« 冬至から一夜明け | トップページ | ツイッターその後 »

時間よ留まれ、お前は美しい

そう呟いて、本当に時間が止まってくれるなら。
止めたかったですねぇ。
13日の聖響×OEK ベートーヴェン・チクルスで聴いた第九の第3楽章。
美しい響きに満たされる、あの至福の時を永遠に味わっていたかったです。

……て、いきなり話が別の方向に行ってますが(苦笑)

一応、れっきとしたLCの感想ですよ?(笑)
最近いろいろと忙しくてすっ飛ばしておりましたが、今日はちゃんと書きます。
ザ・ロストキャンバス冥王神話 第162話「父親」です。
パソコンからご覧の方は、「続きを読む」からどうぞ(^^)

 

 

双子対決からいきなりテンマの親父さんが登場して、急展開を見せているここ最近のLC。
久方ぶりに、主人公の登場です。
ハーデスに小宇宙を封印されたサーシャを連れたテンマご一行は、ようやく星の魔宮の第1宮、水星宮にご到着です。

どんな敵と戦えるんだろう?
とワクワクしてるレグルス君に、油断するなと年長者っぷりを発揮するシオン様。
ですが。。。
レグルス君とシオン様、いきなり動きを止められてしまいましたshock

てか、久方ぶりのご登場なのに。
出てきていきなりフリーズしちゃうんですか、シオン様!?shock

いきなりフリーズした二人に驚くテンマの前に、姿を現した天魁星メフィストフェレスの杳馬。
「会いたかったよ~っ!!」
といきなりテンマにハグですよ、この親父(笑)
フリーダムだ、親父(笑)
ま、飄々としてて、「現世で天馬星座の父親だなんてラッキー」とか言っちゃう人ですからね。それもアリかもしれませんけど。

一方のテンマと言えば。
いきなりその親父に向かって蹴りを入れましたshock
しかも、思いっきり顎にヒット!shock
いや~、原作では見られなかった、微笑ましい親子愛ですわ♪(←違っ;)

ハグするや否や、顎に蹴りを食らった杳馬ですが、全く意に介さないご様子。
そういう跳ねっ返りなところも、母親にそっくりだと言い返すのでありました。
物心ついた時から母親と放浪していて、父親などいない。
父親はどこかでのたれ死んでいるに決まっている。
なんてことを言っているテンマに向かって、杳馬は煙の中から映像を見せます。

そこには、生まれて間もないテンマを抱いているテンマの母親、パルティータと杳馬がおりました。
パルティータの傍には、まだ幼いパンドラ様が!
クリスマスには、自分にも弟ができる、と嬉しそうに話すパンドラ嬢。
自分たちの未来の主の誕生ですね、と話す杳馬とパルティータ。
……そっか。
テンマの母親って、パンドラ嬢&ハーデスの魂が生まれる家の使用人だったんだ。。。
「テンマみたいに元気のいい子だといいなぁ」
今は「けたたましい小虫よな!」とか、めっちゃ敵視してるのに、昔はこんなに和やかだったのね……weep

徳川太平の世に生まれ、少年の頃に日本で魔星に目覚めた杳馬は、船に乗り込んで(国内を回る廻船か、オランダとの商船かは不明ですが;)、太平の世に行き詰って日本を脱出。船の上で天馬星座から飛び立った魂を追って、ハーデス生誕の地に降り立ちます。
その地には、世界各国から魔星に目覚めた者たちが集っていて、杳馬はそこで天馬星座の父親になった、と言うのでありました。

何だか凄い展開になってきましたよ!?

でも、あれですよね?
ハーデスの魂が宿る肉体はアローンなワケで。
この後、パンドラ嬢の母親から生まれるハーデス様は、恐らく魂だけの存在として生まれるわけですよね?
その後は原作でも描かれたのと同じ展開になると思うんですけど。
パルティータがハーデス城を離れて、幼いテンマを連れて放浪の旅に出る辺りのことも、今後描かれていくのだと思います。
でもって、その後はテンマvs杳馬の親子対決でしょうか?

う~ん、年明けが楽しみな展開でありますわ♪

|
|

« 冬至から一夜明け | トップページ | ツイッターその後 »

コメント

shineMerry X'masshine
すっかりご無沙汰しておりますが、勉学におっかけに励んでおられるご様子何よりですwink
今年は母を亡くしまして、春の大事な演奏会(横浜crying)も、小学生の頃から応援していた弦の子のデビューにも立ち会えず、音楽運ゼロの一年でした。結月様の音楽の部屋で想像をたくましくして自分を慰めていた次第なのです。来年こそは聖さまの会場でお目にかかれますようにshine
勉強頑張ってね!

投稿: miltan | 2009.12.25 21:57

若き天才の二人の扱いが微妙過ぎですねsad
忘れられた頃に久しぶりに現れたら、即フリーズ…
大麻呂は、強敵と闘わないで聖戦を生き残るんじゃないかと思ってしまいます
レグルスもこのままでは、原作の星座のα星の名前のヘタレ聖闘士みたいになりそうで怖いです
(アルデバラン、シリウス、カペラ、アルゲティ等)
ストーリーも急展開過ぎて一話でも見逃すと、置いていかれそうです
テンマの親父の種馬(違)の生まれ変わりが光政なんでしょうか

投稿: ミロ | 2009.12.26 09:17

>miltanさん♪
お久しぶりです(^^)
今年は大変な1年だったのですね。。。お疲れさまでした。
あんなしょーもない音楽話でも、miltanさんの慰めになっていたのでしたら幸いです(^^)
来年は、場合によっては神奈川通いしなければならないかも。。。な感じなので(笑) ホールでお会いできますこと、楽しみにしております。

とりあえず、まずは2月末の国家試験をクリアしなければならないので。
残りあと約2ヵ月、頑張りますgood

投稿: 結月秋絵 | 2009.12.26 15:09

>ミロさん♪
ホント、可哀想すぎますよね、あの二人(笑)
これから先、ちゃんと活躍の場があると思いたいです。
童虎たんも頑張ってましたからね、シオン様も強敵相手にちゃんと戦って、生き残ってほしいです。

杳馬と光政の間に関連があるかどうかはわかりませんけど、原作へのオマージュを忘れない手代木先生のことなので、何か用意してくれるかも。。。ですね(^^)
急展開を見せているLC、次号もどうなるのか楽しみです♪

投稿: 結月秋絵 | 2009.12.26 15:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10811/47110287

この記事へのトラックバック一覧です: 時間よ留まれ、お前は美しい:

« 冬至から一夜明け | トップページ | ツイッターその後 »