« 待ってた。 | トップページ | 映画館ではお静かに Part2 »

改めて、おかえり。

帰宅しましたので、予告通り改めまして。

祝、童虎たん復活!!!

ということで、ザ・ロストキャンバス冥王神話 第141話「決起」の感想です。

先週号で、アテナ・エクスクラメーションを発動させて、サーシャへの聖闘士とは別の想いを胸に倒れていったシジフォスさん。残った同志たちに、大切なサーシャと未来を託してついに逝ってしまいました(泣crying
原作のロス兄さんも「少年よ、君たちにアテナを託す」と託して逝った人でしたけれど。シジフォスもやはり、ロス兄さんと同様「託す人」だったワケですね(涙)

小規模ながらもビックバンに匹敵する威力のあるA・Eの衝撃と光、そして逝ってしまったシジフォスさんの羽は、地上にも届いておりました。
それをそっと手にとって、シジフォスさんが逝ってしまったことを悟ったのは、カノン島にいるデフテロスさんでした。弱者を助けて自らは散ってしまったことを「理解できん」と言いながらも、己を全うして逝ったことに対しては「俺たちは全うして死ぬのだ」と理解を示すデフさん。
その彼が向かった先には……
何やら見覚えのある武器たちに囲まれて、座っている上半身裸の男がおりました。
その彼に向って「お前も起きろ、時期が来た」と呼びかけるデフさん。

こ、これはもしや……!?
童虎たんっ!?


と思いましたら、どうやら武器たちはデフさんを敵だと認識したらしく。武器たちが童虎たんを守るべく、勝手に動いてデフさんに攻撃をしかけてきましたshock
自分の聖衣に愛されてるなぁ、童虎たん♪
一方のデフさんと言えば、向かってきた武器たちを全部受け止めて、童虎たんに呼びかけます。
「いつまでも自分の聖衣に守られてるわけにはいかんよな。なァ、天秤座の童虎」

わ~い、やっぱり童虎たんだ~♪
どこで復活してくるのかと思っておりましたら、カノン島で寝てたのか、童虎たん。
てか、誰がハーデス城から童虎たん&聖衣を回収して、カノン島へ運んだんだろう?
それに、カノン島に来たテンマ君は自分の兄貴分に全く気付かなかったけど……(苦笑)

また童虎たんを守るべく、デフさんを敵と認識して攻撃した天秤座の聖衣ですが。
……眠ってる童虎たんに良からぬイタズラでもしましたか、デフさん?と思ったですよ(笑)
というか、このネタって使えそうですよね。
シオン様とかテンマ君とかが、童虎たんに夜這をかけようとして、聖衣に阻まれて断念する、みたいな(笑)
童虎たんから紫龍に天秤座が譲渡されたとしたら、今度は紫龍の周囲で同じことが起こるわけですよ。紫龍に夜這をかけにきたひょんひょんとか、一輝兄ちゃんとか、蟹とかが聖衣の武器で撃退されちゃうの(笑) 山羊さまは、そういうのに引っかからないように上手くやりそうだけど(笑)
新たな萌えネタをありがとう、手代木先生♪

……と、思いっきり話が逸れました(汗)
本編へ戻りましょう。
起きろ、と言われても目覚める気配のない童虎たん。ハーデス自ら振るった剣で胸を刺されてしまった童虎たんは、魂を傷つけるハーデスの黒い小宇宙に捕えられているのでありました。
……てか、その傷がね。てっきり肋間をブスリとやられてるんだと思っていたんですが、傷跡を見ると見事に乳頭を横切るように縦方向についているわけでありまして。まぁ、確かに肋骨って結構薄い骨だから、剣で貫くことも可能なんですけど。何も乳頭にかけるように斬らなくてもいいじゃん? 狙ったのか、ハーデス!?と思ったですよ(苦笑)

そんな童虎たんを目覚めさせるには、ハーデスの小宇宙を断つしかない。と判断したデフさん。何やら指に瓶詰の液体を垂らし、その指を童虎たんの胸に突き立てましたshock
と思ったら、再び動きだした童虎たんの心臓。
ついに、童虎たんのお目覚めですっ!!!
おはよう、童虎たんhappy02
背中にはくっきり、虎さんが浮かんでおります。
「さあ立て、猛虎よ!」
なんて、デフさんの呼びかけも洒落ているではありませんか♪

気がついた童虎たん。そこにいるのがデフテロスさんだと認識します。
そのデフさんから、自分が寝ている間に聖戦の戦況がどうなっているかを聞かされて、カノン島を飛び出そうとします。

あの~、童虎たん? 自分を守ってくれた武器を置いてけぼりにするのは、良くないと思うの。
加えて、上半身裸のまま飛び出してしまったら、鼻血吹いて悩殺されちゃう人が少なからずいると思うの。
だから、聖衣はちゃんとまとった方がいいと思うのよ(^^)

と、ついつい思ってしまった人(汗;)
結構うっかりさんな童虎たんを呼び止めたデフさん。このままでは、アテナの敗北という聖戦の結果が見えている、と童虎たんに告げます。そして激昂する童虎たんに、さっき童虎たんを起こすために使った液体の入った瓶を渡します。
中に入っているのは、先代のアテナの血。
今もなお、彼女の血で書かれた札が封印などなどの効力を発揮し、童虎たんを目覚めさせた奇蹟を起こすその血を持って、12宮を上ってアテナ神像に捧げよ、と。
……教皇にしか知らされないそれを知っているデフさんって、いったい!?
原作では射手座さんが教皇候補でしたけど、LCでは双子座さんが教皇候補になって聖域を出奔しちゃった、ということなのかしら?
そして、童虎たんがアテナの血を神像に捧げることで、アテナの聖衣が復活するということを知るのだとしたら。原作での対シオン戦の意味合いが変わってくるようにも思うんだけど……どうなるんだろう?

というか、二百数十年もの間、瓶詰めされても劣化することなくその性状と効力を保ち続けるなんて、さすが神の血は違います。わずか1~2数滴で青銅聖衣を神聖衣にするだけのことはあります。
だって、通常。
献血で摘出された血液は、赤血球を含む全成分の血液ならば保存期間はせいぜい72時間。成分輸血でも、1週間ほどしか持ちませんから。それを思えば、赤血球込みの全成分が、二百数十年もの間鮮度を保ち続けているなんて、本当に凄いです。

……いかん、妙なことに感心してしまった(汗)

そんな重大なことを知りながら、何故今まで聖戦から遠ざかっていたのだ!?と童虎たんから問われたデフさん。
「時期を待っていたと言うべきかな」
と答えた彼の背後には、ドン!と双子座の聖衣が現れましたっ!!!
双子座キターーーッ!!!
てか、デフさんが逆光になって、背後に双子座の聖衣。このカットって、原作のサガみたいじゃないですか! ……原作と違って、完全にマッパってわけじゃないですけどね、デフさんは上半身だけなので、脱いでるのが(笑)
「デフテロス…おぬしついに……」
と童虎たんが目を見張る前で、ついに双子座の聖衣をまとったデフさん♪
……なんだけど。

色黒っ!?Σ( ̄ロ ̄lll)


てか、善と悪の両面の顔を持つ双子座のマスク。デフさんのバックに浮かんでるのは、悪の顔の方なんですけど(苦笑) 言動からしたら、黒サガとカノンを足して2で割った感じですよね、デフさんって。
というか、Wikiによれば「デフテロス」って「二番目」という意味なのだそうですが。となると、「一番目」の人はいるんだろうか? というか、この色黒で悪役面のデフさんは、LCの1巻で登場した双子座さんと同一人物には見えないんですが……(汗;)

ともあれ、これでついにデフさんが動きました。
LCで12人の黄金聖闘士の最後の一人として、満を持しての登場です。
復活した童虎たんの活躍ぶりも楽しみですが、デフさんも楽しみなのです♪

|
|

« 待ってた。 | トップページ | 映画館ではお静かに Part2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10811/45652269

この記事へのトラックバック一覧です: 改めて、おかえり。:

« 待ってた。 | トップページ | 映画館ではお静かに Part2 »