« 赤く染まる… | トップページ | 覆面眼鏡? »

東洋医学は素晴らしいぞ その2

唐突ですが、風邪を引きました(涙)
夏の疲れが取りきれない上に、厳しい残暑が続く中で無理をしたツケが回ってきたらしいです。
まだ駆け出しとはいえ施術者の端くれなんだから、自己管理はしっかりしないと。。。
と自己嫌悪に陥りつつも、引いてしまったものは仕方ありません。
こうなったら、悪化させずに治すしかございません。

ということで、とりあえず引き始めから市販の総合感冒薬を服用……したのですが、喉からやってきた風邪は、引き始めから2日経った昨日、鼻へ移行。
今日は鼻から咳へと移ってきました。

一昨日と昨日は鍼の実技があったのですが、あまりの体調の悪さに鍼を受け付けなくてですね(汗;)
対人刺鍼に入る前に、まずは自分の体に……ということで、自己刺鍼をしたのですが。。。
鍼先が当たっただけで痛いのです。
だから、弾入→切皮→刺入なんてとても無理!!!(>_<)
先生にそう訴えましたら「だったら試しに私がやってみましょう」と試して下さったのですが……立管→弾入の時点で
「痛いです(泣)」
状態(滝汗;)
これは、誰がどう打っても、どこに打ってもダメだ。
そういう体調の時もあるから、無理はしないように。
ということで、練習になりませんでした(涙)

仕方がないので、先生に隠れてこっそりと(←…;)、長さ0.6mmの極細の鍼がついた円皮鍼を、これから待ち受けているであろう体調不良な日々に備えて、効果があるツボに貼って昨日の授業を終えました。
次の時間のお灸は、とても気持ち良かったです(^^)
昨日の授業でやったのは、ちょうど手の陽経の経穴への施灸だったので、タイミングも良かったんですよね。
(だって、手の陽明大腸経は手の太陰肺経と表裏になってますし^^ 風邪の症状に効くツボも、実技の教科書でやる取穴部位に入っていたのです♪)

帰宅してからは、やたら体がだるいと思いましたら微熱が……
教科書とか、鍼灸系の本を読んで、今の時点で知っている&調べた範囲で、できる限りのことをしよう!
ということで、解熱作用がある経穴とか、去痰・定喘作用のある経穴の中で、自分の手で円皮鍼を貼れる場所をピックアップして、数か所にペタリ。
早めに就寝して、ゆっくり休みました。

おかげさまで、今朝には熱も下がってまして、出勤できました。
……さすがに、マスクして施術するのはちょっとキツかったですが(汗;)
昨夜貼った円皮鍼は明日も持つので、そのままにしておいて。
咳止めの薬を飲んで1日しのごうと思います。
明日1日しのいだら、2連休はへばっていられますので(コラコラ;)
2連休、ゆっくり休んで復活したいと思います。

<以下、追記という名のボヤき>
明日のWJ……
またしても、アクセス解析に残っている検索ワードでネタバレされたんですが(苦笑)
これって軽く嫌がらせ?と思ってしまうのは、単なる被害妄想なので聞き流して下さいませ(苦笑×2)
まぁ、場所によっては早ジャンを入手できるので、先取りする方もいらっしゃるのでしょうけれど。発売日にならなければ読めない人だっているんだよ。全ての人が自分と同じ環境にあるわけではないんだよ。ちょっと考えてほしいなぁ、と毎度毎度思います。

というか、なんでそんな検索ワードで引っかかってしまうのか、このブログ。。。(涙)

|
|

« 赤く染まる… | トップページ | 覆面眼鏡? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10811/16525344

この記事へのトラックバック一覧です: 東洋医学は素晴らしいぞ その2:

« 赤く染まる… | トップページ | 覆面眼鏡? »