベンさん好きとしては観に行かずにはいられないでしょう!という(^^)
劇中で流れる曲も第九だけでなくいろいろありそうで、それが映像とどう融合しているのか楽しみであります♪
でもこの映画、上映開始が「王の男」と同日なんですよね。。。
上映期間を見て、場合によっては2日連続で行くぞ!なんてコトになってしまうかも(笑)
まぁ、この頃には期末試験も終わって、結果も出ていることですし。
中期終了のお祝いに行く、というのもいいかも、なのです。

しかし。
中期期末試験の前日には景気づけに聖さま。
中期終了後にはお祝いに映画。
……自分に甘すぎるかしら、私?(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (2)
|

夢のお告げ?

先週の日曜日。
夢の中に佐渡裕さんと金聖響さんが出てきて、目が覚めました。
佐渡さんの特集番組の後に、聖響さんの番組が(それも全国区で)放送されて、「贅沢なラインナップやなぁ」と言いながらそれを見る、という内容でした。
「起きなきゃ!」
と慌てて布団から飛び出して、いろいろ支度をして、テレビをつけたら……

あれ?
プ●キュアをやっているはずなのに、タンクトップに短パン姿の青年が走っている……

先週はお休みだったんですね、「題名のない音楽会21」(笑)
で、気を取り直して今週は佐渡さん&PACオケです♪
「カヴァレリア・ルスティカーナより 間奏曲」も、マーラーの「アダージェット」も素晴らしかったですね(^^)
朝からジーンときてしまいました。
シューマンの交響曲最終楽章はテンション高かったですし♪
マーラーの「アダージェット」の時、客席の盛大な咳がマイクに拾われていたのがちょっと残念でしたけど。。。(ボソッ)
森麻季さんのアリアもステキでしたね♪
しっとり聴かせていただいて、美声に酔わせていただきました(^^)
続いてのストラヴィンスキーは、佐渡さんの本領発揮!という感じを受けたのは私だけでしょうか(笑)

来週は、引き続き佐渡さん&PACオケ。
オペラ「蝶々夫人」がテーマなのだとか。
「蝶々夫人」といえば、先月下野さんの指揮で定期を聴きに行ったときにショップで売ってましたね。「蝶々さんグッズ」をいろいろと(笑)
生の公演は行けませんでしたけど、その断片だけでも楽しめたらいいなぁ、と思います。

さて、オペラつながりというワケではありませんが、今日は地元の混声合唱団の定期演奏会を聴きに行きます。
今年はピアノ伴奏でモーツァルトのオペラ「コシ・ファン・トゥッテ」を歌うというので聴いてみようかなぁ、と。
(動機はあえて申しませんが、ご想像のとおりかと;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

結月編2~ いかずち~♪

昨夜は雷がゴロゴロ鳴り響いておりました。
時々ガラスがビリビリいってまして(単に、家が安普請なだけかも、ですが;)、強い雨も降ってました。
そんな荒れ模様の中、ワタクシ夜鍋してました(笑)

夜鍋して作ったのが、こちらです。
20061111neckres
作っているときはよくわからなかったんですが、こうしてつけてみるとかなりゴージャス(笑)
10ミリのパールがかなり効いてます。
これつけて、ステージ後方の席の最前列ド真ん中に座ったら、目立つかしら?(笑)

このネックレス、レシピはなくてですね。
昨日、授業が終わってから美容院に行くまでの空き時間に立ち寄った、ビーズアクセのパーツ専門店で展示されていたネックレスを見よう見まねで作ったのです。
もともと、白いパールやキャッツアイやクリスタルで3連のネックレスを作っていたんですが、どうもピンとこなくて。
それを元にして、店頭に展示されていたものをアレンジして、淡い紫のスワロやパールを入れてみました。
そしたら、こうなったという(笑)

そして今日は、中三月さんを誘ってそのお店に行きました。
二人してビーズやピンやチェーンを見て、あんなの作ってみようかとか、こんな色はどうだろう?とか選んでいたら、あっという間に時間が過ぎておりました。
そのお店、スワロやチェコビーズを使いやすい数で小売してくれるので、買いやすいんですよね。
1つ1つの単価も安いですし。
で、ついつい買い込んでしまうという(汗)

今週はデア●スティーニの新しいのが出ていて、今回のネックレスは作ってみたいなぁ、と思うデザインなのでまた購入しようと思ってます。
それに、店頭で拝見して、頭の中に焼き付けているデザインのネックレスがいくつかありますし。
自分なりに色合いを変えてアレンジを加えて、形にしていけたらいいなぁと思います。

いかんぞ、すっかりハマっている(苦笑)
今月は実技認定試験も期末テストもあるというのに。。。(汗)
学業に支障が出ない程度にしておかねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ネックレス その2

昨日は立冬。
それに合わせたかのように、昨日は寒~い1日でした。
今朝も我が市での最低気温は4.7℃。
裏地の付いたジャケット+薄手のコートでもちょっと寒かったです。
昼間は暑くてコート脱いで持ち歩いてたんですけど。。。
明日も最低気温と最高気温の温度差10℃以上&実技の授業で白衣の下には半袖着用(白衣が半袖で、下に来ている物が袖から出たらダメなんです;)なので、着る物どうしよう?と頭を悩ませてしまいます。
ここ数年、暑くなるのも寒くなるのも急なんですもの。
困りますわ。。。

閑話休題。

中三月さんから作品の写真を何点か預かっているのですが、アップし損ねておりました。
(ごめんよぉ、中三月chan;)
というワケで、彼女の新作を一挙に4点ご紹介します(^^)

まずは、こちら。
Nakamitsuki9
ソロバン型のビーズをハート型に編んでおります。
綺麗ですよね~。
ビーズアクセを自作するようになったワタクシですが、編むのは中三月さんにお任せ♪状態なので(苦笑)
どうやって編んだらこうなるのか、わからないです(汗)

これをベースにした応用編が、こちら。
Nakamitsuki6
応用編その1です。
中三月さん:「前回のハートのモチーフに加工をして、チャーム(っていうのかな?)を付けてみました。
針金がなかなかビーズの穴に入らず、ビーズにひびをいれてしまった(>_<)。
ビーズって割れるんだ。と改めて感じました」
のだとか。。。

そして、応用編その2。
Nakamitsuki7
四つ葉のクローバーです♪
中三月さん:「四つ葉のクローバーのペンダントです。見えますか?みえますよね?
新作ですが、基本はハートのモチーフです。ハートを四つ組みわあせて作ります。ハートを繋げるところが結構難しかったです。
三本のビーズの鎖を一本に束ねる所も難しかったです。ビーズが何度もこぼれてしったので…(;^_^A」
なかなか大変なようです。

で、さらに応用編その3。
Nakamitsuki8
お義母さまのリクエストを受けて作成なさったのだとか(^^)
紫系の色合いで……というリクエストだったので、葡萄をイメージして作られたようです。
中三月さん:「これもハートですけど、鎖に繋ぐのが難しかったです」
緑のビーズが葉っぱのようで、紫のハート型も綺麗で、ステキなのです(^^)

中三月さんからはブレスレットもいただいております。
実は、先月のコンサートで聖響さんにサインしていただいた時にもつけてました(^^)
また次回、ご紹介致します♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

のだめ第4回とテニプリ

エロイカじゃなくて、ベト7なのね~。。。

原作では、定期公演に出るSオケの曲はベートーヴェンさんの交響曲第3番「英雄」だったんですけど。
ドラマではOP曲のベト7で出るんですね。
先週の予告でヴァイオリン縦にして弾いてたのも、ベト7だったのか。。。

プリごろ太のアニメバージョンも見られましたし♪
「英雄」ではなくベト7ということは、のだめちゃんがピアノで弾くのもベト7ってことで。
いかずち~♪
もベト7になってましたね、見事に(笑)
ピアノバージョンのベト7も、なかなか楽しかったです(^^)

でも、ベト7はロックだと思うですよ、私。

そこで楽器回すかっ!
そこでやるか、アレ(笑)
とツッコミ入れてしまいました。
曲調にはちゃんと合ってましたよね。
第1楽章の序奏が終わって、ヴィヴァーチェに入って盛り上がるところでアレ、とか(笑)
ラスト立っちゃうトコとか。
同時に、それで今朝のめ●ましテレビで、真澄ちゃん役の小出クンがあのラストの部分練習してたのね。
と納得してしまいましたです(笑)
でも、弾きながら指揮者にウィンクするなんて、器用だなぁ~峰クン。
と映像で見ると余計に思いました。

来週は、ラフマ2番でSオケが仮装オケですかぁ。
展開早いなぁ、やっぱり(苦笑)

で、続きましては今週のWJテニプリ。
恐るべし、モーホー軍団っ!!(笑)

笑かしたモン勝ちや、ってありえへんですね、一氏クンと小春ちゃん(笑)
自分たちも黄金カップルの“同調”できるで~、と言いながらアレですもの。
ベタやな~(笑)
そっちのシンクロかいな、っていう(笑)

リョーマさんに「あの二人、何者?」と尋ねられて、相手を自分のペースに巻き込むプロだ、なんて答えている乾さんもさすがに笑ってましたね(笑)
すかさず、薫ティンにトルネード・スネイクの発動を指示してましたが。。。
それを見て球種を分析した小春ちゃんってば、乾さん以上のデータを頭に蓄積しているIQ200の天才って。。。(汗)
まさに、何とかと紙一重ってヤツですか、小春ちゃん!?

相手は体張って笑い取りにくる上に、データマン。
ダジャレ王にして青学のデータマンの乾さんも負けていられませんね。
頑張れ、乾さんっ!
あ、でも乾さんはコートの外にいるんだった。
……ということで、乾さんのデータをコート内で再現する薫ティン、頑張れ!
乾さんのために!(←;)

次週は許斐先生が取材のために休載ということなんですが(涙)
恐るべしモーホー軍団に桃海2年生ダブルスがどう立ち向かっていくのか、いろんな意味で楽しみです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今年二度目の同窓会

昨日は今年2度目になる、出身中学吹奏楽部の同窓会でした。
夏の定期演奏会の折に開かれた同窓会に参加できなかった、お子様連れのメンバーから「もう一度やって」という声があがりまして。
当時の部長に「じゃぁ、お前幹事やれ」と命じられたのが、同じパートで苦楽を共にした親友でございました。
で、「お手伝いしてほしいの」ということで、幹事補佐(笑)
顧問の先生をお迎えして、今年2度目の同窓会と相成りました。

中には高校が同じだった同級生もいたのですが、彼女と会ったのも高校の卒業式以来。
顧問の先生とも、先日は参加者も多くてあまりゆっくりお話できなかったのですが、昨日は小規模だったのでゆっくりお話できました。

先生と飲む、ということになると必ず出るのが、現役時代の暴露話(笑)
昨日も出ましたね~。
すでに何度か聞いた話もあれば、初耳の話も。
そして二言目にはみんな言うんですよ。
「先生、それって今なら新聞沙汰ですよね」
って笑いながら(笑)
部活やってるときはとても怖くて厳しい先生でしたけど、愛情を持って接してくれているのはよぉくわかっていたんですよね。
だから私たちも、あんなことされた~、こんなことされた~、って笑い話にできますし、「飲み会やるぞ」と声がかかれば出て行くというわけで。
10年後、20年後もこうして先生と飲めたらいいなぁ、と思います。
その時、先生は60代、70代になっておられますけど(笑)

その飲み会、2次会から2つ上の先輩が来られました。
打楽器パートの先輩で、中学時代は神にも等しい雲の上の存在で、先生と同じくらい怖かった先輩のお二人です(爆)
中学時代からお二人とも綺麗な方でしたが、変わらずべっぴんさんでございました♪
当時は上下関係もかなり厳しかったので、口を利くのも恐れ多く、廊下ですれ違った時に挨拶を忘れて呼び出し食らったこともあった方々なんですよ。
あれから十数年経って、一緒に飲んでいる、というのがとても不思議な気持ちで、同時にとても嬉しく思いました。
中学生の頃は2年の差ってとても大きかったですけど、大人になったら同年代なんですよね。
2次会の場で、先生が忘年会の開催を決定、即場所を押さえておられたので。。。
「来るよね?」という先輩命令もありましたので、後輩としては逆らうわけには参りません(笑)
次は忘年会でお会いすることになりそうです(^^)

そして今日は、家事の日です。
台所の大掃除を致しました。
綺麗になったです~(^^)
何ヶ月保つかしら?(苦笑)

夕方には、NHK-FMでNHK音楽祭2006を聴きました。
ロジャー・ノリントンさんがN響を指揮して、モーツァルトの交響曲第39番を演奏しておられました。
休憩時間にトークがあって、ピリオド奏法のことなど聞くことができました。
39番、速かったな~。
第1楽章の冒頭から「え?」と思うくらいテンポが速くて、第2楽章もやっぱり速くて、メヌエットも弾むような演奏。
第4楽章はちょっともったいぶったような、ゆっくりめのテンポでした。
N響さんは対向配置でピュア・トーンの演奏で。
テンポもさることながら、音色もスッキリしていて、躍動感溢れる演奏でございました。
今度また、BS-2で放送されるのをゆっくり見てみようと思います(^^)

……ちなみに。
N響が対向配置でピュア・トーン。
と聞いた時に。
来年聖さまがマーラーを振りに行く時も、ソレで行くのかしら?と思ってしまったのはお約束です(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

明日は高いけど(BlogPet)

結果、柔道など考え直す
明日は高いけど
clefが、ネットで高かったで校内実力テストでしたから

運動学は何が何やらさっぱり……;

整形外科学や生理学は、こちらは高いけど別物などを集中したかった
途中、ややこしく外科など高いけど別物などを集中したかったの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「clef」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

大幅カット。。。

「モーツァルト生誕250年目の真実」鑑賞終了。

スーツにネクタイ、ステキでございましたね、聖響さん♪
でも指揮姿が少なかったんですけど(泣)
今日のオケは小編成だったので、指揮棒を持たずに振っておられて。せっかく美しくしなやかな両手を堪能できると思いましたのに(涙)
演奏された3曲、1曲としてまともに流れなかったというのは。。。(眉間にシワ)
交響曲第31番「パリ」の第1楽章を、聖響さんの指揮でもう一度フルに聴かせてくれ、なんてワガママは申しません。
でもせめて、ディヴェルティメントくらいノーカットで聴かせてくれてもいいじゃないですか。
その曲を振るお姿を見るのは初めてでしたのに。。。(涙)
そんなに長い曲ではないですのに、第1楽章。
超有名な曲ですのに。。。(泣)

やはりテレビ仕様ということなのでしょうか、座談会のぶっちゃけぶりを拝見している者としましては、おとなしいなぁ、という印象でした(笑)
コメントもほぼ標準語、でもイントネーションは関西系でしたし。
年齢云々のお話は、そこでもやっぱり言うんですね、と思いましたけど(笑)

詳しい感想は、Music別館 Allegro con brioにしたためております。よろしければ、ご覧下さいませm(__)m

番組の内容そのものは、とても興味深かったんですけど。
せっかくの演奏が大幅カットだったのはとても残念です(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

類似商品?

昨日、学校帰りに立ち寄ったスーパーでこんな商品を見つけました。
20061102_chocochip
その名も「ポテッチョ」。
チョコレートでコーティングされたポテトチップスです。

チョコレートでコーティングされたポテトチップス。

どこかで聞いたことあるな?
……これは、いわゆる「パクリ」ってやつか?
と思ってしまったです(爆)
だって、ロイズから発売されているんですもの、チョコをまぶしたポテチ。
食してみましたら、ポテチやチョコの味が微妙に違いますが、似ておりましたし。。。
ロイズのはポテチがギザギザになってるけど、こちらはフラットってことで、一応別物扱いなのかな?(笑)

ちなみに、お味は見たままです。
つまり、ポテチを食べた直後にチョコを食べたような、チョコを食べた直後にポテチを食べたような。
なかなかクセになるお味です。
カロリー高いけど(苦笑)

そんな今日は、校内実力テストでした。
我らが柔道整復学科3年生は、実技の授業2コマぶち抜きで一度にテストでした(泣)
つ~か~れ~た~~っ!

前半はまだ良かったんですよ。
解剖学や生理学は、担任の授業&補講を聞いていたら解ける問題が大半でしたから。
運動学は、問題を作成した先生が捻ってややこしくしてやろうとして自爆した(=正解丸わかり;)感じでしたし(爆)
病理学と公衆衛生学も無難な問題だったので。

問題は、後半。
しょっぱなの関係法規……あ~、こんなのもあったねぇ(笑)
一般臨床医学……なんじゃぁ、こりゃぁ~~っ!?
その1)問題の意味がわからない;
その2)問われている問題の病名はわかるけど、選択肢の症状や検査は何が何やらさっぱり……;
整形外科学と外科学も難易度高かったですね~。外科では、昨日授業でチラッと教科書に書いてあったことが出題されていたので、1問助かりました。
リハ医学は、先生も素直な方なのでまぁ普通。
最後の柔道整復理論。
最初はオーソドックスな問題ばかりで、これくらいなら楽勝(^_^)vだったんですよ。
が……途中からすご~くマニアックな問題の集中攻撃(汗)
試験時間いっぱい使って、マークミスがないかどうかを見直すのがやっと。
わからない問題を考え直すヒマはなかったです(涙)

テスト終了後、クラスメイトと話たんですけどね。
みな一様に
「実力テスト向けに必死で勉強してたら、今頃めっちゃ凹んでるだろうなぁ(苦笑)」
と話してました。
担任が、夜間部のテストが終わったら暫定結果と問題用紙&解答返してあげるから、ほしい人は学校においで。
と言ってくれましたが、週明けでいいですわ(苦笑)

いいの。
今日のテストは、ちゃんと勉強しなきゃダメだよ、と自分に言い聞かせるためのものだから。
途中で考えるのを放棄しそうになったけど(←;)、できる限り頑張ったし。
明日は聖さまを見て萌えるのさ~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »