« とりあえず1本 | トップページ | 頑張れ、二軍!(BlogPet) »

頑張れ、二軍!

続きまして、LCこと冥王神話ロスト・キャンバスの感想に参りましょう。
第122話「意地」です。

前回、レグルス君のライトニング・プラズマを食らって、拳を突き出したままで絶命してしまったバイオ姉さま。
最期の最期まで戦士であったバイオ姉さまに、レグルス君も敬意を表します。
「ホント強い拳だったよ。あんたも何かを守っていたのか…?」
そりゃぁ、愛しいアイアコス様のためにheart04に決まってますがな。
「俺も…行かなくちゃ…」と耶人クンたちの元に戻ろうと立ち上がったレグルス君の上空から、大きなバッテン印が!
この衝撃は!?と驚くレグルス君。

ほぉ、ついに動きますか、アイコ。
上空からガルーダ・フラップですか、アイコ(笑)

一方その頃、船の周辺ではスタンドさんが大暴れしてました。
この場は完全に冥王軍が支配した、と豪語するスタンド。
こんなボロ船でロストキャンバスへ行くなんて、アテナもヤキが回ったな。ぶっ壊してくれる!と宣言するスタンドに、耶人クンが立ち向かっていきます。
自分たちにはとっておきの希望が残っている、と。
でもその希望のことがレグルス君であるならば、待つだけ無駄だとスタンドに言い返されてしまいます。バイオレートさんの目的はあくまで陽動で、レグルス君は戻らない、と。
「ホント青銅(おまえら)は黄金の寄生虫だな!!」
……ある意味明言であり、真実だわ、スタンド(笑)
ご本家では青銅が黄金をぶっ倒してますけど、LCでは黄金と青銅では神と子供ほどの開きがありますものね、戦闘能力に関しては。

そんな虫けらどもは駆除してやる!とクワガタな冥衣をまとったスタンドに言われてもなぁ。
とその場にいる一同、全て思ったかどうかは定かではありませんが(笑)
攻め込んでくる冥王軍の前に、耶人クンをかばうように立ち上がったのは青銅二軍の諸君でした。
確かに自分たちは黄金や白銀に比べたら雑魚だ。そんなことはわかっている。でも今守れるものを精一杯守れなければ、本当の雑魚だ。
「今意地を張るんだよ!!!!」
とユンカース君がゲキを飛ばします。
その一言で、周囲にいた雑兵さんたちも立ち上がります。
自分たちみたいなのが頑張って、昔から守ってきた船を今守るんだ、と。
船の前に人の壁を作る、青銅二軍ズと雑兵さんたち。
スタンドの拳も通さない、強力な壁を作ってました。

やるじゃん、みんな!(感涙)crying

俺たちだってなァ…
やるときゃやるんだよ!!!


って言ってる皆の顔は、ちょっと怖いけど(苦笑)

そんな皆の頭上から、声が響きます。
そして巨大な小宇宙が近づいてきます。

「雑魚の相手はそんなに楽しいか!?」
と声が響いたかと思えば、岸壁を突き破って船が下りてきました!shock
アイコ、キターーーッ!
船の上には、アイコさんがおりました。
その腕に、バイオ姉さまを抱いてっ!!!
アイコ:「俺の片翼が汚された! この汚れ、貴様らの血で洗い清めよう!!!」
あのガルーダ・フラップは、レグルス君を退けてバイオ姉さまを迎えに行くためのものだったのかしら?
ていうか、バイオ姉さまってアイコに捨て駒のようにされちゃうのでは!?と思っていたもので、こうやってアイコさんが姉さまを抱いて現れてくれたのが嬉しいんですけど(感涙)
バイオ姉さまを大事にしてはったのね、アイコさん(涙)
君のせいで、バイオ姉さまは全身傷だらけですけど(爆)
それとも、あれか?
バイオレートの体に傷をつけていいのは、この俺様だけだ!ってコトかしら?(ポッ)

しかし、これでいよいよ三巨頭最後の一人、アイコさんが登場かぁ。
レグルス君も戻ってくるまでにちょっと時間がかかりそうだしなぁ。
来週はアイコ大暴れなのかしら?

|
|

« とりあえず1本 | トップページ | 頑張れ、二軍!(BlogPet) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10811/44203083

この記事へのトラックバック一覧です: 頑張れ、二軍!:

« とりあえず1本 | トップページ | 頑張れ、二軍!(BlogPet) »