« 仕返し? 制止? | トップページ | 呼ばわり(BlogPet) »

東洋医学は素晴らしいぞ

なんて、某指揮者様がお友達に言い続けたことを言ってみる(笑)

中期が始ってから、実技の授業時間が増えました。
1週間で鍼が2時間、灸が1時間。
鍼の方はまず自分の足で刺鍼練習をして、それから対人刺鍼に入ります。
(なんて言いつつ、もうすでに夏休み中にバイト先で何度も練習させてもらったんですが;)
灸の方は……初回の授業からいきなり対人施灸でしたっ!
それも、しょっぱなから下腿の陽経を11穴もっ!!

初めての実技室での授業ということで、前準備や席決めに手間取ったこともあって、実際に実技をやる時間が少なくてですね。。。(-_-;)
中には11穴取りきれない人もおりました。
だって、ねぇ。
解剖学の筋学もまだ全部終わっていない状況で、ですよ。
教科書に取穴部位が書いてあって、それを読めばツボが取れるようになっているとしても、ですよ。
書いてある部位名が、実際の体のどこにあるのかわからない、という方が多い現状では致し方ないのかなぁ、と思います。

こういう言い方はどうかと思うのですが。
先に柔整科を出て資格取っておいて良かった。
前期からゼミに入ったり、夏休み中に自分や人に刺鍼&施灸の練習をしておいて良かった。
と思いました(^_^;)

実技の授業で鍼を打ったり、お灸をしたりするのは、実際の臨床現場でもよく使われるであろう経穴96穴のみ。
実際は、その3.5倍ほどの経穴を覚えねばなりません(^_^;)
「経絡経穴の“経”に“お”をつけたら何になる? “お経”だろう? 経絡経穴はお経に通じる。だから、毎日お経のように唱えなさい」
ということで、1日最低でも1回は14経の全経穴名を順番に唱えておりますが。。。
その成果は、少しずつではありますが出ているようです。
今日、「足三里から豊隆までに存在する経穴は?」と問われてとっさに答えられたので(^^)v

授業のスピードが上がって、予習も復習もしっかりしないといけないので。
コツコツと頑張っていこうと思います。

<以下、追記>
台風の影響で関東・東海~東北にかけての地方が暴風域に巻き込まれるようですね。
このブログをご覧になっていて、そちらの方面にお住まいの皆様方が被害に遭われませんように、お祈りしております。
皆様、お気を付け下さいませ。

|
|

« 仕返し? 制止? | トップページ | 呼ばわり(BlogPet) »

コメント

台風大変みたいです〜
こんな時に私は北の大地にいますのよ。。
家を守っている家族がおびえています。
・・・明日の便は飛ぶのかしら〜不安。。

投稿: miltan | 2007.09.07 00:14

まだまだ残暑厳しく、腎う炎でへばってしまったお姉さんです。
そうであった!と思い出しました。
結月さん専門家でしたね、ツボの!笑

私は足裏の真ん中がいつもゴリゴリしてて
ひどく老廃物がたまっているって言われるのと、
内側のくるぶしの上のツボ(なんてゆんだっけ?)
がよく痛いんですけど、どうしたらいいものですかね?そこにおきゅうしたらいい?

明和電機も行けずじまいで。。。


投稿: ゆき | 2007.09.07 11:32

レスでございます~

>miltanさん♪
北の大地にも台風の影響があったようですね。
miltanさんも、ご家族の皆様もご無事でいらっしゃいますか?
今日の便が無事に飛んで、これをご覧になっている頃にはご自宅で何事もなく過ごされていますように。。。(^^)

>ゆきさん♪
腎盂炎とは、大変でしたね。
9月というのにまだ残暑厳しい中ではありますが、回復されましたでしょうか。。。

ツボに関しては、まだ専門家の足元にも及ばない、素人に毛が生えた程度の卵であります(汗)
きちんと診察させていただいたわけではないので、はっきりとしたことは申し上げられないのですが。。。

足の内くるぶしの上にあるツボは「三陰交」です。
女性特有の婦人科疾患にはよく使われるツボで、健康保持にも使える場所です。痛むということは、冷えもあると思いますので、そこにお灸をしてみるといいと思います。
足の裏がコリコリしていて、老廃物がたまっているというのも、三陰交の痛みに通じるのではないかなぁ、と推測します。

あとは、健康保持のために「足三里」(足を曲げて、膝のお皿の骨を親指と人差し指で挟むように当てた時に、中指が当たっている辺りです)にお灸をするのもいいと思います。
あとは、たぶんここがコリコリしているんではないかなぁ、と思われる足裏の真ん中、指を除いた部分の前から1/3のところにある窪み(「湧泉」というツボです)とか。
肘を直角に曲げるとシワができると思うのですが、そのシワの先端と、肘の外側に飛び出した骨との中間(「曲池」というツボです)も、冷え解消や健康増進のために使ってみてはいかがかと(^^)

「せ●ね●灸」のようなお灸をお持ちでしたら、それを。
温灸ができるようでしたら、それでも大丈夫です(^^)
お姉さまの体調が回復されますことをお祈りします。

投稿: 結月秋絵 | 2007.09.07 20:48

一時間程遅れたものの、揺れもなく無事帰還いたしました!
自宅も無傷でした♪

ご心配をおかけしましたm(__)m

投稿: miltan | 2007.09.08 20:06

>miltanさん♪
ご無事のお戻り、何よりでありました(^.^)

投稿: 結月秋絵 | 2007.09.09 19:57

ありがとうございます~さすがに先生です^^
早速おきゅう、してみまあす!

投稿: ゆき | 2007.09.10 10:15

>ゆきさん♪
教科書や経穴の本など、カンニングしまくりではありますが(汗)
症状など、少しでも改善しましたら幸いです(^^)

投稿: 結月秋絵 | 2007.09.11 22:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10811/16365309

この記事へのトラックバック一覧です: 東洋医学は素晴らしいぞ:

» 経穴について [経絡]
経絡関連情報 [続きを読む]

受信: 2007.09.07 03:25

« 仕返し? 制止? | トップページ | 呼ばわり(BlogPet) »