« 金沢道中記 | トップページ | 金沢道中記3 »

金沢道中記2

2泊3日の金沢の旅。
今日は2日目です。

今回の旅の最大の目的は、今夜行われるコンサートなのですが。
夜まで時間があるので、ホテルの部屋を掃除してもらうついでに金沢の街を散策するべく出かけました。
天気はスッキリと晴れ!というわけにはいかず、朝から曇り空。まぁ、日焼けしなくていいか、と前向き思考(!?)で周遊バスに乗り込み出発です。

A64029A8-6309-4344-A97B-2094EB5EF618

まずは、前田利家公にご挨拶。
兼六園周辺は桜が満開を過ぎて散り始めてました。
花弁が雨のように舞い散ってキレイでした。地面も花弁で埋め尽くされてましたけど(^^;)

E99ACACC-F605-429F-9D01-4809ABF93ECB

桜が舞い散る中、石川門を抜けて金沢城内へお邪魔しました。
城内も桜が散り始めていて、キレイでした♪

二の丸跡や本丸跡を見て回って、城の隅っこにあった櫓の跡へ行きましたら、ここが絶景!!
さっき下から見上げていた桜並木や、その奥にある兼六園まで見渡せました(^^)

5F72B280-0516-41A4-80C9-0D5023DA0AC7

城内を1時間くらい歩き回った後は、兼六園を抜けて金澤神社へ行きまして。菅原道真公に国家試験合格のご報告&お礼参りをして、坂を下っててくてく歩きです。
茶屋町へ戻って、ぐるっと回って、たまたま立ち寄ったお店で和菓子と加賀棒茶のセットでまったりして、歩き疲れを少し取ってから再び周遊バスに乗り込みました。

犀川の桜並木を車窓から眺めて、香林坊へ向かっている間。花弁の雨ではなくてリアルに雨降ってきて、それもかなりの本気モード(- -;)
いい時に歩いたみたいです。

香林坊では、以前にお土産でお湯を注いでできるお吸い物のセットを頂いてからすっかりハマったお麩のお店、不室屋のカフェに寄りました。
湯葉と麩のあんかけどんぶりと、お吸い物のセットをいただいたのですが、これがまた美味(^^)
生姜が入っていて、強風に吹かれて冷えた体にちょうど良かったです。

で、ホテルに戻ってからただ今ひと休み中(笑)
夜はこの旅のメインでもある、OEKことオーケストラ・アンサンブル金沢の打楽器奏者、渡邉昭夫さんのソロ&アンサンブルコンサートです♪
なお、コンサートの感想はいつものごとくMusic別館 Allegro con brioにしたためております。
よろしければ、ご覧下さいませ。
あまりに凄すぎる演奏に、文章が破たんしている気がしますが(汗;)
http://allegroconbrio.blog85.fc2.com/blog-entry-211.html

そしてここに、ループが形成される(笑)

|
|

« 金沢道中記 | トップページ | 金沢道中記3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10811/48086849

この記事へのトラックバック一覧です: 金沢道中記2:

« 金沢道中記 | トップページ | 金沢道中記3 »