« 銀鍼ショック!? | トップページ | 小春日和(BlogPet) »

銀鍼ショック その2

今日も、実技の授業でした。

またしても、腰が……weep

月曜日の教訓を経て、工夫したのでそれほど腰にはこなかったんですけど。
練習台になった時にダメージを受けたらしいですwobbly
まだ未熟者同士でやってますからね。
刺しすぎて寝た子を起しちゃったり(つまり、急性腰痛状態になってしまう、という;)
鍼が痛くて緊張しちゃったり。
いろいろあるのは仕方ないってコトで。

でも、痛い……
というか、重だるい感じ。
前かがみになると、さすがにキツいです(>_<)
打たれた鍼、8割くらいは痛かったんだよなぁ(-_-;)

まぁ、今日組んだ相方さんは、これを糧に上手くなってくれることでしょう(^^)

帰宅してからは、ここ3日ほどゲホゲホ言ってるダンナ様を治療しました。
いつも、風邪を引きそうになったら、養生して寸止めにするので引かずに済むのが私で。
完全に引いてしまうのが、ダンナ様なんですよ(^_^;)
うちの先生がよく仰るんですけど。

「女性は男性と比べて冷えにも弱いし、体も弱いから、日頃から体調を崩さないように気をつけてる。もし万が一崩れそうになっても、女性の体はしなるようにできてるから、意外と持ちこたえてしまう。でも、男性は女性と比べて筋肉量も多くて日頃元気なだけに、いざとなるとポッキリいっちゃう」

我が家の場合、まさにその状態です(苦笑)
治療しながらダンナ様と話してみたら、どうやら背中がゾクゾクする、なんて前駆症状もなくて、いきなり喉にきたようで。
鍼灸治療には慣れてないので(男性の方が鍼やお灸が怖い、ということが意外と多かったりするので;)、接触させるだけの刺さない鍼を使って、お灸も直接肌に据えるタイプではなくて、ちょっと距離を置いて温めるタイプのお灸を使用。
全体的に刺激量を弱くして、治療しました。

治療している最中から、「鼻の通りが良くなった」と話していたので、それなりに効果があったのかなぁ、と。
夕飯も生姜と葱をたっぷり入れて、体を温めつつ、消化のいいメニューにしましたし。
入浴法も指導したので、今日は守ってくれることでしょう(^^)

ていうか、問題は私の腰……(苦笑)

<以下、拍手御礼>
本日もパチパチいただきました。
ありがとうございます(深礼)

|
|

« 銀鍼ショック!? | トップページ | 小春日和(BlogPet) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10811/43167821

この記事へのトラックバック一覧です: 銀鍼ショック その2:

« 銀鍼ショック!? | トップページ | 小春日和(BlogPet) »