« 夢で逢いましょう | トップページ | 軽く既視感 »

吹っ飛んだ…

アナタに噛まれた小指が痛い。

なんてお話なら、色っぽいのですが。
昨日打たれたインフルエンザの予防接種の跡がまだ痛いですweep
注射を刺された三角筋の中部線維が……(涙)
「はい、チクッとしますよ~。液を入れますね~」

……言わんでいいっ!!!

と心の中で絶叫しておりました(苦笑)
注射嫌い~bearing
針も嫌い~bearing
「抗体ができるのに2週間ほどかかるので、気をつけて下さいね」
うん、予防接種をしても、抗体ができるのにそれくらいの時間はかかるでしょうね。
風邪引かないように気をつけるよ、うん。

……うう、跡が……(涙)
だから注射嫌いなのよweep

なんて前置きはいいとして。
昨日は木曜日。
週チャンを立ち読んでまいりましたので、感想を書かせていただきます。
ザ・ロストキャンバス冥王神話 第157話「鬼の如く」です。
パソコンからご覧になっている方は「続きを読む」からどうぞ(^^)


  

 

先週、アスミタさんにお説教をされて兄アスプロスさんの胸を撃ち抜いた弟デフテロスさん。
デフさんは幻朧魔皇拳によって自分に操られている、と思いこんでいるアスプーさんは、何故自分を討てるのだ!?と驚きを隠せない様子でありました。
その場にいるアスミタさんを見て(てか、処女宮に帰ったわけじゃなかったのね、アスミタさん;)、彼の力によって幻朧魔皇拳を解かれたと理解するアスプーさん。セージさんの首を掴んでいた手からも力が抜けて、壁にかけられている幕にすがるようにもたれかかりました。

そんなアスプーさんに近づいて、本来次期教皇はアスプーさんになるはずだった、と告げるセージさん。シジフォスさんはすでに教皇候補になることを辞退しているので、アスプーさんしかいないと思っていた、と言うのであります。
ただし、アスプーさんの心に歪みなどない、と確認できれば。
と続けるセージさん。
……てことは、少しは疑ってたのね、アスプーさんを(苦笑)
そしてこう言い放ちます。
「アスプロスよ。…何故…私の策にはまったのだ!!」

……神の一手先を読み、神をも策にはめる方ですよ!?
その貴方が仕掛けた罠に、アスプーさんがはまっちゃうのは仕方ないと思うんですけど(爆)
無茶言うなよ、教皇。
と思わずツッコミ入れました(笑)
しかし、ということは。
「次の教皇候補はシジフォス」
という嘘のウワサを侍女を使って聖域中に流したわけですね、この方は。
恐るべし、セージさんshock

そんなセージさんの真意を知ったアスプーさん。
黙っておとなしくしていれば教皇になれたのに、ヘタに動いて墓穴掘ったわけですね(苦笑)
そのアスプーさんは、自分で自分に幻朧魔皇拳を放ちますshock
そして「死して後、その座、受け取りに参りましょう」と言って息絶えたのでありました。

……デフさんの回想で、アスプーさんの死に顔が笑顔だったのは。
「これで終わりだと思うなよ、覚えてろ、このヤロー」
な笑顔だったわけですねgood
でもって、その足でハーデスの所に向かって「生き返らせろ」と交渉したわけですか。
恐るべし執念ですわ、アスプーさんshock
というか教皇の座って、そんなに魅力的なのか(苦笑)
アスプーさんが黒バージョンなのは、冥衣に合わせたからじゃなくて、死ぬ直前にかけた幻朧魔皇拳で完全に「悪」に染まったから、というワケなのですね。

一方、幻朧魔皇拳から完全に解き放たれたデフさんは、「すまなかった」と謝るセージさんに「貴方が謝ることなど一つもない」と、アスプーさんの亡骸を抱えて教皇の座を出て行きます。
どこへ行くのだ、と問いかけられたデフさんは、来るべき戦いに備えてカノン島に行く、と答えます。そんなデフさんに、セージさんはそのまま双子座の聖衣を持っているようにと伝えるのでありました。今はまとう気にならないかもしれないが、いずれ必要になると。

で、回想シーンが終了。
星の魔宮第4のマルスに戻るのでありました。

再び対峙した相手は、「半身であり宿敵」
もう一度幻朧魔皇拳にかけられたデフさんに、アスプーさんは、ここにはアスミタさんもセージさんもいないから、魔拳から解き放たれる手助けを誰もしてくれない。一人で魔拳から解放されるのは不可能。玉座への前祝いとして、アテナの首を取ってこい。
と命じるのでありました。

が、「聖闘士に一度見た技は二度通用しない。これはもはや常識!」(by一輝兄さん;)
というワケではないかもしれませんが。
カノン島で一人、自分を心身ともに強靭に鍛え上げたデフさんは、「全てを、己を屈服させる自我の力」で幻朧魔皇拳を打ち破ります。
デフさんの小宇宙によって、火山から噴き出したマグマで、宮の床が覆われます。
そして、カノン島に引きこもっている間に身に付けた、オリジナルな技をアスプーさんに向かって放つのでありました。
「マウロス・エラプション・クラスト!!!」

……なんか、よくわかんないけどアスプーさんが吹っ飛んでます。
凄い技なんだろうなぁ。
火山大爆発!!みたいな?(←コラッ;)

まぁ、次号の初めの方に今週のラストと少しかぶって、若干のフォローが入ると思うので。
その解説を待ちましょう(^^)

|
|

« 夢で逢いましょう | トップページ | 軽く既視感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10811/46750008

この記事へのトラックバック一覧です: 吹っ飛んだ…:

« 夢で逢いましょう | トップページ | 軽く既視感 »