« 神の子!? | トップページ | 旅に出よう! »

結月、十七たび走る

久方ぶりに、バトンを受け取りましたので走らせていただきます。
……実は、1つ2つ、拾い損ねているバトンがあるのですが(滝汗;)

この度は、テニプリつながりでいつもお世話になっております、ko鉄さんからいただきました(^^)
では、参りましょう~♪

◆箸がうまく使えない【乾貞治】
箸の持ち方からしてなってない、ってコトですよね、つまり。
……蓮二さんに叩きこんでもらうとよいですよ、乾さん(^^)

蓮二さん:「貞治、お前、箸の使い方がなってないな」
乾さん:「そうかい? 別に不便だとは思ってないんだけどな」
(目の前には、ほじくり返されてバラバラになっている焼き魚)
蓮二さん:「だいたい、その箸の持ち方はなんだ、貞治。箸の持ち方はこう……」

そうそう。
手取り足取り教えてもらうとよいのです(^^)

◆蝶々結びが頑張っても縦結びになる【乾貞治】
スニーカーの紐がいっつも縦結びになっている乾さん……。
愛らしいですねぇ(^^)
これまた、試合前にはいつもシューズの紐を結び直す蓮二さんに、手取り足取り教えてもらうとよいですよ♪

◆スキップが出来ない【乾貞治】
いざ「スキップしてみて」と言われるとできないんです。
乾さん:「左足で2度飛んでいる間に、右手を前に出して……、右足を出すタイミングは……」
考え込んでしまう乾さんに、萌え(^^)
でもね。
手塚とのデートの前の日とか、手塚とラブラブだった日とか。
そういう時には、知らないうちにやっちゃってるんですよ、スキップ。
ああ、それもまた、萌え♪

◆横断歩道の白い部分だけを踏んで渡る【乾貞治】
か、可愛すぎるっ!!!
きっと、子乾だった頃からやってるんですよ。
で、一緒にいた蓮二さんに「かわいいなぁ」なんて、ニヤニヤされちゃうんですよ。
そして今は、手塚の前でうっかりやっちゃって、ドン引きされるとよいですよ(^^)
(↑ドン引きされていいのか!?)

◆人見知りする【乾貞治】
子蓮二さんと初めてダブルスを組む日。
子蓮二さん:「はじめまして、乾クン。俺は柳蓮二。蓮二でいいよ」
(ニッコリ笑顔で右手を差し出す子蓮二クン)
子乾さん:「は、はじめまして……(ちょっとうつむき加減で、小声)」

蓮二さんはすぐに「貞治」と呼んで、親しくしてくるんですけど、乾さんはなかなか打ち解けられないんですよ。
可愛いですねぇ、乾さん(^^)
あの不透過眼鏡も、人見知り故に胸の内を見せたくない(目は心の窓、と言いますしね^^)から、わざわざ不透過になっている、とかだったら可愛いなぁ……

◆炭酸でむせる【乾貞治】
あら、大変。
リョーマさんとデートする時は大変じゃないですか。
だって、ねぇ。

リョーマさん:「はい、乾先輩」
(ファ●タの入ったコップを手渡す)
乾さん:「ありがとう、越前」
(一口飲んで、むせる)
リョーマさん:「大丈夫っすか、乾先輩!?」
乾さん:「(ちょっと涙目で)あ、ああ。大丈夫だよ。ちょっとむせただけだから」
リョーマさん:「先輩、炭酸苦手だったんすね」

でも、ちょっと涙目になっている乾さんも可愛い、と思ってしまうリョーマさんでありました。
あ、そんなに大変じゃないか(笑)

◆毎日自動改札機に引っかかる【乾貞治】
引っかかるたびに「俺が歩くスピードは分速……メートル。自動改札の長さは……だから、定期を出すタイミングをコンマ4秒速くすれば、引っかからずに通れる確率100%」なんて計算しちゃうんですよ。
で、帰る時には覚えていて実践できるんだけど、翌朝になると忘れてしまって、毎日同じことを繰り返してしまうんですよ。
ああ、そんなちょっと抜けてる乾さんに萌え♪

◆口調が「ぶっちゃけ」の【乾貞治】
ちょっと投げやりモードで、「ぶっちゃけぇ~」と言いつつ、バラしてはいけないデータまでバラしてしまう乾さんも、それはそれで萌えかも(^^)

◆猫を「にゃんこ」、犬を「わんこ」と呼ぶ【乾貞治】
ということは。
リョーマさんの家にお呼ばれして、カルピンを見るたびに「にゃんこ」って言っちゃうんですか!?
カルピンに向って「おいで、にゃんこ」とか言っちゃうんですか!?
言われたカルピンが「ほぁら(はぁと)」となっちゃう確率100%(笑)

◆回転ドアに入るタイミングがつかめない【乾貞治】
これも、自動改札と同じように計算しちゃうに違いないですよ。
「ドアが回転する速度は……だから、開いている場所が回ってくるのは○秒後で…」
なんてね。
でも。
「早く入りなよ、乾先輩」
なんてリョーマさんに押されてですね。気がついたら扉の中に入っていて、いつの間にか通り抜けてしまっているのですよ。
「り、理屈じゃない……!」
そんな乾さんに萌え(^^)

◆何を思ったか自主制作に入る【乾貞治】
え?
犠牲者続出の乾特製汁とか。
「乾研究所へようこそ」とか。
もう自主制作に入ってしまっていると思うんですけど、乾さん(笑)
いっそ、蓮二さんと一緒に「教授と博士の研究所」とか何とか自主レーベルでも立ち上げて、明和電機のようになっていくってのはどうだろう?(笑)

以上、柳乾やらリョ乾やら乾塚やら、いろいろ入り混じった回答でスミマセンm(__)m
次に回す人は思いつかなかったので、ここでゴールということでシクヨロです(礼)

|
|

« 神の子!? | トップページ | 旅に出よう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10811/17437082

この記事へのトラックバック一覧です: 結月、十七たび走る:

« 神の子!? | トップページ | 旅に出よう! »