« 敬愛なるベートーヴェン | トップページ | のだめ最終回 »

月刊ピアノ2007年1月号とSACDジャーナル

ベートーヴェンさんの映画を見たら、やはりこの人は欠かせないでしょう!
ということで、映画館から近い場所にある某大型楽器店にて、月刊ピアノ2007年1月号をチェック致しました。
ありましたよ~♪
見開き2ページ、カラーで写真入りの聖響さんのインタビュー記事(^^)

「今日は取材だから、正面を向きましょうか」
って、聖響さん(笑)
確かに、コンサートのチラシとかご案内とか、CDのジャケットに掲載されている写真って、いつも斜めとか横から写したものですものね。
いつぞやのサイン会の時に「写真撮らせて下さい~」とお願いした時は、正面から撮らせて下さいましたけど。。。
そうか、正面からの写真って貴重なんだ。
と妙な事に感心してしまいました(笑)

今回の記事は、SWOさんとのCD「JW ジョン・ウィリアムズ吹奏楽ベスト!」がリリースされたということで、その関連なのでしょうか。
SWOさんとのお話でした。
やっぱり、「うるさい」って思ったことあるんですね、吹奏楽(爆)
私が所属していた団体でも、コンクールの時に審査員の先生から「吹きすぎ」って言われたことありましたけど(笑)
打楽器やってた頃は、難聴になりかけたこともありましたっけ。。。

そんな月刊ピアノをGETして、一度お店出て、建物から出たのですけれど。
ふと何かに呼ばれたような気がして、1階にあるCDショップへ足を踏み入れました。
クラシックのコーナーへ行くと、見慣れた燕尾服姿のステキな指揮者様が表紙に。。。
聖響さん!?
「スーパーオーディオCD総合カタログ 2006年冬 Vol.17」の表紙に、写真が掲載されておりました。
冊子の中にはインタビュー記事も掲載されておりました。
(もちろん、SWOさんとの「JW」さんのCDで。このCDってハイブリッド版なので、CDとしてもSACDとしても聴けるんですよね)

そっか、これに呼ばれたんだ(笑)

無料配布だったので、1冊頂戴して帰りました。
ベトベンさんの映画を見た後は、ベトベンさんの交響曲でCDリリースを続けておられる、私的ナンバー1ベトベン振りの聖響さん。
クリスマスの日にステキなプレゼントをいただいたような気持ちになりました。

そうだ、今日はクリスマスなんですよね。
そういえば、まだ言っておりませんでした。
皆様、メリー・クリスマス!
そして下野竜也さん、お誕生日おめでとうございます~!
1日遅れましたけど、リョーマさんもお誕生日おめでとうございます~!

|
|

« 敬愛なるベートーヴェン | トップページ | のだめ最終回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10811/13198048

この記事へのトラックバック一覧です: 月刊ピアノ2007年1月号とSACDジャーナル:

« 敬愛なるベートーヴェン | トップページ | のだめ最終回 »