« お大事に… | トップページ | 弁護(BlogPet) »

ほっと一安心

ぎっくり腰でステージを降板なさった指揮者の金聖響さん。
痛みはかなり引いてきたようですね。
http://seikyo.eplus2.jp/article/73045898.html
ご自身のブログで歩けるようになってきている、と伺って、ちょっと一安心であります(^^)
今回のぎっくり腰は鍼治療で治してこられたようですけれど。
まさに、ご自身が以前仰った「東洋医学は素晴らしいぞ」ってコトでしょうか(笑)
私も、ぎっくり腰の患者さんを(って、診る患者さんはぎっくり腰だけじゃないんですが;)ちゃんと治療できる人になりたいです。

ブログの記事でも触れておられましたけれど。
代役に立ったダニエル・ハーディング氏。
成田から川崎へ直行して、ゲネプロで弦楽器のボウイングを見直したり、客入れギリギリまで練習を重ねたり……。とコンサート当日の限られた時間でも妥協することなく、最高の音楽を作っていかれたようですね。
http://www.tamakimasayuki.com/nanyara.shtml
さすがであります。
機会があれば、近いうちにぜひ、生で聴いてみたい方であります(^^)

今回は残念ながら第九を振る機会を逃してしまいましたけれど。
この無念さを乗り越えてさらなる高みを目指すであろう、聖響さんが振る第九をいつか、生で体感したいものであります(^^)

聖響さんにお会いできるのは、来年の1月13日。
新年恒例の「21世紀の新世界」です。
その時には、また元気に指揮台に立つお姿を拝見したいと思います。
1日も早く、全快されますように(^^)

<以下、スポーツ的余談>
サッカーの6大陸連盟のクラブ王者などで世界一を争うトヨタ・クラブワールドカップで、浦和レッズが第3位。
フィギュア・スケートのグランプリ・ファイナルでは高橋大輔選手が僅差で惜しくも第2位。
先日まで集中講義で受けていた東洋哲学の授業で、教えていただいていた中医の先生が
「中国人、女子の種目強くて男子弱い。日本も同じね」
なんて話してましたけど。
男子の種目も十分強くなってるように思います(^^)
何よりも、高橋選手。
同じ郷土出身の方が、世界チャンピオンを目指して闘っておられるということが嬉しいです(^^)
おチャイコさん、本当に素晴らしかったですね~♪
フリーの演技で2位になってしまったことは残念です(T_T)
(まぁ、1位になったランビエール選手も素晴らしかったんですけどね…)

|
|

« お大事に… | トップページ | 弁護(BlogPet) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10811/17384836

この記事へのトラックバック一覧です: ほっと一安心:

« お大事に… | トップページ | 弁護(BlogPet) »