« ガルーダ 愛の劇場!? | トップページ | マスク着用率↑ »

根性焼き

今日の授業は実技2連発でした。
1限目の授業は、伝統鍼灸実技ということで経絡治療の実技。まぁ、いつもゼミとか勉強会とかでやってることの延長で、しかも同じグループになったのが一人を除いて全員ゼミ生or元ゼミ生だったので、完全にゼミの延長でした(笑)
とりあえず、ツボを決めて鍼を打つところまでは行きまして。鍼を打つ前よりも、脈の状態が良くなったので、まぁ及第点といったところでしょう。まだまだ、鍼を抜くタイミングとかいろいろ、修正の余地はあるのですけれど。それは追々、ゼミとか勉強会とかで修正していきたいと思います(^^)

2限目の授業は、久方ぶりのお灸実技。私の学年は、2年次に全くお灸をやっていないという状況でして。人によっては実に1年以上もお灸を触っていないor人に施灸していない、という状態だったのでは……?と思います。
私はバイトで相当鍛えられていて、ほぼ毎日お灸していて、鍼よりお灸の方が得意なので問題ナッシングだったんですけどね。

人にお灸を据える前に、まずは自分で……

ということで、自分の手とか足でみんな練習したんですけど。
教室のあちこちから「熱っ!」とか「いてっ!」といった叫び声が聞こえてまいりました(苦笑)
注:熱さはある一定レベルを通り過ぎると痛みに変わります。
私自身も、透熱灸といいまして、皮膚の上で艾を完全燃焼させる据え方のお灸をやりました。艾を皮膚の上で燃やすわけですから、まぁ、それなりの熱さにはなるんですけどね。据えた痕が黄色っぽく残ったり、ポツッと赤い点のような火傷になったり……と。

が!

自分が据えた透熱灸よりも、クラスの他の人に据えてもらった9分灸(艾が9分まで燃えた所で火を消す、というやり方です)の方が熱い、ってどうよ!?という(苦笑)
自分で据えたお灸は、キュッと熱さが来て、スッと引く感じなのですが。
9分灸の衝撃はしばらく残ってました(汗;)

人にやられるより、自分でやった方がマシだ。

ということを学習した授業でありました(汗)
やはり、去年の前半で相当お灸を鍛えられたのと。
この2年間ほど毎日、お灸をしているのが違っているようです。
人によっては痕が赤くなる=1度熱傷を通り越して、水泡形成(つまり、水ぶくれ;)=2度熱傷まで行ってましたから(苦笑)

柔道整復科時代の担任に
「継続こそが力なり」
と言われましたけど。
本当だなぁ、と実感した今日1日でありました。

みんな、頑張って練習しようね。

<以下、どうでもいい戯言>
今、無性にシオ童が読みたいです。
シオ童が仲睦まじくしているSSが読みたいです。
……自家発電するしかないのかしら?(涙)

<以下、拍手御礼>
お礼を申し上げるのが遅くなりまして、申し訳ございません。
13日以降、多数のパチパチをいただいております。
いつも本当にありがとうございます(深礼)

|
|

« ガルーダ 愛の劇場!? | トップページ | マスク着用率↑ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10811/45024394

この記事へのトラックバック一覧です: 根性焼き:

« ガルーダ 愛の劇場!? | トップページ | マスク着用率↑ »