« そりゃないぜ、ベイベー(泣) | トップページ | 噴火(BlogPet) »

眼鏡×4

東海地方を襲った豪雨の影響で、入荷が1日遅れてしまった今週号の週チャン。
本日、無事に読むことができました~(^^)

というワケで、「冥王神話 ロストキャンバス」の感想です。
第99話「最終課題」です。

前回、掌の上でマグマを制御することに成功したテンマ。
喜びも束の間、いきなり鬼さんによってマグマの中に放り込まれましたshock
「力を扱えないなら、そのまま死ね」
と究極のスパルタ教育です。
Tリンパ球が胸腺で教育される時レベルの厳しさです。
さすがにこのまま死んでたまるか、ということで必死で生還する術を考えるテンマ。
掌でマグマを操った時の要領で、全身を小宇宙で満たしてマグマの海から戻ってきました。
それを見た鬼さん。

「(それが出来て)当然だ」

……ホンマに鬼やわ~(苦笑)
そして、その鬼さんから告げられる最終課題は。
なんと。
「カノン島の噴火を止めて見せろ」
……聖闘士の特訓は本当に地獄の特訓&死と隣り合わせですけれど。
ホントに「死か力か」の二つに一つ、って感じですね~。
デジェルさんの言った通りですよ、テンマ君。

テンマがカノン島で特訓している一方、聖域では侍女たちがデジェルさんの噂話をしておりました。
何でも、サーシャの命を受けてから、ずっと宝瓶宮にこもっているのだとか。
「教皇の星見の助言をするほどの賢人」で「聖域一の知の聖闘士」である、そのデジェルさんはと言えば……
宝瓶宮にある書斎で、何やら調べておいででした。

つーか、宝瓶宮にあんな洒落た、素敵な書斎があったのか!?
床から天井まで棚があって、その中にはビッシリ本が詰まってましたよ!?
そしてデジェルさん、眼鏡をかけてブルーグラードについて調べておられました。

め、眼鏡っ!?eyeglass

なんと、眼鏡’sでございましたか、デジェルさんっ!?
以前、彼のお名前が「デジェル」だと判明した時に、分厚い本を手に足を組んでおられたお姿を拝見して「某テニス漫画のデータマンのようですわ」と日記で書きましたけど。
まさか、本当に眼鏡’sであられたとはっ!
しかも、あの眼鏡、縁なしでしたよね!?
乾さんは黒縁ですけど、彼女の手塚部長は縁なし眼鏡。
……ああ、VIVA眼鏡’s!

眼鏡 眼鏡 眼鏡 眼鏡 GO! GO!
ですわよ~♪
(あ、アクセントは「メガネ」の「ガ」でシクヨロです)
縁なし 黒縁 伊達眼鏡’s♪
ですよ~♪
一気にテンション上がりましたわ~、デジェル様♪

と、話がメッチャ逸れました(汗)
そのデジェルさん、ブルーグラードに封じられているポセイドンの力を借りるためには、自分も一命を賭けなければ…との決意を固めておられました。
そんな宝瓶宮で、突如として揺れるテーブル。
ろうそくの炎が、傍にある本に燃え移ろうとしたところを、デジェルさんは何事もなかったかのように凍気で消してしまわれました。

おお、初めてデジェルさんが凍気を使ったですよっ!!!happy02
やはり、我が師カミュと同様、凍気を操る聖闘士であられましたか、デジェルさん♪

大気の震えに、ただならぬ異変を感じ取るデジェルさん。
その異変は、カノン島で起きておりました。
今にも噴火しそうになっているカノン島。
テンマがその噴火を止めることができなければ、ふもとの村に多大な被害が出てしまいます。
さあ、テンマは噴火を止めることができるのか!?

という所で、次週へ続きます。
LCも、次週でついに連載100回目。
ということで、次週は巻頭カラー&30Pの増量になるようです(^^)
コマ外の柱では、次週は「蠍座と水瓶座の黄金聖闘士 夢の共闘!?」みたいなことも書かれてまして。
お姿だけは見えていたものの、お名前その他は不明な先代蠍座さんがついに登場!?
でもって、ミロりん&我が師カミュのように、やはりデジェルさんと仲がよろしいのかしら!?
と気になるところであります(^^)

次号は豪雨その他の影響で、入荷が遅れる…なんて事態にならなことを祈ります。

<以下、更新のお知らせ>
日付が変わって間もなく、サイトを更新しました。
7月から連載を続けていましたエルシド×紫龍作品の最終話をアップしております。
書き上げてから速攻でアップしたので、校正などなど全然できておりません。
誤字脱字などなどお見苦しい点があるかと思いますが、ご容赦ください(礼)
よろしければ、サイトの分室をご覧くださいませ。

なお、本日メールフォームへいただいたメッセージのお返事は、コメント欄にしたためております。
お手数ですが、そちらをご覧くださいませ。

|
|

« そりゃないぜ、ベイベー(泣) | トップページ | 噴火(BlogPet) »

コメント

>のうちかさま♪

メッセージ、ありがとうございました(礼)
「ゆがんだ時計」最終話への感想、ありがとうございます(深礼)

エル龍、私も最初は「誰か書いてくれないかしら?」と思っていたのです。が、自分の好みに最も副う話は自分で書くしかない、と思いまして。「やった者勝ち、取った者勝ちだろう!?」という思いもあって、書いてみたらああなった、という(笑)
楽しんでいただけて、幸いです♪

そうそう。
ご指摘いただいたあのシーン。
仰る通り、お姫様抱っこで磨羯宮まで戻ってます(爆)
紫龍も細身とはいえ聖闘士ですからね。自分より体格のいい男でも軽々抱きあげちゃうだろう、と(笑)
「いいシーンなんだけど、でも、でもっ!」
とツッコミ&笑っていただけたら、と思います(コラコラ;)

最後になりましたが、パラ銀&お茶会+お泊り会でお会いできますこと、私も楽しみにしております♪

投稿: 結月秋絵 | 2008.09.05 22:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10811/42390080

この記事へのトラックバック一覧です: 眼鏡×4:

« そりゃないぜ、ベイベー(泣) | トップページ | 噴火(BlogPet) »