« それで興味とか決定した(BlogPet) | トップページ | 危機回避能力? »

みんなのうた

最初は買うつもりじゃなかったんですが。
ジャケットと収録曲の一部に魅かれて買ってしまいました(^_^;)

本日発売、UZAさんの「THE PRINCE OF TENNIS SELF COVER ALBUM YOUR SONGS」
http://www.indexmusic.co.jp/item/item.php?id=405

だってぇ。
ジャケットに登場しているキャラ。
蓮二さん、リョーマさん、跡部さま、手塚部長。
……私的乾さんの彼氏さんのうち4名様が揃ってるんすよ!?
UZAさんが乾さんのアルバムに提供した「風の行方」も収録されておりますし。
曲順を見てみたら、柳乾の間に跡部さまが割り込んでいる状態ですし(笑)
「チャームポイントは泣きボクロ」も、まだ在庫が残っている店を知ってますが(爆)、買おうと思えば買えるのですが、あのデカいジャケットがね~(-_-;)ということで未購入。でも曲だけはどんな曲なのか聴きたいし。。。と思っていましたら収録されていたんですよね、今回の「YOUR SONGS」に(^^)

ということで、結局お買い上げしてしまいました。
それも、店頭着荷日だった昨日(^_^;)

で、さっそく聴きました(^.^)
9曲目の「チャームポントは泣きボクロ」から聴いてしまいましたw
……ツッコミどころ満載ですね~(笑)
跡部さまってただカッコいいだけじゃなくて、ちょっとアホなところがある(本人はいたって本気かもしれませんが;)人だと私は思うのですが、そのアホな部分が全開!って感じで楽しいです。
泣きボクロだけに、やっぱり涙もろいのね、跡部さま(笑)
この曲、うっかり仕事中に頭の中を回っちゃって、思い出し笑いをしそうになってしまっていけません(笑)
サンバ風のアレンジが曲にピッタリ合っていて、楽しかったです♪

「シャッターチャンスは一度だけ!」は、曲の前に町中の音とかカメラのシャッター音が入っていて、臨場感抜群です。
「Dreaming on the radio」も、リョーマさんが歌うと爽やかな感じですが、UZAさんのはオトナな感じでステキなのです(^^)
「ANSWER」「Betrayal」「風の行方」は原曲のアレンジを活かしつつ、ボーカルがUZAさんに置き換わっているという感じでした。
蓮二さんの「ANSWER」はやっぱりいいですね~(^^)
手塚部長とか、リョーマさんとか、乾さんが別の人を好きだとわかっていても、あきらめられない片思いな蓮二さんが切なくていいのです♪

「Betrayal」はUZAさんバージョンでも熱唱系なんだな~、と思いながら聴いておりました。
この曲、作詞作曲したUZAさんご自身もブログで諏訪部さんに宛てて「難しいっすね!この曲!よく歌えましたね!」と書かれてますがw
確かに難しいです。
でも、私にとってはこの曲ってとても歌いやすい音域なんですよね。なので聴くたびにいつも、ついつい熱唱しちゃいます(笑)

「風の行方」もね。
「今 君がここにいて欲しい」なんて乾さんに言われちゃったら、「俺が!」って手を挙げる人が私的にざっと10人はいらっしゃいますわよね~(^^)
ラジプリなどでサビの部分だけは耳にしたことのある、手塚部長の「SINCE LAST GOODBYE」
……えっと、プロになるためのドイチュに留学してから乾さんを好きだったと気付いて、何年かぶりに再会して「やっぱり好きだった」と思ってる乾塚的楽曲でしょうか?(←長いよ;)
再会しても「貞治」と呼べずに「乾」って呼んでしまう部長が萌えなのです(^^)
不二さんに提供した「Billy's Target」は途中から曲調が変わってアップテンポなジャズになってるのがカッコいいですね~♪
タカさんの「時計をもどして もう一度」は、タカさんバージョンでも切なさ満点ですが、UZAさんのも初恋のほろ苦い思い出を切々と歌い上げる、いい感じな歌なのです(^^)

今まではキャラの声でキャラソンとして聴いておりましたが。
作曲者自らカバーして、一人の男性シンガーが歌っているアルバムとして聴くのも面白いな~、と思いながら聴かせていただきました。

|
|

« それで興味とか決定した(BlogPet) | トップページ | 危機回避能力? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10811/16204185

この記事へのトラックバック一覧です: みんなのうた:

« それで興味とか決定した(BlogPet) | トップページ | 危機回避能力? »