« サムライ・カプリコーン | トップページ | 音楽至上主義 その2 »

愛のある字面

今日になって、ようやく気付きました。
久方ぶりに星矢に返り咲いて、SSを書くようになって。
頻繁にその字面を目にする度に、何だか愛を感じるな~♪と思っておりましたが。
今日になって、ようやくその理由に気づきました。

というのは。

たまたま、自分の文章を読み返していてですね。
「黄金聖闘士」という単語が、画面の折り返しの都合により「黄」と「金聖闘士」に分かれて表示されたのですね。
で、ようやく気付いたのです。

ん?
「金」と「聖」が続いている……
次にくる字が、「闘」ではなく「響」だったら……

金聖響

……聖さまじゃないのっ!shock
という(爆)
ああ、どおりで。
黄金聖闘士と書くたびに、愛を感じていたわけですよ。
というか、「金」と「聖」が続くと、自動的に頭の中で、次の字が「響」に変換されてしまうんですよね。
黄金聖闘士の場合、頭に「黄」がついてますし。
パソコンで変換する時には「黄金」と「聖闘士」を分けて変換しているために、気付きにくかったようです。

ああ、こんな所にも、シュラさんと聖さまの共通点が♪(←だから違っ!)
お誕生日と血液型が同じだけではなかったのですね(^^)

さて、明日はそんな聖さまのコンサートです。
実は校内スポーツ大会とかぶっているのですが、単位取得済みで出席免除になるのをいいことに、サボります。
そりゃぁねぇ。
聖さまのコンサートは、去年からスケジュールに入ってますから♪
それに、今年はボウリングの王子様ならぬ、ボウリング場を借り切ってのボウリング大会ですからねぇ。
私は出席しない方が、クラスの勝利に貢献できるというものですよ(爆)

てなワケで、俺様至上主義……じゃない、音楽至上主義の第2回目です。
……2回続けて、ベトベンさんの「皇帝」を聴きます(^^)b
聖さまも気合い抜群のようなので、楽しみです♪

|
|

« サムライ・カプリコーン | トップページ | 音楽至上主義 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10811/41446627

この記事へのトラックバック一覧です: 愛のある字面:

« サムライ・カプリコーン | トップページ | 音楽至上主義 その2 »