« うふふのふ♪ | トップページ | パラ銀~2008秋の陣(仮) »

2008年東京の旅~フェルメール展

今日はパラ銀当日です。
でも、サークル参加するわけでもなく。
開始時間より前に行って並ぶ気力があるわけでもなく。
せっかく東京行くんだから、コンサートか舞台か美術館の一つでも見たいよな~

ということで、行ってきました。
東京都美術館で開催されている「フェルメール展 光の天才画家とデルフトの巨匠たち」です。
絵師さんなので興味あるだろう、ということで、知り合ったのはテニプリtennisだけど、☆矢も好きなko鉄さんを誘って、行ってきました。

残念ながら出品不可になってしまった作品もありましたが、全体としてとても見応えのある絵ばかりだったように思います。
入場するのに少々時間かかりましたが、それでも10分待ちなんて可愛い方だったかも。出てきた時には更に列が長くなってましたし(苦笑)

デルフトの風景とか、教会の内部の様子とか。
日常の何気ない光景とか。

そういった一瞬を切り取って、光の加減も考えてキャンバスに写し取っていた巨匠たち。
彼らが描きたかったのは、日常の風景とかそういうことではなくて、「光」そのものだったのかなぁ、なんてことを考えながら鑑賞してました。
窓から差し込む光もそうですけど、そもそも「色」自体「光」がないと生まれないものですものね。

フェルメール自身の作品7作。
大きなキャンバスに描かれたものから、とても小さなものまで様々でした。
でもやっぱり、他の画家たちと比べてみた時に、色合いとか、人物の表情の細やかさとか、違うなぁ、と感じました。
フェルメールの絵は、それぞれ「ここはこんな風に描かれているんですよ」的な解説も展示して下さっていて、より細かく鑑賞できたように思います。

今回の展示、見た時にその前から一歩も動けなくなるほどの、インパクトのある絵はなかったのですが、全体的にふんわりと柔らかい感じがして心地よい絵が多かったように思います(^^)
ワガママを言って付き合っていただいたko鉄さん、ありがとうでした(深礼)
おかげさまで、いい絵を見ることができました。
行ってよかったです(^^)

|
|

« うふふのふ♪ | トップページ | パラ銀~2008秋の陣(仮) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10811/42583487

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年東京の旅~フェルメール展:

« うふふのふ♪ | トップページ | パラ銀~2008秋の陣(仮) »