« 寒い。。。 | トップページ | 川崎の夜 »

派手な兄弟喧嘩

どうも、今週はせわしなくていけません。
なんでこんなにバタバタしてるんだろう?(苦笑)
まぁ、そんな週もありますわね。

というわけで、昨日は木曜日。
週チャンを立ち読んでまいりました。
ザ・ロストキャンバス冥王神話 第158話「半端」の感想です。
兄弟ゲンカの続きです(笑)
パソコンからご覧の方は「続きを読む」からご覧くださいませ。

<以下、拍手御礼>
17日&18日と、多数のパチパチをいただきました。
いつもパチパチして下さいまして、ありがとうございます(深礼)

なお、いただいたメッセージへのお返事は、「続きを読む」の最後にしたためております。
お手数ですが、そちらをご覧くださいませ。

 

 

では、兄弟ゲンカの続きに参りましょう。

アスプロスさんに向けて、カノン島で鍛えた自我と小宇宙で編み出したオリジナル技、マウロス・エラプション・クラスト(ちゃんと言えたっ!!smile)を放ったデフテロスさん。
前号のラストでは、アスプーさんが吹っ飛んでましたが(笑)
アスプーさんはその技の威力を取り込んだギャラクシアン・エクスプロージョンで反撃してきました。

やっぱ、そう簡単には倒せませんわね、兄(苦笑)

デフさんの技を跳ね返したアスプーさんは、デフさんに向かって、何故双子座最大の奥義であるギャクシアン・エクスプロージョンを使わなかった?と問いかけます。一方のデフさんは、今のアスプーさんがその技を使うことに虫唾が走る、と言い返すのでありました。
そんなデフさんを「半端だ」と切り捨てるアスプーさん。

「二人の存在を世界に示す」というデフさんの願いも、アスプーさんにとってはデフさんを利用するための口実でしかなくてですね。デフさんにとっての「優しい兄」であったアスプーさんも、ただの幻想でしかなかった、と言うのであります。
教皇になって地上と冥界を支配する、という自分の野望を果たすためならば、実の弟も利用するし教皇や神々も殺す。「悪と呼ばれる行いでもやる」と言い放つのでありました。

まぁ、その徹底ぶりはさすがですが(苦笑)
極端から極端に走る人やなぁ、アスプーさん(爆)
てか、あの弟をかばう優しい兄像は、全部お芝居だったのか、アスプーさんshock

デフさんの手や顔を踏みつけながら悪を語るアスプーさんに「やめろ、その面で悪を語るな」と心の中で訴えるデフさん。
尊敬していた兄はすでに死んだ、と悟ったデフさんは、G・Eの構えを取ります。
自分の模造品であるデフさんには、やはり真似事のG・Eを使うしかないか!?と嘲るアスプーさん。
……さっき「何故双子座最大の奥義であるG・Eを使わなかった!?」と問うたのはアナタですやん(苦笑)

そんなアスプーさんに、デフさんは言います。
自分にとって、G・Eは兄だけが使える不可侵の技だったと。
けれど今、「殺意も尊敬も良き思い出も銀河に散らす」とG・Eを放つのでありました。

一方のアスプーさんも、同じようにG・Eの構えを取っておりますので。
次号では兄弟が同時に放ったG・Eがぶつかり合うものと思われます。
まぁ、原作のパターンでは。

中間でG・Eの威力がくすぶっている!!
このままでは、押し負けた方にG・Eが襲いかかるぞ!
よけろ、デフテロス!!!(orアスプロス;)

みたいな、シベリア師弟のような展開になると思われますが(爆)
手代木先生がそういうベタな展開を描かれるかどうか、不明ですので。
次号を待ちたいと思います。

しかし、さすが銀河を砕く最強の二人。
派手な兄弟ゲンカやわ(苦笑)


<以下、メッセージへのお返事>
>18日10時台のTさま♪
お返事遅くなりまして、申し訳ございません。
メッセージ&バトン受け取り、ありがとうございました(礼)
実はこっそり拝見させていただきました(←コラコラ;)
走って下さいまして、ありがとうございました。

FC2の拍手機能、時々ちゃんと動いてないことがあるんですよ。
ブログの方は拍手がダウンしちゃうこともあって……(汗;)
せっかく送っていただいてますのに、申し訳ございません(平謝りm(__)m)

|
|

« 寒い。。。 | トップページ | 川崎の夜 »

コメント

きょうclefは教皇に拍手しないです。

投稿: BlogPetのclef | 2009.11.21 14:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10811/46809285

この記事へのトラックバック一覧です: 派手な兄弟喧嘩:

« 寒い。。。 | トップページ | 川崎の夜 »