« 再掲載のお知らせ | トップページ | 夏い暑は~♪ »

怪力サムソン

旧約聖書「士師記」第13章~16章に「怪力サムソン」のお話が出てきます。
信仰心厚い夫婦に神の使いは男の子を授けます。
「その子の髪を絶対に切ってはなりません」というお告げと共に。
生まれてきた子は、生まれながらに神に捧げられた神への奉仕者、聖別された者でした。
男の子はサムソンと呼ばれ、すくすくと成長します。お告げどおりに、一度も髪を切ることはありませんでした。
ある日、サムソンはイスラエルの民を苦しめる者たちに一人で立ち向かいます。恐るべき怪力で。
そこへ妖艶な美女、デリラが現れます。デリラはとんでもない悪女で、サムソンの怪力の秘密を夜毎に尋ねます。デリラに嫌われるのを恐れたサムソンは、ついに秘密を打ち明けてしまいます。
「この髪を切ると、力が消えてしまう」
と。
デリラはサムソンが眠っている間に、サムソンの髪をバッサリ切ってしまいました。その瞬間、神の力は消え去ったのです。

という話を、思い出したですよ。
今週のLC。
何という「サムソンとデリラ」な展開っ!!!(笑)

というワケで、何事か!?と思われたと思いますが、今週の週チャン、ザ・ロストキャンバス冥王神話 第143話「渡し守」の感想です。

前回、過去の愛情を捨てよ、と書かれた門をくぐった途端、懐かしい人たちに呼ばれて振り返った聖闘士たちがことごとく石になってしまったアテナ軍。
そこへ、アケローンのカロンが現れます。
石になった聖闘士たちを物色し、固まったユズリハちゃんに「俺好みheart04」と目を付けたカロン(笑) そうよね、ユズちゃんはスタイルもいいし(仮面かぶってるけど)、可愛いよね♪
固まった耶人に手をかけようとすると、テンマの怒りが爆発。ですが、ローリング・オールで返り打ちにされてしまいます。

そこへ、何やら不穏な音が。
レグルス君によって氷の中から出され、デジェルさんとカルディアさんとユニティが命がけでオリハルコンを手に入れ、青銅二軍ズが命と引き換えに起動した希望の船が、沈みかけているというのです。
ここで動けなくなったら、ハーデスの下にはたどり着けなくなる。何としてもハーデスの所へ行かなければならないということで、サーシャはカロンに水先案内人を依頼します。
当然ごねるカロン(笑)
ですが、シオン様とレグルス君、黄金二人に睨まれて、しぶしぶ承知します。

……というか、さすがに黄金二人とサーシャは引っかからなかったか。
多分ハクレイ師匠とか、童虎たんとかに呼ばれたでしょうに、よく振り向かなかったな、シオン様。
まぁ、振り向いたら吹っ飛ばされるんでしょうけれどね、二人に(笑)

黄金二人とサーシャとテンマを船に乗せて、進めて行くカロン。
その上空は大きなドーム状になっていて、延々とらせん階段が続いている。そして途中には惑星を模した魔宮があって、三巨頭並みかそれ以上に強化された冥闘士たちが守っている、とご丁寧に説明してくれました。
さすが、水先案内人(笑)

てか、星の魔宮ということである程度予想はできましたが。惑星を模した魔宮ということは、ですよ。
地球を含むかどうかわかりませんが、最低でも7つは魔宮があるわけで。最低でも7人の冥闘士を撃破しないといけないんですよね。
対するアテナ軍の戦力は……シオン様、レグルス君、テンマ君。そして援軍に駆けつけるであろうデフテロスさんと、童虎たんの5人。誰か二人が、複数の冥闘士を相手にしなければいけない、というワケですよね。
どうするんだろう?

……と、話が逸れました。
元に戻しましょう。

水先案内人がカロン、ということはですよ。当然渡し賃を要求されるのがお約束、というわけでありまして。
案の定、岸に辿り着きたければ渡し賃を置いていけ、と言いだします。
カロンが要求したのは、サーシャの髪。素直なサーシャは素直に頷いて、カロンに渡された短剣で髪を切り落とします。
すると、天からハーデスの僕となった天使(多分、ロストキャンバスに描かれた人の一部なんでしょうね)が現れて、サーシャの髪を持ち去ります。
「聖闘士も甘ちゃんなら、その女神も甘い」と嘲笑うカロン。
アテナの化身であるサーシャは、神であるが故に簡単には殺せない。けれどその体の一部である髪があれば、それで絵を描いてサーシャを殺すことも可能になる、と髪をハーデスの下に届けたというのです。
その髪を画材にしてハーデスはサーシャの絵を描き、神の力を封じてしまったのでありました。

……ホント、何という「サムソンとデリラ」な展開(笑)
そして、ここでまた御大のNDとリンクしてくるとは。。。
沙織さんと同様に、サーシャまで髪をバッサリいっちゃうとは思いませんでした。が、NDと違うところは、サーシャは髪を切られたことで力を封じられちゃった、という意味を持たせたところでしょう。
と思ったんですが、やっぱり最初に「怪力サムソンかっ!?」とツッコミ入れてしまいました(苦笑)

でもね。
神の力を封じられたってコトはですよ。
童虎たんが十二宮を突破して、アテナの聖衣を復活させてロストキャンバスへ辿り着いたとしても、ですよ。その聖衣を着て戦えるんだろうか、サーシャ!?
と心配になったのですが……
冒頭の「怪力サムソン」のお話では、髪が伸びればまた神の力が戻って、最後はまた怪力で建物の柱を引き倒す。という結末になるのですが。
さすがに、そんなすぐには伸びないでしょうね、サーシャの髪。

冥闘士との戦力差も気になるところですし。
来週以降も楽しみであります(^^)

|
|

« 再掲載のお知らせ | トップページ | 夏い暑は~♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10811/45790872

この記事へのトラックバック一覧です: 怪力サムソン:

« 再掲載のお知らせ | トップページ | 夏い暑は~♪ »