« ティータイム♪ | トップページ | 究極の雨男!? »

万能の人

数年ぶりにお会いする親友と飲み食いしゃべった夜から一夜明け、東京遠征2日目の午前中は東京国立博物館へ行きました。
……当初予定していた美術館と、同じ公園内にあるとはいえ見るものが変わってしまったという(笑)
20070428_kokuhaku




そこで開かれている「レオナルド・ダ・ヴィンチ ―天才の実像」を見ました。
ルネサンスの時代を生きた、科学・芸術などなど様々な分野で才能を発揮した「万能の人」の展示会です。
メインの「受胎告知」の絵は、やはり素晴らしかったです。
細かい描写、秩序正しい構図などなど、完璧な美しさがその絵の中にある、と言っても過言ではない作品でした。

受胎告知を拝見して、別館の展示室へ。
こちらは数々の発明やデザインの手稿から再現した模型も数多く展示されていまして。
特に解剖学関連の展示は、本当にガッツリ見てしまいました(笑)
筋肉や血管、神経の走行を描いた図はもちろんですし。
筋肉の線維を矢印で示すことで、関節運動に関わる筋の力の方向を現した図なんて、専門学校に入ってから運動学や解剖学の教科書で目にする図そのままでした。
コンピュータもCGも存在しない時代に、頭の中で構築された完璧な構図や図形を再現するための道具を発明して作り出して、その発明品を利用して手稿に残していくというだけでも、やはり並みの人ではないなぁ、と。

鋭い観察力と洞察力をもって、頭の中には常にあらゆる計算や図形が渦巻いていて。
そのはけ口が絵画であり、発明品であり、武器だったのかなぁ、なんて思いつつ。
たっぷり時間をかけて、じっくり拝見させていただきました(^^)

国立博物館の地下にあるミュージアム・ショップも楽しかったです♪
胸キュン♪な商品がたくさんありすぎて、結局何も買わずに出てしまったんですが。。。
(そういうトコ、前日の国立新美術館と同じだったりして;)
ちょっと心残りなのは、ダ・ヴィンチ展の別館、平成館1階で販売されていたあんみつを食べなかったことでしょうか(笑)

|
|

« ティータイム♪ | トップページ | 究極の雨男!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10811/14884993

この記事へのトラックバック一覧です: 万能の人:

« ティータイム♪ | トップページ | 究極の雨男!? »