« リード(BlogPet) | トップページ | 幻魔大戦 »

のだめ第10回とテニプリ

今朝は寒い朝でした。
県の中部~北部にかけては雪も降ったそうで。
納得ぅ~、な寒さでございました(泣)

そんな今日は月曜日。
月曜日といえば、「のだめ」とテニプリ♪
というワケで、まずは「のだめ」から。

マラドーナ・コンクールの第2次予選。
めっちゃイヤそうなショパン→恋に我を忘れたドビュッシーですか。。。
千秋センパイの威力絶大ですね(笑)
そして、出ましたよ~。オクレール先生の名言が!
「まだベーベちゃん(赤ちゃん)なのかねぇ」
のだめちゃんや瀬川クンの心の奥を見透かしているオクレール先生、ステキですわ♪

R☆Sオケには新たな刺客、ならぬヘンタイ君、もとい真澄ちゃんのライバル登場(爆笑)
そして龍ちゃん、オトコマエですよ~(泣)
清良ちゃんのこともわかってなさそうでわかってて、突き放すようで実はめちゃめちゃ大事にしてるなんて、オトコマエじゃないですか~♪
龍ちゃん×清良ちゃんのヴァイオリニスト同士のカップル、かなり好きです(^^)

ハリセンの家でコンクール本選の練習中ののだめちゃんは、ある意味神がかってますね~(笑)
音楽の神ならぬ、ピアノの神様と交信中……と思ったら、発熱してるし。。。
最後の最後に残ったのが、ストラヴィンスキーの「ペトルーシュカ」
この曲面白いので、結構好きです。
集中してるのだめちゃんの意識にアレが割り込むトコも、ちゃんと出てましたね。
本選での気迫溢れるシューマン。
続いて、多彩な音が溢れる「ペトルーシュカ」
でも、止まるんですよね。
今日の料理(笑)
「ペトルーシュカ風」の「今日の料理」。。。
そうか、ああなるのか(笑)
「ペトルーシュカ」と「今日の料理」を行ったり来たりする、のだめ版「ペトルーシュカ」
ドラマであのように再現していただけて楽しかったです♪
ステージを降りてからののだめちゃんを見るのは、ちょっと切なかったですけど(涙)
ホールから出て行くのだめちゃんに声をかける千秋センパイも、オトコマエでございましたね♪

それにしても、瀬川クン。イヤなヤツですよね~(笑)
原作のビジュアルも独特でしたけど、よくそれにハマる役者さん見つけてきたよな~、と彼を見るたびに感心してしまいます。
あのママも、すごい存在感ありますけど。。。(笑)

毎週欠かさず見てきた「のだめ」も、来週が最終回なんですね。
早いなぁ。
来週はクリスマスのケーキ食べながら「のだめ」最終回を見ることになりそうです。

そういえば、一つ気になったのですけれど。。。
私「ベト7」は「ベトナナ」と読んでいたんですが、あれは「ベトシチ」と読むのが正解なんでしょうか?
ドラマの中で役者さんが「ベトシチ」と仰っていたので。。。
個人的に、「シチ」より「ナナ」の方が言いやすいんですけど(苦笑)

まぁ、いいや。
(↑外科担当の先生の口癖が移ったらしい;)

続きまして、今週のWJテニプリです。
今週から、タカさんvs石田兄の豪腕対決です。
パワーテニスの応酬です。
元祖波動球の石田鉄クンに波動球を伝授した石田兄ですよ。
波動球兄弟対決では鉄クンを全く寄せ付けなかった、あの石田兄ですよ。
サーブもやっぱり波動球ですよ。
……ラケット何本ダメになるんだろう?(←コラコラ;)

その石田兄を相手に、タカさんはいきなりダッシュ波動球です♪
1試合1球だったのが、何球も連続で打てるようになるなんて、パワーアップしましたわね、タカさん(^^)
そんなタカさんにガッツリ食いついている不二さんの夫唱婦随っぷりが萌えでした♪
ああいう1シーンを見せられますと、またこの二人のダブルスが見たくなってしまうので、いけません(笑)

しかし、石田兄。
波動球は壱式から始まって、弐式、参式と続くんですか。。。
百八式まであるんですか。。。
煩悩の数だけ波動球がある、というわけですね。
……年末も近いことですし、石田兄クンの波動球で今年の煩悩を払っていただける、ということでしょうか!?(←だから、違うってば;)
四宝寺のモブ君たちは「師範」って言ってましたけど、彼は何の師範なんでしょう……?
そしてあの僧侶のような佇まいは……
石田クンの実家って、お寺さんだったっけ?と思ってしまいました。
(正解は、大工さんでした by20.5巻)

久しぶりに見るタカさんのシングルス。
豪腕対決ということでもありますし、タカさんに勝ってほしい気持ちはあるんですが。。。
ここでタカさんが勝ってしまうと、次の乾塚乾・愛の眼鏡’Sダブルスが……(汗;)
戦況を見守る心境は、ちょっとフクザツでございます。

|
|

« リード(BlogPet) | トップページ | 幻魔大戦 »

コメント

のだめ、2週遅れで見てますが、ネタバレ全然気にならない親父りゅうです。

ベト7の件ですが、ゆっぱり「しち」ではないでしょうか?
少なくとも三重県ではそう呼んでましたけど・・・???
ドボシチ、ブルシチ、マラシチ、タコシチ・・・と、主だったものはシチ読みでしたから。

投稿: 親父りゅう | 2006.12.18 23:07

>親父りゅうさん♪

ネタバレ感想ですみません(大汗;)

ベト7は、やはり「しち」が正解なんですね。
他の方は、ドボシチ、ブルシチ、マラシチ、タコシチと私も言うんですけど、何故かベト7だけは「ベトシチ」って言いづらくて「ベトナナ」と言ってしまうんです。。。
カツゼツの問題なのかも、と勝手に自己分析してしまいました(笑)

投稿: 結月秋絵 | 2006.12.19 23:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10811/13115596

この記事へのトラックバック一覧です: のだめ第10回とテニプリ:

» のだめカンタービレ〜第10話・のだめ落ち込む! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
のだめカンタービレ、第10話ですが、のだめ(上野樹里)がピアノコンクールでグダグダになってしまった所で先週終わるわけです。しかし、のだめは、白石美帆の「楽しいこと思い浮かべなきゃ、恋しちゃってルンルンとか」というので復活し、何と最終まで残るわけです。(のだめカンタービレ、第10話の感想、以下に続きます) のだめのバック\7,770 サイズ:38×35.5×8cm ... [続きを読む]

受信: 2006.12.19 00:02

« リード(BlogPet) | トップページ | 幻魔大戦 »