映画・テレビ

古典芸能に触れる その1

過去日記になってしまいますが。
先週は古典芸能に触れる週でした。

まず、木曜日。
松竹の傘下であることを生かして(?)MOVIXが上映してくれる、シネマ歌舞伎を見に、地元の映画館へGO!
前にも中村座の「法界坊」を見に行ったんですが、今回は歌舞伎座さよなら公演の中から2本上映されておりまして。
1本目は、坂東玉三郎さん主演による「蜘蛛の拍子舞」
2本目は、中村勘三郎さんと坂東三津五郎さんによる「身替座禅」
でした。
http://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/lineup/12/

まずは「蜘蛛の拍子舞」
玉三郎さんの舞が、本当に美しくて素晴らしいのです♪
このお話、源頼光とその家臣の四天王たちによる土蜘蛛退治の物語でして。最初は美しい白拍子の姿で出てきた玉三郎さんが、恐ろしい蜘蛛の精へと変化する様子とか、本当に見事でした。
玉三郎さんが演じるのは蜘蛛の精なので、何度も何度も千筋の糸を繰り出して源頼光たちを苦しめるわけなんですが。それが凄く綺麗にパーッ!と開くんですよ。あれ、開かれるたびに手繰り寄せる後見さんも、綺麗に開くように糸を玉にしていくスタッフさんも、大変だろうなぁ。なんて、妙なことに感心してしまったりして(汗;)

途中で蜘蛛の着ぐるみを着て大立ち回りを演じるシーンもありまして。まさか、蜘蛛が見得を切るとは思いませんでした(笑)
そして源頼光さんも、熱を出してる割には白拍子の妻菊さんと一緒に拍子舞を踊る……とか、元気やん!?と思わずツッコミ入れたりして(汗;)

アクション担当(?)の役者さん達が、御所の廊下から地面へと飛び込み前転で転がり落ちたり、派手な立ち回りがあったり……と、舞の美しさもさることながら、アクションシーンも満載で楽しませていただきました♪

そして「身替座禅」
このお話、映画館でもらったチラシで読んだ時にどこかで見たような話だなぁ、と思っておりましたら。やはり、狂言の大曲「花子」を歌舞伎仕立てにしたものなのだそうです。

もともとが喜劇なので、笑いどころ満載なんですよね、このお話(^^)
監視の目が厳しい正妻を振りきって、何とか愛人の所へ行こうとする夫とか。
身替りを頼まれたものの、正妻に見抜かれて脅されちゃう哀れな太郎冠者さんとか。
浮かれ気分で愛人との逢瀬を語る夫に、衾の下で怒りに震える正妻とか。
まぁ、他人事だから笑って済まされるんですけどね(笑)

狂言では語りで進められる部分が、唄と舞になっていたり。
途中で、舞台の奥にズラリと三味線&唄の皆さんが登場したり。
狂言との違いも楽しめて、面白かったです♪

この「シネマ歌舞伎」
通常の映画よりも若干お値段高めなんですけど、劇場で撮影されたものが見られるということで、とても見応えがあります。
さすがに歌舞伎座に足しげく通える場所に住んでいるわけでもないので、劇場に足を運んだことはないんですけれど。でも、劇場だと多分遠目にしか見られない細かい指の動きとか、役者さんの表情とか。映画だとアップで見られるので、かなり楽しめます(^^)

ていうか、秋に上映されることが決まっているらしい、次の演目。
「大江戸りびんぐでっど」
……面白そうなんだけど(笑)
http://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/lineup/13/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

のだめ後編

現在、限りなく自由業に近い鍼灸師なものでcoldsweats01
昨日は映画館へ「のだめカンタービレ」の後編を見に行きました。

復習を兼ねて、映画公開初日の17日夜に前編がテレビ放送されておりましたが。翌18日に早朝から家を出て勉強会へ行かねばならなかったので、録画しておいたのです。それを月曜日に見て、ちゃんと復習してから映画館へ参りました(^^)

映画館では入場者特典もちゃっかりいただいてsmilescissors
ストーリーについては細かく言いませんが、相変わらずBGMが豪華です。
「アダージェット」とかね、あそこで流れるとか反則ですよ。曲だけで泣けますもの、私(苦笑)

のだめちゃんのピアノの吹き替えは、前編と同様にラン・ランさんでした。
相変わらず、一味もふた味も違うショパンとか、モーツァルトとか、聴かせて下さいました♪
というか、彼にアノ曲を弾かせたのかっ!?と思うと、凄いですcoldsweats02

また、千秋さまとかミルヒーとかが振っているオケですが、今回はブルノ・フィルが入ってました。
……どおりで、見覚えのある方々がいらっしゃると思ったんですよぉ。去年、地元に来て下さったので聴きに行きましたもの(^^)

やはり、映画版。
しかも、ラストを飾る後編。
気合い入ってました。

中でも印象に残ったのは、千秋さまがのだめちゃんのピアニストデビューとなるコンサートを聴きに、プラハへ向かった時のセリフ。
「俺が聴かなくてどうする!?」

ああ、その気持ち。すっごくよくわかるっ!!!happy02

先週金沢へ行ったのもそうですが、常に思ってますもの。
「私が聴かなくてどうするの!?」
って(爆)
……同じような発想で、今週末は横浜ですが(滝汗;)
だって、ねぇ。
聖響さんが大好きなマーラーを振るのに、私が聴きに行かなくてどうするんですか!?(笑)

と、お約束の展開になったところで、本日はこれにて(笑)

<以下、拍手御礼>
19日、20日とパチパチをいただきました。
初夏の陽気だった今日の日差しを思わせるような温かいパチパチ、本当にありがとうございます(深礼)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

バレエは続くよどこまでも?

今日、市街中心部へ出かけて行った目的は、映画を見に行くことでした。
行った映画は「ベジャール、そしてバレエは続く」というバレエ物のドキュメンタリー。
国家試験前に見に行った「パリ・オペラ座のすべて」に続いて、またしてもバレエ物のドキュメンタリー映画です。

この映画、その「パリ・オペラ座のすべて」を見た時に流れていた予告で知りました。
予告で流れた「アダージェット」(マーラー作曲:交響曲第5番の第4楽章)や「ボレロ」(ラヴェル作曲)に心惹かれて、見に行きたいなぁ~、と思ったものでして。
バレエの振り付け師としてのモーリス・ベジャールという名前は聞いたことあるし、「ボレロ」も見たことある。だけど、そのバレエ団のことはよく知らない、というド素人だったのですが。
ベジャールが亡くなって、その後を継いでバレエ団を存続させていくジル・ロマン氏が振りつけた新作を上演する過程を記録した映画でした。

「パリ・オペラ座」の時もそうだったんですが。
ダンサーの肉体って、本当に素晴らしい。
筋肉の付き方が美しいのはもちろんですし(体表観察にはうってつけです、と思っちゃうのは職業病;)
固有感覚と言いますか、体の関節がどう動いているのかを感じ取る感覚とか、姿勢を維持するための深層筋とか、鍛え方が半端じゃない!といつも感心しながら見てしまいます。

ジル氏が上演しようとしていた新作は、ギリシャ神話の勇者テセウスが怪物ミノタウロスを倒すストーリーをバレエにしたもの。最初はバッハの穏やかな曲で始まるんですけど、戦闘シーンで流れる曲はかなりアップテンポで、しかも変拍子。動きも烈しいですし、音楽も大変。踊るダンサーさんたちも、かなり大変そうでした。

偉大な振付家が亡くなった後、そのバレエ団で新作を上演するのか、あるいはベジャールが振りつけた作品だけを上演し続けて行くのか。
大きな岐路に立たされたジル氏の苦悩も描かれているので、新作の幕が開く時にはつい、成功してほしいと願う気持ちで見てしまいました。
結果としては、大成功だったようなので、ほっと一安心だったんですけど(^^)

この映画。
パリ・オペラ座の芸術監督をやっている女性が出てくるんですよ。
あ、このおばちゃん見たことある!(←コラコラ;)
「パリ・オペラ座のすべて」でもかなり出番の多かった方だったので、覚えていたのでした(笑)

ていうか、この映画に出てきたローザンヌ(バレエ団がある場所です。国際的にも有名なバレエコンクールが行われる都市でもあります^^)市長さん。関取りも真っ青なあの体型は、かなりヤバかったです(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

シネマ歌舞伎

先週行われたはり師・きゅう師の国家試験に続き、今日は柔道整復師の国家試験でした。
私の友人たちも何人か受けていたので、昨日「頑張れ」メッセージを送って応援しました(^^)
みんな、無事に合格してますように♪

そんな今日は、映画を見に行きました。
シネマ歌舞伎がついに全国ロードショー開始、ということで、地元の映画館でも見られるようになったのです(^^)
http://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/
本当は生の舞台を見に行くのがベストだと思うのですが。
劇場が遠いこともあって、興味はあってもなかなか見に行けないんですよね。
そういう人にはうってつけの企画です(^^)
さすが、松竹系列のシネコンですわ♪>MOVIX

で、今日見に行ったのは平成中村座の「法界坊」
かなり長いので、途中で休憩が入っておりました。
ストーリーなどなどは割愛致しますが、これがめっちゃ面白かった!!!happy02
映画としてスクリーンで見られるので、役者さんの細かい表情とか、演出もバッチリ見ることができます。
勘三郎さんの共演者(主に息子;)イジりも楽しすぎですし。
笹野高史さんは面白すぎですし。
あれだけ周りが騒がしいのに、何故気付かないっ!?
的なツッコミ所も満載ですし。

前半は笑いどころ満載なドタバタ劇で、演出も面白いんですけど。
休憩を挟んだ後半は、ガラリと雰囲気を変えて「これぞ歌舞伎!」という美しい舞や、大がかりな舞台装置が出てきて。
見応えたっぷりでした♪

勘三郎さんと扇雀さんが鏡を合わせたように同じ動きをする大切所作事「双面水照月(ふたおもてみずにてるつき)」も、本当に見事でした。
そして、男と女を演じ分ける勘三郎さんも、素晴らしかったです(^^)

狂言の舞台は何度も見てますが、歌舞伎は丸っきりの初心者な私でも、かなり楽しめる作品でした♪
次は、5月に玉三郎さんを見に行くのです(^^)

続きを読む "シネマ歌舞伎"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

百物語

日本の夏を涼しくする風物詩といえば、怪談。
昨夜、国営放送で百物語が放送されていたので、録画しておりました。

……ワタクシ、ビビリなもので(苦笑)
真夜中にリアルタイムで観る度胸も、明け方まで起きていられる自信もなかったのであります。

そんな私が何故それを録画する気になったのか、と言いますと。
声優の緒方恵美アニキが出演されていたからであります。

俳優やアナウンサー、活弁士など10人の語り部が古い名刹に集まって、百物語をする、というこの番組。
声優は緒方のアニキだけ。さすが、七色の声を持ち、老若男女を演じ分ける方です、アニキ。セリフの演じ分け&語りの部分の声の使い分けが完璧!
声の演技のプロということで、やはりお上手だなぁ、と思いましたです。

アナウンサーの加賀美幸子さんも、柔らかいお声で安定した語り口でステキです。
活弁士の山崎バニラさんは、いつものごとく大正琴を鳴らしながらの語りで、高く張りのあるお声もステキでした。
人間国宝の講談師、一龍斎貞水さんも、貫禄のあるさすがの語りっぷり。お話も諳んじておられて。やはり、本職は違うなぁ、と感心してしまいました。

まさに、十人十色の百物語。
物語の怖さがどうの、というよりもそれぞれの語り部のお話に聞き入ってしまいました(苦笑)
あ、でも四谷怪談はやっぱり怖かったですwobbly

<以下、拍手御礼>
本日も多数のパチパチをいただきました。
暑い夏を乗り切る活力でございます。
本当に、いつもありがとうございます(深礼)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

先生っ!?

フジテレビ系で昨夜から放送されている26時間テレビ。
三輪車12時間耐久レースなんて、アホなことやってるわ~
と思っておりましたら。

元・我が校の先生が出場してましたっ!shock

ビックリですよ。
何で出てんのっ!?

と思ったですよ。
我が地元、岡山のサッカーチーム、ファジアーノ岡山が今年からJ2に昇格したことで、学校の教務……というか、事務職だった先生がそちらの広報(だったと記憶しているのですが)に行くために退職したのは知ってましたけれど。
あのチーム、トレーナーとかいろんな場面で我が校の関係者が係わっているのですが。
ホームグラウンドが放送局のすぐ側なのですが。

まさか、出るとは(笑)

チーム紹介を見て、一転して「応援せねばっ!」と思ったですよ。
サッカー仕込みで体力はあると思うので。
炎天下の中大変だと思いますが、頑張っていただきたいです、M先生(^^)

あ、もちろん。
「題名~」の録画予約は忘れておりません。
今日は神奈川フィルが出演しますから(^^)
今週のスーパー・コンマス・イシダ様ショットがあることを祈りつつ。。。

<以下、夜の追記>
今日は朝から講習会があって、夕方までずーっと学校に缶詰めになっておりました(涙)
登校して、クラスメイトとも「出てたね~(^^)」と話しておりました。
走っているお姿などなどは見られなかったのですが。結果だけは見ることができました。

第5位、おめでとうございます~shineshineshine
暑い中、本当にお疲れ様でした。
チームのますますのご発展、そして桃スタが満杯になること。
心より応援しております♪

……と、ネットの片隅で言ってみる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

そっ、その歌はっ!!!

昨日は朝から大阪で勉強会でした。
土曜日にはクラスメイトたちと実技の練習会をやりまして(明日から期末試験なもので;) 今回は鍼を刺すことやお灸をすることの基礎を問われるので、あまり問題はなくて。それよりもむしろ、ツボの場所を言いながらツボを取れ、という課題の方が問題なんですよね。今まで場所を言いながら取る、ということをやってこなかったので。
練習会ではなかなか濃ゆい時間を過ごしまして、気がつけば日が暮れる寸前でした。

なんてことをやっていたためなのか。
昨日は勉強会に行くのが何故かもの凄く抵抗がありました。
「あ~、行くのイヤやわ~」という。
でもまぁ、同じ学校の先輩方もいらっしゃって、駅で合流して一緒に行くので、「連れてってもらう」気分で行ってきました(苦笑) 行けば行ったで、もちろん行っただけの内容は得て帰ってくることができるのですけれどね。
何であんなにイヤだったんだろう?
と不思議に思う昨日1日でありました。
微妙に疲れていたのかもしれません(苦笑)

で、今日は1日テスト勉強です。
今回は、ツボを覚えていれば何とかなる、というテストが多くて。加えて今までの復習のような内容の授業が多かったもので、今まで以上に何も準備をしていないという状況です。
……週末に勉強会に行ってる場合じゃないだろ、というツッコミがきそうなんですが(笑)
明日の試験開始から、実技3連発。緊張して不随意運動による振戦が起きなければ、鍼が手から落ちるなんてミラクルが起きなければ、まず大丈夫でしょう(^^)
学科もぼちぼち見直し&頭に叩き込んでいかねばなりません。
手塚部長も言っている。

油断せずにいこう。

そんな今日、お昼にテレビを見ておりましたら。
「ペガサス幻想」を歌いながら、何やら芸をやる男性が出ておりました。
デビュー当時の光GE○JIのような格好をして(爆)
何故「ペガサス幻想なの!?」とツッコミを入れたのは、言うまでもなく(笑)
その彼、明日も出るようなので。お昼の時間に余裕のある方は、フジテレビ系をチェックしてみてはいかがでしょう?(^^)

……と、「ペガサス幻想」と言えば。
そろそろ9月のパラ銀参上計画を立てねばなりませんね。
問題は、23日に収録が予定されている、NHKの某吹奏楽系番組。開演時間が何時になるか、ということなんですが。。。
開演時間が18時ならば、最後まで見ていたら帰ってこられません(泣)
それ以前に、公開収録になるのか、入場は公募になるのかチケット発売になるのか、といったことが一切不明。なので、飛行機の旅割のように時間の変更が利かない交通手段が取れないんですよね。。。
JR移動にして、東京を早めに出て、大阪で途中下車して福島へ駆けつけるか。
今回はダーリンズとは関係なく、☆矢関連の皆さんと遊んで帰ってくるか。
悩むところです。

って、悩む前に勉強しろよ、自分(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

映画館ではお静かに Part2

今日は1時限目の授業が免除で、次の授業は14時40分から。
ということで、午前中のうちに映画を見に行きました。
久方ぶりの、浅野&龍平の共演ということで、公開前から楽しみにしていた映画「剣岳 点の記」です。

いや~、俳優陣が豪華ですわ。
小澤さん家のユキ君はいるし。
今の大河の関白殿下もいるし。
田中要次さん出てるし、香川照之さんはさすがの演技ですし、宮崎あおいちゃんはかわいいし♪
ライバル役で出てくる仲村トオルさんも、いい味出してました。
もちろん、浅野忠信氏&松田龍平氏は二人並んでるだけで萌え心が満たされます♪

映像も、カメラマンである監督が撮っただけのことはあって、本当に素晴らしい。
どこからどうやって撮ったの!?と思ってしまう映像も多々ありました。
あの映画、撮影場所まで行って戻るのも一苦労だった、と話しておられたのは確か香川照之さんでしたか。あの撮影に耐えた役者さんたち、本当に素晴らしいと思います。
……クライマックスの剣岳登頂のシーンが、ちょっとあっけなかったというか、意外とあっさりしてたのがやや拍子抜けな感じだったんですけど。。。

で、その映像を彩る音楽もいいなぁ、と思ったのです。
最後のテロップを見ていたら、テーマ曲などの作曲は池辺晋一郎さんで、演奏は仙台フィルだったそうで。
全編を通じて流れるヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲「四季」の「冬」も、バッハの「アリア」もアルビノーニの「アダージョ」も。ああ、いい所で流れるな~、と思いながら見ておりました。
というか、春のシーンなのに何故BGMが「冬」?と思う場面もあったんですが。夏が短く、根雪に覆われる館山連峰の剣岳ということで、「雪」がキーワードになるんですよね、この映画。だから「冬」なのかしら?とも思ったのですが、どうなんだろう。

というかね、この映画。
母上から「『御法度』好きにはたまらないシーンがあるから、ぜひ見に行くといいよ」とオススメされていたんですよ。
で、見に行って、理解しました。
確かにオイシイわっ!!!
あの、浅野&龍平が隣同士の布団で寝てるシーンッ!
思わず、別のセリフが頭をよぎりましたよ。

浅野氏:「加納君、加納君……惣三郎。君は人を斬ったことがあるか? 君は人と契ったことがあるか?」(by映画『御法度』)

……あれから約10年経っても、ゴハッターはゴハッターでありました(苦笑)
田代君の夜這未遂シーンがかぶって見えたですよ(爆)

というか、この映画。
今日はメンズ・デイということで男性は1000円で見られるんですよね。
で、見に行く客層としては中高年~老年にかけての方が圧倒的多数を占めております。
……となると、蘇ってくる先だっての「ハゲタカ」の悪夢。
イヤな予感は的中するもので。
今日もまた、鑑賞中に「自宅でテレビ見てるのと違うねんでっ!!!」と言いたくなるような場面が多々見られました。

頼むから、時計のアラームは切ってくれ。
突っ込み入れたり、感心したりするのはわかるけど、声に出さんでくれ。
途中でトイレに立つのはやむを得ないけれど、周りのお仲間さんと長々と相談するのは勘弁してくれ。話し声が邪魔だ。

と思ったです(涙)
せっかくのいい映画に水を差されたようで、ちょっと残念でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

迫力が…

違いますわぁ、龍平の政宗♪

今週の「天地人」には松田龍平氏がついに、伊達政宗として登場!ということで、録画セットでリアルタイム鑑賞です。
う~ん、さすが♪
表情一つ変えずに、相手を見据えて刀を振りかざす辺り、本当にさすがですわ。隻眼だけど、眼力強いんですもの、彼ってば。片目でも十分って感じでしたね(^^)
ああいう、低く張った声も出せるようになったのね~♪
と微笑ましく思ってしまった人(苦笑)

ていうか、あの声で「あ~ん?」とか「ふんっ」とか言われるとですね。
超俺様っぷりを見せつけられるとですね。
跡部様が5歳年取ったらこうなるのかしら?と、ついつい思ってしまったんですけど(笑)

若くて大胆不敵で俺様な野心家でかなりの切れ者。
そんな様子が溢れている政宗さん。来週の登場も楽しみであります♪

そうそう、その「天地人」
思わず「うっわ~、久しぶりぃ~♪」と思ってしまったのが、遠山さん。
北条から景虎クンについて行ったものの、御館で景虎クンが破れると見るや北条に帰って行ったあの遠山さんが再登場してました。
彼はあくまでも氏政兄ちゃんの命令で景虎クンについて行っただけでしたものね。久しぶりに見たわ~♪ 相変わらず腹が黒そうやなぁ、君(笑)
と思ったのでありました。

そんな今日は、日曜日だというのに朝から勉強会&お手伝いのために登校してました。
今回が2回目の勉強会だったんですが、お名前を見たことのある先輩方が増えていて、こちらもまた「お久しぶりです♪」状態でありました。
まぁ、学会だの講習会だので、結構顔は合わせてるんですけどね。

鍼を1本打っただけで、お腹の肌の様子が変わったり、脈が変わったり。そうやって変化が表れるということは、体の調子も良くなるというワケで。
経絡治療って面白い。
と、毎回思います。
私はまだまだ、勉強を始めて3年目。
臨床には出ていない学生の身なので、ホントにヒヨコです。
「ケツが青いからさ」と魔鈴さんに言われてしまうレベルです。
来週は、また大阪での勉強会に参加するので、しっかり技を磨くために頑張ろうと思います。

……て、それと並行して、期末テストの勉強もしないといけないんですけどねぇ(汗;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

何か凄いですよ!?

毎週日曜日、ついつい見てしまうのが大河ドラマ。
ここ数年、幕末と戦国時代を行ったり来たりしている大河ドラマですが、どちらもバッチリ守備範囲内なのでついつい毎年見てしまいます。

今年の「天地人」は前にもここに書きましたが、大学の卒論で書いた辺りとちょうどかぶることもあって、気になって毎週見ております。
先日から話には聞いておりましたが、来週からついに、独眼竜政宗こと、伊達政宗さんが登場! しかも、演じるのは松田龍平さん!ということで、楽しみにしておりました。
で。
今週の予告に登場したのを拝見しましたけど……

何か、凄い迫力ですよ、政宗さん!?

もともと眼力の強い役者さんですからね、龍平氏は。片目を隠していても、その迫力は十分伝わってくるわけでありまして。
この夏は「ハゲタカ」に「剣岳」に「蟹工船」に……
と出演作が次々公開されている彼ですけれど。
久方ぶりの時代劇、それも大河ドラマ。私的には、去年の弟さんに続いてついに本命登場っ!!!ということで、嬉しい夏であります♪

デビュー作で一目惚れして以来、彼のファン歴も約10年になるわけですけれど。
いい役者さんになったな~♪
とその成長ぶりを見てきたファンとしては、ついしみじみと思ってしまうのです。
うふふ、来週からが楽しみですわ(^^)

そして今日の夕方、2日に放送された「クローズアップ現代」が再々放送されておりました。
金聖響さんがゲストで登場されるということで、リアルタイムでチェックしまして。今日の大阪遠征は諦めて家にいたにもかかわらず、ちゃんと「聖さまの日」になりました♪
まぁ、レコーダーに録画しているので、しっかり残ってる上にいつでも見直せるんですけどね(苦笑)

加えて、「題名のない音楽会」
来週の放送が予定されていたピアニストのファジル・サイさん、すっごく楽しみだったんですけど。コンクールの優勝という嬉しいニュースを受けて、急きょ、来週は「クローズアップ現代」にも登場した辻井伸行さんが登場されるようです。
ラフマの2番、指揮をするのは佐渡裕さん。大好きな曲なので、ちゃんと録画予約をしてから勉強会に出ようと思います。

その「題名」
7月26日放送分には神奈川フィル。
8月2日放送分にはオーケストラ・アンサンブル金沢。
……ダーリンズ目白押し!?が予想されるので、録画予約が欠かせません(笑)

<以下、拍手御礼>
昨日もたくさんのパチパチをいただきました。
いつもパチパチを贈って下さいまして、本当にありがとうございます(深礼)

昨夜、ポメラちゃんで某様よりいただいているキリリク作品を書いておりました。ラストに近い辺りまで書いていたんですけど、文字数制限いっぱいになってしまい。文書をコピー……する前に、ちゃんとバックアップを取るべきでありました。上書き保存をするのを忘れて編集してしまい、せっかく書き進めた部分をうっかり消してしまったという(血涙)
でも、内容はちゃんと覚えているので、またコツコツ書き直します(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧