« おめでとう、部長 | トップページ | 百万円と苦虫女 »

本日お休みDay♪

今日は、バイト先の先生が月に一度の勉強会に行かれるので、バイトはお休み。
授業の方も、単位互換テストに合格したので、単位取得済みで休んでも問題ナッシング。
加えて、今日は来年2月に地元にいらっしゃる指揮者・下野竜也さんのコンサートのチケット発売日。

チケットをゲッチューしにホール方面へ行くので、ついでに近くにある映画館で映画をハシゴしよう!

ということで、朝から出かけて行きました。
ホールのチケットセンターには発売開始10分前に着いたので、とりあえず映画のチケットを先にGET。
1本目の映画は、整理券番号1。
2本目の映画は、整理券番号2。

……気合入りすぎです、自分(苦笑)

チケットセンターの方も、発売開始5分前から並びまして。
開店直後にゲッチューしましたgood
ホントはね、S席のいい場所で聴けたらいいんですけどね。
ゴメン、竜ちゃま。
お金が……crying
というワケで、1ランク落としてホール下手側のバルコニー席をGET(←…;)
ただちょっと気になったのは。
席をGETする時に、私が確保した席の後ろの列を空けるようになっていたんですよね。

……何か仕掛けでもあるのかしら、竜ちゃま?

で、映画を2本見て、駐車場へ戻るついでに(←ついでかよっ!;)ゼミに出席。
……どうやら、朝からの私の行動を、ゼミの先輩に見られていたらしくてですね(苦笑)
「ハデな格好して歩いてるから(本日の服装=緑ベースのチャイナ風ブラウス)ね、目立つもん」
バレてるよっ∑ ̄□ ̄;!

<以下、ちょっとグチ、というか苦言と言うか…>
1本目の映画の入場時間になった時。整理券番号のついた入場券を失くした、と一人のオバサマが映画館の方に訴え出られました。
傍で聞いていると、どうもチケットを買って、上着のポケットに入れて、トイレに入った時に落としたようなのですね。で、チケットが見当たらないんだけど、整理券番号は覚えているから、その順番で中に入れてくれ、と仰ってるのです。
でも、もう入場時間は始まっているので、とりあえずはチケットを探してほしい、とスタッフさんが対応して、私から入場を始めました。

その映画館では、チケットを購入する時にちゃんと「再発行も払い戻しもできませんし、入場時にチケットがないと中に入れないので、失くさないで下さいね」と案内されているのですよね。

でも、その方はチケットを失くしておられて。入場は整理番号が印刷されたチケットの半券を千切って入る、という形になっているので、順番が回ってきても中に入れなかったんです。
それが、彼女にはどうしても納得できなかったらしく。
もう一度チケットを買えと言うの!?
とか、トイレに落としたはずだから、探して来て!
とスタッフさんに噛みついているわけです。
で、スタッフさんが止めるのを振り切って、強引に中に入ってきて席を確保してですね。
それで周りに「チケット探させて」とか「トイレで探してくるわ」とか言いながら、探してたわけです。

まぁ、確かにスタッフさんの融通の利かない対応にも問題あったかもしれませんが、元はと言えば、彼女の保管の仕方が悪かったわけで。
それを棚に上げて、スタッフの対応に文句をつけ、挙句は「もう二度とこの映画館には来ないわよ!」なんてこと云々を大声で仰るのは、非常に不快でした。

同じ事を、どうやら隣に座った方も思っておられたらしく。
「ここにいる皆さんは映画を楽しみにして来られているのに、水を差されましたね」
とポツリと仰いました。
私も思わず同意してしまいまして(苦笑)
私:「チケットの保管は自己責任ですよね」
お隣さん:「そうそう、自分で管理しないと」
私:「というか、自分に甘い方ほど、他人には厳しいですね」
とこちらもポツリ(汗)
「そうよ、世間ってそういうものなの」
と深々と頷きながら諭されてしまいました(結構ご年配の方だったのです、その方;)

ちなみに、そのお隣さん。
私と同じ映画をハシゴしようと考えておられたらしく。
1本目も2本目も、どちらも隣同士で鑑賞致しました(^^)
まぁ、そういう一期一会もある、ってことですね。

も一つついでに、件のオバサマ。
映画が終わってからも、スタッフさんにあれこれ文句つけてました。
やれやれ(ため息;)

|
|

« おめでとう、部長 | トップページ | 百万円と苦虫女 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10811/42726080

この記事へのトラックバック一覧です: 本日お休みDay♪:

« おめでとう、部長 | トップページ | 百万円と苦虫女 »