« 結月秋絵で記憶された(BlogPet) | トップページ | サムライ・カプリコーン »

Dear Prince

えー、私の住んでいる地方は首都圏から遠く離れております。
そのためでしょうか。
ワタクシ、今日になってようやく、テニプリの最終巻を手に入れました(T^T)

あれからもう3か月経ったんですね。
早かったような、長かったような…(しみじみ)
で、最終巻を読みました。

最後の最後まで、やってくれますわ、許斐先生っ!!!
さすがリョーマさんや乾さんを生み出し、最高の萌えを提供して下さった神ですわっ!!!
まさか最後の最後、あんなコトになるとはっ!!!
反則ですよぉ、許斐先生。
漫画家さんなのに、SSで3年生ズの卒業式を書くなんてっ!!!crying

リョーマさんvsユッキーの試合は、やはり何度読んでも処女宮な展開ですし(笑)
おかげさまで、私は十数年ぶりに星矢を読み返し、ハマり直すという所業にでたわけですけどね(爆)
相手の五感を全て失わせていくユッキーの技は、やっぱり天舞宝輪!?ですしね。
リョーマさんは、五感を全て失って、セブンセンシズにお目覚めあそばしましたの?って感じですしね。

星矢もテニプリも、どちらも好きなファンにはたまらんスマッシュな展開でございます♪

まぁ、本篇の感想は毎週のWJ感想でも書いてましたので、割愛させていただくとして。
その他の部分の感想をば。

・バレンタインチョコ獲得数2008
……ま、跡部さまが1位なのはお約束ということで。
ユッキーの数が多いのは、ちょうどその時期に試合してたから、ってこともあるんでしょう。
が、真田が2位ってのは、やっぱバレキス効果か!?(←って、何年前の話やねん;)
乾さんが順位下がってたのはちょっと残念ですが。
でも、そんなチョコ獲得数よりも、何よりも、私が気になったのは。

最後の最後まで、名前の表記を「蓮司」と書かれてしまった、哀れな和風データマン蓮二さんに合掌crying

誕生日の翌日だというのに、お可哀想に(よよよ;;)
蓮司か、蓮二か、蓮司か、蓮二か、司か、二かっ!?
と、ピタゴラスイッチの「めかぬか」のようになってしまいましたねぇ、最後の最後まで(苦笑)

そして、テニプリ連載終了記念パーティーが盛大に行われたのは、参加された声優さん方のブログや日記などで知っていましたが、まさかそのレポが収録されるとは(笑)
さすがですわ、許斐先生。

・特別短編小説
もうねぇ、最終回で3年生ズの卒業風景をすっ飛ばして描いておられたので、公式には読めないものと思っていたんですよ。
ところが、まさか小説で収録されるとは。
それも、コミックスオンリーで(涙)
モットーは文武両道な石川校長(相変わらず、キャラソンはバッチリチェックしておられる許斐先生;)も登場なさってましたね~(^^)
卒業証書を受け取る時にまで、データを披露する乾さんもさすがですが。
その乾さんをバッサリ切り捨てる石川校長も、さすがだと思いました(爆)

ああもう、大好きだ、乾さんっ!!!(絶叫)

手塚部長の答辞にも泣けますけど、卒業生代表の答辞で乾さんに「感謝してる」って告白するなんて、ダイタンなことしてくれるじゃねーのよ、手塚っ!!!(悶絶)
(↑ていうか、他の5人もいるからね、冷静に見ようね、自分;)
そして、3年生ズの卒業式にわざわざ駆けつけて、乾さんをお見送りしちゃうリョーマさんにも萌え♪
というか、むしろ、手塚部長と乾さんを巡ってどっちが彼氏にふさわしいか、決着つけなきゃ悔いが残っちゃう、っていうリョーマさんに萌え♪(←違っcoldsweats02

最後の最後まで、萌え萌えだったテニプリに、乾杯と書いていぬいはい~beer
最後の最後まで、サイコーの萌えを提供して下さった許斐先生に、いぬいはい~wine
改めまして、許斐先生にはお疲れ様でしたと申し上げたいです(^^)

|
|

« 結月秋絵で記憶された(BlogPet) | トップページ | サムライ・カプリコーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10811/41437670

この記事へのトラックバック一覧です: Dear Prince:

« 結月秋絵で記憶された(BlogPet) | トップページ | サムライ・カプリコーン »