« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

オール・ジャパン・メダリスト・オン・アイス

クリスマスの更新から時間が空いてしまいまして、気がついたらもう大晦日です。
この年末は見事に体調を崩し、久しぶりに38度を越える熱を出しまして(汗)
大掃除もどこ吹く風で寝ておりました(滝汗)
今日はもう熱が下がったので起きているんですが、追い討ちをかけるように別の腹痛&鉄欠乏性貧血が襲って参りました。
2006-2007年の年末年始は療養のための期間となることが決定です(苦笑)
ホントは寝てる場合じゃなくて勉強しなきゃいけないんだけどなぁ。。。

さて、そんな今日。
21:00からフジテレビ系で放送される、フィギュアスケートの「オール・ジャパン・メダリスト・オン・アイス2006
フィギュアスケートファンのみならず、聖さまファンも必見でございます♪
今年のトリノオリンピックで金メダルを獲得した荒川静香さんをはじめ、大活躍した選手たちによる特別なエキシビションと、生オケとの夢の饗宴。
そのオケを指揮するのは金聖響さんであります♪
ゲスト・コンマスは兵庫PACオケでもコンマスを務めておられる豊嶋泰嗣さん。
出場する選手も、同じ地元出身の高橋大輔さん、パントマイムを取り入れた独特の演技がステキな村主章枝さんなどなど、好きな選手も多いので見逃せません。
今夜の川崎ジルベスターコンサートには行けませんが、テレビでお顔&指揮を拝見できるというのは幸せなことであります(^^)

2006年を振り返りますと、1月7日の「21世紀の新世界」から始まって、聖響さん一色な1年間でありました。
「21世紀の新世界」開演前の、下野竜也さんとのサプライズな出会いがあり。
シエナWO第20回定期&追加公演では、2日連続でアンコールでありえへん出来事が起こり。
3月18日の「聖響の座談会 第1回」では最前列ド真ん中に座る、というこれまたとんでもないラッキーな恩恵にあずかり。
3月24日には聖響ワールド全開で大爆演でご本人をして「ありえへんかったでしょう!」と興奮気味に仰った「運命」を聴くことができて。
5月にはこれまたありえへん出来事があって。
7月にも再びありえへん出来事があって。
10月と11月の演奏会では聖さまアンテナ全開で。
12月はコンサートこそ一度も行けませんでしたが、来年のブラームス・シリーズのチケットを無事にGETできました♪(しかも、また4回とも今年と同じ席で;)

まぁ、今年ほど「ありえへん」出来事が重なることは二度とないと思うんですが。
来年もまた、それなりに“聖さま運”良好な1年であればいいなぁ、と思います。

今年1年、皆様には大変お世話になりました。
また来年もよろしくお願い申し上げますm(__)m

<以下、番組拝見後の年明けの感想>
日本のトッププレーヤーによるフィギュアスケートと生オケとの贅沢な饗宴。
堪能させていただきました♪
出場なさった皆様のスケーティングもステキだったんですけど、一番萌えたのはやはり、指揮をしながらスケーターさんたちをチラ見しておられる聖響さん、でございました(笑)
やっぱりねぇ、見てしまいますわよねぇ。。。
かわいいですものね、浅田真央ちゃん♪
番組のラストは、思いがけず第九の超ダイジェスト版が演奏されました。
……それまでとは全く別人の、気合入りまくりな聖響さんのお姿が、そこに。。。(爆)
やはりベトベンさんで、第九となれば超ダイジェストでも気合が入ってしまうのですね、聖さま。
と思いつつ拝見しておりました。
2006年の最後に、聖響さんが指揮する渾身の第九を拝見&拝聴できて、幸せでございました♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

www(BlogPet)

昨夜、聖響さん
http://www.imx.ne.jp/info/
2006/
1219.htmlヨン様プロデュースのクラシックアルバムや、何となく予想はしておりました~(^^)
一部、明日まで学校に行かなきゃいけないといけないんだったよ~
と担任から業者模試ね♪
と教えていただけると嬉しいです(←)
とか書いてみるの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「clef」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

のだめ最終回

毎週楽しみにしていた「のだめ」も、クリスマスの今日が最終回です(涙)

一緒にヨーロッパへ行こう、という千秋センパイのお誘いも断って、のだめちゃんは福岡の実家へ。
R☆Sオケの飲み会は……相変わらずですね~(笑)
自分から後任の指揮者を探してほしい、って佐久間さんに依頼したものの、アノ松田幸久と聞いて大喜びするみんなを見て、フクザツな心境になる千秋センパイを見てますと。。。
千秋センパイも人の子なのね~、と思いました(笑)
そして今週も、龍ちゃんナイス~(パチパチパチ♪)
無理やりオケの練習を休みにして、千秋センパイをけしかけるなんて。。。(微笑)
実家に帰ったのだめちゃんを迎えに行くかどうか逡巡しつつ、結局行っちゃう千秋センパイがステキなのです♪
タクシー乗って、羽田空港……と言いかけて、やっぱり新幹線で……ってなっちゃうトコは、ちょっと情けないですけど(笑)

実家に帰ったのだめちゃん、携帯の電源切りっぱなしって。。。
さすがだわ(笑)
一人で悶々としてる千秋センパイとのすれ違いが、なんとももどかしくていいっすね~。
青春ですよぉ。
やっと携帯の電源入れて、電話かかってきた~。
と思ったら、道歩いてるのだめちゃんとタクシーの千秋センパイがすれ違っちゃうなんて(笑)
すぐに降りてしばらく携帯で話してて、後ろから千秋センパイがのだめちゃんを抱きしめるトコは、朝の「めざ●しTV」でチラッと見た時も萌え~~~♪でしたけど。
実際にドラマのストーリーの中で見ると、萌え+αで思わずホロリときちゃいました。
もっとも、すぐにのだめ父が水を差して爆笑シーンへと早変わり、でしたけど(爆)
のだめ一家にすっかり押されている千秋センパイ、ちょっとカワイソウ(笑)
留学先も、知らないうちにプラハ→パリに変更されてるし(笑)

そして、ついに千秋センパイのラスト公演、R☆Sオケですよ~。
清良ちゃんの「カルメン幻想曲」、いいですね~♪
あれ、弾く演技をするだけでも大変だったと思います。
コンサートシーンも、ホントにサントリーホールですものね。
さすが月9、というべきでしょうか。
楽屋での千秋センパイお見送り一言メッセージ集、ジーンときちゃいました。
真澄ちゃんには爆笑でしたけど(笑)

サントリーホール……
聖さま。。。♪(←しばし、「のだめ」から離れて意識ぶっ飛んでます;)
指揮台についてるあのバー、聖さまも使ってましたわね~♪

っていうかのだめちゃん、ちゃっかりP席に座ってるのね(笑)
千秋センパイの指揮姿目当てっすか!?
……やっぱり、考えることは一緒ね♪(コラコラ;)

でもって、第九で始まったベトベンさんなクリスマスは、ベト7で締めくくりです。
やっぱりいいですね、ベト7。
第1楽章の途中から第4楽章のラストに飛んでましたけど。
あの“タララララララッ タララララララッ”の応酬から後の部分だけでも、弾くの大変ですのに。役者の皆さんちゃんとそれぞれのキャラで演技なさってて、ステキでした♪
そして「のだめ」でベト7といえば、やっぱりあのパフォーマンスですわ(^^)
やった、出た~♪
と拍手しつつも、感極まってる千秋センパイにつられて、というかもらい泣きでしたけど(笑)

原作を先に読んでいるファンとしては、原作と違う部分や端折っている部分もありましたが、ドラマはドラマで楽しませていただきました♪
年明けにはアニメ化ですね。
そちらは原作に忠実に行くのかな?
と言いましても、放送されるの深夜だし。
この人好き~♪という声優さんがいらっしゃらないので、ビデオ予約してまで見るかどうかはとても微妙なんですけど。。。

そういえば。
「のだめ」を見てると必ず入るCM、消●プラグのアレ。
「新選組!」でもCMでも上様~のあの方。
今夜のCMはハデに踊っておられましたね~(笑)
「のだめ」そのものはもちろんですが、消●プラグのCMを見るのも楽しみでしたので、ちょっと寂しいかも。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

月刊ピアノ2007年1月号とSACDジャーナル

ベートーヴェンさんの映画を見たら、やはりこの人は欠かせないでしょう!
ということで、映画館から近い場所にある某大型楽器店にて、月刊ピアノ2007年1月号をチェック致しました。
ありましたよ~♪
見開き2ページ、カラーで写真入りの聖響さんのインタビュー記事(^^)

「今日は取材だから、正面を向きましょうか」
って、聖響さん(笑)
確かに、コンサートのチラシとかご案内とか、CDのジャケットに掲載されている写真って、いつも斜めとか横から写したものですものね。
いつぞやのサイン会の時に「写真撮らせて下さい~」とお願いした時は、正面から撮らせて下さいましたけど。。。
そうか、正面からの写真って貴重なんだ。
と妙な事に感心してしまいました(笑)

今回の記事は、SWOさんとのCD「JW ジョン・ウィリアムズ吹奏楽ベスト!」がリリースされたということで、その関連なのでしょうか。
SWOさんとのお話でした。
やっぱり、「うるさい」って思ったことあるんですね、吹奏楽(爆)
私が所属していた団体でも、コンクールの時に審査員の先生から「吹きすぎ」って言われたことありましたけど(笑)
打楽器やってた頃は、難聴になりかけたこともありましたっけ。。。

そんな月刊ピアノをGETして、一度お店出て、建物から出たのですけれど。
ふと何かに呼ばれたような気がして、1階にあるCDショップへ足を踏み入れました。
クラシックのコーナーへ行くと、見慣れた燕尾服姿のステキな指揮者様が表紙に。。。
聖響さん!?
「スーパーオーディオCD総合カタログ 2006年冬 Vol.17」の表紙に、写真が掲載されておりました。
冊子の中にはインタビュー記事も掲載されておりました。
(もちろん、SWOさんとの「JW」さんのCDで。このCDってハイブリッド版なので、CDとしてもSACDとしても聴けるんですよね)

そっか、これに呼ばれたんだ(笑)

無料配布だったので、1冊頂戴して帰りました。
ベトベンさんの映画を見た後は、ベトベンさんの交響曲でCDリリースを続けておられる、私的ナンバー1ベトベン振りの聖響さん。
クリスマスの日にステキなプレゼントをいただいたような気持ちになりました。

そうだ、今日はクリスマスなんですよね。
そういえば、まだ言っておりませんでした。
皆様、メリー・クリスマス!
そして下野竜也さん、お誕生日おめでとうございます~!
1日遅れましたけど、リョーマさんもお誕生日おめでとうございます~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

敬愛なるベートーヴェン

今年のクリスマスは第九…というよりベトベンさんで。。。
と思いまして、ようやく観に行けました。
敬愛なるベートーヴェン
音楽にも、ストーリーにも、役者さんの演技にも。
あらゆる場面で感動し、涙致しました。

この「敬愛なるベートーヴェン」の監督、アニエスカ・ホランドさんは「太陽と月に背いて」を作った方でもあったのですね。
映画館に行って、パンフを購入して初めて知りました。
BS-2か何かで「太陽と月に背いて」を見たときには、監督さんの名前まで記憶していなかった、というのが正しいんですが(汗)
詩人ランボーとヴェルレーヌの禁断の関係を描いた作品で、ラブシーンもバリバリだったんですけれど、不思議といやらしさは感じなかったんですよね、あの映画。
映画全体の雰囲気は好きだなぁと思っておりましたので、同じ監督さんということでますます期待が高まりました(^^)

以下、ネタバレがふんだんに織り込まれておりますので、ネタバレNGな方は飛ばして下さいませ。


   


   




冒頭のシーン。ふとしたきっかけでアンナの頭の中に「大フーガ」が流れ始めて、その音の世界に没頭していく、というあの場面。
時折突然脳内プレーヤーが聖さまの曲を再生し、しばしそれに聴き入ってしまうのと同じような感じかしら?と勝手に噛み砕いてしまいました(汗)
さすがに、だからといってベトベンさんの音楽の真髄を理解できるわけでは、もちろんございませんが。。。

公演日4日前から、第九が出来上がっていく過程が描かれる中で面白いなぁ、と思ったのは流れる音楽でした。
第4楽章の合唱のパートが出来上がっていない、ということでそのまだ出来ていないパートを省いた合唱が流れたり。
ベトベンさんの頭の中で鳴り響く曲を表現するために、実際の曲とは違った形で流れてきたり。
映画ならではの楽しみ方かも、ですね♪

クライマックスの第九初演シーン。
圧巻で、官能的でした(^^)
指揮台のベートーヴェンさんと、ステージにうずくまっているアンナ。
離れた場所にいて、直接触れているわけではないのに、第九という交響曲を通じて二人が一つになっていく濃密なひと時。
普通に第九を聴いているだけでも泣いてしまいますのに、あの演出には涙1.5倍増でした。

エド・ハリスさんが演じたベートーヴェンさん、真に迫っておりました。
この映画のために体重を増やして、本当に第九を指揮して、ピアノもヴァイオリンも弾いて、楽譜の殴り書きもマスターしたなんて、凄すぎます。
でも本当に、“ベートーヴェンってこんな人だったんだ!”と思ってしまいそうなくらい“ベートーヴェン”だったように思います。
天才的な音楽の才能とは裏腹に、“人間失格?”と思うような言動の数々(笑)
発言は無神経だし、下の住人にお構いなしで水浴びするし(それも、レディの目の前で;)。。。
見ていて何となく、映画「アマデウス」で描かれたモーツァルトさんに通じるものがあるような気がしました。
途中で何度、心の中で“それはあかんやろ、ベトベンさん”とツッコミ入れたことか(笑)

作中で描かれたベートーヴェンとアンナの関係も、見ていてドキドキしました。
第九初演のシーンとか、ベトベンさんがアンナに「体を洗ってほしい」と請い、それにアンナが応えるシーンとか。
直接抱き合ったり、口付けたりしているわけではないのに、それ以上に濃密に繋がっている二人の関係が垣間見られるように思いました。
アンナと恋人のマルティンとの関係よりも、ベトベンさんとの関係の方がより深くて複雑で、次元の高い部分で結びついているように感じました。

この作品の中で、エド・ハリスさんが演じるベートーヴェンさんのセリフの中で特に印象に残ったものがあります。
それは、ベートーヴェンがアンナに音楽家とはいかなるものかを説いて聞かせるシーン。
音楽は空気の振動にすぎないけれど、その中には神の魂が宿っている。
音楽家が伝えるのは神の言葉。
といったセリフを語る、あの場面。
あちこちでお話したのですでに耳タコな方もいらっしゃるかも。。。ですが、私が今まで聴いたコンサートで、神様の存在を感じた公演が2度あります。
1度目は、最晩年の朝比奈隆さんが倉敷音楽祭で祝祭管弦楽団を指揮し、演奏したベートーヴェン作曲の交響曲第5番 ハ短調《運命》
2度目は、当時35歳の金聖響さんが加古川のアラベスクホールで大阪センチュリー響を指揮し、演奏したベートーヴェン作曲の交響曲第6番 ヘ長調《田園》
奇しくも、どちらもベートーヴェンの交響曲で、しかもほぼ同時期に書かれた曲なんですよね。
そのセリフを聞いて、そういう方が作った曲だからこそ、自分のコンディションと素晴らしい演奏がピタリと一致したときに、神様の存在を感じてしまうのかも。なんて思ってしまいました。

あともう一つ強烈に印象に残ったのが、「大フーガ」を聴いた観客の反応。
当時にしてはあまりに前衛的だったのか、観客が無理解だったのか。
まだ曲が途中なのに、容赦なく一人、二人と席を立ってホールから出て行くんですよね。
“うわ~、シビアやわ~”と思いました(苦笑)
「大フーガ」も、多分NHK-FMか何かで聴いたことがあると思うんですが。。。
弦楽四重奏とは思えないスケールの大きな曲だなぁ、という印象があります。
映画の中でとても印象的な使われ方をすると、ちゃんと聴きたくなりますよね(笑)

映画全体としては、ちょっと空気が重い感じで、濃密で官能的で美しくて。
やっぱり、この監督が作り出す世界って好きだなぁ、と思いました。
ベートーヴェンさんが森の中を散歩するシーンで流れた、第九の第3楽章。
画面の美しさと曲の美しさがピッタリ合っていて、本当に涙致しました。
曲が流れたらついつい体が曲に乗ってしまうし。
第九が終わった瞬間に拍手しそうになるし。
コンサートと映画を同時に楽しんだようなひと時でした。

| | コメント (2) | トラックバック (2)
|

格闘テニス?

クリスマスイブの夜、皆様いかがお過ごしでしょうか?
私が住んでいる岡山では、ホワイト・クリスマスには程遠く、暖かいイブとなりました。
東京では聖響さんのトークイベントがあったんですよね。。。
いいなぁ、行きたかった(涙)
クリスマス・イブのひと時を聖さまと……なんて、地方住まいの身には夢のまた夢でございますね(泣)

そういえば、年末年始や祝日の関係でWJの発売日が明日の25日ではなく、昨日の23日でございました。
青学vs四天宝寺のS2。
タカさんvs石田兄の豪腕対決もとい、波動球対決は凄いことになってますね。。。
乾さん曰く、百八式まである=レベル108までアップしていく、という石田兄こと銀クンの波動球。
まだ拾式台だというのに、タカさんは客席まで吹っ飛ばされてます(ありえへん;)
血だらけです(蒼白;)
肩には包帯巻いてます(うーん、あの巻き方は……と思わずチェック←職業病;)
凄すぎですね、石田銀クンの波動球。
すでにテニスの域を超えてますよ、あれは。
タカさん、命がけでダッシュ波動球打っちゃってますもの。。。
これぞまさに格闘テニス!?

久しぶりに河村父が出てきてくれたのは嬉しいんですけど。
死なないでね、タカさん(泣)
と思ってしまった、今週のテニプリでございました(爆)

イブの今夜は、NHK-BS2で「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」が放送されています。
映画館にも行ったし、DVDはSEEで持ってるし、何度も見てるんだけど。
やっぱり見てしまうんですよね~。
クラスメイトの男の子数人が、これに出てくるゴラムのモノマネをしてました。
よほどツボにハマったらしいです(笑)
「こっちよ、ホビットさん」
「ワシらの愛しいシト」
「違うよ、そっちじゃないよ」
時々、授業中にもチラホラと聞こえてきておりました(爆)
彼らも見てるんでしょうか?
そしてまた研究を重ねているんでしょうか?(笑)

<以下、追記>
あ~、最後まで見てしまいました。>LOTR
放送されたのはSEEでしたね。
SEEだと、劇場版ではカットされた本編映像が追加されていて、ストーリーがわかりやすくなっているので好きです(^^)
ただ、4時間を越えるので見るのは大変なんですが(苦笑)
実際、放送されたものでもディスクを入れ替える部分でインターバルが入ってましたし(笑)
久しぶりに最後まで見ました。
ストーリーはわかっていても、やっぱり見てると泣いてしまいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

第九三昧

今日は午後からNHK-FMで生放送されている「第九三昧」を聴きながら年賀状作成しました。

第九といえばベトベンさん。

ということで、メインは15時から生中継されたN響さんの第九演奏会でした。
その前に、この人の「第九」も有名ですよー♪ということで、ドボルザーク作曲の交響曲第九番「新世界より」が流れました。
小澤征爾さんの指揮による、テンションの高い演奏を聴きますと、10月に兵庫PACオケを振って爆演を聴かせて下さった下野竜也さんのことを思い出してしまいました。
続いて、ベトベンさんの第九を、楽章ごとに異なる指揮者とオケで聴かせていただきました。
第2楽章を聴くと、踊るティンパニスト真澄ちゃんを思い出してしまい、笑いが、、、(笑)
第4楽章については、とある部分に差し掛かると「聖さま〜♪」(笑)
のだめと聖さまの威力、恐るべし(・・;)

N響さんの演奏も、素晴らしかったです。
ちょっとテンポ速めで、でもしっかりと歌っていて。終わった後一拍置いて、思わず拍手しました。ブラボーでした(^^)

番組の途中、リスナーからのお手紙を紹介するコーナーで、ベトベンさんの第九を知ったのはエヴァンゲリオンでした、という方のお便りが紹介されました。
あのアニメは第九の他にもクラシックの曲がいくつも使われていて、劇中で使用された曲を集めてコンサートも開かれたんですよね。
元G-CLEFの落合さんや柏木さんが参加されていたのでチェックしてたんですけど。
第九が使用されたシーン。
シンジ君が“最後の使徒”カヲル君と対峙する所は、流れる曲の歌詞に合わせてストーリーが展開されていたんですよね。
私も、今でも覚えてます。第九との出会い。私はエヴァではなかったのですが、そういう方がいても不思議ではないなぁ、と共感してしまいました。

もう一つ、第九といえば。
先日、友人が佐渡裕さん指揮の「一万人の第九」に参加して歌いました。
私もいつか歌ってみたいです。
指揮は佐渡さんも経験してみたいんですけど、最終目標はやはり聖さまで♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

三日月

そういえば、今年ヒットした曲の中に三日月が歌詞の中に出てくる歌がありましたね。
(↑仕事を辞めてからすっかり疎くなっている人;)
今日から学校が冬休みなので、一度帰宅して、買い物に出ました。
その帰りがけ。
日没直後の西の空に、細い月が浮かんでました。
そうか、冬至の今日は三日月だったのか。
なんて思いながら帰宅しました。

今日は、一部のクラスメイトは朝からテストでした。
来年の国家試験を受けるに値する学力が身についているかどうか、学校が判定する試験です。……第1回目は9月にあったんですが。。。(ボソッ)
よく話をするクラスメイトもいれば、そうでない人もいるんですけど。
ぶっちゃけ、「キラ~イ」(←殺し屋山田クン by「鮫肌男と桃尻女」)な人もいるんですけど(爆)
来年の3月、みんなで国家試験を受けに広島まで行けたらいいなぁ、と。
三日月を眺めながら思いました。

テストを受けたクラスメイトも、関係ないクラスメイトも。
ゼミでご一緒した皆さんも。
今日はカボチャ食べて柚子湯でしょうか?
風邪引かないように気をつけて、楽しいXMASと年末年始を過ごして(テンパっててそれどころじゃない人もいるかも;)。
また年明けに元気な姿でお会いしましょうね~(^^)

と、今年の学校関係のネタを締めくくってみる(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

補習終了~

今日は1日曇り空で気温の上がらない、寒い1日でした。
そういう寒い日に限って、バイト先ではドアを開けっ放しにして出入りする方が多いんですよね(苦笑) その度に店内に冷気が……。そして閉めに行く、という。
そんな寒い今日で、補習授業も終わりました~(^^)
一部、明日まで学校に行かなきゃいけない人もいるようですが……(-"-)
その補習授業の最後の最後まで、小テスト責めでしたが……(涙)
そして「年越し蕎麦ならぬ、年越し模試ね♪」と担任から業者模試の問題&解答と、分厚い宿題を渡されました(鬼~~~っ!!)
この年末年始は、適度に息を抜きつつ勉強しようと思います。
あ、今年は年賀状も作らないといけないんだった。。。
クリスマスは年賀状作りな1日になりそうですわ(苦笑)

クリスマスといいますと。
昨夜、聖響さんの演奏会スケジュールを拝見しましたら、イベント情報ということでアドレスが掲載されていました。
試しにそのアドレスに飛んでみましたら……クリスマスイブの今月24日、イベントやるんですね、聖響さん。
http://www.imx.ne.jp/info/2006/1219.html

ヨン様プロデュースのクラシックアルバムが発売された、という話はテレビなどなどで聞いておりました。
そのコンサートがもし開かれるとすれば、指揮はまた聖響さんかな?と、何となく予想はしておりました。
それが現実のものになった、というワケでございますね。
その関連イベントが24日~28日に開かれるらしく。
初日の24日に、聖響さんとIMX代表の孫氏の対談&聖響さんのCD即売会とサイン会が行われるのだそうです。

……行きたいけど、東京。。。
行けないわ(血涙;)
サイトによりますと、入場料は無料だけど人数制限があるそうです。
行ける方は、足を運んでみてはいかがでしょう?
ついでに「こんなだったよ~」と教えていただけると嬉しいです(←他力本願でスミマセン;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

幻魔大戦

テレビ番組表を見ていたら、今夜BS-2でアニメ「幻魔大戦」が放送されるということで、チャンネルを合わせてみました。
見始めたら止まらなくて、結局最後まで。。。
アニメにハマり始めた中学時代からタイトルだけは知っていましたが、見たことなかったんですよね、この映画。
超能力を使う戦士たちが幻魔と戦って地球を守る、というわかりやすいストーリーで、主人公はある日突然超能力に覚醒した高校生、という。
今から23年前に制作された映画ということで、古き良き懐かしきジャパニメーションといった感じでした。

キャストも、主人公の高校生・丈が古谷徹さん。
丈を導く某国の元プリンセス・ルナが小山茉美さん。
……星矢ちゃんとシャイナさんだ~(^^)
と思ってしまった私は、、、(汗;)

他にも「星矢」に出演なさっていた声優さんたちの声を、亡くなられた方の声も含めてたくさん聞くことができて、嬉しかったです。
EDのテロップを見ていたら、青●プロでしたので、キャスト陣がかぶっているのも当然と言えば当然かも、と納得してしまったんですが(笑)
にしましても、「ガンダム」のアムロに星矢ちゃん。
ちょっと情けない系の男の子(でも潜在能力は誰よりも高くていざという時頼りになる、という)を演じたらピカイチですね、古谷さん。
久しぶりにそのお声を拝聴しまして、中学~高校時代に逆戻りしたような気持ちになりました。

そして、この「幻魔大戦」
幻魔のラスボスを倒すのに必殺技ということで使われたのが、マグマに溶け込んでいるラスボスを絶対零度で凍結させる、というもの。
「絶対零度!」
と丈クンが叫んだ瞬間、頭を過ぎったのは……
「オーロラ・エクスキューション……?」
スミマセン、絶対零度=アクエリアスの聖闘士=カミュさま♪と自動変換されてしまうもので(笑)

懐かしさついでに、久しぶりに星矢キャラたちのデータを思い出していますと。
氷河クンは私と誕生日が同じで。
メインキャラ5人の中で一番好きだった紫龍クンは……跡部さまと同じ日が誕生日なんですよね(笑)
(ちなみに、好きカプは氷河×紫龍というマイナー路線でございました;)
今、テニプリで一番好きなキャラは乾さんで、彼は双子座生まれ。
カップリングには乾塚から入ったということで、こちらは双子座×天秤座という組み合わせです。柳乾は誕生日1日違いの双子座カップルです。
……三つ子の魂百まで、と申しましょうか。
昔から自分と相性のいい風の星座に生まれたキャラを好きになり、あまりメジャーではないカップリングに惹かれてしまうようです(笑)

そういえば、「星矢」の新らしいシリーズがコミックスになってましたね。
気になるんですけど……多分買わないんだろうなぁ(汗;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

のだめ第10回とテニプリ

今朝は寒い朝でした。
県の中部~北部にかけては雪も降ったそうで。
納得ぅ~、な寒さでございました(泣)

そんな今日は月曜日。
月曜日といえば、「のだめ」とテニプリ♪
というワケで、まずは「のだめ」から。

マラドーナ・コンクールの第2次予選。
めっちゃイヤそうなショパン→恋に我を忘れたドビュッシーですか。。。
千秋センパイの威力絶大ですね(笑)
そして、出ましたよ~。オクレール先生の名言が!
「まだベーベちゃん(赤ちゃん)なのかねぇ」
のだめちゃんや瀬川クンの心の奥を見透かしているオクレール先生、ステキですわ♪

R☆Sオケには新たな刺客、ならぬヘンタイ君、もとい真澄ちゃんのライバル登場(爆笑)
そして龍ちゃん、オトコマエですよ~(泣)
清良ちゃんのこともわかってなさそうでわかってて、突き放すようで実はめちゃめちゃ大事にしてるなんて、オトコマエじゃないですか~♪
龍ちゃん×清良ちゃんのヴァイオリニスト同士のカップル、かなり好きです(^^)

ハリセンの家でコンクール本選の練習中ののだめちゃんは、ある意味神がかってますね~(笑)
音楽の神ならぬ、ピアノの神様と交信中……と思ったら、発熱してるし。。。
最後の最後に残ったのが、ストラヴィンスキーの「ペトルーシュカ」
この曲面白いので、結構好きです。
集中してるのだめちゃんの意識にアレが割り込むトコも、ちゃんと出てましたね。
本選での気迫溢れるシューマン。
続いて、多彩な音が溢れる「ペトルーシュカ」
でも、止まるんですよね。
今日の料理(笑)
「ペトルーシュカ風」の「今日の料理」。。。
そうか、ああなるのか(笑)
「ペトルーシュカ」と「今日の料理」を行ったり来たりする、のだめ版「ペトルーシュカ」
ドラマであのように再現していただけて楽しかったです♪
ステージを降りてからののだめちゃんを見るのは、ちょっと切なかったですけど(涙)
ホールから出て行くのだめちゃんに声をかける千秋センパイも、オトコマエでございましたね♪

それにしても、瀬川クン。イヤなヤツですよね~(笑)
原作のビジュアルも独特でしたけど、よくそれにハマる役者さん見つけてきたよな~、と彼を見るたびに感心してしまいます。
あのママも、すごい存在感ありますけど。。。(笑)

毎週欠かさず見てきた「のだめ」も、来週が最終回なんですね。
早いなぁ。
来週はクリスマスのケーキ食べながら「のだめ」最終回を見ることになりそうです。

そういえば、一つ気になったのですけれど。。。
私「ベト7」は「ベトナナ」と読んでいたんですが、あれは「ベトシチ」と読むのが正解なんでしょうか?
ドラマの中で役者さんが「ベトシチ」と仰っていたので。。。
個人的に、「シチ」より「ナナ」の方が言いやすいんですけど(苦笑)

まぁ、いいや。
(↑外科担当の先生の口癖が移ったらしい;)

続きまして、今週のWJテニプリです。
今週から、タカさんvs石田兄の豪腕対決です。
パワーテニスの応酬です。
元祖波動球の石田鉄クンに波動球を伝授した石田兄ですよ。
波動球兄弟対決では鉄クンを全く寄せ付けなかった、あの石田兄ですよ。
サーブもやっぱり波動球ですよ。
……ラケット何本ダメになるんだろう?(←コラコラ;)

その石田兄を相手に、タカさんはいきなりダッシュ波動球です♪
1試合1球だったのが、何球も連続で打てるようになるなんて、パワーアップしましたわね、タカさん(^^)
そんなタカさんにガッツリ食いついている不二さんの夫唱婦随っぷりが萌えでした♪
ああいう1シーンを見せられますと、またこの二人のダブルスが見たくなってしまうので、いけません(笑)

しかし、石田兄。
波動球は壱式から始まって、弐式、参式と続くんですか。。。
百八式まであるんですか。。。
煩悩の数だけ波動球がある、というわけですね。
……年末も近いことですし、石田兄クンの波動球で今年の煩悩を払っていただける、ということでしょうか!?(←だから、違うってば;)
四宝寺のモブ君たちは「師範」って言ってましたけど、彼は何の師範なんでしょう……?
そしてあの僧侶のような佇まいは……
石田クンの実家って、お寺さんだったっけ?と思ってしまいました。
(正解は、大工さんでした by20.5巻)

久しぶりに見るタカさんのシングルス。
豪腕対決ということでもありますし、タカさんに勝ってほしい気持ちはあるんですが。。。
ここでタカさんが勝ってしまうと、次の乾塚乾・愛の眼鏡’Sダブルスが……(汗;)
戦況を見守る心境は、ちょっとフクザツでございます。

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

リード(BlogPet)

ほんとうは、結月秋絵は
す♪聖響さん×シエナさんの今年2枚目のCD、WJではなく「JW~ジョン・ウィリアムズ吹奏楽本日!」の店頭着荷日ということで、お迎えに上がります(^^)「リード!
とか考えてたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「clef」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

本日某D氏につき…

ここ2~3日は主婦業100%な日々でした。
あ、昨日は朝から模試を受けに学校行きました。
国家試験を想定した、必修問題30問+一般問題200問。
一般問題は余裕で合格ライン突破してましたが、必修問題がギリギリセーフ(汗)
この冬休み、解剖学はもう一度整理した方がよさそうです(滝汗;)
何であんな簡単な問題を間違えるかなぁ、私(←単に復習が足りないだけ;)

そして今夜、NHK教育テレビ21:00からは今年のNHK音楽祭のハイライト。
ということで、トップバッターはダニエル・ハーディングさん指揮×MCOです。
ブラームスの交響曲第2番です。
ラジオでも聴いたのですが、改めてビデオ録って拝見しようかな、と。
だって、ラルス・フォークトさんをソリストに迎えてのピアノ協奏曲も放送されるんですもの。

でも、D・H氏指揮のブラ2。
あの第2楽章。
冒頭のチェロは反則ですよ~。
あんな歌い方されたら、泣きますやん(笑)
そうでなくてもこの第2楽章は号泣するツボがあちこちにありますのに。。。
ラジオで聴いたときも泣きましたが、何度聴いても泣きますね~、やっぱり。

いけませんねぇ。
他の方が振るのを聴いてこんな調子だと、来年聖響さんが振るのを聴いたら絶対泣きますわ。
というワケで(?)、2007-8年の金聖響さん×OEKさんのブラームス・チクルス4回公演。
チケット獲得大作戦に参戦致しました。
去年、今年のモーツァルト・シリーズのチケットを取った時は開始5分で電話がつながったのですが。
今年は開始6分でつながりました(^_^)v
そして、今年のモーツァルト・シリーズと同じ席をGET致しました(爆)
自分、またそこにおるんかい!?という(笑)
だけど、聖さまの位置からは客席に座っているファンの顔なんて見えてませんから(多分)
たとえ見えていたとしても、覚えておられませんから。
大丈夫♪(←何がだ!?)

聖さまがザ・シンフォニーホールで行うシリーズ公演、2シーズン連続で指揮者真正面ド真ん中の席は譲らない、というのもどうかと思うのですが。。。(汗)
今年最強だった(と勝手に思い込んでいる)聖さま運はまだ尽きてはいなかったようです。

それにしましても、その聖さまと仲良しさんなダニエル氏指揮のブラームスを聴いていますと、ますます来年からのシリーズが楽しみになりますわ♪
って、まだ就職先とかちゃんと決まっていないにもかかわらず、スケジュール帳が今年と同様、来年も聖さまのコンサート予定から真っ先に埋まっていく、という(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

WJならぬ、JW

今日は金聖響さん×シエナさんのCD「ジョン・ウィリアムズ 吹奏楽ベスト!」の発売日です♪
ジャケットも大きく金字で「JW
でも、毎週ジャンプ読んでるワタクシとしましては、どうも「J」と「W」をひっくり返して見てしまうのでいけません(苦笑)

跡部さまのアルバムが出てからは跡部さま。
「のだめ」が始まったのでここ最近はベト7(もちろん、聖響さん×OEKさんの演奏で♪)が目覚ましの音楽だったんですが。
今日からは「JW」です♪
最初からテンション高くてカッコいい曲が目白押しなので、お目覚めもバッチリです(笑)

というわけで、昨日お知らせしましたとおり、移転しました新Music別館 Allegro con brioに感想をしたためております。
よろしければ、ご覧下さいませ(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

お知らせ&ご案内

今日は“立ち読み 占い ツイてね~♪”な1日でございました(涙)
朝。
昨夜から降り続いていた雨が止んだ!と思って家を出た瞬間、再び降り始めました(涙)
傘を差して自転車に乗るのは危ないから……と思って駅まで歩いたら、改札を抜ける前に乗るべき電車が発車。。。
バイト、遅刻でした(涙)
仕方が無いので1本遅い電車に乗ったんですが、その電車。
駅改良工事中のあおりを受けて、階段からすご~く離れているホームに停車。。。
補習授業では「なんじゃ、こりゃ!? こんな問題、必修問題でも一般問題でも出ないでしょ!?」的マニアックな問題が当たるし(しかも、不正解;)
学校終わって、聖響さんのCDを買いに行くついでに友人とお茶しよう!と思っておりましたら、お目当てのお店は定休日。。。
今日はツイてない1日でございました(泣)

そういえば、clef占いは「絶不調」と出ていたような。。。
さすが、飼い主とのシンクロ率が高い我がブログペットですわ(苦笑)

まぁ、たまにはこんな日もあるさ、ということで。
本日は皆様にお知らせ&ご案内がございます。
当サイトのMusic別館 Allegro con brioをgooブログから移転することになりました。
以前からちょっとgooのブログは使い勝手が悪く、今使っているPC貞治クンとの相性も良くないのか、表示する際にしょっちゅう文字化けしておりまして。
先だって、期末試験前日夜に聖響さんのコンサートの感想を書いて他所様のブログにTBしようとしたら記事が綺麗さっぱり消えていた。
という事件が決定打となりまして、移転を決めました。
移転先は、こちらです。
http://allegroconbrio.blog85.fc2.com/
この「べっさつ結月堂」からは、新ブログの方へリンクしております。
ブックマークなどつけていただいているようでしたら、お手数ですがリンク先の変更をお願い申し上げます(礼)

明日発売される、金聖響さん×シエナさんのCD「JW吹奏楽ベスト!」の感想は新Allegro con brioにアップ致します。
また、過去の記事はいただいたコメント、TBのアドレスと共に現在お引越し作業中です。
へぇ、こんなことも書いてたのか~。
と久しぶりに目にする記事も多々ございます(笑)
なお、旧Allegro con brioはしばらくの間そのまま残そうと思っております。

新Music別館 Allegro con brio。
旧ブログと同様にご贔屓にしていただけましたら幸いです。
よろしくお願い申し上げます(礼)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

のだめ第9回とテニプリ

今日から冬休み~♪と言いたいところですが、国家試験の近い3年生は補習授業です(涙)
担任がクラス全員、一人一人の名前を印字した、気合たっぷりの必修問題対策ノートを用意してくれましたので、勉強する方も力が入ります。

で、今日は月曜日。
ということで今日は「のだめ」と「テニプリ」の日です(^^)

R☆Sオケの初演大成功!なご褒美に、とのだめちゃんに飛行機恐怖症を解いてもらった千秋センパイ。
ラーメン食べに峰君と北海道へ……はいいけど、ビジネスクラスですか(笑)
羽田から新千歳なら、たかが1時間ほどですのに。金持ちの発想は違いますわ(驚;)
乗ったはいいけどやっぱりパニック起こしてるし(笑)
のだめちゃんの催眠術、かなり凄いですね~。
カニにウニに白い恋人じゃなくて“白い愛人”(←ホンモノは青い文字ですが、こちらはピンクでしたね/笑)
どさくさに紛れて、どれだけの食材仕入れさせてんねん!?
と突っ込みいれた人、手ぇ挙げて~(笑)

そして当ののだめちゃんは……コンクールモードに突入でございます(^^)
賞金と海外留学が目的で出場、って動機がかなり不純な気がするんですが(爆)
シューベルトさんがかなりメチャメチャになってるってあたり、さすがのだめ(笑)
ハリセンの奥さんが千秋センパイに駆け寄るシーンのBGMが「愛のあいさつ」(byクライスラー)だとは。。。
ベタベタですわね(笑)

R☆Sオケも凄いことになってきてますね~。
再演はサントリーホールですか。
……聖さま。。。(←しばし意識がぶっ飛んでおります;)
そしてミルヒー、久しぶり~♪
弟子との感動の再会なのに、開口一番写真集の心配(笑)
そしてやっぱり合コン(笑)

今まではのだめちゃんよりも千秋センパイの方に物語の主軸が置かれていたように思いますが、ここに来てのだめちゃんが大活躍するようになってくれました♪
コンクールの1次予選を通過して。
飛行機恐怖症を克服して、念願の海外留学に行けるようになったけどオケの再演もあるし……と板ばさみになっている千秋センパイを叱り飛ばすシーン。
のだめちゃん、オトコマエでございました(^^)
そして今週はハリセンもオトコマエでございました(^^)
「おなら体操」を踊る豊原さんも楽しかったですが、やっぱりオトコマエな豊原さんがいいです♪
また、今週はついにオクレール先生登場~!
審査員なのにずっと寝てるマイペースっぷりがいいです(^^)
めっちゃイヤそうにショパンを弾くのだめちゃんも見られて、今週も楽しませていただきました♪
来週もいろいろ詰まってるみたいなので、またまた楽しみなのであります(^^)

そして今週のWJ「テニプリ」
浪花のバカップルvs覆面2年生コンビ。
桃ちゃんと薫ちゃんの入れ替わり大作戦!?で浪花のバカップルを撹乱するとはさすがです。
かなり翻弄されましたけど、勝ちましたね~、覆面2年生コンビ(^^)

覆面を取り替えて入れ替わったと見せかけて、実は入れ替わらずに必殺技を取り替えていただけ、なんてさすが青学の曲者ですわ、桃ちゃん。
ヒソヒソ話でちょこっと打ち合わせしただけで、お互いの必殺技が打ててしまうっていうのも凄いんですけど、この二人(笑)
今回の覆面2年生コンビ、まさに桃海または海桃でございましたね(笑)
にしても、手塚部長。桃ちゃんと薫ちゃんは
「お互いの技を意識しあっていた」
みたいなことを仰っていましたけど。。。
それってつまり、桃ちゃんも乾さんと共同開発した技を打ってみたかった、ということかしら?
そして薫ちゃんは、これ以上乾さんに迷惑かけないように、一人で技を編み出そうと密かに努力していた、ってことかしら?
と思ってしまうではありませんか(笑)

今回のD2で桃海コンビが勝って、これで1-1。
続きましてはタカさんvs元祖波動球・石田兄の豪腕対決ですか。
……この試合の結果次第で、塚乾塚ダブルスの勝敗の行方が決まる、というわけですのね(←だから、先読みするんじゃありません、自分;)
来週から、またドキドキしながら拝見することになりそうです。

<以下、追記>
明日は学校帰りにCDショップへGO!です♪
聖響さん×シエナさんの今年2枚目のCD、WJではなく「JW~ジョン・ウィリアムズ吹奏楽ベスト!」の店頭着荷日ということで、お迎えに上がります(^^)
「リード!×3」は2日とも公演を聴いてCDも……でしたが、JWさんは聴く機会がなかったので、楽しみです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

またきょうclefが歌詞に企画したよ♪(BlogPet)

きょうclefは、フジテレビがダイジェストされた!
で浪花まで桃が作曲された。
またきょうclefが歌詞に企画したよ♪
でもフジテレビと恐怖症へ練習するはずだったみたい。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「clef」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

王の男

12月だというのに、今日の午後はコートがいらないくらい暖かい1日でした。
冬至まであと10日ほどということで、日が落ちるのは早いんですけどね。
未だに、1日1匹は蚊を潰しております。
平均気温が上昇して、蚊の出現時期も変わってきているんでしょうかね(苦笑)
でも暦はやっぱり12月。
いつも利用している岡山駅前もすっかりクリスマス仕様です。
20061208_okayamaekimae_1
駅前通りの並木にも電球が巻かれて、日が落ちると綺麗なイルミネーションが輝いてます。
でも電球を巻かれた木を見るたびに、毎年かわいそうだなぁ、と思うんですよね。
人間の勝手で電球巻きつけちゃってごめんなさいね、と思いながら楽しませてもらっています。

そんな今日は映画を見に行きました。
先月「この映画が観たい」とお話しました「王の男」です。
映画の公式HPの言葉を借りると
絢爛豪華な宮廷の中で、実在した史上最悪の暴君に芸で挑んだ2人の男の、波乱に満ちた人生を描く本年度最高の話題作
というこの映画。
史上最悪の暴君に挑んだ二人の芸人の一人が絶世の美女ならぬ、絶世の美青年。
その彼を巡って相方さんと王が対峙するということで、BL系の映画のように紹介されていることもあるようですが。。。
二人の芸人コンギルとチャンセンの関係も、王とコンギルの関係も。BLと言ってしまえばBLかもしれませんが、“BL”という枠で括ってしまうのはちょっと違うような気も致しました。

コンギルと二人で芸をして成功したいと願い、コンギルを誰よりも大事に思っているチャンセン。
幼い頃に母親を失くして心を閉ざし、コンギルと出会ったことでようやく心を開いた王。
チャンセンを大事に思いつつも、王の孤独を理解して間に挟まれる形になってしまうコンギル。
王の寵愛をコンギルに奪われて嫉妬に燃える元妓生のノクス。
4人それぞれが相手を大切に思っているんですけれど、それがすれ違ってしまったり。
宮廷内のゴタゴタに巻き込まれてしまったり。
観ていて切ないですね、やっぱり。
チャンセンを演じたカム・ウソンさんとコンギルを演じたイ・ジュンギさんの演技も見事でした。あの綱渡りの芸を身につけるだけでも大変だったんではないか、と。
史上最悪の暴君・ヨンサングンを演じたチョン・ジニョンさんの演技もとても印象深かったです。4人の中で一番感情移入してしまったのは、チャンセンでもなくコンギルでもなく、ヨンサングンでしたもの、私。。。

それにしても。
このお話、宮中が舞台ということでしたので、宮廷料理も劇中に出てきます。
あんなシーンやこんなシーンで「あれはスラッカンの女官が作ったのかしら?」と思いながら見ていたのは、ここだけのお話です(笑)
あの話とこの話を混ぜたらあかんでしょ、自分。
と自分にツッコミ入れてしまいました(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

オール・クリア(^_^)v

今の専門学校に通い始めて、早くも3年生中期が終了しました。
1年生の時はまだ先は長いなぁ、と思っていたのですけれど。
実技認定試験が終わって、期末テストが終わってみると、足早に日々が過ぎていったように思います。
今日、中期の成績が返ってきました。
1科目、ギリギリセーフのものがありましたが(前期との点数差がマイナス28点ということで「どういうこっちゃ」とお叱りを受けました;)、今回も全科目無傷でクリア致しました(^_^)v
これで、3年間通じて追試なし!でございます♪

1年生の時は学科:オール優、実技:オール良
2年生の時は学科&実技合わせてオール優
今回は、前期でギリギリセーフだった整形外科だけ「良」(学科で初めて「良」もらうことになってしまいました;;)で、後は全て優という成績です。
あとは、来年2月の卒業試験を残すのみ。この試験は、恐らく国家試験の前哨戦のような感じになると思うので、来週からの補習授業&後期の国家試験対策授業をしっかり聞いて、自分でも勉強して。また頑張ろうと思います。

なんてコトを申しましても、臨床に出たら、患者様にとっては学校の成績がどうだったか、なんて関係ナッシングなことなんですけれどね。。。
学校で習ったことは、これから先何十年と続くであろう臨床家としての生活の基礎になるわけでして。
我ながら頑張ったなぁ、と思います。
もっとも、勉強はこれで終わりというわけではなくて、これから臨床の場に出ても一生勉強し続けていかなければならないんですけどね。
まだまだ学ばなければいけないことは山ほどあるなぁ、と。
先々のことを思うと自分の未熟さ&無知っぷりを思い知らされます。
柔道整復師という職業は「これで終わり」ということはないものなので。臨床に出て、私の元を訪れて下さるであろう患者様のためにも、精進し続けていかなければいけないなぁ、と思います。

本当は、まだまだ勉強したいことがあるんですよね。
この方の下で学びたい、と思っている先生もいらっしゃいますし。
ただ、現状を思うとそれはとても難しくて、クリアしなければならない問題がたくさんあるという(苦笑)
先々のことを思うと頭がクラクラしそうになるんですけれど(汗)
まずは、目の前にあることに真剣に取り組むという、できることからコツコツやっていこうかなぁ、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

テニプリ分室オープン記念日

ココログが長期メンテに入っていたため、一昨日と昨日の2日間、ココログへの投稿とコメント&トラックバックの受付ができませんでした。
その間にコメント&TBしようと思ったけどダメだった~(>_<)という方がおられましたら、この場でお詫び申し上げます。

今日は午後にちょこっと雨が降るかも~。
なんて天気予報だったんですが、しっかり朝から雨が降りまして。
(天気予報のウソツキ;;)
「大雪」の暦に違わぬ、冷たい雨が降る寒い1日でした。

そんな今日は、我が結月堂テニプリ分室のお誕生日であります♪
マンガ&アニメの「テニスの王子様」にハマって、二次創作モノを書くようになって。
同人誌を出して買っていただくという方法ではなく、もっと手軽に作品を読んでいただきたいと思いまして、サイトの中にテニプリ分室を作ったのが、2002年の今日でございました。
早いもので、5年目に突入です。
去年、某指揮者のSさまにハマり、クラシック音楽熱が再燃して以来筆がめっきり遅くなり。
今年に入ってからは国家試験を控えた受験生ということで、ますます筆が進まない状況が続いております。
更新が滞る中で、サイトにアップしている作品を何度も読み返していただいたり、新作を楽しみに待っていただいたりしている皆様には、心より感謝しております。
本当にありがとうございます(深礼)
クリスマスには何かSSを書きたいと思っているのですが、期末テストが終わって冬休みに入っても毎日補習授業があって、小テストがあって、模試もあって……という日々を過ごすことになるので、書けるかどうかわからない、という状況です。
「書きます」と確実にお約束することができなくて、申し訳ございません。

ほとんど休止状態に近くて、ブログでの日記更新が中心になっているのが実情であります(汗)
が、まだ書きたいというお話がいくつかあって。
完成させないといけないなぁ、と思っている話もあるので。
「書きたい」という欲求が自分の中にある限りは、細々とでも続けていきたいなぁ、と思っております。
まぁ、WJの原作で乾塚乾ダブルスが始まったら、爆走するであろう妄想のはけ口を用意しておかねばなりませんから(笑)
その時書くのが乾塚になるのか、塚乾になるのかは、許斐先生次第かと(笑)

でも我ながら、よく続いていると思います。
このブログも2003年から始めているので、そろそろ4年目に突入する頃ですしね。
何事も、継続は力なり。
今クラスの担任をして下さっている先生も、よく「継続は力なり」と仰いますが。。。
年に1本~2本という超スローペースな更新状況でも、少しでも皆様に楽しんでいただけるような作品を書いていけたらなぁ、と思います。
原作もまだまだ続きますし、許斐先生からたくさんの萌えを提供していただけると思いますので♪
もうしばらく、お付き合いいただけましたらと思います(礼)

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

のだめ第8回とテニプリ

12月に入って、急に寒くなりました~(泣)
冬生まれでも寒さが苦手、というワタクシにはツライ季節の到来です。
風邪……はもう引いてしまって治りかけているので、これ以上引かないように注意なのです。

で、今日は月曜日~。

でたぁ~!
今週も出ました~!!
ハリセンの「おなら体操」!!!
ヘィ ヘィ ブ~(爆笑)
先週に引き続き、歌&踊りつきで歌詞テロップまで出てましたね~(笑)

黒木クンの恋は、のだめの本性を見ないままに始まって、千秋センパイの前に砕け散ってしまわれましたね(涙)
可愛そうに、のだめのせいでコンクール予選落ちだなんて(泣)
コンクールには魔物が潜むと言いますが。。。
本選で寝違えて満足な演奏ができなかった清良ちゃんや、失恋の痛手で自分の演奏ができなかった黒木クンを見ていると切ないですわ(涙)
菊池クンは修羅場ってましたけど(笑)
魅惑のチェリストに
孤高のオーボエに
東洋の真っ赤なルビー(笑)
そして裏軒で売られてるあのTシャツ。。。
峰クンのセンス、相変わらずブラボーですわ(笑)

コンクールが終わって、R☆Sオケの練習も再開。
鬼っすね~、千秋センパイ(笑)
でもブラームスの交響曲第1番の第4楽章、難しいですものね。
春にぶっつけ本番でオケをやろう!企画に参加したときに、一応2ndヴァイオリンの楽譜をいただいて練習してみましたけど、弾けない部分の方が多くて(苦笑)
ブラームスさんは名前が載っていないのをいいことに聴衆に回ってしまいましたもの(爆)

……R☆Sオケのチケットをのだめちゃんに渡す千秋センパイのセリフ
「いいから聴け。俺様の音楽を」
と聴いた瞬間に。
「俺様の音楽に、酔いな」
と頭の中で変換されたのは。。。(笑)
だって~、俺様キャラと言えば、ねぇ?(笑)

そして早くも本番でございますよ、R☆Sオケ。
ステージ登場シーンで「ボレロ」ですか。
イヤでも盛り上がりますよね~、緊張感高まってきますし。
でもね、フジテレビさん。
あのタイミングでああいうCM入れるのはやめていただけないかしら?(苦笑)
せっかく盛り上がってたのに。
ちょっと拍子抜けしてしまいましたわ。。。
演奏会が始まって、黒木クンのオーボエ協奏曲。
アマデさん作曲のこの曲も、ブラームスさんの交響曲第1番も。
大好きなんですけど、やっぱりダイジェスト版ですよね。。。
演奏シーンもかなり長く見せていただけましたね(^^)
撮影は大変だったと思うんですけど。(だって、あれ。弾く振りをするだけでも大変;)

千秋センパイの飛行機恐怖症を治そうと奮闘するのだめちゃんも愛らしかったです。
マンガで読んだときも涙モノでございましたが、ドラマで見るとまた格別ですね。
飛行機恐怖症の克服が演奏会成功のご褒美だなんて、ステキだなぁ、と思うシーンでした。
BGMがバーバー作曲の「弦楽のためのアダージョ」なんて、これまた泣ける曲ではありませんか(泣)
のだめの催眠術に引っかかるっていう辺り、いろいろ試したけど「ガードが固い」ってどこがやねん?とツッコミ入れたくもなりますけど(笑)
(今週の千秋センパイは、何が何でも楽譜を離さなかったり、お風呂で溺れる寸前になったり、、、とかなりコメディな部分も多かったですが/笑)

ボレロに、バーバーに、「展覧会の絵」から「バーバー・ヤガの小屋」などなど。
今日のBGMも好きな曲が満載で、楽しかったです♪

続きまして、今週のWJテニプリ。
浪花のバカップルvs青学負けず嫌い2年生の続きです。
今まで小春ちゃんの濃ゆいキャラの陰に隠れていた一氏クン。
“実はじっくり相手の動きや声やクセを観察していた”という部分だけ読むと、乾さん?と思ってしまうのですが(笑)
モノマネはなさいませんものね、乾さんは。

覆面で浪花のバカップルのパフォーマンス攻撃は防いでいるけれど。
覆面をかぶっているが故に、一氏クンのモノマネの餌食になってしまうというワケでして。
カウントは6-5で浪花のバカップルがリード。
絶対絶命のピンチであります、2年生コンビ。
さあ、どうする?と思ったら……
入れ替わり大作戦ですか!?(爆)
立海の詐欺師&紳士ペアがやって見せた入れ替わり大作戦でございますか!?
その紳士柳生と入れ替わり即興ダブルスやって、クセになったんですの、薫ちゃん!?
やるなぁ、桃海(笑)

あれ、でも桃海の二人って……(20.5巻をゴソゴソ)
ああ、そうか。
身長は3センチ薫ちゃんが高いけど、体重は1キロ薫ちゃんの方が軽いのね。
鍛え方の差か!?(笑)
でもまぁ、体重が1キロ差ということは、ぱっと見の体型は似てるかも、ですね。
どっちも短パンに長袖ジャージだし。
入れ替わりは可能なのね。
と納得してみる(笑)

紳士から伝授された入れ替わり大作戦で、浪花のバカップルから起死回生の1勝をもぎ取ることができるのか。
結果が楽しみでございます♪
(でもなぁ、ここで2勝されちゃうと、乾塚乾ダブルスの行方が。。。;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうclefは楽勝したよ♪(BlogPet)

きょうclefは楽勝したよ♪
ですけれどきょうは、ここまでセも解答したかも。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「clef」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

来年の倉敷音楽祭

12月に入って、来年開催される第21回倉敷音楽祭の概要が発表されました。
http://arsk.jp/m-fes/
直接記事を読んだわけではないのですが、友人からいただいたメールで来年の音楽祭についてはある程度聞いておりました。
その通り、来年は原点に返って(?)市民会館や芸文館など、倉敷の中心街での公演オンリーになって。
毎年結成されていた祝祭管弦楽団の演奏会はなくなりました。

祝祭管弦楽団。。。
今は亡き朝比奈隆さんがベートーヴェンの交響曲を1番から、モーツァルトの交響曲を最後から順番に指揮してチクルスを完成させたのが10年前。
ヴァイオリンの堀正文さん、元G-CLEFの後藤勇一郎さん、ヴィオラの店村眞積さん、チェロの堀良介さん、徳永兼一郎さんなどなど。今でも第一線で活躍しておられる方や、亡くなられた方の中にもお気に入りの演奏家さんが毎年いらっしゃって。
去年は神奈川フィルのソロ・コンマスにして超イケメンなヴァイオリニスト石田泰尚さんもいらっしゃって。
井上道義さんのハジけまくった指揮も拝見できて。
今年はついに徳永ニ男さんもいらっしゃって。
毎年楽しみにしていたんですけどね。。。
残念でございます。

その代わりに、目玉公演として招聘されたのがズービン・メータ氏指揮のイスラエル・フィル。
http://arsk.jp/m-fes/artist/log1.html
何でも、祝祭管弦楽団を結成するよりも、外来オケを招聘した方が経費が安いのだとか。
財政難はわかるけど、やっぱり真っ先に削られるのは芸術部門なのね~、と思うと悲しくなる理由でございますね(苦笑)

メータ氏指揮のIPOで聴くシューベルトとマーラー、楽しみなんですけど。。。
日本国内にも素晴らしいオケはたくさんあって、倉敷在住だと遠征しなければ聴けないオケが大半だったりするんですよね。
そういうオケ(某Kフィルとか、Kフィルとか、Kフィルとか!/笑)を呼んでくるとか。
目覚しい活躍をしておられる30代~40代の指揮者を思い切って抜擢してみるとか。
他にも方法があるんではないかなぁ、と思ってしまうのもまた、本音だったりします。

クラシック部門はこの変にしておいて。
来年楽しみなのがもう一つ。
ピアノデュオのレ・フルールです♪
http://arsk.jp/m-fes/artist/log4.html
音楽祭といえば、解散間近だったけどG-CLEFを呼んでくれて。
ジャズ・ヴァイオリンの寺井尚子さん、ジャズ・ピアニストの松永貴志さん。
他にも多数、これから益々目が離せなくなるなぁ。と思っているジャズやポップス系のアーティストを呼んでくれるんですよね。
来年はレ・フルールのお二人ということで、楽しみです(^^)

毎年出演している街角コンサートは会場の一部変更はあっても続行されるようですが……
国家試験や卒業式があって練習する時間がないので、出演は無理だろうなぁ(涙)

財政難で規模縮小とか。
存続するかどうか怪しいとか。
いろいろ言われているようですし。
続けていくのは何かと大変なことも多いと思うのですけれど。
せっかく20年も続いてきたのですから、これからも続けてほしいなぁ、と思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

矢野どんレポ

今日は、聖響さんがご自身のブログにも「ゲストで出たよ」と書いておられた、阪神タイガースの正捕手・矢野輝弘さんのラジオ「矢野輝弘のど~んと来い!」を聴きました。
番組冒頭で、まず第1声から「ご結婚おめでとうございます~
収録されたのが入籍から10日前後経った日ですから、まぁ、当然でございますわね(笑)
今日のラジオでも、ご結婚秘話などなどいろいろ聴けるとHPで告知されておりましたとおり、いろいろ聴けました♪ (というか、ほぼそれがメインだったような。。。/笑)

CM明けのコーナーは、リスナーからの質問に矢野さんが答えるという「教えて、矢野先生
今日は14歳で渡米して、まさに世界を股にかけて音楽で活躍しておられる(と紹介されておりました♪)世界的指揮者の金聖響先生も加わって、3件の質問に答えておりました。


その1)ファンレターでもらって嬉しい言葉などはありますか? 伝わりやすい言葉などがあったら、アドバイスもお願いします
矢野さん的には、あまり飾られるのはお好きではなくて、ストレートな言葉で素直に書いていただいた方が嬉しいし、励みになる、ということでございました(^^)
聖響さんも「(出されたファンレターを読まないなんてことは)まずないですね」と仰っていましたので、皆様ガンガン書きましょう♪(←何か違う!?)

その2)今まで強行突破の旅ってしたことありますか?
質問された方は、阪神のファン感謝デーに0泊3日夜行バスの旅で参加なさったそうで。
(私もやりましたね~、10代最後の歳に0泊3日夜行バスでハウステンボスへの旅;)
矢野さんはバイト終わってそのままスキー行ったことがある、とか。
聖響さんも移動が多いのでその移動での苦労話など、伺うことができました。
ヨーロッパ行こうと思ったら14時間くらい飛行機の中。
聖響さんは新幹線でも耳が“キーン”となる方らしく。移動のあるときはできるだけ前日入りする、とお話しておられました。
その話の中で、「今年はお仕事も含めて何カ国ぐらい行かれたんですか?」という質問が。
……えーっと、コンサートのお仕事は国内オンリーでしたよね?(脳内スケジュール帳をペラペラ)
聖響さんも、できればヨーロッパと行き来したいからということでウィーンに家を借りているけれど、全然使ってなくてお友達が住んでいてお金だけ払っている、というお話が(笑)
ウィーンにも家持ってはるはずだけど、どうしてはるのかなぁ?と密かに思っておりましたので、その謎が解けました(笑)

その3)付き合っている彼が野球部で、なかなか会えないんだけどどうしたらいいでしょう?
可愛らしい恋のお悩みでございます。
一緒に帰ったりデートしたりしたいけど、あまりワガママを言って迷惑をかけたくない、なんて健気なお嬢さんでございますよ~(^^)
矢野さんは、自分も彼女と一緒に自転車押して歩いて帰りたい、なんて憧れを持っておられたようですが、全然叶わなかったのだとか(爆)
聖響さんも「(メール出した子)寂しいんやな。で、この彼も多分口下手やねん。語彙がないからさ。(略)彼女絵文字ガンガン使うのに、“今日疲れた、ごめん、お休み”みたいな」
……ミョーに説得力のある推測なんですけど(笑)
アドバイスもものすご~く説得力がありました。全部書き起ししたいトコなんですけど(笑)
週明けの月曜日にはネットでも聴けると思いますので、ご自分の耳で確かめていただけましたら。。。

2度目のCM明けは、本日のメインイベントでございます(^^)
聖響さんおめでとう企画ね~♪ と思っておりましたら。。。
聞こえてきたピアノのメロディに、思わず爆笑してしまいました。
ベタベタですやん(笑)
柴崎コウさんの「Sweet Mam」ですやん。
「この愛」の主題歌ですやん。
奥様と知り合ったきっかけになった映画の主題歌ですやん(笑)
聖響さん、奥様とお会いしたときから「うぉっ!」って思われたようですよ(^^)
「最初からステキやなぁと思いましたよ」
皆様、聖さまの口からおノロケが出ましたよ~(^^)
聖響さんが出演なさるシーンの撮影は3日くらいだった、ということでその間のことや、仲良くなった経緯なども聞けました。
ブログでロケのこともいつか話しますね~、と言いつつ何も無かったですからねぇ(笑)

で、後半のテーマトーク最初のお題は「今年1年で一番大きかった出来事
矢野さん:「俺ないし。俺ない。俺の問題ちゃうやん」
ちょっとヤサぐれてはります?
矢野さん:「聖響さんを前にしては何もないなぁ」
と仰る矢野さんに、聖響さんが8月以降の阪神タイガース脅威の勝率について質問しておられました。
矢野さんもそれについて詳しく話しておられたんですけど、「俺の話ちゃうし」と打ち切って聖響さんに(笑)
ご結婚については
聖響さん:「結婚してくれた、というか結婚してもらったと思ってるので、感謝してますね、やっぱり」
なのだそうです。
結婚してもらった、って(笑)
そしてあと一つ、ビッグニュースが。
今年、イギリスの大手事務所とちゃんと契約なさったのだそうです(^^)
2007-2008のシーズンはまずないと思っていいけれど、2008年以降は「ガツガツやろう」ということで、海外のお仕事が増えるかもということでした。
とりあえず来年は今年同様にガンガン日本全国駆け回っていただいて。いいコンサートたくさん聴かせていただいて。
2008年以降はヨーロッパでもお仕事を……ということになるのですね。
国内でのお仕事が減ってしまうのは寂しいですが、海外で認められて名実共に“世界的”指揮者になっていただけたら嬉しいなぁ、と思うので。
来年以降もガンガン応援致しますわよ(^^)

お題その2は「今年1年新らしく発見したこと
これについては、矢野さんは今年のペナントレースを思い返して「諦めないこと」を改めて思い直したとお話しておられました。
聖響さんは「楽譜見てて発見することって毎日ある」と。
同じ楽譜をなぞって弾いていても、出てくる音はその二度と繰り返せない。その中で自分が意図していないものが出てきたり、感じられることがあるので、それを拾い上げていたら発見だらけ。
といったことを話しておられました。
日常生活でもアンテナを立てて、いろいろなことに気づいてそれを「当たり前」と思わないこと。
といったことを話しておられて。
矢野さんも野村監督の言葉を思い返して賛同しておられました。

番組の最後には、来年のコンサート「21世紀の新世界」やOEKさんとのブラームス・チクルスについての告知がありました。
ブラームスさん、楽しみですね~。
交響曲に協奏曲などなど、ほぼ全部演奏するということでしたので。。。
来年も、コンサートは聖さまに始まり聖さまに終わる(今年がそうでしたからね;)な1年になりそうです(笑)

というワケで、30分だけどとても内容の濃い番組でございました♪
やはり、仲の良い矢野さんの番組だからなのでしょうね~(^^)

このラジオ、ネットでも聴くことができます。
週明けの月曜日か火曜日には、「矢野どん」のサイトからリンクしているネットラジオのページで配信されると思いますので、「やっと来た(by聖さま)」幸せを聖響さんからおすそ分けしてもらってはいかがでしょう?(^^)
ちなみに、矢野どんのサイトは↓こちらから。
収録時の写真なども掲載されますので、チェックしてみて下さいませ(^^)
ABCラジオ 矢野輝弘のど~んと来い http://abc1008.com/yano39/index.html

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

結月編3 ~チェリー・クォーツ

期末テスト終了です~♪
これで、柔道整復学科での期末テストは全て終了です。
(後期は期末ではなく卒業試験なので;)
はぁ、疲れました。
昨日の実技は認定試験があったので記述。口頭試問で聞かれそうな内容や総論のおさらいを、残り時間10分になるまでひたすら書きました。
で、今日も記述。担任が張り切って(?)問題用紙4枚分くらいの問題を作ってくれまして。やってもやっても終わらない、という(笑) それでも10分間の見直し時間を残して全て解くことができました。4択あり、記述あり、○×問題(訂正付き)あり、連想問題あり。キツかったですね~(笑)

あとは、来週の結果を待つのみです。
外科学。。。
やるだけのことはやったので、もしダメだったら潔く追試受けます。

で、今日から12月ということで、ココログのテンプレートにも新デザインがお目見えしておりました。
12月だからって、クリスマスのデザインにはしないぞ!と思っていたんですけど。このリースのデザインがなかなかステキでしたので、変えてみました(^^)
私が住んでいる岡山ではやっと街中でも紅葉してきているので、まだ紅葉でも良かったんですけどね(笑)

さて、先日は中三月さんの新作をお届けしましたが、今回はワタクシの作品をご紹介します。
題して、チェリークォーツ4連発(笑)
とある方にプレゼントしようと思って、チェリークォーツの10ミリ玉を購入しましたら、4つ入りだったんですよ。
で、せっかくなのでその4つを使っていろいろ作ってみよう、と。

Yuzuki_5cherry1
こちら、その1です。
とある方にプレゼントした物です。
残ったパーツでイヤリングも作ってみました(^^)
ネックレスは3連で、差し上げた方の誕生石であるガーネット色のスワロを入れてみました。

Yuzuki_5cherry2
こちら、その2。
ビーズアクセのパーツ専門店に飾られていた物を見て、アレンジして作ってみました。
ピンクとアメジストの配色は、完全にワタクシの好みです(笑)
スワロの秋の新色で「ヴィンテージローズ」という色がありまして、淡くて上品な色合いなのです。その色合いが気に入ったのと、チェリークォーツとの相性も良かったので、使ってみました。

Yuzuki_5cherry3
これがその3。
その2が仕上がったのを見て、緑や黒を入れたらどうなるんだろう?と思ったので、入れてみました。
なかなかいい感じなのであります(^^)
こちらは母上に進呈致しました。アジャスターも付いているし、ハイネックやタートルネックのセーターやシャツの上からつけてもいいよ~、ということで♪

Yuzuki_5cherry4
こちらはその4。
スワロの中に「パパラチア」という色がありまして。
ピンクとオレンジの間の微妙な色合いを持つ「パパラチア・サファイア」と言えばコレクター垂涎モノの宝石だったりします。そのパパラチア色のスワロがあったので、これは一度使ってみようかなぁ、と。
使う石がローズやパパラチアやチェリーといった赤系の色なので、それを活かすように透明なビーズで作ってみました。
思ったよりもパパラチアが主張していて、これはこれでなかなか綺麗だなぁ、と思っております(^^)
これは友人にプレゼントしようかなぁ、と思っているのですけれど、なかなかお会いできずにおります(苦笑)

この他にも、このデザインをベースに2つほど作りましたが、写真に撮る前に進呈してしまいました(汗)
差し上げた方に喜んでいただけたらいいなぁ、と思うのです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »