« Dear Prince | トップページ | 愛のある字面 »

サムライ・カプリコーン

先ほど投稿した日記で、乾さんへの愛を叫んでいながら何事!?と、自分でも思うのですが。
今日の登校途中、テニプリ最終巻だけでなく、今週号のチャンピオンも入手しました。
ええ、今週号は立ち読みではなく、買いました。
何故ならば。

先代の山羊さまが……
エルシドさんが……

ああ……crying(滂沱)

先週、軽く力尽きておられたので、もしや!?とは思いましたが。
こんなに唐突に、彼の最期を見ることになろうとは(泣)

先週復活して、オネイロス攻略の鍵を握るのはサーシャとエルシドさんだと告げたシジフォスさん。
見開きカラーで矢を構えるシジフォスさんと、彼と一緒に矢を放つ構えを取って小宇宙を注ぐサーシャがカッコいいのです~♪

軽く力尽きておられるエルシドさんに、シジフォスさんが呼びかけてきます。
いいなぁ、黄金聖闘士たちの小宇宙通信って便利♪(←コラッ;)
シュラさんも、それでよく紫龍に愛の冥界通信を送ってくれましたものね~(笑)
シジフォスさんに呼びかけられて、立ちあがっちゃうエルシドさんってば……

やっぱ、射手×山羊!?(爆)
しかも、オフィシャルで射手×山羊!?
やっぱフォス×シド!?

サーシャとシジフォスがどうやってエルシドさんたちに加勢するのか、気になるところではありましたが。
小宇宙を込めた矢を放つという手段で加勢するとは。
射手座の聖闘士でなければできないことですよね、これって。
矢を射ったと知らされて、だったらそれを4分割すれば、4神を倒せるとシジフォスの意図を察するエルシドさんのツーカーっぷりに萌え(^^)

というか、シジフォスとサーシャの力を得て、ここぞという時に聖剣(エクスカリバー)を完成させた(と解釈していいんだと思います)エルシドさんに感涙crying
エルシドさんが今まで手刀で敵を斬りつつも、「エクスカリバー」とは一言も言わなかったのは、このためだったのかと思いました。
エルシドさんこそが聖剣エクスカリバーよ、というシジフォスさんのお言葉にも涙crying

4つの魂を同時に、分断された矢で射られ、最後にせめてテンマだけでも……とテンマに向っていくオネイロスの心臓に手刀を突き立てるエルシドさん。
でも、オネイロスは倒したけれど、一緒に消滅してしまわれるとは……crying(滂沱)

LCで描かれている前の聖戦では、生き残ったのはシオ童の二人だけ。
イコール、他の聖闘士さんたちは皆お亡くなりになる、とわかっているんですけど。
わかってはいるけれど、やはりそういう場面を拝見すると涙せずにはいられません。
しかも、LCって原作よりも丁寧に、一人ひとりの黄金聖闘士の生き様を描いてくれているので、ついつい感情移入しちゃうんですよ。だからこそ、余計にツライです。それが好きになったキャラであればあるほどに(涙)

同じ山羊座の黄金聖闘士でも、シュラさんとエルシドさんは全くの別人なのですが。
エルシドさんがシュラさんを母体として生まれたキャラであることは、間違いないわけで。
山羊座の黄金聖闘士さんは、必殺技のみならず、生き様そのものが研ぎ澄まされた剣なんですよね。今週のLCでもそういう表現がありましたが、研ぎ澄まされた剣を体現した聖闘士というか。
後のことを若い青銅聖闘士に託して、自らは散っていくというのは、山羊座の聖闘士の宿命なのでしょうか。

さて、明日はそのエルシドさんが大活躍なコミックス9巻の発売日なんですよね。
首都圏から遠く離れた我が県で、発売日当日に入手できるかどうかは謎ですが(苦笑)
一応、学校行く前に書店に寄ってみようと思います。
サイアクは、土曜日に聖さまの元へ馳せ参じる道中で買うことになるんだろうな(笑)

|
|

« Dear Prince | トップページ | 愛のある字面 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10811/41438286

この記事へのトラックバック一覧です: サムライ・カプリコーン:

« Dear Prince | トップページ | 愛のある字面 »