« 素晴らしき店名 | トップページ | 音楽三昧な日々 »

お説教部屋

明日の夜、某国営放送にて「世界一番紀行」という番組があるらしく。
何やら、ロシアにある世界で最も寒い村が出るようなのですね。
先ほどその番宣を見ていたのですが……

なんか、ひょんひょんとか。我が師とか。
シベリア一家が修業してそうなんですが(笑)
あんな感じのトコで修業してたのかなぁ?
と想像するには良さそうです。

そんな今日は木曜日。
週チャンの発売日です。
というワケで、立ち読んでまいりました。
ザ・ロストキャンバス冥王神話 第156話「罪」の感想です。
パソコンからご覧の方は「続きを読む」からどうぞ。


  



前回、教皇セージさんの暗殺を目論んだものの、乙女座のアスミタさんによって阻まれたアスプロスさん。
「二つの千日戦争が起きても、アスプーさんを逆賊として成敗する」
と宣言したアスミタさんに向かって、アスプーさんは「この程度の戦いに千日もかける気はない」と豪語します。
そんな魔道に堕ちたアスプーさんを見て、「悔い改めが必要だ」と「オーム!」と小宇宙を発動させるアスミタさんですが……
その小宇宙はアスプーさんに操られたデフさんによって止められてしまいます。
「お前の相手はこの傀儡(くぐつ)よ」
アスプーさんを守るように立ちはだかるデフさん。
セージさんは、アスプーさんは自分が引き受ける、とデフさんをアスミタさんにお任せします。

セージさんに「頼んだぞ」とデフさんを任されたアスミタさん。
戦いたくないから来るな、と心の中で葛藤するデフさんに近づいたアスミタさんは、一瞬でその葛藤を見破ります。
そしてデフさんは幻朧魔皇拳だけでなく、別の物にも捕らわれている、と告げてアスミタさんは小宇宙を使って異空間のような場所へデフさんを連れて行くのでありました。

曼荼羅に囲まれたそこには、茨が絡みついた脳が。
それは幻朧魔皇拳をかけられたデフさんの心の中の様子だ、と言うのであります。
どうやら脳を取り囲む茨が幻朧魔皇拳のようです。
それをデフさんに見せながら、その魔拳は人を一人殺さない限り解けない、と言うアスミタさん。
「私と教皇を殺すか? 今までのように兄の傀儡として」
と言うアスミタさんは続けます。
幻朧魔皇拳にかけられる以前から、デフさんはすでに兄アスプーさんの傀儡であった、と。
何やら全てお見通しのようですね、アスミタさん。

アスミタさんはデフさんに告げました。
アスプーさんとデフさんには、最初から影も光もない。デフさんはアスプーさんを光に仕立ててその輝きを強めることで、影となった自分の存在が濃くなると思いたいだけじゃないか!? アスプーさん失墜の原因は、デフさんにもある、と。
「君は影として兄の傀儡に甘んじた! それこそが君の罪だ!!!」
何やら、「ドーン!!!」という効果音が加わりそうなポーズで、アスミタさんはデフさんを断罪するのでありました。

アスミタさんが核心を突いたことで、ガラガラと崩れさる曼荼羅の壁。
そのまま立ち去ろうとするアスミタさんに、デフさんは呼びかけます。
「ならば…俺は兄の何であれば良かったのだ!!!」と。
問いかけられて振り向いたアスミタさんは、説法はこれで終わりだと告げます。だから後は、自分で答えを見つけろと。
「君はもう知っているはずだ、デフテロスよ!!」
異空間と思われる場所から姿を消すアスミタさん。

てか、アスミタさん。
デフさんの心の中を覗く、と言いながら作り出した曼荼羅に囲まれたお部屋。
……それって説教部屋ですか!?な感じでしたね(笑)
お説教部屋にデフさんを連れ去って、小宇宙対決じゃなくて口で言いくるめて勝つって……
さすが口達者な乙女座です(笑)
まぁ、ヘタに攻撃を加えれば、幻朧魔皇拳発動でデフさんは悪鬼と化す上に、目の前で誰かが死なない限りは解除されませんからね。
アスミタさんの「口で勝つ」戦法は正解かも(笑)
そして「神の一手先を読んでこその教皇」なセージさんも。人選を間違えない辺り、さすがです。

一方のアスプーさんは、セージさんを追い詰めておりました。
そこへ、アスミタさんのお説教部屋からデフさんが戻ってきました。
アスミタさんのお説教を聞いて、自ら幻朧魔皇拳の呪縛を解いたデフさん。
一人で戻って来たデフさんを見て、アスミタさんを片付けたと思ったアスプーさんは、仕上げとして教皇を葬れ、と命じます。

自分達には光も影もない。
ならば、俺は何になろう?


と自問自答するデフさん。
その彼が、セージさんを殺せと命じるアスプーさんを前にして決めた結論は。
「俺は鬼となろう!! 俺であるために!!」
デフさんが振り上げた拳は、セージさんの首を捕えているアスプーさんに向けられたのでありました。
その顔を覆っていた仮面も壊れ、正気を取り戻したデフさんは自らの意思でアスプーさんを討ったのでありました。

デフさんが「カノン島の鬼」として聖域を出て、カノン島に引きこもっていた理由が何となくわかったような気がする、今週号でありました。
相変わらず、上から目線で心の内を見抜いて、お説教して幻朧魔皇拳を自分で解くきっかけを作るなんて、さすが「最も神に近い男」ですわよ、アスミタさん(笑)
でもって、アスプーさんに追い詰められているセージさんをほったらかして、デフさんが正気に戻ったから自分の仕事は終わった、とばかりに帰ってしまう所もさすがです(爆)
まだサーシャというかアテナに対する忠誠心が芽生えてない時期だからでしょうか(苦笑)

でもこれで、アスプーさんが聖域に対して反逆を企てた経緯も、デフさんがアスプーさんを討った経緯も判明致しました。
次号からは、また第4宮マルスでの双子対決に戻ると思うのですが。。。
再び幻朧魔皇拳にかかったデフさんが、今度はどうするのか&アスプーさんがどんな無茶振りをするのか、楽しみです(^^)

|
|

« 素晴らしき店名 | トップページ | 音楽三昧な日々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10811/46685165

この記事へのトラックバック一覧です: お説教部屋:

« 素晴らしき店名 | トップページ | 音楽三昧な日々 »