« 格闘テニス? | トップページ | 月刊ピアノ2007年1月号とSACDジャーナル »

敬愛なるベートーヴェン

今年のクリスマスは第九…というよりベトベンさんで。。。
と思いまして、ようやく観に行けました。
敬愛なるベートーヴェン
音楽にも、ストーリーにも、役者さんの演技にも。
あらゆる場面で感動し、涙致しました。

この「敬愛なるベートーヴェン」の監督、アニエスカ・ホランドさんは「太陽と月に背いて」を作った方でもあったのですね。
映画館に行って、パンフを購入して初めて知りました。
BS-2か何かで「太陽と月に背いて」を見たときには、監督さんの名前まで記憶していなかった、というのが正しいんですが(汗)
詩人ランボーとヴェルレーヌの禁断の関係を描いた作品で、ラブシーンもバリバリだったんですけれど、不思議といやらしさは感じなかったんですよね、あの映画。
映画全体の雰囲気は好きだなぁと思っておりましたので、同じ監督さんということでますます期待が高まりました(^^)

以下、ネタバレがふんだんに織り込まれておりますので、ネタバレNGな方は飛ばして下さいませ。


   


   




冒頭のシーン。ふとしたきっかけでアンナの頭の中に「大フーガ」が流れ始めて、その音の世界に没頭していく、というあの場面。
時折突然脳内プレーヤーが聖さまの曲を再生し、しばしそれに聴き入ってしまうのと同じような感じかしら?と勝手に噛み砕いてしまいました(汗)
さすがに、だからといってベトベンさんの音楽の真髄を理解できるわけでは、もちろんございませんが。。。

公演日4日前から、第九が出来上がっていく過程が描かれる中で面白いなぁ、と思ったのは流れる音楽でした。
第4楽章の合唱のパートが出来上がっていない、ということでそのまだ出来ていないパートを省いた合唱が流れたり。
ベトベンさんの頭の中で鳴り響く曲を表現するために、実際の曲とは違った形で流れてきたり。
映画ならではの楽しみ方かも、ですね♪

クライマックスの第九初演シーン。
圧巻で、官能的でした(^^)
指揮台のベートーヴェンさんと、ステージにうずくまっているアンナ。
離れた場所にいて、直接触れているわけではないのに、第九という交響曲を通じて二人が一つになっていく濃密なひと時。
普通に第九を聴いているだけでも泣いてしまいますのに、あの演出には涙1.5倍増でした。

エド・ハリスさんが演じたベートーヴェンさん、真に迫っておりました。
この映画のために体重を増やして、本当に第九を指揮して、ピアノもヴァイオリンも弾いて、楽譜の殴り書きもマスターしたなんて、凄すぎます。
でも本当に、“ベートーヴェンってこんな人だったんだ!”と思ってしまいそうなくらい“ベートーヴェン”だったように思います。
天才的な音楽の才能とは裏腹に、“人間失格?”と思うような言動の数々(笑)
発言は無神経だし、下の住人にお構いなしで水浴びするし(それも、レディの目の前で;)。。。
見ていて何となく、映画「アマデウス」で描かれたモーツァルトさんに通じるものがあるような気がしました。
途中で何度、心の中で“それはあかんやろ、ベトベンさん”とツッコミ入れたことか(笑)

作中で描かれたベートーヴェンとアンナの関係も、見ていてドキドキしました。
第九初演のシーンとか、ベトベンさんがアンナに「体を洗ってほしい」と請い、それにアンナが応えるシーンとか。
直接抱き合ったり、口付けたりしているわけではないのに、それ以上に濃密に繋がっている二人の関係が垣間見られるように思いました。
アンナと恋人のマルティンとの関係よりも、ベトベンさんとの関係の方がより深くて複雑で、次元の高い部分で結びついているように感じました。

この作品の中で、エド・ハリスさんが演じるベートーヴェンさんのセリフの中で特に印象に残ったものがあります。
それは、ベートーヴェンがアンナに音楽家とはいかなるものかを説いて聞かせるシーン。
音楽は空気の振動にすぎないけれど、その中には神の魂が宿っている。
音楽家が伝えるのは神の言葉。
といったセリフを語る、あの場面。
あちこちでお話したのですでに耳タコな方もいらっしゃるかも。。。ですが、私が今まで聴いたコンサートで、神様の存在を感じた公演が2度あります。
1度目は、最晩年の朝比奈隆さんが倉敷音楽祭で祝祭管弦楽団を指揮し、演奏したベートーヴェン作曲の交響曲第5番 ハ短調《運命》
2度目は、当時35歳の金聖響さんが加古川のアラベスクホールで大阪センチュリー響を指揮し、演奏したベートーヴェン作曲の交響曲第6番 ヘ長調《田園》
奇しくも、どちらもベートーヴェンの交響曲で、しかもほぼ同時期に書かれた曲なんですよね。
そのセリフを聞いて、そういう方が作った曲だからこそ、自分のコンディションと素晴らしい演奏がピタリと一致したときに、神様の存在を感じてしまうのかも。なんて思ってしまいました。

あともう一つ強烈に印象に残ったのが、「大フーガ」を聴いた観客の反応。
当時にしてはあまりに前衛的だったのか、観客が無理解だったのか。
まだ曲が途中なのに、容赦なく一人、二人と席を立ってホールから出て行くんですよね。
“うわ~、シビアやわ~”と思いました(苦笑)
「大フーガ」も、多分NHK-FMか何かで聴いたことがあると思うんですが。。。
弦楽四重奏とは思えないスケールの大きな曲だなぁ、という印象があります。
映画の中でとても印象的な使われ方をすると、ちゃんと聴きたくなりますよね(笑)

映画全体としては、ちょっと空気が重い感じで、濃密で官能的で美しくて。
やっぱり、この監督が作り出す世界って好きだなぁ、と思いました。
ベートーヴェンさんが森の中を散歩するシーンで流れた、第九の第3楽章。
画面の美しさと曲の美しさがピッタリ合っていて、本当に涙致しました。
曲が流れたらついつい体が曲に乗ってしまうし。
第九が終わった瞬間に拍手しそうになるし。
コンサートと映画を同時に楽しんだようなひと時でした。

|
|

« 格闘テニス? | トップページ | 月刊ピアノ2007年1月号とSACDジャーナル »

コメント

お邪魔します。

ステキな映画でしたね。
ローアングルな場面とか、
ちょっと謎めいた雰囲気もあったり。

で。
一緒に小さく歌ってたワタクシです(笑)

投稿: つと | 2006.12.27 00:04

>つとさん♪

いらっしゃいませ~。
お返事遅くなりまして、ごめんなさいですm(__)m

仰るとおり、ステキな映画でしたね~(^^)
全体的な雰囲気もステキでしたし、ベトベンさんは曲だけじゃなくご本人も「ありえへん」お人でしたし(笑)

で。
お姉さま。
やっぱり一緒に歌ってらっしゃいましたのね(笑)

投稿: 結月秋絵 | 2006.12.29 12:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10811/13197656

この記事へのトラックバック一覧です: 敬愛なるベートーヴェン:

» 「敬愛なるベートーヴェン」 [映画で歴史を語ろう]
現在上映中の「敬愛なるベートーヴェン」 第九交響曲が出来上がる裏には、聴覚を失い、満足な家族も持たない、あの気難しい作曲家に仕え、彼のなぐり書きの楽譜を清書した女性「写譜師」がいたという話。 当時のウイーンの情景をよく映し出してはいるし、ベートーヴェンの人柄とそれを理解しようとする写譜師のスト-リーはよく分かるが、映画全体としては単純、起伏に欠けいまひとつ物足りない。 ところでこの第九は、シラーの詩「歓喜に寄す�... [続きを読む]

受信: 2006.12.25 21:26

» 敬愛なるベートーヴェン [春&秋&海]
現在公開中の映画「敬愛なるベートーヴェン」を観てきました。 この作品、字幕アドバ [続きを読む]

受信: 2006.12.27 00:02

« 格闘テニス? | トップページ | 月刊ピアノ2007年1月号とSACDジャーナル »